Webライターは未経験でもなれる!アルバイト募集中の求人も丁寧に解説

Webライター 未経験

「Webライターって、未経験でもなれるのかな?」

「実際にどんな求人があるんだろう」

「未経験が勉強するにはブログが一番?」

Webライター未経験の方の中には、このように悩む方もいるハズ。

詳しくは本文で解説致しますが、Webライターは未経験でもなれます。

Webライターは弁護士や医師などとは違い、国家資格が不要なお仕事だからです。

やる気さえあれば、未経験だろうと即日でWebライターになれます。

事実『未経験OK!』という求人は数多くありますので、心配ご無用です。

しかしそうなると「実際にどんな求人があるんだろう?」と気になりますよね。

そこでこの記事では、未経験Webライターにおすすめなアルバイト求人だけでなく、メリット・なる方法・稼ぐコツ・勉強方法を解説します。

この記事を読めば、未経験から一気に高収入Webライターになる方法が瞬時にわかります。

「在宅OKなアルバイト求人や副業を始めたい!!」と考えている方は、ぜひ読んでみてください。

Webライター募集
法人化・事業拡大に伴いWebライター積極採用中
錦橋慶叡
編集した人
錦橋慶叡

SEOライター兼コンテンツディレクター。編集プロダクションでの勤務を経て独立→法人化。現在は事業拡大に伴い、TwitterにてWebライターを積極採用中。これまでに累計400人以上ものWebライターを指導。「文章でメシを食っていきたい!」と考えている人を最短最速でレベルアップさせるのが使命であり生きがい。

錦橋慶叡をフォローする
  1. Webライター未経験向けの業務委託求人の例
    1. メールマガジン・ブログ記事などのコンテンツライティング
    2. 女性向け商材のWebライター
    3. 建築に関するコラム記事のSEOライティング
  2. Webライター未経験向けの派遣求人例
    1. テーマパークメディアのWEBライター
    2. インタビュー取材&文字起こしのライター&編集者
    3. ショッピングモールサイトの販促施策運用アシスタント
  3. Webライター未経験向きのアルバイト求人例
    1. あらゆる業種業界の記事執筆
    2. 自社WEBメディア(オウンドメディア)の記事ライティング
  4. 未経験者必見!Webライターになるメリット
    1. 未経験・初心者でも働ける
    2. やり取りがチャットで完結する
    3. パソコンとネット環境があれば誰でも働ける
    4. 煩わしい人間関係がない
    5. フリーランスとして自由に働ける
    6. 年齢や人生経験が武器になる
    7. 隙間時間に働ける
    8. 掛け持ちもOKである
    9. 長期案件もある
  5. Webライターは実際どれぐらい稼げるのか
    1. 文字単価相場
    2. 収入を検証【本業】
    3. 収入を検証【副業】
  6. 未経験からWebライターになる方法
    1. クラウドソーシングに登録する
    2. 企業サイトの応募フォームから申し込む
    3. 正社員になる
    4. 派遣登録をする
    5. 仕事仲介サイトに登録をする
    6. ブログを開設する
    7. 知人にメディアを紹介してもらう
    8. ブログやSNSで書くことに慣れる
    9. 副業からスタートする
    10. マニュアル完備の案件に応募する
    11. 実績を作る
    12. 実績をもとにポートフォリオを作成する
    13. 高単価案件にどんどん応募する
  7. Webライターになる際の注意点を解説
    1. すぐには稼げない
    2. 文字単価1円以下の案件は受けない
    3. タスク案件にこだわらない
    4. わからないことは放置しない
    5. 3か月であきらめない
    6. 納期を破らない
  8. 未経験・初心者から高収入ライターになるコツ
    1. 情報収集能力を磨く
    2. 様々なライティングスキルを身につける
    3. 子供でも理解できるわかりやすい文章力
    4. SEOスキルを身につける
    5. 稼げるジャンルで執筆する
    6. 専門性の高い知識・資格を身につける
  9. Webライター未経験・初心者が勉強する方法
    1. 現役Webライターが運営しているブログを参考にする
    2. よい文章を写経する
    3. YouTubeで勉強する

Webライター未経験向けの業務委託求人の例

業務委託案件例を3つご紹介いたします。

  1. メールマガジン・ブログ記事などのコンテンツライティング
  2. 女性向け商材のWebライター
  3. 建築に関するコラム記事のSEOライティング

メールマガジン・ブログ記事などのコンテンツライティング

1つ目の業務委託案件は、メールマガジン・ブログ記事などのコンテンツライティング案件です。

案件の仕事内容は以下になります。

【メールマガジン・ブログ記事などのコンテンツライティング案件の仕事内容】

勤務地

完全在宅

勤務時間・曜日

時間・曜日は自分で管理※1

給与

時給1,065円〜※2

仕事内容

・コンテンツライティング※3

・SNSでの情報発信※4

・その他随時発生する原稿作成業務

特徴

・学歴・年齢・資格は不問

・未経験OK・副業OK

・随時昇給あり

・小さなお子さまがいても働くことができます※5

必須条件・スキル

・ご契約から1ヶ月以内に稼働開始いただける方

・平日、日本時間の9時~17時の間で2時間以上稼働いただける方

・個人情報を扱いますので【守秘義務を守れること】

・情報収集しながら業務をすすめられる方

※1:作業時間は自己申告性
※2:研修期間 (2ヶ月かつ200時間以上業務実績)は時間単価1,041円からスタート
※3:弊社メールマガジン・ブログ記事など
※4:LINE/Facebook/Instagramなど
※5:面接・社内MTG時にお子さま同席OK
引用元:求人BOX|ブランク&未経験OK!「完全在宅×Webコンテンツライター」メルマガ・ブログ記事作(2022年9月2日時点)

上記をみてみますと、特徴欄に学歴・年齢・資格は不問・未経験OK・副業OKと記載があります。

そのため、多くの人に当てはまる条件で応募しやすい案件といえます。

例えば、以下のような人が当てはまるでしょう。

  • 子育て中のママさん
  • 副業したい平日休みのサラリーマン
  • 隙間時間で仕事がしたい人
  • これからコンテンツライティングを学びたい人
  • SNSでの情報発信に興味がある人

子育て中のママさんであれば、小さなお子さまがいてもOKな案件のため、子育ての合間に執筆作業が可能です。

面接や社内MTGもお子さま同席OKなのは嬉しいポイントですね。

社内MTG中にお子さまが起きてしまったり、泣いてしまったりしても大丈夫、という環境はママさんにとって働きやすい案件といえるでしょう。

平日休みのサラリーマンであれば、副業として休日や仕事終わりに執筆作業ができます。

仕事によっては、ライティングを学ぶことで本業に生かすこともでき、スキルアップを目指せますよ。

また、SNSでの情報発信に興味がある方なら、給料をもらいながらSNS運用の方法を学べます。

実際に情報発信したいことはなくても、業務委託案件で実績を詰めるためまさに一石二鳥な案件といえるでしょう。

このように、多くの人の条件に当てはまる業務委託案件となっています。

女性向け商材のWebライター

次の業務委託案件例は、女性向け商材のWebライター案件です。

仕事内容は以下になります。

【女性向け商材のWebライター案件の仕事内容】

勤務地

完全在宅

勤務時間・曜日

・働く時間は24時間自由※1

・フルリモート可※2

休暇・休日

ご自身で設定いただけます

仕事内容

・SEOを考慮したWebライティング

・案件ごとに稼働・報酬発生※3

給与

25,000円 – 500,000円/月給

求める人材

アラフォー女性層の気持ち・ニーズがわかる方歓迎

アピールポイント

・記事の制作方針あり

・納期が急なものはない

・社内規制は特にない

※1:案件発生ベースで不定期勤務
※2:オフィス出社希望の場合、青山/外苑前/渋谷/目黒/六本木/新橋/新宿/品川/東京/丸の内/日比谷/神田/日本橋/京橋/竹芝/田町/恵比寿/横浜、など各地にあるコワーキングスペースご利用可能なのでご相談ください
※3:リソースがない場合は断ることも可能
引用元:indeed|【記事単価2万5千~/女性向け商材】Webライター働き方自由24時間好きな時に 業務委託(2022年9月1日時点)

上記の案件内容をみてみますと、女性向け商材のWebライティングで、アラフォー女性の気持ちやニーズがわかる方歓迎と書かれています。

働く時間は24時間自由で、リモート可能なため好きなときに執筆できる案件です。

そのため、お子さまがいる忙しいアラフォーのママさんにおすすめな業務委託案件です。

なぜなら、子育てや家事の隙間時間に執筆作業をこなせるからです。

例えば、お子さまが昼寝をしている最中や、旦那さんがお子さんをみている隙間時間などに執筆できます。

お子さまが学生なら、学校に行っている時間を執筆作業に当てることも可能ですよ。

また納期も急なものがないため、お子さんのイベントや行事などで忙しいときでも、自分のペースで執筆できる可能性が高いのも嬉しいポイントです。

普段は忙しいママさんでも、好きな時間に働けるとあれば融通が利くため、非常に働きやすい案件といえるでしょう。

建築に関するコラム記事のSEOライティング

最後の業務委託案件例は、建築に関するコラム記事のSEOライティング案件です。

仕事内容は以下をみてみてください。

【コラム記事のSEOライティング案件の仕事内容】

勤務地

在宅

募集内容

SEO対策も兼ねたライティング業務

成果物の納期予定部日

業務依頼時に、相談をして決定

必須スキル

・Webマーケティングの知識や経験がある方

・ライティングの実務経験がある方

求める人材

・TACT SEOに知見のある方

・建築記事などを作った経験のある方

給与

1文字1円〜(税込)

おすすめポイント

・時間に縛られない案件単価制

・在宅ワークでスキルアップ

・お好きな場所でお仕事OK!

引用元:求人ボックス|在宅/SEOライター(2022年9月1日時点)

上記をみてみますと、Webマーケティングの知識や経験とライティング実績経験が必須になっていることがわかります。

さらに求める人材欄に、TACT SEO※に知見のある方・建築記事などを作った経験のある方とあり、ライティング経験者の中でも専門知識がある人が優遇されています。

※SEO課題を自動抽出するSEOツール

つまり、Webライター経験者に建築専門のライティングをしてほしいという案件です。

SEOの知識に加え、専門分野の知識も必要になるため、少し高度な業務委託案件であることがわかります。

しかし、今回の案件であれば建築記事の執筆経験は必須ではないため、案件獲得後に建築の知識を勉強すればOKでしょう。

建築系の案件は、Webライターの世界では不動産系と呼ばれることもあり、一般的に価格相場が高い傾向にあります。

専門的な分野の執筆は実績としても使えますし、その分野で高単価ライターとしてもスキルアップできます。

そのため、自分のSEOライティングの知見を使って、専門的な分野の執筆にチャレンジしてみたい方におすすめな案件です。

上記のようなSEOライティング×専門知識の業務委託案件はほかにも多くあります。

高単価ライターになりたい・専門知識をつけたいというWebライターは、上記のような業務委託案件を獲得するとよいでしょう。

Webライター未経験向けの派遣求人例

派遣・契約案件例を3つご紹介いたします。

  • テーマパークメディアのWEBライター
  • インタビュー取材&文字起こしのライター&編集者
  • ショッピングモールサイトの販促施策運用アシスタント

テーマパークメディアのWEBライター

1つ目にご紹介するのは、テーマパークメディアでの編集業務の派遣・契約案件例です。

仕事内容は以下になります。

【テーマパークメディアのWEBライター案件の仕事内容】

勤務地

オフィスビル

雇用形態

派遣※1

勤務時間・曜日

10:00~19:00※2

就業日数:週5日

就業する曜日:月・火・水・木・金

休日:土・日・祝

給与

時給1,500円〜※3

職種

・Webマーケティング

・Web制作※4

・一般事務

・OA事務

業務の引き継ぎ・期間

あり※5

歓迎する業界・職種経験

社会人経験のある方

その他

・直接雇用を目的とした派遣※6

・未経験大歓迎

・在宅可※7

・服装自由

※1:就業期間・契約更新は1ヶ月
※2:実働8時間0分/休憩60分
※3:交通費支給あり
※4:Web広告運用・編集・ライター
※5:社員の方から業務を教えていただけます
※6:派遣期間終了後は、契約社員(6か月後正社員)への切り替えを予定
※7:基本社内での作業
引用元:求人BOX|在宅可!テーマパークメディアのWEBライタ(2022年9月2日時点)

