Webライティングはライターの基本!初心者でも使えるseo効果アリの構成を紹介

Webライティングとは

在宅で稼ぎたいと考えて、Webライティングの仕事に興味を持ったけれど「Webライティングとは?」「そもそも文章の書き方がわからない・・」と悩まれる方は少なくありません。

Webライティングの仕事では、読みやすくわかりやすい文章を書く技術が求められます。

膨大な数のWebコンテンツのなかから自分の書いた文章を読んでもらうには、誰が見ても読みやすくわかりやすい文章であることが大前提といえるでしょう。

長々と文章が書かれていたり、なかなか答えがみつからないコンテンツは読者にとっていい文章とはいえません。

Webライティングとは多くの読者に読まれるいい文章を書く上でとても重要な技術なのです。

この記事では、Webライティング初心者の方に向けてWebライティングの基本や、文章の書き方を解説します。

この記事を読むことでいい文章を書けるようになり、Webライティングで稼げるようになりますよ。

なお、Webライターさんに役立つ情報は『【未経験でもできる副業】Webライターとは?仕事内容・年収・求人例・SEOライティングなど必要なスキルを解説』でも解説していますのでチェックしてみてください。

Webライティングとはseo効果のある手法

Webライティングとは、コンテンツの読者にとって読みやすくわかりやすい文章を書く技術のことです。

単に検索結果の表示順位を上げるための技術(俗にいうseoライティング)ではなく、読者のタメになり、最後までスルスルとコンテンツを読んでもらうための技術です。

そのため、どんなデバイスを用いても読みやすくわかりやすい文章を書くこともWebライティングの基本となります。

それに付け加えて、読者にとってわかりやすいコンテンツは、検索エンジンにもわかりやすく効果的です。

実際に私の経験上、ユーザビリティの高いコンテンツはseo上位を獲ることが多いからです。

つまり、Webライティングは読者にとってだけでなく、seo対策としても有効と断言できます。

ちなみに、SOEに強いコンテンツの作り方に関しては『コンテンツseoでブログを成功させる!メリットや基本的な作成方法を解説』で解説しています。

seoライティングとの違い

検索エンジンにとってわかりやすく、検索結果の上位表示を目指す文章を書く技術をseoライティングといいます。

読者だけを意識するのではなく検索エンジンと読者の双方を意識して文章を書くという点が、Webライティングとの違いになります。

余談になりますが、seoライティングの最終目標はseo順位のアップ(アクセス数の向上)だけではありません。CV件数のアップも目的となります

「なんのためにseo順位を上げるのか?」となったとき、その答えとしてふさわしいのは『利益を上げるため』です。

つまり、最終的にはCV件数を上昇させることが重要になります。

ココを勘違いしてしまう人が多いので、気を付けてくださいね。

SEOライティングに関しては『SEOライティングのコツ24選!初心者でも書き方次第で上位表示可能です』の記事で20,000字以上にわたって解説しています。

セールスライティングとの違い

コンテンツの読者に商品を「買いたい!」と思わせる文章を書く技術のことをセールスライティングといいます。端的に言うと、セールスライティングはCVR(成約率)の向上が目的となりますね。

読者のタメになる文章を書くだけでなく、読者がコンテンツ(記事やブログ、ランディングページ)上で商品を購入するというアクションを促すという点がポイント。

コレがWebライティングとの違いといえます。

シナリオライティングとの違い

読者の現状を理解し、未来を予測して「好奇心をそそるようなストーリー性のある文章」を書く技術のことをシナリオライティングといいます。読者の現状だけでなく未来を意識して書くという点がWebライティングとの違いです。

ココで内容をいったんまとめましょう。各ライティングの役割は以下のようになります。

ライティング名役割
Webライティング読みやすさを向上させる
seoライティングseo順位をアップさせる(具体的にはアクセス数・CV数の向上が目的)
セールスライティングCVR上昇させる
シナリオライティング滞在時間の引き延ばしに貢献する(動画でいえば視聴時間)

このように、文章を読みやすくする技術がWebライティング、seo順位とCV件数の向上に貢献するのがseoライティング。

そして、CVR(成約率)の向上に役立つのがセールスライティング、読者の滞在時間(動画であれば視聴時間)を伸ばすテクニックがシナリオライティングとなります。

すべて『書く技術』ではありますが、これだけ役割が異なります。役割が異なれば、当然書き方も変わるもの。

コンテンツを良質なものにしたいのであれば、それぞれのスキルをしっかり使い分けてくださいね。

【初心者ライター必見】いい文章の基本とは?

