オウンドメディアの意味と目的は?サイトの立ち上げ方・運用方法・企業の活用事例を解説!

オウンドメディア

「ホームページからの問い合わせや制約件数がなかなか増えないけど、なんかいい方法はないかなあ?」

「インターネットを使ったメディア戦略を考えているけど、頼みのホームページのPV数が増えない。どうしよう......」

このように悩んでいませんか。

そんなときはオウンドメディアがおすすめ!

オウンドメデイアなら、企業のブランディングや顧客UPが期待できることもあり活用する企業が増えています。

実際に、導入企業の中にはオウンドメディアによってPV数が増加し、収益につながっている企業もあるのです。

このことから、問い合わせ件数や顧客UPするにはオウンドメディアがおすすめですよ。

そこで、この記事ではオウンドメデイアとはいったいどういうものか、またオウンドメディアの運営方法についても解説します。

この記事を読めばあなたもオウンドメディアを理解し、自社のオウンドメディア運営で活躍できること間違いなし!

ぜひ、チェックしてくださいね。

オウンドメディアの意味と目的を解説

そもそもオウンドメディアとは『自社で所有するメディアの総称』で、トリプルメディアの1つです。

自社で所有するホームページやブログだけではなく、紙媒体の広報誌やパンフレットも含まれます。

思いのほか広範囲ですよね。

でも、Webマーケティングの世界では以下を指します。

・自社で運営し情報を発信するコンテンツを含むWebサイトやブログなど

ここでは、オリジナルコンテンツなどを中心とした情報発信メディアを想定して解説していきますね。

トリプルメディアとは

オウンドメディアをしっかりと理解してもらうためにトリプルメディアについても解説します。

トリプルメディアとは次の3つ。

  • ペイドメディア(paid media)
  • アーンドメディア(earned media)
  • オウンドメディア(owned media)

トリプルメディアについて、メリットとデメリットを簡単に解説します。

それぞれのメリット・デメリットを理解して組み合わせて使うことが重要です。

ペイドメディア(paid media)

ペイドメディアとはテレビ・新聞などの広告やネット広告のことです。

企業が意図的にアプローチできますよね。

新規を含む多くの顧客に認知させることができるので即効性があります。

しかし、費用がかかることがデメリットです。

アーンドメディア(earned media)

アーンドメディアとはFacebookやTwitter、Instagramなどの自社で運営するS N Sのことです。

口コミなど自然に拡散していくのが特徴です。

企業や商品のブランディングが上がりやすく信憑性が最も高いと言えますよね。

しかし、自社でコントロールできないためネガティブに取り上げられるリスクがあります。

オウンドメディア(owned media)