上記をみてみますと、直接雇用を目的とした派遣と書かれています。

そのため、Webライターを本職にしたい方におすすめな派遣例です。

在宅勤務がWebライターの魅力といわれることが多いですが、本派遣例では社内勤務を基本としており、在宅勤務にはないメリットがあります。

例えば、わからないことはその場ですぐに聞けることが挙げられます。

Webライター未経験の人であれば、以下のような悩みに直面することが多いです。

  • 文章の書き出し方がわからない
  • リサーチした情報から何を書いていいかわからない
  • 書いた文章が読みやすいかわからない
  • 読みにくいと感じるけど、どこを直したらよいかわからない

このように、さまざまな悩みを持つものです。

在宅勤務ですと、1つ1つの不明点で連絡をとって確認するのはかなりの手間ですから、効率よく執筆するのは困難な場面も出てくるでしょう。

しかし社内勤務であれば、教育担当の社員にすぐに不明点を聞けますし、その場で文章の改善が可能になります。

そのため、在宅勤務と比較して早く仕事を覚えられますし、スキルアップもできるでしょう。

このように、Webライターにとって在宅勤務にはない社内勤務のメリットがあるわけです。

今後Webライターを本業としたい人は、社内勤務を基本とした派遣・契約案件を検索してみるとよいでしょう。

インタビュー取材&文字起こしのライター&編集者

次は、インタビュー取材・文字起こしのライター&編集者の派遣・契約案件例です。

以下の仕事内容をみてみてください。

【インタビュー取材&文字起こしのライター&編集者案件の仕事内容】

勤務地

鎌倉駅徒歩0分オフィス※1

雇用形態

・アルバイト

・パート

・契約社員

・業務委託

給与

日給(記事単価)7,000〜24,000円※2

仕事内容

・インタビュー取材&文字お越し

・ライティング

・企画案だし

求める人材

18~50歳ぐらいまでの男女※3

職務経験

ライティングまたは編集: 1年 (望ましい)

その他

・在宅ワーク

・内職副業

・WワークOK

・残業なし

※1:在宅勤務可
※2:経験者の場合は給与面を相談
※3:湘南・鎌倉界隈に住まわれている方、または住む予定のある方で事務所に週1回以上来れる方、流行に敏感だったり雑誌を読むこと、ネットサーフィンやリサーチをすることなどが好きな方は大歓迎
引用元:indeed|Webメディアの編集部を盛り上げてくれるライター&編集(2022年9月3日時点)

上記をみてみますと記事のライティングだけでなく、インタビュー取材&文字起こし・企画案出しなど、さまざまな仕事ができる案件であることがわかります。

Webライターというと依頼内容のリサーチをして執筆をする、という作業を繰り返すことが多いですが、そのほかの仕事も経験できることが本案件の魅力です。

なぜなら、ほかの仕事も経験することでWebライターとしての価値が上がるからです。

例えば、インタビューの場合で考えてみます。

インタビューでは、取材対象のリサーチをして質問を準備する必要があります。

取材対象のことを何も知らずにインタビューをするのは失礼に当たりますから、しっかりと取材対象のリサーチをおこないます。

次に、読者が取材対象から何を知りたいかを念頭に置き質問を考えるわけですから、読者ニーズの想像が必要不可欠です。

読者ニーズを考えることは、Webライターにとってとても重要なことです。

なぜなら読者ニーズがわかっていないと、誰に向けた内容の記事なのかわからず、読まれない記事になってしまうからです。

逆に読者ニーズがわかっていると、読者が価値を感じてくれる記事を執筆できる可能性が高くなります。

そのため、インタビューを経験することで質問力が鍛えられ、読者ニーズが想像できることでWebライターとしての価値が上がるということになります。

このように、ライティング以外の仕事を取り巻く案件は、Webライターとして成長したい人におすすめです。

派遣・契約案件を探す際は、ライティング以外の仕事にも目を向けてみるのもよいでしょう。

ショッピングモールサイトの販促施策運用アシスタント

最後に、ショッピングモールサイトの販促施策運用アシスタントの派遣・契約案件例です。

案件の仕事内容は以下になります。

【ショッピングモールサイトの販促施策運用アシスタント案件の仕事内容】

勤務地

東京都渋谷区のオフィス

雇用形態

派遣

勤務時間

9:30~18:30(実働8時間)※4

休暇

完全週休2日制、土日祝日休み

給与

時給1,750円※1

仕事内容

自社物販の販促運用業務※2

経験・資格

18~50歳ぐらいまでの男女※3

求人の特徴

・未経験・初心者歓迎

・経験者優遇

・副業・WワークOK

・家庭都合のお休み調整可

※1:交通費:全額支給
※2:自社運営するショッピングモールサイトの販促施策運用アシスタント(クーポン・タイムセール・メルマガなどの販促領域の設定・進行管理・チェック業務など)
※3:データ集計、並び替え、抽出ができる方
※4:【残業】~10時間/月
引用元:求人BOX|編集・ライター 在宅中心 auコマース ライフ/ECモール運営アシスタン(2022年9月3日時点)

上記をみてみますと、大手ショッピングモールサイトの販促運用アシスタント業務であることがわかります。

ECサイトで執筆してみたい人や、販促施策運用などのマーケティングの仕事がしてみたい人におすすめな派遣例です。

大手キャリアメーカーが運営するECサイトでライティングができるのは、Webライターにとって非常に有意義かと思います。

なぜなら、自分が書いた文章が多くの人に読まれる可能性が高いからです。

例えば、販促領域の設定の1つであるメルマガで考えてみます。

大手通信キャリアであれば、メルマガに登録している人数はかなり多いことが予想されます。

そのため、自分の書いたメルマガが多くの人に読んでもらえる可能性が高いでしょう。

自分で発行したメルマガや記事では、なかなか読んでもらえないというのがWebライターの悩みでもありますから、読んでもらえるのは大きなモチベーションアップに繋がります。

また、大手企業のメルマガを執筆できるというのは、それだけでWebライターにとって有意義なことだといえるのではないでしょうか。

このように大手企業の案件であれば、他の案件にはない経験を得ることができます。

特に初心者ライターですと、自分の文章が読んでもらえないのはモチベーションが下がってしまいますから、大手企業の派遣・契約案件を探してみるのもよいでしょう。

Webライター未経験向きのアルバイト求人例

アルバイトの案件例を2つご紹介いたします。

  • あらゆる業種業界の記事執筆
  • 自社WEBメディア(オウンドメディア)の記事ライティング

あらゆる業種業界の記事執筆

始めにご紹介するアルバイトは、あらゆる業種業界の記事執筆です。

仕事内容は以下になります。

【あらゆる業種業界の記事執筆のアルバイト内容】

勤務地

大阪市大阪府のオフィスビル※1

給与

時給1,000〜1,500円※2

勤務時間

・土日祝日

・長期休暇あり(お盆休み・年末年始)

・有給取得

・在宅の方はいつでもOK

対象となる方

・日本語で仕事ができる方

・PCがさわれる方

・専門領域の方々※3

仕事内容

・あらゆる業種業界の記事執筆・構成案の作成※4

・修正業務や企業担当※5

弊社で働く理由

・自分の時間・ペースで作業ができる

・執筆経験ゼロから1人前のライターへなれる

・提案無限大!あなたの「やりたい」に全力で支援

※1:在宅勤務可
※2:駐輪場を含む交通費(15,000円まで)
※3:歓迎要件(週1本から!副業でも可能!)
※4:インテリア・美容系・ペット・不動産・金融など
※5:慣れてきたら
引用元:求人ボックス|「大阪・心斎橋」一人前のWebライターになりたい人を募集「完全在宅・未経験可(2022年9月7日時点)

上記をみてみますと、あらゆる業種業界の記事執筆・構成案の作成のアルバイトであることがわかります。

執筆経験ゼロからでも応募可能なため、Webライターになりたいけどどんな記事を書いてよいかわからない方におすすめなアルバイトです。

なぜなら、インテリア・美容系・ペットなどの親しみやすいテーマから、不動産・金融などの専門的なテーマまであらゆる業界から記事の執筆ができるからです。

例えば、インテリアに興味がある未経験ライターの場合で考えてみましょう。

未経験ライターですと、インテリアというテーマからどのような記事を執筆すればよいか迷うと思います。

今回のアルバイトでは、執筆経験ゼロからでも1人前のライターになれるよう指導してくれますから、得意なテーマからWebライターの経験を積むことが可能です。

自分の得意なテーマであればある程度の知識はあるため記事も書きやすいですし、モチベーションのアップにも繋がりますよ。

また、インテリアの記事執筆に慣れてくれば、スキルアップとして次は専門領域である不動産の記事を執筆するという選択肢が取れます。

Webライターは専門的な知識が必要になるほど単価が上がる傾向にあります。

ですから、教えてもらいながら専門領域のライティングができるのは、スキルアップという観点からもWebライターにとって魅力的なアルバイトといえるでしょう

このように、あらゆる業種業界から執筆テーマを選択できるのは、Webライター未経験の人に特におすすめなアルバイトです。

Webライターをやってみたいけどどのような記事を書いてよいかわからない、という人は、あらゆるテーマから記事執筆できるアルバイトを探してみてください。

自社WEBメディア(オウンドメディア)の記事ライティング

次にご紹介するのは、自社WEBメディア(オウンドメディア)の記事ライティングのアルバイトです。

仕事内容は以下を確認してください。

【自社WEBメディア(オウンドメディア)の記事ライティング】

勤務地

・兵庫県尼崎市の事務所

・自宅

給与

時給1,200〜2,000円

勤務時間

10:00~18:00の間でシフト制※1

休暇・休日

・土日祝日休み

・長期休暇取得OK

・急なお休みもOK※2

仕事内容

・自社WEBメディア(オウンドメディア)の記事ライティング※3

アピールポイント

・活発で元気というより落ち着いている

・JAZZが流れている

・SEO対策での上位表示実績が豊富

必須条件

・勉強をしっかりできる方

・思考に柔軟性がある方

・論理的に説明を組み立てられる方

・コミュニケーションを問題なくとれる

・何か人の役に立つことがしたいという思いがある

求める人材(必須ではない)

・文章を書くのが好きな人

・営業経験がある方

※1:週3日以上、平日のみ
※2:チャットで連絡必須
※3:お掃除・家事のオウンドメディア(これから)・インターネット回線のオウンドメディアのSEOライティング
引用元:indeed|WEBライター・ディレクター|自社オウンドメディ(2022年9月7日時点)

