【オウンドメディア必見】コンテンツマーケティングではWebライターが重要!

コンテンツマーケティング ライター

これから新しくオウンドメディアを運営しようと考えている方にとって、コンテンツマーケティングに適したライターを探すことは大きな課題ですよね。

「そもそもコンテンツマーケティングに適したライターってどんなライター?」と悩まれる方も多いでしょう。

コンテンツマーケティングに適したライターには、【オウンドメディアや商品を深く理解している】【読者目線で考えられる】などの5つの特徴があります。

コンテンツマーケティングの目的はオウンドメディアを訪れた読者に、コンテンツを通して商品やサービスを購入してもらうことです。

オウンドメディアや商品についての理解が乏しく、読者目線で考えることができないライターでは商品の魅力を読者に有益なカタチかたちで正しく100%伝えることができないでしょう。

オウンドメディアを運営するにあたって、コンテンツマーケティングに適したライターを探すことはとても重要なのです。

この記事では、これから新しくオウンドメディアを運営する方に向けてコンテンツマーケティングに適したライターの5つの特徴や具体的な探し方を解説します。

この記事を読むことでコンテンツマーケティングに適したライターを見つけることができるようになるでしょう。

コンテンツマーケティングに適したライターの特徴を5つ解説します。

  1. オウンドメディアや商品についての理解度が深い
  2. 世の中の動きに敏感である
  3. ユーザー(読者)目線で考えられる
  4. 柔軟な対応力があり、作業がはやい
  5. マーケティングの技術力や経験が豊富である