オウンドメディアとは、自社で発信する情報をユーザー目線に合わせてコンテンツ化して発信するメディアです。

そのため、自社でコントロールできて低コストで運営できます。

オウンドメディアの多くは企業や商品のブランディングを高めるために運営されていますよ。

しかし、効果が得られるまでに時間がかかってしまうところがデメリットです。

トリプルメディアについて解説しました。

この中で、各メディアの受け皿となり、企業評価を相乗的に高める役割を担うのがオウンドメディアです。

オウンドメディアの役割を理解した上で運用しましょう。

オウンドメディアの目的

オウンドメディアを活用する企業は増えています。

では、どうしてオウンドメディアを選ぶのでしょうか。

企業や製品・サービスのブランディングの向上

第1の目的は企業や製品・サービスを知ってもらうことです。

ユーザー目線に合わせたコンテンツに興味を持ってもらうことで、そのコンテンツを介して情報提供した企業のことを知ることになるからです。

例えば、ある商品を紹介するコンテンツで気になる商品があれば製造している会社を調べますよね。

こうして、直接的ではなく間接的に企業や商品・サービスを知ってもらうことのキッカケとなるのです。

企業や製品・サービスのファンになってもらう

企業や製品・サービスのブランディングが向上したら、次は『ファン(顧客)づくり』です。

なぜなら、企業や製品・サービスの魅力を発信することでより優良な顧客へと育てていくことができるからです。

例えば、ある商品を購入して気に入ったとき同じメーカーで違う商品も買いたくなりますよね。

こうして生まれた信頼が『ファンづくり』へとつながるのです。

オウンドメディアのメリットとデメリット

オウンドメディアはコンテンツを自社で運営できるので発信する情報を管理できます。

そのため、数多くの企業がオウンドメディアを運営しているのが現状です。

メリットが多いオウンドメディア。

でも、メリットばかりではなくデメリットもあるのです。

ここでは、オウンドメディアのメリットとデメリットについて解説します。

オウンドメディアのメリット

オウンドメディアが企業にもたらすメリットとは何でしょうか。

ブランディングを高められる

オウンドメディアは企業のブランディングにもつながります。

なぜなら、オウンドメディアに役立つコンテンツをアップしていくことで読者が繰り返しサイトに訪れるようになり、オウンドメディアが認知されるからです。

オウンドメディアが認知され信用度が高まるということは企業の信用度が高まることにつながりますよね。

役立つ記事の提供により企業の専門性が評価されブランディングに効果的なのです。

広告費をカットできる

オウンドメディアは一般の広告以上の広告になります。

なぜなら、オウンドメディアは「ユーザー目線のコンテンツを提供するもの」です。

良質なコンテンツをオウンドメディアにアップしていくことで、コンテンツ自体が企業のブランディングとなるからです。

良質なコンテンツを提供し続ければ自然とSEOに評価され、検索順位が上がっていきますよね。

検索順位が上がればアクセス数が増えます。

そうすると販売サイトへの誘導の確率も上がりますよね。

結果、「広告費をかけずに売上アップ!」となるのです。

ファンづくりがしやすい

ユーザーにとって有益な情報をアップし続けることで自社のファンを作りやすくなります。

なぜなら、企業や製品・サービスの有益な情報は購買意欲を高めるからです。

例えば、評判がいい商品は「一度使ってみようかな」ってなりますよね。

しかも、商品の使い方やメリット&デメリットなど検討材料がたくさんあればもっと安心して購入できると思いませんか?

