【未経験でもできる副業】Webライターとは?仕事内容・年収・求人例・SEOライティングなど必要なスキルを解説

Webライターとは

「Webライターの仕事ってどんな感じかな」

「年収はどのぐらいだろう」

「未経験だけど仕事がもらえるか心配」

副業や在宅ワークが一般的になりWebライターにチャレンジする人も多くなっています。

しかしWebライターになっても生活費が稼げるか心配な人もいますよね。

もしもWebライターとして活動していきたいなら自分の専門性を高めるようにしましょう。

後述していますが、専門性を高めると記事の内容がGoogleに評価されるので、検索で上位表示されやすくなります。

検索上位を取れる記事を書けると、クライアントからの需要も増します。

需要が高くなれば、それだけ好条件で働けるのでWebライターの仕事だけで生活できるようになりますよ。

今回の記事ではWebライターに求められるスキルとより稼げる方法をお伝えしています。

Webライターの仕事内容や年収をアップさせる方法について詳しく知りたい人はこの記事をチェックしてくださいね。

Webライターの仕事内容や年収を解説

未経験者でも副業にできるWebライターの仕事について、みなさんが疑問に思うことを解説していきます。

  1. 具体的な仕事内容
  2. 勤務地
  3. 平均年収
  4. ディスられることもある

具体的な仕事内容

現代ではWebライターの仕事は多岐にわたっています。

具体的には以下の5つが代表的です。

記事作成

Web上で表示される記事や企業が運営するコンテンツの文章を作成します。

Webライターの仕事でもっとも一般的でイメージしやすい仕事です。

動画サイトの台本作成

YouTubeのような動画サイト向けに台本を作成する仕事も増えています。

『スカッとする話』や『感動する話』といった視聴者に共感されるストーリーが比較的多く募集されています。

インタビューや取材記事作成

クライアントから依頼されてインタビューとそれにもとづいた取材記事を書くのもWebライターの仕事です。

たとえば、住宅メーカーのWebコンテンツにのせるために、その会社で家を建てた人を取材して記事を書く、といったイメージです。

メルマガやDM作成

企業のDMやメールマガジンの文章を作成する仕事もあります。

とくにメールマガジンは配信頻度が高いので継続して仕事を依頼されるクライアントが多くいます。

編集や校正

Webライターの実績が増えると記事のチェックや編集をする側に回ることもできます。

記事を依頼するクライアントはライティングが本業ではないので、チェックに多くの時間をさけません。

そこで記事のチェックを担当してくれるWebライターが求められていて、ライティング担当者と同様に需要があります。

以上Webライターの代表的な仕事5つをご紹介しました。

記事作成に加えて、動画サイト向けにもWebライターの需要が高くなり仕事の幅が広いことがわかりますよね。

勤務地

Webライターの勤務地は1都3県か大都市が多く、それ以外ならリモート勤務であることがほとんどです。

実際にindeedのWebライター求人をみると、掲載されている勤務地の約66%が1都3県という結果でした。(2021年6月30日確認時点のすべて求人)

【Webライター求人の勤務地(例)】

募集案件勤務地
SEOライター ※メディアライティング経験必須東京都
【SEO】SEOコンテンツディレクター東京都
SEOに強いWEBライター東京都・リモート勤務
WEBサイト企画・運営・広報・マーケター・ライター東京都
Webメディアのライター千葉県
キャンプ・アウトドアのWEBライター神奈川県
編集・記者・ライター愛知県
エディター/ライター(雑誌・WEB・SNSなど)大阪府 
コピーライター・ライター取材記事作成大阪府
webメディアの記事ライター福岡県
2021年7月2日時点の求人より新着10件抜粋