オウンドメディアや商品についての理解度が深い

オウンドメディアや商品について深く理解している必要があります。

深く理解していなければ、読者に商品やサービスの魅力を正しくアピールできません。

そもそもコンテンツマーケティングの目的はコンテンツを通して読者にファンとなってもらい、商品やサービスの購買意欲を促進させることですよね。

ですから、オウンドメディアや商品の理解度が深いことは必要最低限の特徴といえるでしょう。

世の中の動きに敏感である

世の中の動きを敏感に感じ取り、読者のニーズを予想することはとても重要です。

読者の求めるサービスや商品は、世の中の動きと共に常に変化していきます。

SNSをこまめにチェックするなど、世の中の動きを敏感に感じ取とることができていれば、読者のニーズにあったコンテンツを作成することができるでしょう。

読者目線で考えられる

読者目線で考えられることも重要な特徴の1つです。

読者にとって有益なコンテンツでなければ、読者はオウンドメディアから離れてしまいます。

読者と同じ疑問を抱えていた経験があるなど、読者と同じ目線で考えられることは、有益なコンテンツを作成するうえでとても重要な特徴となります。

柔軟な対応力があり作業がはやい

柔軟な対応力があり、作業をはやく進められることは依頼側にとって有益な特徴です。

決められた納期があるなかで、オウンドメディアや商品の内容、方向性などが急遽変更になる場合も多々あるでしょう。

そのような状況で柔軟に対応し、はやい作業をしてもらえなければ依頼側が求める納期内に良質なコンテンツが作成される可能性は低くなります。

ですから、急な変更依頼にも応じることができる柔軟な対応力があることや、納期に余裕をもって納品ができるなど、作業がはやいことは依頼側にとって有益な特徴といえます。

【オウンドメディア必見】ライターへの依頼方法

コンテンツライターの探し方の代表的なものを3つ解説します。

  1. クラウドソーシングでライターを探す
  2. SNSを使ってライターを探す
  3. オウンドメディアで募集する

クラウドソーシングでライターを探す

クラウドソーシングに登録をして募集をかけることでライターを探すことができます。

クラウドソーシングに登録しているライターは大勢いますから、ひとりも見つからないといったことはありえないでしょう。

募集をかけるだけでなく、ライターに直接依頼をすることも可能です。

そしてクラウドソーシングを利用するのであれば以下の2つのサイトをおすすめします。

  • ランサーズ
  • クラウドワークス

この2つのサイトは他のクラウドソージングに比べてライター登録者数がとても多いです。

そのため、あなたのお気に召すライターをきっと見つけられます

実際にボクはこの2つのサイトを利用してライターを募集することが多いです。

この2つのサイトでライターを探せば、条件にぴったりなライターをみつけられますよ。

・SNSを使ってライターを探す

TwitterやInstagramなどのSNSを使ってライターを探すことができます。

最近ではSNS上で過去の実績を公開していたり、仕事を募集しているライターが多く存在しています。

SNSでライターを探す際は、年齢や経歴をキチンと確認するようにしましょう。

・オウンドメディアで募集をする

オウンドメディアで募集をし、ライターを探す方法もあります。

応募をしてくるライターは、オウンドメディアが取り扱うテーマを得意としていたり、つよい興味心をもっている場合がほとんどです。

オウンドメディアを訪れた人の中からライターを探すことになるため、時間はかかりますが熱量のあるライターを探すことができるでしょう。

重要!Webライターの採用時にチェックすべき点

ライターを選ぶうえでチェックすべきポイントを4つ解説します

  1. 論理的な文章作成ができるか
  2. 誤字脱字や間違った表現のないコンテンツ作成ができるか
  3. テーマを深掘りできるか
  4. マーケティングのスキルや経験値

論理的な文章作成(ライティング)ができるか

論理的な文章を作成できるかどうかは重要なポイントです。

何らかの疑問や興味をもち、読者はコンテンツを読みます。

論理的な文章でコンテンツが作成されていなければ、読者は理解に困ります。そして最悪の場合、有益でないコンテンツと判断されてしまうでしょう。

PREP法などを活用した論理的な文章作成ができることは、読者に「読んでよかった!」と感じてもらうためにとても重要なポイントなのです。

誤字脱字や間違った表現のないコンテンツ作成ができるか

誤字脱字のないコンテンツ作成ができるかどうかはオウンドメディアの信用性に直結するポイントです。

コンテンツの文章に誤字脱字や間違った表現があると、読者は「このコンテンツの内容を信用してもいいのかな?」と不安を感じてしまうでしょう。

不安を感じたままサービスや商品を購入する読者はいません。

読者に信用してもらい、サービスや商品を購入してもらうためには、誤字脱字や間違った表現のないコンテンツ作成ができるかどうかは重要なチェックポイントといえます。

短時間で誤字脱字を見つけたいときはこのツールを使ってくださいね。

  • 日本語校正サポート

このツールは登録やダウンロードが不要なので、すぐに使えて便利ですよ。

試してみてくださいね。

テーマを深掘りできるか

コンテンツを作成する元となるテーマを深掘りできるかどうかは、良質なコンテンツを作成をするうえで必要なチェックポイントです。

読者は自分にとって有益なコンテンツを求めています。

内容の薄いコンテンツや、答えが乏しいコンテンツは必要とされていないでしょう。

テーマを深掘りするには、アンケートやインタビューをおすすめします。

いろいろな視点からの声を聞くことで、内容の濃いコンテンツ作成ができるでしょう。

マーケティングやライティングの知識があるか

マーケティングの知識(3C※1や4P※2など)やライティングの知識(SEO※3など)が発注者の求めるレベルで持ち合わせているかをしっかりとチェックしましょう。

  1. 市場、顧客(Customer) 、競合(Competitor) 、自社(Company)の3つの観点から分析をし、マーケティングの戦略を練る手法
  2. 製品・サービス(Product)、価格(Price)、流通(Place)、販売促進(Promotion)の4つの要素を分析し、競合と比較してマーケティングの戦略を練る手法
  3. 検索しているユーザーにとって、価値あるサイトを表示するためのシステム