上記をみてみますと、自社WEBメディアのSEOライティング※のアルバイトだということがわかります。

※検索エンジン(Google)から高評価をもらえる記事構成や書き方をするライティング手法のこと

必須条件にSEOライティングができることといった記載がありませんから、これからSEOライティングを学びたい人におすすめなアルバイトです。

なぜなら、SEO対策で上位表示実績が豊富な会社から、SEOライティングを学べるからです。

SEOライティングは、Webライターをやっていくに当たって重要度の高いスキルといえます。

例えばクラウドワークスでSEO対策の案件を調べると、ライティング・記事作成(プロジェクト案件)の仕事2,561件の内、392件もの案件が検索結果に表示されます。

2,500件を超える案件の中で、全体の15%以上はSEOライティングをしてほしいということです。

SEOライティングができるWebライターであれば、クラウドワークスなら392件以上の案件から仕事を探せるということになります。

つまり、WebライターにとってSEOライティングというスキルは需要が高いといえるでしょう。

そのため、SEO対策で上位表示実績がある本アルバイトで経験を積むことで、Webライターとしてのスキルアップが見込めます。

これから本気でWebライターとして働きたいという人は、検索上位表示実績のある会社からSEOライティングを学べるアルバイトを探してみましょう。

未経験者必見!Webライターになるメリット

在宅ライターのメリットを3つご紹介いたします。

  • 未経験・初心者でも働ける
  • やり取りがチャットで完結する
  • パソコンとネット環境があれば誰でも働ける
  • 煩わしい人間関係がない
  • フリーランスとして自由に働ける
  • 年齢や人生経験が武器になる
  • 隙間時間に働ける
  • 掛け持ちもOKである
  • 長期案件もある

未経験・初心者でも働ける

Webライターのメリットは、未経験者・初心者でも働ける点です。

実際に、以下の通り、未経験者・初心者向でも応募できる案件はたくさんあるからです。

求人内容

詳細

ライター「未経験歓迎」/インターネット/Webサービス・ASP

業務内容

・Webメディアにおける記事制作

・記事企画

・リサーチ/取材

・執筆/編集

雇用形態

・正社員(年収350〜500万円)

Webライター 在宅ワーク導入/新事業立ち上げ募集

業務内容

・ライティング

・効果検証

・新規事業の運営

雇用形態

・正社員(月給23万5,000円〜)

【大阪・心斎橋】Webライター(未経験可・在宅可)

業務内容

・記事作成

・構成案作成

・リライト

・企業担当

雇用形態

・パート/アルバイト(正社員登用あり) (時給1,000〜1,400円)

(2022年9月7日)

Webライターの仕事は、業務委託契約が多く、未経験者や初心者の場合は生活できるレベルまで稼ぐことは難しいかも知れません。

しかしながら、今回例として挙げた求人のように、Webライターでも正社員・契約社員として働ける求人もあるのです。

安定した収入を得ながらWebライターとしての経験を積んでいくことができる環境は、とても恵まれているといえます。

さらにこの求人は、Webライターという業務にとどまらず、Webメディアの運営者としてスキルアップも可能です。

多くの人がWebメディアを利用するようになった今は、Webライターの必要性も高く、未経験者や初心者でも仕事を得ることができるのです。

やり取りがチャットで完結する

Webライターのメリットは、クライアントとのやりとりをチャットで完結することができる点です。

チャットは、いつでもどこにいても、クライアントと効率よくコミュニケーションが取れるツールだからです。

例えば、ビジネスシーンで必要とされる「報告・連絡・相談」をチャットを使って行うとします。

Webライターが、クライアントとは離れた場所で仕事をしていたとしても、チャットであれば、スピーディに報告することが可能です。

メールのように、挨拶文を書いたりする手間がありません。

そして報告を受けたクライアントは、「いいね」「了解」などのリアクションだけですませることが可能です。

チャットは連絡手段としても優れています。

メールや電話のように1対1のコミュニケーションと違い、関係者だけに絞ったグループを作成し、そちらに共有事項をアップするだけで完了です。

関係者も連絡事項を確認したら「了解」などのリアクションするだけでよく、こちらも手間がかかりません。

相談事項においても、誰が誰に相談をしているかが一目瞭然です。

メールを使った連絡手段だと、安易に「CC」に入れられてしまうことも多く混乱してしまうこともありますが、チャットであればそのような事態は防ぐことができます。

さらにクライアントへの納品物についても、画像データ、動画、資料を簡単に添付することができるため、スムーズです。

このように、あらゆるコミュニケーションをチャットのみで完結できる点は、Webライター及びクライアントにとっても、負担が軽減できる点でメリットといえます。

パソコンとネット環境があれば誰でも働ける

Webライターは、基本的に通勤する必要がないため、パソコンとインターネット環境があれば、時間や場所を選ばずに働くことができるのです。

Webライターの仕事は、商品のレビューや、Webメディアのコラム、ブログなど、インターネットで閲覧するための記事を執筆するものです。

まずはWebライターの求人から応募し、仕事を受注します。

その後は、クライアントに指示されたマニュアルや、与えられたテーマに沿って、記事を作成し、納品することで報酬を得られます。

実際の求人内容は以下の通りです。

求人内容

詳細

新【ライター】平均文字単価2円以上。フルリモート!報酬は上限無し!!

業務内容

・様々なジャンルのwebサイトに掲載する記事のライティング

(見出し・構成作成と執筆)

・文字数:2,000〜6,000文字

雇用形態

・請負契約(文字単価:2円〜)

※IT、エンジニア領域は高単価案件あり

勤務地:なし

SEOライター ※メディアライティング経験必須

業務内容

・SEOライティング

(文字単価:1円)

雇用形態

・業務委託

勤務地:なし

【ライティング】幸区の街の魅力を伝える、Webライター・ブログ記事作成のお仕事

業務内容

・地域の紹介記事作成

(1記事1,200円)

雇用形態

・業務委託

勤務地:在宅勤務

※記事の性質上、川崎市幸区在住または在勤限定

(2022年9月7日)

いずれの求人も、通勤する必要はなく、フルリモート可能とされています。

このように、Webライターはパソコンとインターネット環境さえあれば、時間も場所も選ばず、誰でも働くことができるのです。

煩わしい人間関係がない

Webライターとして働くことのメリットとして、煩わしい人間関係に頭を悩ます必要がない点が挙げられます。

なぜなら、会社員と比較すると、Webライターはやり取りする相手が極端に少ないからです。

会社員として働く場合は、たくさんの人と関わり合いながら仕事をする必要があります。

なんでも自分の手柄にしようとする上司にうんざりすることもあるでしょうし、気の合わない同僚と仕事することに疲れることもあるでしょう。

就業中だけでなく、歓送迎会や定期的な飲み会などで、プライベートの時間を奪われることにストレスを感じる人も少なくありません。

このような人間関係がもとで、心を病んでしまうケースもあるくらいです。

その点、Webライターは基本的には自分1人で仕事をすることができます。

関わり合いがあるとしたらクライアントくらいなので、会社員時代と比較すると、人との関わり合いが極端に少なくなります。

さらに、そのクライアントとのコミュニケーションもメールやチャットを使ったものが中心ですから、その点もとても気楽です。

このように、Webライターの仕事は、煩わしい人間関係に頭を悩ますことがないことがメリットです。

フリーランスとして自由に働ける

Wwbライターは、フリーランスとして自由に働くことができる点がメリットです。

フリーランスには、会社員のように厳しい就業規則がなく、最低限のルールを守ればよいからです。

例えば以下の通りです。

・クライアントの指示通りに業務を行う

・納期を守る

たったこれだけです。

このように、Webライターはフリーランスとして、自分の裁量で働けることがメリットです。

年齢や人生経験が武器になる

Webライターにとって、年齢や人生経験は大きな武器となります。

なぜなら、経験値の数だけ、たくさんの引き出しがあり、いろいろな記事を書くことができるからです。

例えば、未就学児の子育てをしているママ向けのメディアを担当したとします。

すでに子育てを終えたライターであれば、以下のような視点で記事を書くことが可能です。

・読者の悩みに共感することができる

・自分自身の体験談を共有できる

・体験談をもとに、自分が行った対策を提案できる

子育てに関する悩みは、当事者でないとわからないことがたくさんあります。

だからこそ、先輩ママの実体験にもとづく記事には、それだけの価値があるのです。

このように年齢や人生経験が豊富であるほど、いろいろな話をできるようになります。

年齢を重ねれば重ねるほど、たくさんの経験値が知らないうちに積みあがっているはずです。

そしてその経験値はすべて、お金では買えない、貴重な情報源といえます。

ただし、自分の経験を語る場合は、それが本当であることを裏付けるようなエビデンスを提示することも大切です。

こうすることで、自分の体験談がより信憑性の高いものになり、読者の信頼を得ることができます。

このように、Webライターにとって、年齢や人生経験はかけがえのない武器になるのです。

隙間時間に働ける

在宅ライターのメリットの1つに、隙間時間に働けることが挙げられます。

なぜなら、納期までに記事の納品をすればOKという案件が多いため、時間に縛られない働き方ができるからです。

例えば、1ヶ月に20本記事を納品するという仕事を受けたとします。

通常の会社勤務であれば、定時時間内に記事を書き終える必要があります。

そのため、月に20日の出勤であれば、1日1本の記事の納品をする計算になりますよね。

リサーチや執筆に時間がかかりすぎた場合、残業をせざるをえないことも考えられるでしょう。

しかし在宅ライターであれば、納期までに記事を納品すればよいため好きな時間に働くことが可能です。

  • ・仕事終わりの時間
  • ・お子さまが学校に行っている時間
  • ・家事や炊事の隙間時間
  • ・外出中の隙間時間でカフェで執筆
  • ・夜中に目が覚めてしまったので執筆

このように、時間に縛られない執筆が可能です。

どうしても執筆が進まないことや、リサーチが手につかないことは、Webライターをしていれば十分に考えられることです。

そのような場合でも、時間を空けて執筆したり、後日執筆したりすることができるのは余計なストレスの軽減にも繋がるでしょう。

また、忙しいサラリーマンや育児で忙しいママさんでも執筆できる時間を確保しやすいのも嬉しいポイントです。

隙間時間でも働けるというのは、忙しい現代人にとってWebライターの最大のメリットともいえるでしょう。

掛け持ちもOKである

次に、在宅ライターは、掛け持ちもOKであるというメリットもあります。

なぜなら、自分が執筆できる時間を確保できるのであれば、複数の案件を獲得することができるからです。

例えば、空いている時間をなるべくwebライティングの時間に当てたい、というケースで考えてみましょう。

1件の案件のみを受注した場合、納品後にクライアントが記事を検収する時間があります。

検収に要する時間はクライアントによってさまざまですが、中には1週間ほど必要なケースもあります。

クライアントが膨大な記事数の検収が必要であったり、長文の記事の検収が必要であったりする場合に起こるケースです。

その場合、1週間は記事を書くことはできない場合もあるため、空いている時間を執筆に当てることはできません。

しかし、掛け持ちで案件を受注していた場合、上記のような隙間時間も執筆作業に当てることが可能です。

例えば、A社の納品完了後、すぐにB社の執筆作業を始めるといったイメージになります。

隙間時間を効率よく活用して執筆するためには、常に次に執筆する記事が用意されているのが望ましいです。

そのため、掛け持ちOKというのはWebライターに取ってメリットといえるでしょう。

このように、自分の隙間時間を執筆に当てたい場合は、掛け持ちで案件を受注すると効率よく作業できる場合があります。

自分の稼働時間と相談しながら、掛け持ちできることを念頭に入れておくとよいでしょう。

長期案件もある

在宅ライターのメリットに、長期案件もあることが挙げられます。

なぜなら、長期案件は在宅ライターにとって収入の安心感に繋がるからです。

例えば、以下のケースで考えてみます。

【商品の特徴を紹介する記事作成の仕事内容】

仕事内容

記事執筆※1

報酬

固定報酬制:4,500円/1記事※2

案件の特徴

・わかりやすいマニュアルを用意

・書くお題は自由に決められる

こんな方におすすめ

・文章を書くことが好きな方

・ライティングレベル上げて更に高単価な案件を受注したい方

・継続的にお仕事したい方

・安定して稼ぎたい方

・自分の言葉をWEBメディアを通して世の中に発信したい方

・SEOで集客&収益化できるブログを書いてみたいと思っている方

※1: ジャンル問わず人気商品を月間100万人が利用するサイト内で紹介。たくさんのキーワードから自由に執筆
※2:5000文字を想定
引用元:クラウドワークス|【高単価!】おしゃれなインテリアから便利な家電やキッチン用品まで!商品の特徴を紹介する記事作成♪♪【長期案件(2022年9月7日時点)