その安心が、企業に対する信頼へと変化します。

こうして得た信頼が、やがて企業のファンになるのです。

情報の内容をコントロールできる

オウンドメディアは自社で運営するので情報の内容をコントロールできます。

なぜなら、自社でコンテンツを作成し発信するからです。

自社が持つノウハウや他社と差別化できる情報をアピールすることも可能ですよね。

ただ、自社の主張だけではユーザーにとって有益な情報とは言えません。

ユーザーの疑問に対する解決方法をわかりやすく書き、ユーザーにとって役に立つ情報を発信するように心がけましょう。

オウンドメディアのデメリット

メリットが多いように思えるオウンドメディア。

反対にデメリットは何でしょうか。

効果が出るまでに時間がかかる

オウンドメディアで良質のコンテンツをアップしてもすぐに結果は出ません。

なぜなら、SEOで評価されるまでに最低でも3ヶ月ほど時間がかかるからです。

しかも、オウンドメディアのコンテンツは直接売上につながるコンテンツではなく、ユーザーの役に立つ情報を配信するコンテンツです。

SEOに評価されて検索順位が上がってもすぐに売上増加につながるわけではありません。

オウンドメディアは、すぐに結果を求める状況には不向きと言えます。

すぐに結果を求めるのであれば、SNSやペイドメディア(広告)を活用しましょう。

運営するのがむずかしい

オウンドメディアは運営するのがむずかしいと言えます。

なぜなら、自社で運営することが多いからです。

運営企業がコンテンツ制作のプロとは限りませんよね。

知識がないのにユーザーに適したコンテンツを作るというのはハードルが高いと言えます。

そのため、オウンドメディア運営を代行する企業も増えています。

例えば、検索エンジンで『オウンドメディア』で検索すると、オウンドメディアの情報発信サイトがズラリと出てきますよね。

そのほとんどが、オウンドメディアなどのメディア運営コンサル会社のサイトです。

コンサル方法なども交えて解説しているサイトも多いので、自社にあった企業を探すのに役立ちますよ。

参考にしてくださいね。

オウンドメディアサイトを立ち上げる前の準備

オウンドメディアを立ち上げるには何からはじめれば良いのでしょうか。

ここでは、オウンドメディアを立ち上げる前の下準備について解説します。

  1. 目的と課題を明確にする
  2. ペルソナの設定
  3. コンセプトの設計
  4. カスタマージャニーとコンテンツファネルの設計

目的と課題を明確にする

オウンドメディアを立ち上げる前に具体的な目的を設定します。

なぜなら、目的もなく立ち上げてしまうとモチベーションが下がるからです。

例えば、「とりあえずダイエットしよう」とゴールのないダイエットは持続することが難しいですよね。

具体的な目的(ゴール)を決めることでプロジェクトの持続につながるのです。

また、目的が複数ある場合は優先順位を決め1つ1つ取り組むといいでしょう。

目的と同時に課題も明確にするのが理想。

なぜなら、課題を達成することが目的(ゴール)と言えるからです。

例えば、先ほどのダイエットの場合「最近、食べすぎて太ってきたから痩せたいな」と目的の前に課題が出てきますよね。

課題を明確にすることでより的確なオウンドメディアを作ることができるのです。

また、課題をまとめるときは『事実』『課題』『結論』の3つにまとめましょう。

  • 『事実』=オウンドメディアを作ることに至った背景
  • 『課題』=オウンドメディアで解決したい課題
  • 『結論』=課題を克服するためのオウンドメディア

上記のように設定します。

的確にまとめることで立ち上げ後も運営しやすくなりますよ。

ペルソナの設定

目的や課題を明確にしたらペルソナの設定をします。

なぜなら、オウンドメディアは『ユーザー目線のコンテンツを提供する』のが目的だからです。

ペルソナの設定をしっかりとすればユーザーの悩みを具体化し解決策を提案しやすくなりますよ。

実際にその人物が実在しているかのようにリアリティのある詳細な情報を設定します。

例えば、年齢・性別・居住地・職業・役職・趣味・家族構成・生い立ち・ライフスタイルなどですね。

ユーザー像を明確にすることで、ユーザーにとって有益なオウンドメディアを作ることができるのです。

コンセプトの設計

目的や課題を明確にしてペルソナの設定ができたらメディアコンセプトを決めます。

なぜなら、メディアコンセプトはオウンドメデイアの軸と言えるからです。

そもそもオウンドメディアは中長期的な運用が必要です。

その中で、何か問題が生じたときメディアコンセプトが明確であれば立ち返ることができます。

メディアコンセプトは『企業課題』と『ユーザー』の架け橋となる部分です。

オウンドメディアを運営していくうえで大切になるので必ず決めましょう。

カスタマージャニーとコンテンツファネルの設計

まず、カスタマージャーニーとコンテンツファネルの説明をします。

カスタマージャーニーとは

カスタマージャーニーとは、顧客が悩みを抱えその悩みを解決するためにサイトを閲覧し成約するまでの道のりのことです。

カスタマージャーニーを絵や図にしてみましょう。

例えば、『悩み→解決→販売サイト→成約』という道のりとします。

このように、ユーザーの動き(行動・思考・感情)を時系列で図式化することでユーザーのことを深く理解できるようになりますよね。

また、ユーザーのことを深く理解することで、企業目線ではなくユーザー目線で発想できるようになるのです。

コンテンツファネルとは

コンテンツファネルとは、ユーザーの意識の変遷を図式化したものでターゲットとなるユーザーの段階を可視化したものです。

例えば、『興味関心ユーザー/見込み顧客/製品制約』という具合にわけます。

そしてそれをカスタマージャーニーで作成した図や表と照らし合わせましょう。

すると顧客の姿が一気に見えてきます。

何に悩み、迷っているのか。決断を下せない理由は何なのか?

