Web記事作成を代行に依頼するメリットとデメリット|外注の場合だとseo的に高品質だが相場費用は高めです

記事作成 代行

ブログサイトを運営していくにあたり、『記事を量産する手間を省きたい』という悩みはありませんか?

そんな悩みにお応えするために、記事作成を代行できるサービスについてご紹介いたします。

記事作成を代行してもらうことにより、SEO対策やオリジナリティ溢れる高品質な記事を短期間に量産することができるため、大幅な作業の手間を省くことができます。

なぜなら、各サービスでは依頼者が求める高品質な記事を提供できるように専属ライターの確保を行おこない、たくさんの実績を積んでいるからです。

この記事では、記事作成を代行して貰うメリットやデメリット、代行・外注でおすすめのサービス、代行サービスを選定する際のポイントをご紹介しています。

これからブログサイトの拡充をはかりたいと考えておられる方にはとても重要な選択肢となりますので、うまく活用していけるように、ぜひ参考としてください。

高品質など|記事作成代行に依頼するメリット

記事作成の代行を依頼することによるメリットとして、以下の5点をご紹介いたします。

  1. SEOに特化した記事を製作してもらえる
  2. 専門性の高いコンテンツを依頼できる
  3. 記事以外にも依頼ができる
  4. 24時間サポートを受けられる
  5. 人員を用意する必要がない

SEOに特化した記事を製作してもらえる

記事作成の代行を依頼することにより、SEOに特化した記事を作成してもらえます。

  • 丁寧な事前調査
  • kwと共起語の調査

丁寧な事前調査

良質な記事を作成するためには、しっかりとした事前リサーチが必要です。

ニーズに適したコンテンツとなるように色々な角度から調査を行い、記事にしてもらえます。

また、SEOの上位表示を行う上で必要となる競合サイトの長所・短所をチェックし、分析をおこなったうえで記事のイメージを反映してもらえるのです。

kwと共起語の調査

依頼した記事のタイトルや各見出しに入れるキーワードをしっかり調査してもらえます。

本来であればこういった専門的なノウハウおよび知識が自社にない場合、調査の仕方すらわからないもの。

しかし記事作成代行に依頼することで、簡単に解決できるのです。

キーワードはもちろんですが、関連するキーワードや共起後にも注意を払い、バランスの良い記事の執筆をしてもらいましょう。

専門性の高いコンテンツを依頼できる

記事作成の代行を依頼することにより、専門性の高い記事を作成してもらえます。

以下の2点についてご紹介いたします。

  • 分野別の専属ライターに専任してもらえる
  • プロによる編集・校正

分野別の専属ライターに専任してもらえる

たとえば、検索結果の上位表示をおこなうためのSEO対策には相応の専門知識と経験が必要となります。

また、他のサイトと文章内容がかぶらないように実施するコピペチェックには労力がかかりますよね。

記事作成代行サービスには、こういったSEO対策や文章チェック機能を備えておりますので、依頼側が校閲をおこなう手間を省くことができるのです。

サービス提供者にもよりますが、一般的に厳しい採用基準を満たした方がライターとして執筆を請け負います。

それぞれの担当者に得意分野があり、依頼した内容に応じて適切なライターを編成することで、ハイレベルな記事を執筆してもらえるのです。

オプションで専門家の監修などを利用すれば、更に専門性の高い内容であっても監修・チェックしてもらうことが可能となります。

プロによる編集・校正

基本的にライターが執筆する記事の品質や納品スケジュールの管理を行うのは『ディレクター』、案件そのものの管理をおこなうのは『マネジャー』です。

つまり記事を作成するときはそれぞれ専門のプロが請け負い、チームで記事を作成しているわけですね。

何もかもライターが引き受けているわけではないのです。

それぞれの作業を専門の人間がおこなうことで、短期間でより質の高い記事を作成できます。

それに付け加えて、編集や校正といった作業も代行サービスの中で完結されます。

納品された後に記事の修正をおこなう必要がないのはありがたいですよね。。

記事以外にも依頼ができる

記事作成代行サービスでは、記事以外にも依頼が可能です。

以下の2点についてご紹介いたします。

  • ブックライティング
  • コピーライティング

ブックライティング

書籍の執筆代行となります。

医療・教育・ビジネスなど、さまざまなジャンルの書籍に対して、依頼者の想いをヒアリングのうえ、代行して執筆してもらえるサービスです。

コピーライティング

Webサイト・LP・商品カタログ・メルマガなど、コピーライティングの代行となります。

紙媒体とWeb媒体の両方に対応しているのが一般的です。