新着案件を抜粋しても圧倒的に東京都が多く、それ以外でも大阪府や福岡県といった大都市に求人が限られることがわかりました。

そのためWebライターとして活動する場合、1都3県や大都市にお住まいの方以外はリモートワークになることが多いです。

平均年収

Webライターの平均年収はどのぐらいなのか、実際の求人を例にみてみましょう。

【Webライターの求人(参考例)】*indeed内で『Webライター』にて検索

募集案件勤務形態年収
編集/ライター(雑誌・WEBなど)正社員360万円
ライター/編集/ディレクター正社員380万円
WEB広告代理店の記事ライター正社員300万円
WEBサイト企画・ライター正社員276万円
WEBライター・WEBディレクターアルバイト230万円
マーケティングWEB記事ライター業務委託216万円
自社メディアのSEOライター業務委託200万円
主婦(夫)・副業大歓迎!Webライター業務委託240万円
SEO関連の編集・ディレクター業務委託360万円
WEBライター、地域担当記者業務委託180万円
2021年6月30日掲載時点の求人より抽出

ここにあげた求人からもわかるように、Webライターの年収は大体200万円~300万円台だといえます。

その中でも勤務形態が正社員だと多少年収は高くなりますね。

バカにされることもある

Webライターの仕事はまだまだ認知度が低く、文字を書くだけの簡単な仕事だとバカにされることもあります。

実際にWebライターとして活動されている『峯丸ともかさん』がnoteに次のような投稿をされていました。

バイト先で、「主婦ですが、WEBでライターとして活動もしています。」と自己紹介をしました。すると、ある大学院生の方から「今は、だれでもWEBライターになれるしね。」
と言われたんです。正直驚きました。
まさか、自己紹介でディスられるとは思わなかったので(笑)

note|ディスられることもあるWEBライターという職業の実態。あなたは憧れますか?(最終閲覧日2021年6月28日)

たしかに最近ではクラウドソーシングの普及によって、Webライターとして活動する難易度は低くなりました。

そのためWebライターはとくにスキルがなくても誰でもできる仕事だと考えている人も少なくありません。

しかしWebライターとして生計を立てるには、相応のスキルが求められます。

専業ライターとして活躍できるまでバカにされることもあると理解しておきましょう。

フリーランスや副業OK!Webライター求人を紹介

Webライターの募集はどんなものがあるのか実際の求人例を解説していきます。

  1. クラウドソーシングでの例
  2. 求人サイトでの例
  3. 企業サイトでの例

クラウドソーシングでの例

クラウドソーシングは未経験でも応募しやすく、案件数も豊富な点が特徴です。

そして求められるレベル感も選べるので、自分にマッチした案件を探しやすいです。

【クラウドソーシングサイトの求人例】

案件内容エンタメ系太陽光発電住宅リフォーム
文字単価0.2円1.2円約3.2円
文字数5,000文字8,000文字2,600文字
経験の有無未経験OK経験必須経験必須
特記事項特になしWordPress操作建築系資格必須
2021年6月28日時点

クライアントから求められるレベルが上級者になるほど、文字単価も上がることがわかりますよね。

募集されている内容もエンタメから太陽光発電とだいぶ幅広いですね。

単価を上げる方法については、後述していますのでそちらをご確認ください。

求人サイトでの例

『Indeed』や『求人ボックス』のような求人サイトにもWebライターの仕事は募集されています。

実際の案件をみてみましょう。

【求人サイトの求人例】

求人内容広告代理店ライター
仕事内容・原稿の作成
・広告の作成
・進捗管理
雇用形態正社員
特記事項・記事作成経験
・HTMLの知識
月収25~35万円
2021年7月1日時点