誰がみても読みやすく、すぐに答えにたどり着けるコンテンツが求められています。

現代人は忙しいですから、文章をザっと流し読みをする読者がほとんどです。実際に、Webコンテンツにおける読者の滞在時間は年々短くなっています。

つまり、読者が「あ、なんか読みにくいな」と感じたらすぐにコンテンツページから離脱されてしまうわけですね。それが滞在時間の短縮として表れているのです。

せっかくコンテンツをみてもらえても、最後まで読んでもらえなければ意味がありません。

最後まで読んでもらうには誰がみても読みやすそうなコンテンツであること、つまり「読みたい!」と感じさせる文章であることが重要なのです。

また、疑問の答えが知りたくてコンテンツを読んでいるのに、なかなか答えにたどり着けないと読者はストレスを感じてしまいます。長々と書かれた文章の中に、答えをさがして延々とスクロールをした経験は誰もがいちどはあるのではないでしょうか?

新聞や本など『お金を支払う媒体』であれば一文一文をじっくり読まれることが多いですが、Web上のコンテンツは違います。

Webコンテンツは誰でも無料で読めることもあり、『自分が知りたがっている情報のみを読む』傾向がとても強いです。Web上の読者は文字を読みたがっているのではなく、情報を知りたいだけだからです。

そんな事情もあり、読者は情報をかいつまんで読む傾向が強くなります。

何度もいいますが、Web上の読者はザっと流し読みをするのがほとんどです。

忙しい現代人が疑問の答えをすぐにみつけることがいかに重要なことかは、容易に想像ができるでしょう。

読者が求める答えを単刀直入に提供し、ストレスフリーに読んでもらえるような文章を書くこともとても重要なことなのです。

なお、初心者ライターさんに必須な情報は『Webライティングには初心者案件がいっぱい!副業におすすめな理由や基礎知識を紹介』にまとめていますので、参考にしてください。

仕事で使える!seo効果がある文章構成

誰もが読みやすくわかりやすいコンテンツはどのようにすれば作成できるのでしょうか?

Webライティングにはコンテンツの骨組みとなる文章構成のルールが2つあります。文章全体を3つにわけて書く『SDS法』と4つにわけて書く『PREP法』です。

2つの文章構成ルールを活用することで、文章を書くことに慣れていない初心者でも読みやすくわかりやすいコンテンツの骨組みを作成することができるでしょう。

SDS

文章全体を3つにわけ、答え→理由→答えの順に文章を書くのがSDS法です。とてもシンプルな書き方なので初心者の方でも活用しやすいルールです。

  1. Summary(要点)→ 読者の疑問の答えをはっきりと示す
  2. Details(詳細)→理由を解説する
  3. Summary(要点)→答えをもう一度くりかえし明確にする

読者の求める答えを1番に書くSDS法は文章全体に無駄がありません。なので、読者にとってすぐ答えにたどり着くスマートなコンテンツの作成方法といえるでしょう。

PREP

文章全体を4つにわけ、答え→理由→根拠もしくは例え→答えの順に文章を書くのがPREP法です。

  1. Point(要点)→ 読者の疑問の答えをはっきりと示す
  2. Reason(理由)→ 理由を解説する
  3. Example(根拠もしくは例え)→科学的根拠や具体例を示す
  4. Point(要点)→ 答えをもう一度くりかえし明確にする

具体例を用いて書くPREP法は読者にとって納得のいく良質なコンテンツの作成方法といえます。

PREP法はSDS法よりもパートを細分化している分、より情報を具体的にすることができます。そしてGoogleは具体的な情報を評価する傾向にあります。

そのためPREP法でWebコンテンツを作るとseo評価を高めやすくなるのです。

このことからPREP法はWebコンテンツを作るうえで理想的なテンプレートと断言できます。

実際に、Web上のコンテンツを分析するとわかると思いますが、9割の記事やブログはPREP法で執筆されています。

seo上位に限って言えば、ほぼ100%の確率でPREP法に基づき作成されています。

このことからPREP法はWebコンテンツを作るうえで、有能なテンプレートと言えるのです。

2つのルールを理解すると、「なんだか私にも書けそうだな」と感じてきませんか?

そう、しっかりとルールに沿うことで、誰でも読みやすくてわかりやすい文章を誰でも書くことができるのです。

PREP法に関しては『【ブログの文章力100%向上】WebライティングならPREP法!読者が理解しやすい書き方・構成をテンプレートと例文でご紹介』で解説していますので、参考にしてください。

Webライティングの基本的な書き方と注意点

Webライティングの具体的な工程を順番に説明していきます。工程は5つあります。

  1. 読者を具体的に想定する
  2. 答えとなる情報を集める
  3. 文章を書く
  4. 校正をする
  5. コンテンツをアップする

読者を具体的に想定する

まずは読者の【年代】【性別】【現状】【どんな疑問をもっているのか】などを具体的に想定しましょう。

より細かく想定をすることで読者が求めている答えをみつけることができ、ニーズのあるコンテンツを作成することができます。

ちなみに、『読者の想定』を活かした記事構成の作り方は『競合をブチぬくSEOに強い記事構成の作り方|ユーザーのニーズを見抜くことが上位表示のコツ』で紹介しています。