これらが判明します。

次に、判明した『事実』をベースにして、オウンドメディアを設計しましょう。

そうすることで推測や仮設で作った設計図よりも、はるかに精度の高いオウンドメディアを構築できますよ。

事実に勝るデータはないからです。

実際に、マーケティング調査でもユーザー動向を直接チェックするのは主流ですよね。

それと同じことで、オウンドメディアを設計するときもユーザーの言動第一に作るのがコツなのです。

覚えておきましょう。

なお、こういったリサーチはクラウドソージングなどでモニター募集をかければ、すぐに集まってきますよ。

参考にしてくださいね。

【サイトの立ち上げ】ルールやデザインを構築

オウンドメディアを立ち上げるための下準備ができたら早速立ち上げてみましょう。

  1. チーム編成
  2. オウンドメディアのルールを決める
  3. デザインを決める
  4. コンテンツ(記事)の作成

チーム編成

継続したメディア運営をしていくのならチーム体制がおすすめです。

その理由は、記事を執筆したりクリック率を分析したりと運営するにはやることが多いからです。

ひとりで全部を行えば統一性は保たれますが中長期的な運用をしていくのは大変な労力になります。

オウンドメディアは1つのプロジェクトです。

リーダーを決めて分担できるところは分担しチームで運営しましょう。

オウンドメディアのルールを決める

チームの編成ができたらオウンドメディア運営のルールを作りましょう。

なぜかというと、一定のルールを作ることでメディアに統一感が生まれるからです。

実際に、ライラーとしてサイトの記事作成の依頼では、どのサイトもレギュレーションがありました。

必ずといっていいほど、ルールの確認と徹底を求められます。

それだけ、メディア制作ではルールが大切です。

チーム内でオウンドメディアの一定のルールを作りチームで共有しましょう。

そうすることで、ユーザー目線のオウンドメディアを運営できるのです。

デザインを決める

どのようなオウンドメディアを作るのか方向性がある程度決まったら、次はデザインを決めましょう。

基本的に、デザインはプロに頼むか自作するかの2択になります。

デザインに関する社内ルールができており、かつチームを立ち上げる人員的余力もあるのであれば、自作することをおすすめします。

なぜなら、低予算で自作できるツールがあるからです。

例えば、WordPressなら無料のテンプレートが豊富にあります。

しかも、集客力が高いと言われているので効果が期待できますよね。

また、自社で一から作ることでそのオウンドメディアに愛着が湧きます。

オウンドメディアは制作して育てていくものです。

チームで相談して自社やメディアコンセプトにあったデザインにしましょう。

コンテンツ(記事)の作成

デザインを決定するのと同時に、記事コンテンツの担当者は記事を作成しましょう。

記事作成には業者に依頼する方法と自社で作成する方法があります。

記事作成前にオウンドメディアのルールが決まっていれば、社内の誰に任せても心配ありません。

しかし、校正や校閲など記事コンテンツのチェックはしっかりと行いましょう。

校正をすることで記事のクオリティが飛躍的に上がるからです。

実際に僕がある企業で専属ライターをしていたころは、社内でコンテンツを作成する際、必ず他者に校正をしてもらっていました。

そうすることでコンテンツの質が上がることを、経験則で知っていたからです。

他にも、校正にもっと力を入れている企業であれば、二次校正・三次校正といった制度まで設けています。

それぐらい、オウンドメディアでは校正が大事ということ。

校正・校閲の担当を決めてしっかりとチェックをし、ユーザーに有益で読みやすい記事を作成しましょう。

seo的に高評価となるオウンドメディア運用法

ついにオウンドメディアが完成しました。

しかし、オウンドメディアは作って終わりではありません。

自社の目的達成のために運用が必要です。

ここでは、運用の方法や失敗しないポイントについて解説します。

運用の方法

オウンドメディアの運用の方法を制作と分析にわけて解説します。

コンテンツ(記事)制作を継続し随時アップする

seoに好影響を与える運用方法の基本は、コンテンツの制作は継続し随時アップすること。

こうすることで、サイトのフレッシュネスを常にアップデートすることになり、Googleから高評価されやすくなるのです。

実際に上位サイトのほとんどは定期的に新記事をアップしていますよね。

そうした努力がseoに好影響を与えるのです。

また、定期的な振り返りや記事の分析作業も必要です。

なぜなら、ユーザーに有益なコンテンツを作っているつもりでも実際読んでもらえるかどうかはわからないからです。

実際に読まれている記事や読まれていない記事を把握することで新しいコンテンツ作りの参考にもなりますよね。

細かく分析をしてコンテンツ制作に活かすことでユーザーにとって一段と有益なコンテンツへと成長するのです。

それが結果的にseoにも好影響を必ず与えます。

ユーザーの行動などを分析する

オウンドメディアの最終目標は企業の利益向上です。

そのため、オウンドメディアのユーザーが記事を読んでどんな行動をとっているのかデータ分析が必要です。

なぜなら、データ分析をすることでユーザーの行動を把握できるようになるからです。

例えば、問い合わせ件数の増減や販売サイトへの流入、制約件数などですね。

データ分析をすることでユーザーの行動が把握できるようになり、今後のオウンドメディアの運用に役立ちます。

また自社の売上増にもつながるのです。

失敗を防ぐポイント

運用方法がわかってもうまく運用できるとは限りません。

うまく運用するには失敗しないポイントがあります。

ここでは失敗しないポイントを解説します。

目的と課題を忘れない

オウンドメディアを立ち上げる前に設定した目的と課題を忘れてはいけません。