この求人では、お客様の依頼にもとづいて広告原稿や記事の作成をおこなえるWebライターを募集しています。

依頼にそって自分で1から記事を作成するのがおもな仕事なので、経験者のみ応募可能となっていました。

求人サイトがクラウドソーシングサイトと異なるのは、案件ごとの募集ではなく業務委託や正社員Webライターとしての求人が中心という点です。

このため、フリーランスではなく企業にWebライターとして勤めたい方は求人サイトで仕事を探したほうがよさそうです。

企業サイトでの例

自社メディアをもっている企業のWebライター募集に直接応募する方法もあります。

『マイナビニュース』

マイナビニュースはマイナビが運営する総合ニュースサイトです。

月間PV(ページビュー数)は7,940万PVもあり国内での知名度も高い大手メディアサイトです。

マイナビニュースでは公式ホームページでライター募集を随時行っています。

募集要件は下記の通りです。

マイナビニュース募集要項

仕事内容取材と執筆
選考方法・履歴書
・職務経歴書
・執筆実績
報酬規定により支払い
特記事項募集ジャンルの専門性がある
・SEO担当
・ライフ系
・エンタメ系
・デジタル系
・サイエンス系
2021年7月1日時点

高い専門性をもっている必要はありますが、随時募集がされているので自分のタイミングで応募できるのが嬉しいですね。

一般的な知名度も高いので、記事の掲載経験を積めれば他サイトに応募する際もアピール材料にしやすいですよね。

『REPO(ルポ)』

SEOコンサルティング会社【サクラサクマーケティング】が運営するメディアサイト『REPO(ルポ)』もWebライターを募集しています。

REPO募集要項

仕事の内容記事執筆
選考方法過去実績とテストライティング
報酬文字数と難易度により決定

REPOはとくにSEOライティングの力を重視している印象です。

報酬額も公式ホームページで詳しく示されているので、安心して応募できます。

『MERY』

MERYは株式会社MERYが運営する女性向け情報サイトです。

このサイトも記事執筆を担当してくれるWebライターを随時募集しています。

MERY募集要項

仕事の内容SEO記事執筆
選考方法ポートフォリオの提出
報酬時給1,020円~
2021年7月1日時点

こちらは東京の事務所勤務か在宅勤務かを選択できます。

案件ごとの報酬ではなく、アルバイトとして雇用されるので継続して仕事をもらえるのは嬉しいですよね。

MERYは女性向けメディアなので、担当するジャンルも『メイク』や『ライフスタイル』といった女性ライターにとって書きやすい内容が多くなっています。

Webライターの求人例を3種類ご紹介しました。

未経験者必見!Webライターに向く人の特徴

未経験者でもなれるWebライター。

そんな副業に最適な職業にはどんな人が向いているのでしょうか。

ここでは5つの特徴を紹介しますね。

  1. 好奇心が旺盛
  2. こつこつ作業ができる
  3. 文章を書くのが好き
  4. 1人の作業が苦じゃない
  5. 【注】つらいことも覚悟している

好奇心が旺盛

Webライターとして活動していくには好奇心旺盛であることが大切です。

なぜなら、Webライターは幅広いジャンルについて記事執筆を行うので、さまざまなことに対する興味関心が必要とされるからです。

実際に大手クラウドソーシングサイト『クラウドワークス』では下記の執筆ジャンルが存在します。

クラウドワークスに募集がある執筆ジャンル

これをみるだけでも、幅広いジャンルでWebライターが求められていることがわかりますよね。

  • 美容コスメ、ファッション
  • 健康、病気
  • エンタメ
  • グルメ、料理
  • 動物、ペット
  • 住まい、生活
  • スポーツ
  • ビジネス
  • ゲーム
  • その他