答えとなる情報を集める

読者の疑問を具体的に想定することができたら、つぎは疑問の答えとなる情報を集めましょう。

『1つの情報は3か所から集める』といった言葉があるように、1つの場所からだけではなく複数の場所から情報を集めることで、より正確な情報を得ることができます。

文章を書く

情報を集め答えをみつけることができたら、つぎは文章を書いていきましょう。

SDS法やPRPE法を活用して、読みやすくわかりやすい文章を心掛けましょう。

もしも文章を上手に書けないのであれば、練習あるのみです。

Webライティングの効果的な練習方法に関しては『効果実証済み!Webライティングの練習方法6選|経験が少ない初心者でもできる勉強の仕方を紹介』で紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。

校正をする

文章が書けたらつぎは校正(誤字脱字や間違った表現がないかをチェックすること)をします。誤字脱字などがあると読者はコンテンツの信ぴょう性を疑ってしまいます。間違った言い回しや表現をしていないかしっかりと確認しましょう。

コンテンツをアップする

校正をしてコンテンツが完成したら、つぎはいよいよ最後の工程です。完成したコンテンツをWeb上にアップしましょう。

WordPressでアップする際は『ブロック形式のビジュアルエディタ』と『HTML形式のテキストエディタ』と、2つの方法があります。

HTMLコードに関する知識がない人は、ビジュアルエディタを使った方がスピーディにアップができますよ。

ちなみにコンテンツを語るうえで欠かせない重複コンテンツに関しては『重複コンテンツとは?Googleからのペナルティを回避するのも重要なSEO対策』で解説しています。

書くうえでの注意点は2つ

Webライティングにおける注意点は2つあります。

・難しい言葉を使わない

専門用語や難しい言葉、わかりにくい言い回しなどは使わないようにしましょう。

ひとつでも理解できない言葉に引っかかってしまうと、読者はそこで読むことをストップしてしまいます。

誰にでもやさしくわかりやすい言葉で文章を書きましょう。

なお、その他にやってはいけないことは『SEOで絶対やってはいけない対策13選|Googleからスパム行為と判断されます』にまとめています。

・文章を見やすく整える

改行や段落変えを適切におこない文章を読みやすくしましょう。

読者がコンテンツページを見たときに、延々と文章がならんでいたり、どこに何が書いてあるかわからないものは読む気がなくなってしまいます。

読みやすさを意識して、『文章をデザイン』してみてくださいね。

また、見出し(目次)をつくることで「記事のどこに何の情報があるのか?」が明確になります。

そのため、読者の答えがどこに書いてあるのかを、見出しではっきりと示しましょう。

そうすれば記事に対する理解と期待感を向上させられますよ。

ライターがWebライティングで仕事を増やすには?

Webライティングで稼ぐ方法はいろいろあります。
代表的なものを3つ解説していきましょう。

  1. クラウドソーシングに登録をして仕事を得る
  2. 企業にWebライターとして就職する
  3. Webメディアに掲載してもらう

・クラウドソーシングに登録をして仕事を得る

クラウドソーシング(インターネット上で仕事を発注したり、仕事の募集に応募ができるサービスのことをいいます)に登録をしてWebライティングの募集に応募をして仕事を得る方法です。

初心者歓迎の仕事も多数募集されていますので、実績0の初心者は、最初はこの方法でWebライティングの仕事に挑戦をすることをおすすめします。

・企業にWebライターとして就職する

企業が募集しているWebライターの求人に応募し、就職するという方法もあります。初心者でも企業に就職すれば上司に指導してもらえますから安心ですね。

しかし、タイミングよくWebライティングの求人に出会えるかどうかはわかりません。

クラウドソーシングで仕事をしながら、企業の求人をこまめにチェックすることをおすすめします。

・Webメディアに掲載してもらう

Webメディアに寄稿をして掲載してもらう方法もありますが、初心者にはほぼ不可能な方法といえるでしょう。

Webメディアで掲載してもらうには確固たる実績や豊富な知識が必要だからです。

初心者の方はまずWebライティングの実績をコツコツとつくりあげることに専念しましょう。

まとめ|Webライティングを身に着けてライターになろう

いかがだったでしょうか?読者にとって読みやすくわかりやすい文章を書くことが、Webライティングの基本であり重要であることがおわかりいただけたと思います。

もしあなたが文章をわかりやすくしたいときはWebライティングをつかってくださいね。

読者の求めている答えを最初に示すSDS法やPREP法などを活用すれば、誰にでもわかりやすい文章を書くことができるからです。

Web上では流し読みをする読者がほとんどです。
なかなか答えがみつからないコンテンツは、すぐにページから離脱されてしまいます。

Webライティングをつかって誰にでも読みやすくてわかりやすい文章を書きましょう。


そうすることで、読者と検索エンジンの双方にとってわかりやすいコンテンツをつくることができます。参考にしてくださいね!