上記をみてみますと、継続的に仕事を受注でき、固定報酬制(4,500円/1記事)とわかりやすい案件です。

仕事内容には、たくさんのキーワードから自由に執筆できるとあり、長期で案件を獲得できることがわかります。

長期案件を希望する場合ですと、執筆できる記事数が限られているかどうかが重要ですから、たくさんのキーワードから執筆できる本案件なら安心できると考えられますよね。

本案件ですと、例えば月に20本納品した場合、90,000円/月稼げることになります。

そのため、月に納品できる本数をある程度自分で把握できれば、月にいくら収入が入るかを計算できます。

つまり、長期案件ですと1ヶ月間に欲しい安心できる収入源を確保できるというわけです。

このように、長期案件は在宅ライターにとって収入の安心感に繋がります。

在宅ライターとして安定して収入を得たい場合は、長期案件から仕事を探してみるとよいでしょう。

Webライターは実際どれぐらい稼げるのか

Webライターが実際にどれくらい稼げるのか3つの例をご紹介いたします。

  • 文字単価相場
  • 収入を検証【本業】
  • 収入を検証【副業】

文字単価相場

Webライターの文字単価相場から、実際にどれくらい稼げるのか解説します。

文字単価相場は以下のようになっています。

【Webライターの文字単価相場】

項目

文字単価相場

一般的なテーマ

0.5〜2.0円/文字

特定のテーマ

0.8〜3.0円/文字

専門的なテーマ

1.2〜5.0円/文字

インタビュー・取材

2.0〜5.0円/文字

引用元:ランサーズ|制作物の種類・参考価(2022年9月11日時点)

上記をみてみますと、一般的なテーマより専門的なテーマの方が文字単価が上がり稼ぎやすいことがわかります。

一般的なテーマよりも専門的なテーマを執筆できるライターの方が少ないため、このような文字単価相場になっていると想像できますね。

特にライター初心者ですと、専門的な記事をいきなり執筆するのは難しいため一般的なテーマや、得意ジャンルがあれば特定のテーマから書き始めることが多いです。

例えば、以下のようなテーマが該当するでしょう。

  • ・体験レビュー記事作成
  • ・アニメ・漫画・ゲームなどのエンタメ記事作成
  • ・商品紹介記事作成

上記のようなテーマであれば、専門的な知識がなくてもリサーチをすれば執筆できる場合が多いため、初心者でも書きやすい記事といえるでしょう。

文字単価相場は低いものの、案件を選ぶことで文字単価1円以上になることも可能です。

まずはWebライターの仕事を自分の知識・経験とリサーチで執筆してみる、といった案件が上記のようなテーマに該当します。

次にWebライターとして経験を積んだ人や、元々専門知識を持っている人なら、以下のような専門的なテーマから執筆できます。

  • ・転職エージェントの記事作成
  • ・SEO記事作成
  • ・ITサービスの紹介記事作成

上記のような専門的なテーマは、業務経験や知識がある場合にチャレンジしてみるのがおすすめです。

一般的なテーマより専門的なテーマの方が文字単価が高い傾向にありますから、Webライターとして稼ぎやすいです。

そのため文字単価を上げたいなら、一般的なテーマで経験を積んだらSEOライティングなどの専門的な知識を学ぶ、といったようにスキルアップすることが大切です。

元々専門的な知識を持っている方は、ライティングの基礎を学ぶことですぐに高単価の案件を獲得できるかもしれませんよ。

このように、Webライターを経験していく中で専門的な知識をつければ、高単価案件を獲得しやすく稼ぎやすいことがわかります。

収入を検証【本業】

Webライターを本業とする場合の収入を検証します。

以下の条件で収入を検証してみましょう。

【Webライターを本業とする場合の収入を検証】

文字単価

1円

1記事の文字数

5000文字

1記事の作成時間

3時間

1ヶ月の労働時間

160時間

1日あたりの労働時間(22日計算)

約7時間27分

1ヶ月の作成記事数

53記事

1ヶ月の文字数

265,000文字

1ヶ月の収入

265,000円

上記の条件ですと、1記事5000文字で作成時間3時間、1ヶ月の労働時間は160時間のため収入は265,000円と算出できます。

今回のケースの場合の記事数は、労働時間(160時間)÷1記事の作成時間(3時間)=53,33記事です。

Webライターの世界では、一般的に記事の納品数が収入にあたりますから、小数点以下繰り下げして53記事の計算としています。

1ヶ月の労働日数を週休2日に換算すると、160時間÷22日=約7時間27分となり、一般的なサラリーマンとほぼ同条件です。

つまり、文字単価1円で一般的なサラリーマンと同じ時間稼働できれば、Webライターでも月収265,000円を達成できることがわかります。

月収265,000円あれば、十分生活ができる収入といえるでしょう。

Webライターを本業とする場合は、まずは文字単価1円を目安にしてみてください。

収入を検証【副業】

Webライターを副業とする場合の収入を検証します。

条件は以下になります。

【Webライターを副業とする場合の収入を検証】

文字単価

1円

1記事の文字数

1500文字

1記事の作成時間

2時間

1ヶ月の労働時間

100時間※

1ヶ月の作成記事数

50記事

1ヶ月の文字数

75,000文字

1ヶ月の収入

75,000円

※【平日3時間×5・休日5時間×2】×4で計算

上記をみてみますと、1記事1500文字を2時間で作成できれば、月100時間の稼働で75,000円稼げることがわかります。

本業が忙しい人も多いですから、仕事の合間に100時間の稼働時間を確保するのは難しい、という人もいるでしょう。

しかし、以下のような時間を確保することで、副業ライターとして稼げる可能性が高まります。

  • 仕事終わりの時間
  • 朝活としてライター業務をおこなう
  • 仕事の休憩中
  • 休日5時間はライター業務に当てる
  • 休日1日10時間以上ライター業務に当てる

このように、さまざまな隙間時間を活用して、ライター業務に当てられる時間はないか検討してみましょう。

上記のような隙間時間から、月稼働時間を合計100時間を捻出することで、文字単価1円でも月収75,000円を達成することが可能です。

また、上記の条件ですと、2時間で1500文字ですから字速750文字になります。

経験を積むことによって字速が早くなっていくことも考えられますから、より効率的に副業ライターとして稼げるようになっていくでしょう。

まずは文字単価1円で稼働時間を確保して、字速を上げることを考えてみるのがおすすめです。

ライティングに慣れてきた頃には、同じ稼働時間100時間でも収入が上がっているはずです。

未経験からWebライターになる方法

Webライターになる方法を2つ解説いたします。

  • クラウドソーシングに登録する
  • 企業サイトの応募フォームから申し込む
  • 正社員になる
  • 派遣登録をする
  • 仕事仲介サイトに登録をする
  • ブログを開設する
  • 知人にメディアを紹介してもらう

クラウドソーシングに登録する

未経験者がWebライターになるには、まずはクラウドソーシングサイトへ登録することが一番のおすすめです。

なぜなら、クラウドソーシングサイトには、未経験者でも応募可能な案件が多数あるからです。

クラウドソーシングサイトの大手である「クラウドワークス」の例を見てみましょう。

求人内容

単価

【初心者歓迎】弊社Webメディアのライティングをお願いします。【5年目SEOライターが教えます。】

2,000文字程度(0.5円/文字)

【未経験の女性限定】ライティングの基礎を学びたい方!!パソコン初心者でも丁寧に教えます!

2,000文字程度(0.1円/文字)

【初心者の主婦さん応援】記事作成のお仕事!今すぐ実用的なライティング技術を学びたい方におすすめです!

1,500文字程度(0.1円/文字)

(2022年9月13日)

今回挙げた案件は、単価だけを見るとあまりよい条件ではないかもしれません。

しかしながら、プロライターからライティングの技術を学べる点は、この先Webライターの仕事をする上で得ることが多くあるのではないでしょうか。

Webライター初心者が、ある程度稼げるようになるには、ライティング技術の向上と、実績作りがとても重要だからです。

さらに、クラウドワークスでは、受注した案件数やクライアントからの評価など、自分の実績が「見える化」される点も特徴的です。

自分の評価が高くなっていくのを見ることは、モチベーションアップにもつながりますね。

それに、評価が高くなれば、クライアントからの信頼も厚くなり、より条件のよい仕事を受注できたり、スカウトの連絡がくることもあります。

Webライティング未経験者は、まずはクラウドソーシングサイトへ登録し、仕事を受注してみることからはじめましょう。

企業サイトの応募フォームから申し込む

Webライターの働き方の1つとして、Webメディアを運営している企業へ直接応募する方法もあります。

自社でメディアを運営している企業は、自前の専属ライターを抱えているからです。

募集企業

業務内容

海老名と厚木を彩る情報&WEBマガジン厚木と海老名の間 [noma]

海老名と厚木の情報を発信していくタウンライターの募集。

美味しいお店の紹介記事や、地元の絶景スポットなど、地域の魅力を発信する記事の執筆。

プログラミング教室・ロボット教室検索サイト「コエテコ

プログラミング教室や、子どもの習い事についての情報を発信するライター業務。

女性ファッションサイト「with online」

「with online」に掲載する記事の執筆や記事に関するリサーチ、取材対応を含めたライター業務。

(2022年9月13日)

企業の専属ライターのよいところは、記事を執筆するジャンルがある程度固定される点です。

記事を書けば書くほど、その業界の知識が身についてくるので、リサーチも楽になりますし、記事の執筆スピードも早くなります。

企業側にとっても、専属のライターを持つことは、継続して仕事を依頼できる点や、運営しているメディアに合った記事を納品してもらえる点において安心感があります。

それだけではなく、コスト面でも企業とWebライターの両方にメリットがあります。

企業側は、ライターを直接雇用することで、クラウドソーシングサービスへの利用手数料を支払う必要がありません。

ライター側も、継続して仕事をもらえる点や、クラウドソーシングサービス経由よりも、良い単価で仕事を受注できる可能性がある点は、見逃せないメリットといえます。

このように、自分がよく読むWebメディアや、興味のあるWebメディアの求人に、直接応募してみるのも、仕事を獲得する方法のひとつです。

正社員になる

Webメディア運営会社やWeb制作会社の正社員としてWebライターへ応募する方法もあります。

正社員として安定した立場でWebライターの仕事をしたい人には魅力的な方法です。

実際にいくつか求人内容を挙げてみます。

求人内容

業務内容

給与

Webライター 在宅ワーク導入/新事業立ち上げ募集

・オウンドメディアのライティング業務

・キーワード選定

・記事の校正、校閲

・効果検証

・新業務の企画立案

月給23万5,000円~

Webライター/メディア企画立案/医療・福祉・介護サービス

・Webライターとして、自社メディアのコンテンツ制作/編集

・希望により、ディレクション/コーディング/企画/マーケティング業務

年収520万円~800万円

WEBライター

・ホームページ/コラム/WEB広告のライティング

年収300万円~450万円

(2022年9月13日)

正社員としてのWebライターは、記事を執筆する業務だけでなく、コンテンツ制作のディレクション業務や、競合の分析など、幅広い業務を任せられます。

そのため、必然的にWebライティング以外の知識や技術を身につけることが可能です。

安定した立場で、Webライター以外の業務にもチャレンジしたい方にとって、企業の正社員として働くことは、キャリアアップとしては効率的といえます。

派遣登録をする

派遣会社に登録し、Webライターの仕事を紹介してもらう方法もあります。

派遣社員としての働き方も、ある程度、収入面が安定している点がメリットです。

求人内容

業務内容方

時給

Webライター 残業なし

・自社サイト、社内サイト向け記事執筆

・関連部署への取材、リサーチ

1,900円

大手IT企業 楽天保険グループ会社で活躍するWeb編集・ライターのお仕事

・自社保険に関する記事編集・ライティング業務

・キャンペーンやマーケティング施策の企画

1,900円

サービス関連のWebライター

・芸能/エンタメ系の記事の執筆

・取材/インタビュー

1,600円

(2022年9月13日)