こちらも要望を念入りに確認のうえ、イメージに沿ったコンテンツに作り上げてもらえます。

24時間サポートを受けられる

記事作成代行サービスを依頼することにより、24時間サポートを受けられます。

Webサイトの掲載記事は、サーバが稼働している限り、休日でも夜間でも閲覧可能です。

その間に記事の改ざんがおこなわれていたり、記事内容に早急に修正したい内容があったりした場合に、すぐにサポートを受けられる体制が整っているのは心強いですよね。

万が一のアクシデントを想定した際に、手厚い体制となっているに越したことはありません。

人員を用意する必要がない

記事作成代行サービスを依頼することにより、専用の人員を用意する必要がなくなります。

たとえば、記事を執筆する『ライター』や記事の品質チェックやスケジュール管理を行う『ディレクター』といった立場の人員を整える必要がありません。

費用など|記事作成代行に依頼するデメリット

一方で、記事作成の代行を依頼することによるデメリットとして、以下の5点をご紹介いたします。

  1. コストがかかる
  2. 業者ごとに品質の当たり外れが大きい
  3. 納品に遅れるかもしれない
  4. 納品後の修正に時間がかかる
  5. 担当者と相性が合わないかもしれない

コストがかかる

記事作成代行サービスを依頼する場合、必ず費用が発生してしまいます。

詳しくは後述しますが、クラウドソーシングや作成代行に依頼する際の相場は文字単価0.5~10円です。

基本的に高品質なサービスになるほど高額となります。

自社や自身で執筆をおこなうよりもコストがかかることを認識したうえで、予算を把握しておきましょう。

業者ごとに品質の当たり外れが大きい

残念ながら、依頼するサービスによって、ライターの執筆する記事の品質に違いがあります。

これは、サービス提供側が記事作成を受ける体制の違いが要因の一つです。

依頼を考えている記事作成代行サービスの過去の実績や顧客満足度を事前に確認しておきましょう。

納品に遅れるかもしれない

依頼したライターが何がしらかの事情で締め切り期日までに記事の納品ができない場合、その後のスケジュールに影響を及ぼす可能性があります。

その場合、自社や自身で執筆をおこなうか、もしくは代わりのライターに執筆を依頼するかを検討する必要があります。

長期的に同じライターが執筆を担当していた場合、その記事のみ文章の雰囲気が変わる可能性がありますよね。

このような不測の事態に記事代行サービス側がどのような対応をおこなってくれるのかを事前に確認しておきましょう。

納品後の修正に時間がかかる

納品が完了した後の対応について、時間がかかる可能性があります。

依頼したライターによっては、こちらが意図した内容をなかなか理解してもらえません。

その場合、修正内容の意思疎通だけでも時間がかかってしまうことがあるのです。

担当者と相性が合わないかもしれない

執筆する担当者は、記事作成代行サービス側から指示を受けた方となる場合が多いです。

その担当者が、依頼側が期待している品質に応えてくれるかどうかは、実際に記事を執筆いただかないとわかりません。

ライティングスキルがあってもWebサイトのコンセプトに沿っていなかったり、伝えたい内容がわかりづらかったりした場合は、依頼側で修正をおこなう必要が出てきます。

そのため、もしも記事作成代行に依頼をするのであれば、まずお試しに5~10記事の発注をしてください。

そしてその記事の出来具合や方向性をいちど確認しましょう。

そうすれば多額のコストをかけずに、自社と担当者および代行会社との相性を確認できますよ。

業者とクラウドソーシングの違いを相場と手間で比較

記事作成代行サービスは、『ライティング専門型』と『クラウドソーシング型』の大きく2種類に分かれます。

それぞれの違いについて、以下の2点をご紹介いたします。

  1. 相場費用
  2. 依頼時の手間

相場費用

以下に『ライティング専門型』と『クラウドソーシング型』のそれぞれ3社ずつの価格情報をまとめました。

【相場費用の違い】

依頼先文字単価
サグーワークスレギュラー:1文字0.75円~
ゴールド:1文字1.5円~
プラチナ:1文字3.0円~
※いずれもオンライン発注プラン
サムライトディレクション費:5万円/月~
テキストコンテンツ:7.5万円/本~
記事作成代行ドットコムおまかせコース:1文字1円
こだわりコース:1文字3円~
Lancers一般的なテーマ:1文字0.5~2.0円
特定のテーマ:1文字0.8~3.0円
専門的なテーマ:1文字1.2~5.0円
CrowdWorks2,000円~/記事
※2,000文字以上の記事作成
Shinobiライティング1文字1円
相場文字単価0.5~10円
2021年5月24日