当たり前のことですが、マーケティングやライティングの知識が乏しければ、良質なコンテンツを作成してもらうことは難しいといえます。

テストライティングをおこなったり、過去の実績を確認するなどしてマーケティングやライターの知識がいか程あるのかをチェックしましょう。

コンテンツ制作時のコミュニケーション方法

いいコンテンツを作成するうえで、発注者とライターがコミュニケーションを盛んに取りあうことは双方にとって大切なことです。

コミュニケーションの取り方について大切なポイントを2つ解説します。

  1. 実際に顔をあわせて要望を伝える
  2. チャットやメールで頻繁に連絡をとる

実際に顔をあわせて想いを伝える

実際に顔をあわせたり、Web会議を開いて、発注者が要望(オウンドメディアの世界観や想い)をライターにダイレクトに伝えることが大切です。

チャットやメールでのやり取りのみでは、細かなニュアンスや雰囲気を伝えることができませんよね。

発注者の要望が正しく伝えられないままでは、ライターも発注者の求めるコンテンツを作成することは難しいでしょう。

顔をあわせて話をし、発注者の正しい要望を共有することは、いいコンテンツを作成するうえでとても大切なポイントです。

チャットやメールで頻繁に連絡をとる

チャットやメールで頻繁に連絡を取り、作業の進捗状況を確認しましょう。

発注者とライター間で考えの相違がある場合、作業の進捗状況や内容を頻繁に確認していれば、はやい段階で気づき軌道修正がおこなえます。

チャットやメールで頻繁に連絡を取ることは、スムーズなコンテンツ作成のためにとても大切なポイントです。

もしもチャットツールを探しているのであれば、チャットワークがおすすめです。このツールを使えば、ライターとのスムーズなやり取りが可能です。

実際に、ボクがライターの方とやり取りをするときはこのチャットワークを使っています。

利用料金0円~のプランがあり、気軽に試してみることができますよ。

ただし、ランサーズのみチャットワークでのやり取りを禁止しています。

もしもランサーズでスムーズな報連相を行いたいのであれば、ワークスペースを使ってくださいね。

ワークスペースはチャットワークに比べるとさすがに性能が落ちますが、それでもメールよりは使いやすいです。

コンテンツおよびseoライターの求人例

コンテンツライターやseoライター、Webライターを探すことができても、仕事を受けてもらえなければ意味がありませんよね。

ライターに仕事を受けてもらいやすくするためには、次の2つ項目をしっかりと提示しましょう。

  1. 求めるクオリティに見合った報酬
  2. コンテンツテーマの詳細

求めるクオリティに見合った報酬

発注者が求めるクオリティに見合った報酬を提示しましょう。

実績豊富で優秀なライターは需要があるため、あまりに低すぎる報酬額では仕事を受けてくれません。

特にseoライティングができるライターは希少です。

seoライティングのスキル自体が出回っておらず、ノウハウを習得する機会そのものが少ないからです。

見つけ次第、確保するのがおすすめです。

反対に実績が少ないライターは、それなりの報酬額でも仕事を受けてくれるでしょう。

どんなクオリティのコンテンツ作成を望むのかを考え、それに見合った報酬を提示することはライターに仕事を受けてもらうためにとても重要になります。

コンテンツテーマの詳細

コンテンツテーマの詳細(サービスや商品の内容、ターゲットとなる読者像など)を具体的に提示しましょう。

発注者が依頼するテーマの詳細が具体的であればあるほど、ライターは「自分に執筆可能なテーマなのか」をイメージしやすくなります。

コンテンツテーマの詳細を具体的に提示することで、発注者とライターのミスマッチングを防ぎながらも、仕事を受けてもらいやすくなるでしょう。

まとめ|コンテンツマーケティングにライターは必須!

コンテンツマーケティングに適したライターとはどんなライターなのかがおわかりいただけたと思います。

もしあなたがコンテンツマーケティングに適したライターを探したいときは、解説した5つの特徴を参考に探してくださいね。

オウンドメディアや商品を深く理解し、読者目線で考えることができることなどは、いいコンテンツをつくるうえでとても重要な特徴だからです。

読者は何らかの答えを求めてオウンドメディアを訪れます。

商品の魅力を正しく伝えられていなかったり、読者目線でつくられていないコンテンツでは、読者の購買意欲を促進することはできないでしょう。

コンテンツマーケティングに適しライターを探すときは、記事で解説した5つの特徴を持ち合わせているかをしっかりと見極めましょう。