派遣のWebライターは、基本的には記事の執筆ですが、派遣先の企業によって記事執筆に関連する業務も任されることがあります。

やる気次第では、正社員同様に自分の仕事の幅を広げていくチャンスもあるでしょう。

それだけではなく、いずれは正社員として働きたいと考えている方は、紹介予定派遣を選ぶことも可能です。

また、勤務している企業に実績を認められて正社員登用されるケースもあります。

このように、ある程度安定した環境で働きたいという方には、派遣社員として仕事を探すのもよい方法です。

仕事仲介サイトに登録をする

本格的なプロのWebライターとして仕事をするのであれば、Webライター用の仕事仲介サイトへ登録することをおすすめします。

仕事仲介サイトは仕事を探しているWebライターと、Webライターを探している企業とをマッチングさせるサービスです。

例として、Webライター用の仕事仲介サイトをいくつか挙げます。

仕事仲介サイト

選考

Webライターズバンク

あり

PENYA

あり

(2022年9月13日)

仕事をしたい人と仕事を依頼したい人をマッチングさせるという点では、クラウドソーシングサービスと似ています。

しかし上記に挙げた仕事仲介サイトの場合は、基本的にはプロのライターに特化したマッチングサービスです。

そのため、登録にあたっては選考テストに合格する必要があります。

逆にいうと、それだけWebライターに求める品質が高く、報酬が高い仕事を紹介してもらえる可能性があります。

また、継続的に仕事を依頼してもらえる点も、特にフリーランスWebライターにとっては安心できる要素ではないでしょうか。

Webライターとして仕事をしていくのであれば、このようなWebライターに特化した仕事仲介サイトへの登録にチャレンジしてみるのもステップアップのチャンスです。

合格すれば、プロのWebライターとしての自信にもつながるでしょう。

ブログを開設する

Webライターになる方法の1つ目は、ブログの開設です。

なぜなら、Webライターとしてどのような記事が書けるのか、自分のブログでクライアントにアピールできるからです。

例えばwebライター未経験の場合、案件に申し込んでもクライアントに見せられる記事がなければ、どのような記事が書けるのかわかってもらえません。

クライアント側からすれば、実力がわからない人に仕事を依頼するのはリスクが高いため、案件を獲得できないことも考えられるでしょう。

また、ライティング経験がない場合ですと、自分に記事が書けるのかといった心配もあるかと思います。

そのため、ブログで実際に記事を書いてみて、ポートフォリオとして自分の実力をアピール

することでWebライターに近づくことができるわけです。

実際に執筆した記事があればクライアントも安心できますから、案件が獲得しやすくなります。

このように、Webライターになるためにはまずはブログを開設してみるのがおすすめです。

知人にメディアを紹介してもらう

Webライターになるために、知人にメディアを紹介してもらうという方法があります。

企業によってはライター未経験でメディアで執筆することは難しいと考えられますが、知人による紹介であれば、メディアで執筆できる可能性が高まるでしょう。

なぜなら、知人がすでにメディアとの信頼関係を構築している可能性があるからです。

例えば、未経験ライターでメディア営業する場合、すでに契約しているライターで事足りている場合が多いことが考えられます。

そのため、未経験ライターですと採用してもらうことができません。

小規模なメディアなら採用される可能性もあるかもしれませんが、大手メディアですと難しい場合が多いでしょう。

しかし、知人による紹介であればすでにメディアとの信頼関係が構築されている可能性が高いため、未経験でも採用してもらえる可能性が高まります。

あまりにもライティングができない場合は難しいかもしれませんが、自分で営業するよりもWebライターになれる可能性が高まるといえるでしょう。

また、知人にメディアでの執筆方法やコツFを直接聞くことができるため、他のメディアで執筆するよりも執筆しやすいというメリットもあります。

このように、知人にメディアを紹介してもらうことで、Webライターになることができるというわけです。

稼ぐまでのステップ

Webライターとして稼ぐまでのステップを6つに分けてご紹介いたします。

  • ブログやSNSで書くことに慣れる
  • 副業からスタートする
  • マニュアル完備の案件に応募する
  • 実績を作る
  • 実績をもとにポートフォリオを作成する
  • 高単価案件にどんどん応募する

ブログやSNSで書くことに慣れる

Webライターとして稼ぐためには、まずはブログやSNSで書くことに慣れましょう。

なぜなら、初心者はまずライティングの練習が必要だからです。

例えば、ブログで1,500文字を目安に記事を執筆してみるのがおすすめです。

どんな内容で書いてよいかわからない人は、以下のようなテーマで執筆してみるとよいでしょう。

  • ・ライティングで学んだことをアウトプットする記事を作成する
  • ・ブログの始め方を書いた記事を作成する
  • ・自己紹介記事を作成する
  • ・自分の得意なことや仕事に関する知識を記事にする

上記のような内容の記事ですと、これからWebライターとして案件を獲得するに当たって有利になる場合があります。

例えば、ライティングで培った知識や仕事の経験などは、条件に該当する案件に応募する際にポートフォリオとして提出できます。

ブログの始め方ですと、ワードプレスの使い方がわかれば文字装飾などのライティング以外の仕事も巻き取れるかもしれませんよね。

また、自己紹介記事はそのままプロフィールとして使用できます。

このように上記のようなテーマであれば、ライティングに慣れながら案件獲得までの近道になるわけです。

次に、作成した記事の宣伝や、学んだことをアウトプットする場所としてSNSを活用してみましょう。

いきなり1,500文字も書けないという人は、例えばTwitterですと最大文字数140文字なためブログよりも書きやすいです。

また、作成した記事をSNSで宣伝して読んでもらうことで、ライティングのモチベーションアップにも繋がりますよ。

このように、Webライター初心者の人はまずはブログやSNSで書くことに慣れていきましょう。

副業からスタートする

次に、Webライターを副業からスタートしましょう。

いきなりwebライターを本業にしても、仕事が確保できるかわからないからです。

例えば、クライアント目線で考えてみましょう。

記事の作成経験があるWebライターと、記事の作成経験がまったくないWebライターなら、どちらを採用したいと考えるでしょうか。

当然、前者の記事作成経験のあるWebライターが採用される可能性が高いです。

もし仮に特別な知識や経験があったとしても、その知識や経験を文章で伝わるように書き出せなければ意味がありません。

それよりも、クライアントの依頼内容に沿って記事を作成できる人を採用したい場合が多いでしょう。

したがって、記事作成経験がない、もしくは少ないWebライター初心者は仕事の確保が難しいといえます。

しかも、仮に仕事を確保できたとしても収入が低く、生活を支えられないかもしれませんよね。

そうなると1日に大量の文字数を書かなければならなかったり、仕事を多く確保しなければならなかったりと、無理をしてWebライターを続けることになってしまいかねません。

そのため、まずは副業としてWebライターを始めるのがおすすめです。

マニュアル完備の案件に応募する

Webライター初心者は、マニュアル完備の案件に応募しましょう。

マニュアル完備の案件であれば、Webライター初心者でもライティングしやすい環境で執筆できるからです。

例えば、Webライターのマニュアルには以下のような内容が記載されています。

  • ・記事作成の目的
  • ・記事作成の進め方
  • ・文体(ですます調・である調など)
  • ・数字の表記について(大文字か小文字かなど)
  • ・改行や装飾について

上記のように、webライターのマニュアルには記事作成の目的や進め方、ライティングのルールが記載されている場合が多いです。

記事作成の目的から、どのように記事作成を始めればよいかが書かれているため、webライター初心者でも記事の執筆がしやすいといえます。

なぜなら、どう記事作成を進めればよいか迷わずに執筆作業に取り組めるからです。

また、文体や数字の表記など執筆時の細かいルールが定められていることによって、どのように文章を書けばよいかが明確にされています。

そのため、クライアントの意向に沿った執筆がしやすいといえるでしょう。

このように、マニュアルがあることでWebライター初心者でもライティングしやすい環境であるといえるわけです。

Webライター初心者の人が案件を探す際は、マニュアル完備の案件かチェックしましょう。

実績を作る

案件に応募して実績を作りましょう。

実績を作ることで、Webライターとして稼ぎやすいからです。

そもそもWebライター初心者では、文字単価が極端に低く依頼されている場合が多く、なかなか稼ぐことが難しいのが現状です。

そのため、Webライターとして稼ぎたい人は経験を積み、実績を作ることで単価を上げていく必要があります。

例えば、実績を作ることで以下のような高単価案件に応募できます。

【実績が必要な案件例】

文字単価

3円

1記事あたりの文字数

5000文字

概要

各種クライアントの運営メディア執筆※1

採用基準

・一連のSEOコンテンツ制作の経験がある方※2

・クライアント案件(toB向け)の実績がある方※3

・検索上位化を達成した記事を3本以上提出できる方

・月10本程度の稼働が可能な方

・当日返信などスピーディーなレス対応が可能な方

※1:アプリ・システム開発・Webマーケティング関連・ライフスタイル・ガジェットなど
※2:競合調査→KW選定→構成作成→記事執筆→CMS入稿
※3:ブログ運営のみの方は不可
引用元:クラウドワークス|【月収20万円可能】文字単価3円にて発注想定!WebメディアのSEO記事コンテンツ制作【大量発注OK&長期契約前提】(2022年9月20日時点)