なぜなら、オウンドメディアは自社の課題を解決し目的を達成するためのものだからです。

例えば、「〇〇へ行った」「〇〇を食べた」のようなスタッフの日記になってしまっては、ユーザーに興味を持ってもらえないですよね。

  • オウンドメディア を通じて何を伝えたいのか
  • ユーザーにどのように感じてもらいたいのか
  • 最終的にどんな行動をとってもらいたいのか

以上の項目を明確にし、目的がブレないようにコンテンツを考えていくことが大切です。

目的と課題を忘れずに運営しましょう。

中長期的な取り組みであることを理解する

オウンドメディアは中長期的な取り組みであることを会社全体で理解することが必要です。

なぜなら、結果を早く求めてしまうと成功しないからです。

実際に、オウンドメディアの特性を理解せず、結果が出ないことで運営を中止した企業も多くあります。

オウンドメディアは短期的に利益が期待できる広告と違います。

コンセプト設計からサイト設計、コンテンツ制作まで時間も労力もかかる取り組みです。

成果が出るまでには少なくとも半年、それ以上はかかると考えなくてはいけません。

オウンドメディアの特性を会社全体で理解し、長い目で運営しましょう。

適切な目標を示す

前述しましたが、オウンドメディアはなかなか結果が出ません。

運営チームは結果が出ないことでモチベーションが下がったり結果を急ぎすぎてコンセプトがズレてしまったりすることがあります。

そのため、立ち上げから適切な目標を立てましょう。

なぜなら、比較的達成しやすい目標を立てることで長期的なプロジェクトを乗り切れるようになるからです。

例えば、立ち上げから3ヶ月は「100記事アップ」とか、6ヶ月で「10000P V達成」などですね。

オウンドメディアの運営時期に合わせた適切な目標を立てましょう。

良質なコンテンツ作りを心がける

オウンドメディアはコンテンツ作りが大切です。

ユーザーにとって良質な記事を作成しましょう。

なぜなら、ユーザーにとって有益な記事はSEOでも評価されるからです。

SEOで評価されれば検索上位に表示されます。

検索上位に表示されるということはそれだけサイトに流入する数が増えるということ。

実際に、お客様からの問い合わせを参考にしたりアンケートを取ったりすることで、
お客様の声を記事に反映させることができますよね。

このように、良質な記事コンテンツを作り続けることでオウンドメディアが評価されやがて企業の財産となるのです。

企業におけるオウンドメディアの活用事例

オウンドメディアを活用している企業は増えています。

ここでは、実際にオウンドメディアの成功事例を5つ紹介します。

YEs! MAGAZINE』(サッポロビール)

大手企業サッポロビールのオウンドメディアです。

「ビールの答えが見つかるウェブマガジン」をテーマにしています。

ビールにまつわるトリビアやビールと相性の良いレシピ、ビールの楽しみ方などを提供。

コンテンツを通じてヱビスビールの魅力を伝えることを目的に運営しています。

サイボウズ式』(サイボウズ)

サイボウズはチーム・コラボレーションを支援するツールを開発提供している会社です。

サイボウズのオウンドメディアは成功事例として必ず挙げられています。

自社サービスの宣伝はせずメディアとしての面白さを追求しているのが特徴です。

Costco Connection』(Costco Wholesale Corporation)

Costco Wholesale Corporationは日本でもおなじみの会員制スーパーのコストコのことです。

Costco Connectionはもともと会員向けのカタログでしたが、現在は電子書籍化され誰でも見られるようになりました。

英語版の本家サイトではオンラインショッピングに対応しておりカタログとしての機能もあります。

商品紹介だけではなく世間で議論のある話題を取り上げてアンケートを取るコーナーも人気です。

Web版ではこのアンケートに投票できるようになっておりカタログを超えた双方向のメディアとしても機能しています。

LISCUL』(ソウルドアウト)

ソウルドアウトは中小・ベンチャー企業の支援を行う会社です。

LISCULでは、Webマーケティングのノウハウを積極的に公開しておりSEOで集客をしています。

『リスティング広告』といったキーワードではユーザーにとって有益な情報を発信してSEOの評価が高いです。

自ら情報を公開するというのは不利に思えますが、結果的にコンバージョンの増加にもつながっています。

LIG BLOG』(LIG)

LIGはWeb制作やオフショア開発など幅広く展開している会社です。

LIG BLOGは自社運営で数100万PVを誇ります。

また、集客を活かしてバナー広告を掲載し広告収入を得ているのが特徴です。

オウンドメディア単体で収益を上げる体制を構築しています。

まとめ|オウンドメディアは正しく運用しよう

この記事を読んでオウンドメディアの特徴や運営方法がわかりましたね。

オウンドメディアを運営するときは目的や課題をもとにコンセプトを設定し、ユーザー目線のコンテンツを提供することが大切です。

また、ひとりで取り組むのではなくチーム体制で運営しましょう。

記事で解説したように、オウンドメディアは低コストで運営できますがすぐに結果が出るものではありません。

なぜかというと、SEOに評価されるまでに時間がかかるからです。

実際に、成功事例で紹介した企業はユーザーにとって有益な情報を提供することでSEOに評価されPVが増加しています。

そして、自社の収益にもつながっていますよね。

このことから、オウンドメディアはユーザーにとって有益な情報を配信することにより、企業に利益をもたらします。

また、結果を急がず中長期的なプロジェクトと理解して運営することがおすすめですよ。

ぜひ、この記事を参考にしてくださいね。