基本的に、『クラウドソーシング型』の方が文字単価は低いことがわかります。

一方で、『ライティング専門型』には記事の執筆だけではなく、費用は上がりますが内容を相談できるコースが用意されています。

依頼時の手間

以下に『ライティング専門型』と『クラウドソーシング型』の依頼手順をまとめました。

【依頼手順の違い】

ライティング専門型
例:サグーワークス
クラウドソーシング型
例:CrowdWorks
①発注フォームで仕事内容を提示①仕事内容を掲載
②アカウント登録②応募が来るのを待つ
③審査・見積回答を受け取る③契約条件の相談
④支払い④契約・仮払い
⑤記事の募集⑤納品
⑥納品⑥支払い
2021年5月24日

基本的に『ライティング専門型』は事前に記事内容を相談のうえ、価格提示をおこなうというスタンスです。

支払いが完了したのちに執筆作業に移行する部分も『クラウドソーシング型』と異なります。

上記のとおり、『ライティング専門型』は経験豊富なライターが高品質な文章を納品してくれますが、相応に費用がかかってしまうのです。

一方で、『クラウドソーシング型』は費用がおさえられますが、経験者から初心者までさまざまなライターとのやり取りが発生。

基本的に文章を執筆してもらうのみで、文章の品質チェックは依頼側でおこなわなければなりませんので、のちのちに記事修正の工数がかかる可能性があります。

何を重視して依頼をおこなうかで選択肢が変わってきますので、よく検討をおこなって依頼しましょう。

Web記事作成の代行・外注でおすすめなサービス

記事作成の代行・外注を行うにあたり、おすすめのサービスを10選ご紹介いたします。

  1. サグーワークス
  2. サムライト
  3. 記事作成代行ドットコム
  4. 記事作成センター
  5. Buildup
  6. Lancers
  7. クラウドワークス
  8. Bizseek
  9. シュフティ
  10. Shinobiライティング

サグーワークス

サグーワークスは国内最大級の記事作成サービスです。

他社と比較して圧倒的に低価格でありつつも品質が担保されているため、コストパフォーマンスが良い点が魅力。

また、専任のディレクターが案件を担当してくれますので、ライターへの指示・品質の確認・納期調整などの管理の手間を省くことができます。

同社の運営会社である株式会社ウィルゲートは、2006年の創立から累計6,200社のSEOを支援してきた実績を所有しているため、対策もバッチリです。

サムライト

サムライトはライティングだけではなく、コンテンツマーケティングの支援を受けられるところが強みです。

メディアの立ち上げ・コンテンツの制作・集客・結果の分析に至るまで、トータルサポートが受けられるプランも用意されています。

運営会社のサムライト株式会社は、2013年の創立以来、150社以上のオウンドメディアの立ち上げをサポートしており、実績も十分です。

記事作成代行ドットコム

記事作成代行ドットコムは2011年の創業以降、400社以上との取引実績を持つ老舗です。

『おまかせコース』と『こだわりコース』を中心にオプションも多数用意されています。

『おまかせコース』なら1文字1円から依頼できるところが魅力です。

記事作成センター

記事作成センターは品質の良い記事作成に向けた体制が整っていることが特徴です。

案件ごとにお客様のニーズにあったチームを組んで対応をおこないます。

案件管理を行う『マネジャー』、記事の品質チェックや納品スケジュールを管理する『ディレクター』と『ライター』が一丸となって記事を作成。

余計な手間を省くことができます。

Buildup

Buildupは高品質な記事の作成にこだわりがあることが特徴です。

そのため、文字単価ではなく、1記事ごとの料金体系となっています。

運営会社の株式会社IAMmediaは、2014年の創業以来、オウンドメディアの運行代行・SEOコンサルティングサービスを提供していますので、SEOに強い記事を執筆可能です。