上記をみてみますと、文字単価3円と高単価な案件であることがわかります。

採用基準には、クライアント案件の実績がある方・検索上位達成の記事を3本以上提出できる方とあり、実績が必要な案件です。

Webライター初心者には厳しい採用条件に思えるかもしれませんが、実績を作ることで上記のような高単価案件に応募することも可能になります。

上記案件の条件ですと文字単価3円で5000文字、月に10本程度の納品が必要ですから、月収150,000円程度は目指せます。

さらに納品数を増やせれば、Webライターを本業にすることも見えてきますね。

このように、実績を作ることで高単価案件に応募できWebライターとして稼ぎやすくなります。

実績をもとにポートフォリオを作成する

実績が作れてきたら、それを元にポートフォリオを作成しましょう。

なぜならポートフォリオを作成することで、クライアントに実績を提示できるため案件が獲得しやすくなるからです。

クライアントは制作費用を払ってWebライターを雇うわけですから、失敗したくないというのが本心です。

そのため、ポートフォリオがないと「要望を汲んだ記事を本当に書いてくれるのか」「ジャンルに対応できるといっているが本当か」といったように厳しい目で審査されます。

しかし、ポートフォリオとして参考記事を用意しておくことで、実際にジャンルに対応した記事を作成できることやライターとしての実力をアピールできます。

クライアントからすれば、Webライターを採用する大きな判断材料となりますから、ポートフォリオがあることで案件の獲得がしやすくなるというわけです。

次に、最低限ポートフォリオに記載したい内容を解説いたします。

ポートフォリオには以下のような内容を記載しましょう。

  • 自己紹介
  • スキル
  • 得意ジャンル
  • 実績
  • 作成記事例
  • 文字単価
  • 連絡先

まずは、自分がどのような人物なのか簡単に自己紹介を記載します。

人となりがわかるだけでもクライアントへのアピールになりますよ。

次に、スキルや得意ジャンルを記載します。

SEOライティングやセールスライティングができます、といったように具体的に記載しましょう。

自分がWebライターそしてどのようなスキルを持っているかをクライアントにアピールできます。

そして、実際に書いた記事を実績として紹介します。

書いた記事が検索上位に表示されたというのも、実績として有効ですよ。

作成した記事をクライアントに見せることで、安心して仕事を依頼してもらえます。

中には、作成記事例を提示するだけでテストライティングをせずに仕事を依頼される場合もあります。

自分が作成した記事の中からいくつかピックアップして実績として記載しましょう。

最後に、報酬の参考例として文字単価と連絡先を記載します。

魅力的なポートフォリオを作成できれば、こちらから案件に応募せずにクライアントから依頼されることもありますよ。

上記のように、実績と作成してきた記事を元にポートフォリオを作ることで、クライアントにアピールでき仕事獲得につながるわけです。

ある程度記事の作成に慣れてきたら、ポートフォリオを作成して案件をどんどん獲得していきましょう。

高単価案件にどんどん応募する

作成したポートフォリオを元に、高単価案件にどんどん応募しましょう。

実績とポートフォリオがある段階であれば高単価案件であっても、ない人たちに比べて採用される確率が圧倒的に高いからです。

例えば、自分の実績とポートフォリオでスキルをアピールできる場合と、そうでない場合で考えてみます。

高単価案件の場合、スキルが高く実績がともなっているWebライターに仕事をお願いしたいとクライアントは考えています。

しかし、Webライターはオンライン上で採用をおこなう場合が多く、ポートフォリオがない場合はどのような記事が書けるのかクライアントは判断できません。

そのため、実績やポートフォリオがない時点で、選考から除外されてしまうことが多いです。

一方で、実績やポートフォリオがあればどのような記事が書けて、どのような人柄なのかをクライアントは知ることができます。

つまり、自分のWebライターとしての実力をクライアントにアピールできるわけです。

このような理由から、実績とポートフォリオがあれば圧倒的に採用される確率が高くなります。

次に、Webライターの報酬単価が一般的に高いとされているジャンルをご紹介いたします。

例えば、高単価案件は以下のようなジャンルです。

  • ・金融系
  • ・不動産系
  • ・美容系
  • ・医療系
  • ・転職系

上記のように、専門的な知識が必要な案件は単価が高い傾向にあります。

今まで作成してきた記事や、経験や知識のあるテーマが上記にある場合は、ポートフォリオとともにどんどん応募してみましょう。

もしかしたら、今よりも高単価な案件を獲得できるかもしれませんよ。

上記に書けそうなテーマがない場合は、興味があるテーマか書けそうなテーマに応募してみるのがおすすめです。

テーマの執筆経験がなくても、ポートフォリオでしっかり実績をアピールできれば、採用される可能性はあります。

Webライターとして稼いでいくためにも、まずはどんどん高単価案件に応募してみましょう。

Webライターになる際の注意点を解説

  • すぐには稼げない
  • 文字単価1円以下の案件は受けない
  • タスク案件にこだわらない
  • わからないことは放置しない
  • 3か月であきらめない
  • 納期を破らない

すぐには稼げない

Webライターはすぐには稼げません。

その最大の理由は、「執筆の速度」です。

Webライターになりたての方は、ベテランライターと比べて、記事を執筆し終えるまでにかなりの時間を要することになります。

そこで、1週間あたり「7本納品できるベテランAさん」と「2本の納品が精一杯の初心者Bさん」とで比較してみましょう。

【執筆速度による収入の違い】

期間

ベテランAさん

(7本納品/週)

初心者Bさん

(2本納品/週)

1週間

21,000円

6,000円

1か月

(4週間)

84,000円

24,000円

1年

(52週間)

1,092,000円

312,000円

※「文字単価1円、3,000字の記事」の案件の場合です。

「執筆の速度」と「収入」が切っても切り離せない関係であることは、一目瞭然ですよね。

しかし、実際のWebライター業界では、これ以上の大きな差が発生しています。

その要因は、ベテランライターと初心者ライターの「さらなる執筆の速度の差」です。

初心者ライターの場合はこのようになります。

『言葉選びや構成、画像選定などで1つの記事を書きあげるのに数日時間を費やしてしまっています』

引用元:クラウドワークス|みんなのお仕事相談所(2022年9月8日時点)

また、「月収50万円を稼ぐWebライター」としてテレビ出演していたWebライターの吉見夏実氏も、ランサーズに寄稿した記事の中でこのように語っています。

『1時間に2,000文字を書くのは不可能ではありません。
確かにすぐできることではないし、わたしも、 はじめのころは400字書くのに1時間かかるような状態でした』

引用元:ランサーズ|「1時間に2,000字書く技術」はこうしてつける(2022年9月17日時点)

吉見氏でさえ、初心者のころは、1時間に400字が精一杯だったといいます。

つまり、日に8時間働いたとしても、3,200字程度しか執筆できません。

加えて、初心者ライターが書き上げた記事には、多くの修正も発生するでしょう。

3,000字程度の記事でさえ、記事の完成までに数日を要する結果になるのです。

一方、ベテランライターとなった現在の吉見氏は、「1時間に2,000文字は可能」と断言しています。

つまり、5時間もあれば、10,000字の記事さえ書き上げられると解釈できるでしょう。

・ベテランライター:1日に10,000字の執筆が可能

・初心者ライター :3,000字の執筆でさえ数日かかる

では、この情報を先程のシミュレーションに加味し、再計算したらどうなるのでしょうか。

【執筆速度による収入の違い(+案件が異なる場合)】

期間

ベテランAさん

(7本納品/週、10,000字/記事)

初心者Bさん

(2本納品/週、3,000字/記事)

1週間

21,000円→70,000円

6,000円

1か月

(4週間)

84,000円→280,000円

24,000円

1年

(52週間)

1,092,000円→3,640,000円

312,000円

※ただし、文字単価は1円に統一しています。

「1年」の金額に注目してください。

ゼロが一桁変わるほどの差がでていることがわかりますよね……。

すなわち、稼ぐことができるライターになりたいのであれば、執筆の速度のアップと向き合わざるを得ないのです。

では、初心者ライターが執筆の速度を上げるためには、何をすればよいのでしょうか。

中でも早急に取り組みたいことは、以下の3点です。

  • 「書くこと」に慣れる。
  • 得意の執筆ジャンルを作る。
  • SEO記事を書くスキルを磨く。

執筆の速度が上がれば、収入は一気にアップします。

はやく書くことを習得し、ワンランク上のライターを目指しましょう!

文字単価1円以下の案件は受けない

文字単価1円以下の案件は、可能な限り受けるべきではありません。

費用対効果が非常に悪いです。

例えば、以下の条件の際、収入や時給はいくらになるでしょうか。

  • 執筆スピードは、1時間に500字。
  • 案件の文字単価は、0.5円。
  • 稼働時間は、160時間。

【文字単価と収入、時給の関係】

文字単価

160時間分の収入

(8時間/日、20日稼働した場合)

時給換算

0.5円

40,000円

250円

1円

80,000円

500円

2円

160,000円

1,000円

東京都の最低賃金の時給は、1,041円。(※2022年9月現在/翌10月以降は1,072円に変更)

文字単価が2円で、ようやく近い額になります。

文字単価1円以下の案件は、ボランティアに毛が生えたようなものと表現しても差し支えないでしょう。

とはいえ、右も左もわからない初心者ライターが、いきなり単価の高い案件を得るのは至難の技です。

さらに先日、このような記事がWebライターの業界をにぎわせました。

『報酬の水準は30年間変わっていない」だけでなく、ウェブ媒体においては「クラウド型のマッチングサイトで『1文字0.5~1円』といった破格な低報酬の案件がやりとりされている』

引用元:Yahoo!ニュース|弁護士ドットコムニュース編集部『ウェブライターの葛藤、1文字1円はさらに値崩れ「ウェブは紙の半分の原稿料」「頑張ろうとしても苦しくなる」』(2022年7月23日配信記事)

文字単価1円以下の案件は、受けないに越したことはありません。

しかし、文字単価の高い依頼を手にするチャンスが少ないのも、また事実です。

では、初心者ライターは文字単価1円以下の案件しか受けられないのでしょうか。

答えはNOです。

少しの工夫と努力次第で、単価を上げることは可能になります。

例えば、SNSやブログなどを開設して、あなたの文章力や意欲を売り込んでみましょう。

売り込み方次第では、「初心者」の枠をこえることもあります!

積極的に自己アピールをして、文字単価1円の壁を突破してください。

タスク案件にこだわらない

脱初心者を目指すのであれば、タスク案件は今すぐやめましょう。

タスク案件:受注者の審査なしにおこなう依頼の形式のこと。アンケートの収集などに活用する

ライティングの依頼方法は主に2種類あります。

  • タスク案件
  • プロジェクト案件

タスク案件は、アンケートや体験談・口コミ投稿といった依頼がメインです。

受注するライターの審査・選別はなく、納品前の添削もありません。

そのため、誰もが気軽に依頼を受けることができます。

一方、「文字単価〇円」といった記事作成の依頼は、プロジェクト案件であることがほとんどです。

プロジェクト案件はタスク案件と異なり、案件を得るためには、まず発注者の審査に合格する必要があります。

また、納品前には添削が入ります。

では、なぜタスク案件は、すぐにでもやめるべきなのでしょうか。

その理由は、「添削の有無」にあります。

【タスク案件とプロジェクト案件の違い】

タスク案件

プロジェクト案件

主な依頼内容

・アンケート

・体験談や口コミ投稿

・少量の執筆

・Web記事の原稿

受注条件

なし。

誰もが受注可能。

あり。

発注者による審査に合格する必要がある。

納品の流れ

執筆が終わり次第、納品できる。納品する前に、発注者による添削はおこなわれない。

発注者の添削を受けた後に納品。

修正が発生した場合は、対応しなければならない。

報酬

1案件につき、数円から高くても数百円程度。

文字単価で発注されることが多い。

例:文字単価0.5円・2,000字の場合は、1,000円。

「添削の有無など些細なこと」、「低単価のプロジェクト案件しか受注できないのであれば、タスク案件を多くこなした方が稼げる」と思うかもしれません。

確かに、タスク案件は執筆量も少なく、いつでも気軽に取り組めるというメリットがあります。

また、納品前のチェックや添削もなく、初心者ライターが手早く稼ぐには、うってつけのように感じます。

しかし思い返してください。

学生時代、多くのテストを受けましたよね。

テストは、必ず添削されて戻ってきます。

例えば、そのテストが添削されないとしたらいかがでしょう。

どの問題を間違えたのかを知ることができず、「学び」にはつながりません。

ライティングにおいても、同じことがいえます。

タスク案件の「投げっぱなし納品」は、「戻ってこないテスト」と同義です。

「書くことには自信があるので、添削は別に……」と思う方もいるでしょうが、「単に文章が書ける」だけでは、Webライティングはつとまりません。

「Web媒体に合った書き方」が要求されるためです。

学生時代は、個性的な文章が評価されます。

しかし、Web媒体で望まれるのは、癖が少なく読みやすい文章です。

一目で記事の内容を理解させるテクニックや、読者が「続きを読みたい」と思うような構成力も身につける必要があります。

そのためにも、積極的に添削のあるプロジェクト案件に挑戦し、これらのスキルを学ばなければいけません。

タスク案件にこだわっていては、いつまでたっても初心者ライターのままでしょう。

添削を受け続けていくことで、文章や文体の癖は修正され、Webライティングに適した文章を作成することができるようになります。

文章や文体の癖は、指摘されてはじめて知るものです。

ベテランのライターになりたいのであれば、タスク案件からは卒業しましょう。

わからないことは放置しない

問題の解決に時間がかかるからといって、わからないことを放置しないでください。

そのような行為は、デメリットにしかなりません。

「わからないことを放置した場合」と「解決した場合」を比べると、その理由がはっきりと見えてきます。

【わからないことを放置する・しないの差】

わからないことを放置した場合

解決した場合

修正量

圧倒的に多い

少ない

発注者の印象

非常に悪い

問題なし

「わからないこと」を解決するためには、それなりの時間を要します。

執筆の速度を短縮したいと願う初心者ライターにとって、このタイムロスは痛手です。

しかし、上記の表の「修正量」に注目してください。

不明点をうやむやにしたまま執筆すると、多くの修正が返ってきます。

勝手な自己解釈や独自ルールが混じってしまい、依頼内容に沿った記事になっていないためです。

ゼロの状態からの書き直しを、要求されることさえ考えられます。

このような事態に陥れば、納品にいたるまで、何度も修正を重ねることになるでしょう。

執筆時間のみを取り上げるのであれば、「わからないことを放置した場合」に軍配が上がります。

しかし、修正量(修正にかかる時間)も合わせて判断すると、効率がよいのは「解決した場合」です。

また、わからないことを放置するのであれば、発注者から散々な印象を受ける覚悟をしましょう。

それは単に「修正が多いから」という話ではありません。

「手抜きをした」と捉えられるためです。

以下の2点は、初心者ライターが悩まされる代表的な「わからないこと」です。

  • 文章の構成や単語選び、参考情報の探し方など、執筆に関すること。
  • Googleドキュメント、Chatworkなど、システムの利用方法に関すること。

しかし実は、これらは「わからないこと」ではありません。

この悩みの大半は、発注者から提示された資料、もしくはネットを調べることで解決が可能だからです。

にもかかわらず、「放置」を選択したのであれば、発注者が悪印象を抱いてたとしても当然でしょう。

状況次第では、契約を切られるかもしれません。

一方で、資料やネットを調べても、答えに辿り着かない「わからないこと」もあります。

そのようなときはあきらめるのではなく、必ず発注者に相談し、指示を仰ぐようにしましょう。

そもそも、わからないことを放置したまま作業を進める行為は、Webライター以前に社会人として御法度です。

わからないことをそのままにすることは、やめましょうね。

3か月であきらめない

Webライティングをはじめて、3か月であきらめるのは早計です。

Webライターは、一朝一夕で一人前になれる職業ではありません。

Webライターとして成功を収めたいのであれば、年単位のスパンが必要になると考えておきましょう。

「あきらめたい」と思う何よりの要因は、「収入に対する不満」だと思われます。

日本労働組合総合連合会が2016年に公表した調査によると、多くのライターが、収入に対して不満や不安を抱えていることがわかります。

『クラウド・ワーキングで得られる収入の満足度 半数近くが「不満」と回答、「ライター」では4人に3人が不満 』

『クラウド・ワーキングという働き方で、不安に思うことを聞いたところ、(中略)「仕事が継続的にあるか分からない」はライター(68.9%)』

引用先:日本労働組合総合連合会|「クラウド・ワーカー意識調査」結果について(2022年9月14日時点)

また、ビズヒッツによる調査『本業ライターの月収』からも、稼ぎに苦戦しているWebライターの現状を読み取ることが可能です。

【本業ライターの月収の内訳】

月収(円)

~5千

~1万

~2万

~3万

~5万

~10万

~20万

20万~

人数

(人)

29

19

8

5

3

2

5

3

※回答者総数:74
引用元:Biz Hits|WEBライティングをしてよかったことランキング!461人アンケート調査 WEBライティングに関する意識調査(2022年9月14日時点) 

調査対象者のおよそ9割が、100,000円以下の収入となっています。

これでは、ライターからリタイアしたくもなるでしょう……。

しかし、この金額のかたよりこそが、3か月であきらめるべきではない根拠になります。

「月収100,000円以下が9割」の大半は、経験の浅いライターが生み出しているためです。

Webライターは、誰もが気軽に挑戦できる職業として、近年急激に人気が高まっています。

『大人のなりたい職業ランキング1位は「ライター(Webライター)」56人』

※全国の10代~70代の男女1231人に「大人のなりたい職業」についてアンケートを実施した結果

引用元:エラベル|YouTuber?エンジニア?令和時代の大人1231人のなりたい職業ランキングTOP10!(2022年9月17日時点)

『Webライターは未経験で応募可能な仕事が多いので挑戦しやすくなっています』

引用元:Indeed キャリアガイド編集部|ライターになるには(2022年9月17日時点)

『Webライターは、資格等が不要で、場所や時間を問わず取り組むことができることから、副業としても身近なお仕事です』

引用元:一般社団法人日本シングルマザー支援協会|文章力を仕事にする。継続的に仕事ができる。シングルマザーを「稼げる」Webライターに(2022年9月17日時点)

「編集・ライター養成講座」を運営する宣伝会議で教育講座本部を担当していた木村克弘氏も、このように語っています。

『弊社の編集・ライター養成講座の受講者数はこの数年、右肩上がりの傾向にあります。メイン層は30代で、ライターを本業にしたい人、副業としてチャレンジしたい人、そしてライティングスキルを身に付けてキャリアアップに生かしたい人が、同じくらいの比率で通っています』

『コロナ禍で社会情勢が変化し、「今の会社も安泰ではない」と意識した人が、もともと憧れていた文章に関わる仕事としてライターを目指している印象です』

引用元:ダイヤモンドオンライン|「大人のなりたい職業」1位はライター、高給取りではなくても人気のワケ(2022年9月14日時点)

これらから、初心者ライターが増えている現状がみえてきますよね。

確かに初心者ライターの中にも、開始1年、2年で月収100,000円を達成する方はいます。

しかし、目を見張る能力でもない限り、3か月足らずで満足な収入を得ることなど不可能です。

社会人3か月目が、どのような状態であったのか思い出してください。

「新人」ですよね。

ようやく仕事内容の全体像がみえはじめてきたころではないでしょうか。

Webライターも同様です。

一人前になるためには、ある程度の年月が必要になります。

そして、経験を重ねれば重ねるほど、確実に稼ぎも上がります。

数年間は「トライ&エラー」を繰り返す期間だと腹をくくり、踏ん張りましょう。

その先には、きっと成功が待っていますよ!

納期を破らない

納期を破ることなど、論外です。

「この日までに作業を終えないと、次の工程にしわ寄せが発生する」と計算したうえで、納期は設定されています。

そのため、納期に遅れた場合、多方面に多大な迷惑がかかることを念頭においてください。

特に、ライターに発注された記事が二次請けであったのなら、影響はより大きなものになることでしょう。

【一次請けと二次請けの違い】

ライターへの受注の流れ

「誰の記事」を作成するのか

一次請け

発注者

ライター

発注者自身のWebページの記事

二次請け

Webページの依頼

発注者

ライター

発注者がWebページの依頼者に頼まれた記事

二次請けの記事の納期を破ってしまった場合、以下のような迷惑が発生すると予想されます。

【迷惑がかかる内容とその相手】

迷惑の内容

迷惑を被る相手

記事執筆以降の作業時間に影響

(レイアウト調整や最終チェック など)

スケジュール管理の担当者

レイアウトの担当者

最終チェックの担当者 など

Webページの依頼者からの信頼が低下

発注者(もしくは所属会社)

記事の公開が遅延

宣伝効果に不具合

Webページの依頼者

例えば、新規オープンする店舗のホームページ記事の納期が遅れた場合です。

その影響で、店舗のオープン日に、ホームページの公開が間に合わなくなりました。

するとどうでしょう。

集客に影響が出ること必至ですね。

最悪の場合、Webページ依頼者は、賠償を要求するかもしれません……。

Webライターの仕事は、記事を納品したら終了です。

しかし、発注者には「その先」があります。

そのことを忘れないようにしましょう。

Webページは、みなの力が結集してようやく形になっていきます。

納期を破って、輪を乱してはいけません。

とはいえ、不慮の事故や病気、身内の不幸など予期しない出来事が起こることもありますよね。

そのようなときは、できる限り早く、その旨を発注者へ伝えましょう。

「納期に間に合うかどうかわからない状況になりそうだ」となった時点で、コンタクトをとってください。

「あと数時間で納期だけれど、間に合いそうにない……」となってからではありませんよ。

早めに発注者に連絡を入れることで、発注者は対応策を練ることが可能になります。

依頼を引き上げて別のライターに頼むかもしれませんし、納期日を調整してもらえるかもしれません。

忘れてはいけないことは、この2点。

  • 納期は厳守する。
  • 「間に合わないかもしれない可能性が出そうだ」となった時点で、即連絡。

肝に命じておきましょう。

未経験・初心者から高収入ライターになるコツ

高収入のWebライターになるコツは6つあります。

  • 情報収集能力を磨く
  • 様々なライティングスキルを身につける
  • 子供でも理解できるわかりやすい文章力
  • SEOスキルを身につける
  • 稼げるジャンルで執筆する
  • 専門性の高い知識・資格を身につける

情報収集能力を磨く

執筆するにあたって情報収集能力は大切です。

webライターはクライアントの利益をもたらす情報を表現する必要があるからです。

そもそも、なぜクライアントはオウンドメディアの記事をwebライターに委託するのでしょうか?

電通が発表した「2021年 日本の広告費 インターネット広告媒体費 詳細分析」によると、2021年のインターネット広告費は2兆円を超えています。

そのうち、リスティング広告などの検索連動型広告とディスプレイ広告が全体の7割近くを占めています。

インターネット広告費の割合は以下の通り。

広告種別

2020年(億円)

2021年(億円)

検索連動型広告

6,787

7,991

成果報酬型広告

985

940

ディスプレイ広告

5,733

6,856

ビデオ(動画)広告

3,862

5,128

その他

200

657

合計

17,567

21,571

電通|「2021年 日本の広告費 インターネット広告媒体費 詳細分析」(9月7日)

パッと見るとインターネット広告の成長はすさまじく見えますよね。

しかし2020年から2021年にかけて、インターネット広告の割合に変化が起きています。

主力であった検索連動型広告とディスプレイ広告の割合が、下がっていることがわかりますよね。

急速な成長と裏腹にネットユーザーのリテラシーが向上したことから、売上が思うように伸びなかったと予想できます。

このような情勢から、ネットユーザーにとってうっとうしいものと感じられているでしょう。

ネット広告の効果の低下から、広告に費用をかけず自社のメディアから集客や認知を獲得しようという企業が増えていることが予測されます。

また、矢野経済研究所が発表している「クラウドソーシングサービスの市場規模推移と予測」では、2013年から2020年までで10倍以上の市場規模の拡大が予測されています。

2013年

2020年(予想)

市場規模

21,500(百万円)

295,000(百万円)

矢野経済研究所|「クラウドソーシングサービスの市場規模推移と予測」(9月5日)

上記の表から、企業はwebライターに対して費用をかけているということがわかりますね。

オウンドメディアを持つ企業が増えたことに伴い、webライターはユーザーの悩みを解決できる情報が求められます。

そのため、企業のニーズをくみ取るためにwebライターは、大量の情報をわかりやすくカタチにしなければなりません。

企業のニーズに応えるためにも、情報収集能力を磨きましょう。

様々なライティングスキルを身につける

webライターは様々なライティングスキルを身に着けましょう。

クライアントに必要とされる確率が高まるからです。

そもそもwebライティングの案件では大きく分けて2つの種類があります。

ライティング名

内容

具体的な案件

SEOライティング

Googleの上位表示を狙うライティング

SEOを意識した美容系ライティング

セールスライティング

商品やサービスを購入につなげるライティング

セールライティング関連のオウンドメディアの記事作成

クラウドワークス|【記事構成-執筆者募集!8500円/1記事】美容業界メディアの記事構成~執筆まで実施できる方を募集します。(9月8日)
クラウドワークス|【長期継続あり】文字単価1.0円 セールスライティング関連のオウンドメディア記事制作(9月8日)