これまでに顧客満足度の高い10,000記事以上を提供されていますので、実績も十分ですね。

Lancers

Lancersは日本最大級のクラウドソーシングサイトです。

『顧客満足度』・『リピート率』・『運営実績』でNo.1の評価を取得しています。

ライターを探して依頼することも、ライターから応募してもらうこともできますので、さまざまな方法でやり取りができます。

実績のあるライターは『認定ランサー』というバッジを取得し、プロフィールに表示されます。

経験の有無を確認しやすいですね。

クラウドワークス

クラウドワークスは日本最大級のクラウドソーシングサービスです。

『国内シェア』・『取引額』・『ユーザー数』でNo.1の評価を取得しています。

『仕事発注数』も570万件と群を抜いていますね。

登録されているライターの人数が多く、レベルの不均一性はありつつも、しっかりと基準を設けて依頼をすればコストパフォーマンス良く記事の作成が可能です。

Bizseek

Bizseekはライターの負担となる『システム手数料』が業界最安であり、他サービスの約20%と比較して5~10%と働きやすい環境となっています。

依頼側も手数料を考慮した料金を上乗せする必要がないため、費用がおさえられますね。

他のクラウドソーシングサービスと同様に、ライティング以外の仕事も依頼可能です。

シュフティ

シュフティは『「主婦の働く」をサポートします!』というメッセージのとおり、働きたい主婦を応援するクラウドソーシングサービスです。

主婦の方が多く登録されているため、女性向けや主婦向けの記事が必要な場合、経験をもとにした説得力のある文章を執筆してもらえます。

1記事のみ依頼を行い、記事の内容を確認して相性の良いライターと関係を継続できる『パートナー』機能が設けられているのも便利です。

Shinobiライティング

Shinobiライティングは登録ライター数は50万人を超えており、累計記事数も525万件以上あり、十分な実績を
持っています。

納品スピードが速く、記事発注シェアが業界No.1(公式サイト談)という点が特徴です。

業界最高水準のコピペチェックシステムでコピー記事や再利用を厳しく精査されていますので、安心してオリジナルコンテンツを作成してもらえます。

Webやseo記事の外注先を選定する方法

記事作成代行サービスを選定する際に押さえておきたいポイントとして、以下の3つをご紹介いたします。

  1. 料金設定が明確か?
  2. 納期が明確か?
  3. 制作実績が豊富か?

料金設定が明確か?

料金設定が明確かどうかを確認しましょう。

どれくらいの品質の記事を求めるかによって、依頼するサービス・プラン内容が異なります。

『とにかく安ければ良い』との基準で選定してしまうと質の高い記事が納品される可能性は低いです。

また、記事作成代行サービスへの支払い料金は高くても、ライターに相応の支払いがされない場合もあります。

そうなると、料金に見合わない低品質な記事が納品される可能性が高いです。

せっかく記事の作成を依頼しても品質が伴わないのであれば、費用と後々の労力がかかり代行する意味がありません。

事前にしっかりとリサーチしましょう。

納期が明確か?

納期が明確かどうかを確認しましょう。

希望する納期で対応してもらえないと、その後のスケジュールに支障が出ます。

そうなると、記事作成の代行を依頼する目的が達成されません。

信頼関係を構築するうえでも納期厳守は非常に大切です。

事前に明確な納期を提示してもらい、しっかりと両社ですり合わせをおこないましょう。

制作実績が豊富か?

制作実績がどれくらいあるのか確認しましょう。

依頼するサービスが有用かどうかを判断するための大きなポイントとして、過去の制作実績が上げられます。

制作実績が豊富であり、顧客評価が高い場合は、信頼できるサービスと判断できます。

Webサイトで公表されているサービスもありますが、ない場合は事前に過去に制作した記事を提出してもらい確認をおこないましょう。

提出を拒まれるようなことがあった場合は、依頼を避けるようにしてください。

まとめ|記事作成代行に依頼するのも1つの手

いかがでしたでしょうか。

この記事では、記事作成を代行してもらうメリットやデメリット、代行・外注でおすすめのサービス、代行サービスを選定する際のポイントをご紹介いたしました。

記事作成を代行してもらうことにより、SEO対策やオリジナリティ溢れる高品質な記事を短期間に量産することができるため、大幅な作業の手間を省くことができます。

なぜなら、各サービスには依頼者が求める高品質な記事を提供できるように専属ライターの確保をおこない、たくさんの実績も積んでいるからです。

これからブログサイトの拡充をはかりたいと考えておられる方にはとても重要な選択肢となりますので、うまく活用していけるようにしましょう。

これから幅広く活動を展開していかれるにあたり、少しでも参考になれば幸いです。