上記で触れたライティングの種類は、すべて目的が異なります。

例えばSEOライティングではSEO順位・セッションが、セールスライティングではCV件数・CVRが重要視されます。

同じ『ライティング』の名を冠する案件ですが、クライアントから期待される成果はまったく異なるわけです。

期待される成果が異なるのであれば、成功要因・取り組み方も大きく変わります。

簡単に言うと、SEOライティングではGoogleに評価される書き方が必須です。

SEO順位の決定権は人間ではなく、Googleが持っているからです。

グーグルの傾向を先読みし、それを反映させながら記事を執筆しなければなりません。

その一方で、セールスライティングでは人から共感される書き方が必要になります。

商品の購入権を持っているのはGoogleではなく、人間だからです。

もちろん、あなたが書いた文章が共感されなければ、読者は商品に対して『必要性・重要性』を理解できません。

そうなると読者は「この商品は自分に必要ないな」と判断し、読者は商品を買いませんよね。

このようにSEOライティングとセールスライティングでは成否を左右するポイントは異なるため、考え方・書き方が大きく分かれます。

ここまでを読むと、ひょっとすると「2つとも習得をするのは、かなり難しそうだ……」と感じるかもしれません。

そう、そのように感じるのはあなただけではありません。

多くの人もそのように感じます。

そのため大部分の人は、習得をあきらめるか・どちらかしかマスターしません。

つまり逆に言えば、これら2つをマスターすることで、あなたの市場価値は高まります。

その結果、あなたはレア人材となり、クライアントから必要とされる存在となります。

そうなれば、仕事に困ることは必然的になくなりますよね。

もしも応募できる案件が限られている・「クライアントから必要とされない……」と悩んでいるのであれば、様々なWebライティングを身につけてください。

『芸は身を助ける』ということわざがあるように、身につけたライティング術があなたを救ってくれます。

子供でも理解できるわかりやすい文章力

子供でもわかりやすい文章力で執筆することを心がけましょう。

読みにくい文章では、読者は自分の悩みを解決できない可能性が高いからです。

どういうことかと言いますと、読みにくい文章は実際サイトに訪れたユーザーが理解しにくくなります。

サイトを訪れたのにも関わらず、理解しにくい文章ですとどうでしょうか?

理解しにくい文章なので情報を自分の中に落とし込むことが難しくなるでしょう。

そうすると、自分の中に落とし込めない内容だと悩みを解決するために行動することができませんよね。

悩みを解決するのはユーザー自身なので、最終的に行動をさせなければなりません。

ですので、読みにくい文章は行動に移すことができず、悩みを解決できない可能性が高くなるというわけです。

ライティングではユーザーの悩みを解決することが目的になります。

理解できる文章を積み上げていくことで、「ほかの記事も気になる!」と興味が湧きサイト内を回ってくれるかもしれません。

そのような動きにつながると、Googleにも充実したコンテンツと認識されることでしょう。

SEO対策にもつながり一石二鳥です。

執筆していく際は、ユーザーが悩みに対して行動につながるようなコンテンツづくりを意識しましょう。

SEOスキルを身につける

webライターを目指すならSEOスキルを身につけましょう。

SEOスキルを必要とする案件は、単価が高い傾向にあるからです。

実際にクラウドワークスでSEOライティング案件とWebライティングの仕事の報酬を比較すると、以下のように差がありました。

ジャンル

文字単価

特徴

不動産

1文字:2.5円

SEOを意識したライティング

不動産

1文字:0.2円

初心者歓迎

9月7日

上記の表を見てもらうとわかるように、SEOライティングがそうでないかでかなり文字単価に2円以上のひらきがあります。

「初心者歓迎」のような案件では、その名の通りライター初心者でも請け負うことが可能です。

しかし、逆にいうと「誰でもできる」というような認識もできますよね。

「初心者歓迎」のような記載がされている案件は、誰でもできる内容なので高単価につながることが見込めません。

その一方で、SEOを意識したライティングではどうでしょうか。

上記の表のように、1文字2.5円と高めの単価設定がされています。

例えば、それぞれの案件を3000文字で納品するとどうなるでしょうか?

1文字2.5円の場合、2.5×3000=7500円となります。

一方、1文字0.2円の場合ですと、0.2×3000=600円となってしまいます。

同じ文字数にもかかわらず、1記事で7000円近くの差が生まれてしまいました。

SEOライティングができるだけで、これだけの差が生まれてしまうのでwebライターをやるうえでSEOスキルは大切だと思いませんか?

しかし、SEOスキルは勉強し知識を頭に入れるだけではクライアントには認めてもらえないでしょう。

Googleで実際に上位表示した記事があるという実績がないからです。

実績として残したいのであれば、自分のブログサイトなどで運営して狙うことが1番手軽でしょう。

しかし、Googleで上位表示させることは簡単ではありません。

世の中にSEO対策をしている会社があるぐらいですから、容易なことではないのです。

逆に言えば、自身のブログサイトで上位表示させることができればSEOライティングを求めているクライアントから重宝されるでしょう。

「涓滴岩を穿つ」ということわざがあるように、継続してSEOの実績を積んでいきましょう。

稼げるジャンルで執筆する

稼げるジャンルで執筆することは重要です。

なぜなら、webライターという職種は書けるジャンルによって報酬が変わるからです。

実際にクラウドワークスを利用して、今回4業種別の報酬とそれぞれの市場規模を表にしました。

ちなみに、クラウドワークスの報酬は、平均1〜2.5円となりますので表と見比べてみてください。

業種

1文字単価

金融

2.5円

ファッション

0.5円

仮想通貨

2.5円

フィットネス

0.8円

上記のように、ジャンルによって文字単価が大きく変わることがわかります。

したがって効率よく稼ぎたいのであれば、上記の場合だとファッション・フィットネスよりも金融・仮想通貨に関する案件に応募するのがおすすめです。

ただし、文字単価が高い案件は応募条件が厳しいことがあります。

事実、クラウドワークスにて募集されている高単価案件には以下のような応募条件が設定されています。

案件

応募条件

金融

銀行実務経験者

仮想通貨

WordPress経験者

上記の表を見てもらうように、高単価案件には実務経験やCMS経験があるような条件があります。

ちなみにCMSとは以下の通りです。

CMSとは、テキストデータやWebサイトなどのデザインやルールなどの情報をデータベースに一元管理・保存し、新しくWebページを作成する際に、条件にそって配信をするシステムやソフトウェアの総称。CMSを導入することでHTMLのデザインやコードを意識することなく、簡単にサイトコンテンツの変更・管理ができる。

ITトレンド|CMSとは(9月7日)

上記にも記載されている「WordPress」もCMSの一種で、サイトを立ち上げることが可能です。

しかし「簡単に」と記載されていますが、まったくWordPressを利用したことがない方には少し複雑に思えるかもしれません。

なぜならWordPressを利用した案件では、文字を書くだけではないからです。

WordPressを利用する案件では、文字を書くことに加えてサイトの装飾もしなければなりません。

その際、装飾の仕方がわからないと作業に行き詰まるでしょう。

そのため、WordPressを利用した案件は単価が高いことにつながります。

また、WordPressは日本で一番利用されているCMSです。

WordPressは、ホームページなどを作成するのに日本で約84%ものシェア率(2022年1月時点)を誇っています。

事実、企業はWordPressを使ってサイトを立ち上げていることでしょう。

CMS経験に加えて、実務経験があるライターも高単価につながります。

実務経験があると、専門的な知識に加えて実体験を含めたライティングができるからです。

例えば、以下の2人の候補者が応募してきたとします。

応募者

特徴

webライター:実務歴1年

・宅建保有

webライター:実務歴1年

・宅建保有

・不動産での実務3年

上記の情報だけで応募がきたとき、2人目の応募者の方が充実した記事が書けると思いませんか?

もしかしたら1人目のライターさんは、とても分かりやすい記事を書けるかもしれません。

しかし2人目のライターさんは、知識に加え実体験を加えた記事を作成することが期待されます。

知識は有限ですが、実体験は無限です。

専門的な知識に加えて実体験を含めたライティングができると、ほかのコンテンツにはない独自の記事が完成するでしょう。

専門性の高い知識・資格を身につける

専門性の高い知識や資格を身に着けましょう。

専門資格を必要とする案件は、報酬が高い傾向にあるからです。

事実、要資格の案件と誰でも応募できる仕事の単価を比較しますと、以下のように大きな開きがありました。

ジャンル

文字単価

AGA関連

1文字3.3円(3000文字)

電動キックボード

1文字0.6円(3000文字)

両案件の文字単価を見てもらうと、一目瞭然ですね。

電動キックボードの案件は、未経験でも受けられる案件でした。

一方、AGA関連の案件では。医療免許を持っていることが条件になっています。

専門的な資格があるだけで、文字単価も5倍ほどの差があります。

この事実から専門的なジャンルで執筆できることで、安定して高報酬ライターになることができますね。

しかし、高単価の案件を狙うために未経験から専門知識や資格を獲得を目指すと、案件の請負にまで回らなくなることが予想されます。

専門知識や資格の勉強に時間がとられてしまうからです。

また、勉強などで体力が尽きてしまうことでしょう。

完全に未経験から専門的なライティングを目指したい場合は、転職などで実際に経験にする方が早い場合があります。

実務を積みながら知識を得られることで、よりリアルな情報を提供することができるでしょう。

また、実務を積みながら資格の勉強をしたりなど、そのジャンルに対して有意義な時間を過ごせます。

このように、専門的な知識・資格があるライターになるためには未経験者にとって非常に負荷のかかることだとおわかりいただけたと思います。

未経験者から専門ジャンルは厳しい道のりですが、自身の興味やとっつきやすさから判断してみるといいでしょう。

Webライター未経験・初心者が勉強する方法

Webライターになるための勉強方法は3つあります。

それは以下です。

  • 現役Webライターが運営しているブログを参考にする
  • よい文章を写経する
  • Youtubeで勉強する

ひとつずつ説明いたします。

現役Webライターが運営しているブログを参考にする

現役Webライターが運営しているブログを参考にすることです。

未経験からWebライターで稼ぐまでの道筋がイメージしやすくなります。

Webライターとして収益をあげる最初のステップは、クラウドソーシングです。

これは多くの現役Webライターのブログに書かれています。

クラウドソーシングの登録方法やプロフィールの書き方、案件を受注するポイントや注意点まで、わかりやすく書かれています。

このように、現役Webライターのブログを参考に学習すると、稼ぐまでの道筋がイメージしやすくなります。

よい文章を写経する

文章力を上げるためにも、よい記事をそのまま書き写す写経がおすすめです。

写経をすることで、正しい文章構成や論理展開が体で覚えられるためです。

たとえば野球の場合、ピッチングの練習やバッティングの練習は、何度も繰り返しおこないます。

何度も繰り返すことで、体に覚えさせていくわけです。

このように写経を繰り返すことで、正しい文章構成や論理展開が体で覚えられます。

写経する記事の選び方は、「ついつい最後まで読んでしまった記事」を選びましょう。

最後まで読んでしまうのは、「最後まで読まされてしまった記事」でもあるためです。

どの部分に魅力を感じたのか、考えながら写経してみましょう。

写経する文字数は、1日1,000字程度から始めるとよいです。

最初から5,000字〜1万字を目標にすると、写経を終える前に挫折してしまうためです。

1,000字写経できたら次は3,000字。

最終的に1万文字程度を目標にしましょう。

YouTubeで勉強する

最後の勉強方法はYouTubeです。

文字でのインプットが苦手な人におすすめです。

文字での学習方法は、言語からの情報しかありません。

しかし、動画での学習方法では、言語からの情報に加え、イメージや感情を付け加えて伝えられます。

そのため多くの情報をわかりやすく、インプットできるのです。

マナブさんのYouTubeチャンネルは、初心者にもわかりやすく構成されており、登録者数も50万人を超えているのでおすすめです。