もちろんすべてのジャンルについて知る必要はありません。

しかし、書けるジャンルはある程度多いほうが仕事をもらえる可能性は高くなります。

自分がもともと興味の低いジャンルであっても、好奇心をもって調べ読者の役に立つ記事が書ける。

これがWebライターに向いている人の特徴といえます。

こつこつ作業ができる

Webライターはこつこつ作業ができる人に向いています。

その理由として、Webライターは自分でスケジュール管理をおこない、納期にあわせて作業を完結しなくてはいけない仕事だからです。

実際に私もWebライターとして働きはじめてから、仕事はすべて自分ひとりで行っています。

自分だけだと誰に注意されるわけでもないので、いくらでも怠けられます。

しかしそれでは仕事が取れず、Webライターとしても成長できませんよね。

だから、人の目がなくても自分でこつこつ作業ができる人はWebライターに向いているといえます。

文章を書くのが好き

3つめの特徴として、Webライターは文章を書くのが好きな人が向いています。

ライターという名前の通り、Webライターは文章を書いてそれに対してお金を頂く仕事です。

依頼される量も何千文字というのが当たり前で、1日中パソコンの前で文章を作成することも珍しくありません。

そのためそもそも文章の読み書きが好きでない人は、Webライターになっても仕事がいやになってしまう可能性があります。

だからもともと文章を書くのが好きな人のほうがWebライターに向いています。

1人の作業が苦じゃない

Webライターは1人での作業が多い仕事なので、それでも苦にならずに続けられる人が向いています。

なぜなら、Webライターのおもな仕事は記事作成であり、パソコンがあれば仕事が完結するからです。

実際に私もWebライターとして活動し始めてから、日中仕事関係で人に会うことが限りなく0になりました。

パソコンだけあれば、仕事ができるのはWebライターの大きなメリットです。

しかし一方で、にぎやかな場所や接客が好きな人にとっては誰ともしゃべらず1日を終えるWebライターは、少しつらいかもしれませんね。

もともとインドアで、1人で作業するのが好きな人はWebライターの仕事も自分のペースで楽しくできる可能性が高いですよ。

つらいことも覚悟している

仕事をする中でつらいこともあると覚悟できている人は、Webライターに向いています。

その理由として、Webライターはクライアントやユーザーに求められなければ仕事を獲得できないからです。

もしあなたがフリーランスのWebライターになれば、仕事は1から自分で探さなくてはいけません。

Webライターは実績やスキルが重視される仕事なので、最初のうちは案件を受注するのも大変です。

実際にクラウドワークスにある未経験向け案件では、募集人数1名に対して60名を超える応募がされていました。

好条件の案件には当然多くの人が集まります。

それでも自分の実績やスキルをアピールして認めてもらわないと、仕事は受注できません。

Webライターとして活動し続けるには、そのプレッシャーの中で仕事をする覚悟が必要になります。

だからこそ、Webライターのマイナス面も理解できている人は、この仕事に向いているといえますよね。

ライターに必要なスキルはSEOライティングなど

では実際にWebライターとして活動するには、どんなスキルが必要なのか解説していきましょう。

  1. SEOライティング力
  2. 情報収集力
  3. 専門性
  4. コミュニケーション力

SEOライティング

Webライターにとってまず必要なのがSEOライティングのスキルです。

前述にもありましたが『SEOライティング力』はGoogleのアルゴリズムで上位表示される記事が書ける能力のことをいいます。

SEOライティング力がないと、せっかく記事を書いても上位表示されずユーザーの目にふれなくなってしまいます。

具体的にSEOライティング力を高めるには次の方法がおすすめです。

SEOライティング力を高める方法

SEOライティング力を上げるには専門の書籍で勉強しましょう。

次にご紹介する書籍はSEOの仕組みやそれにもとづいたライティングの基礎が学べるので、おすすめですよ。

まずはこちらです。

沈黙のWebライティング-Webマーケッター ボーンの激闘-〈SEOのためのライティング教本〉

項目詳細
書籍名沈黙のWebライティング-Webマーケッター ボーンの激闘-〈SEOのためのライティング教本〉
著者名松尾茂起(著)・上野高史(画)
発売日2016年11月1日
価格定価:2,200円
出版社エムディエヌコーポレーション
ページ数632ページ
Amazonレビュー1,042件の評価(4.4点)*2021年7月1日時点
著者紹介・SEOコンサルティング会社『株式会社ウェブライダー』代表 ・Webマーケティング、Webコンサルティングのプロ *出版時点の情報です
2021年7月4日時点

松尾茂起氏によって書かれた本書はAmazonのe-コマースカテゴリで売れ筋ランキング1位を獲得しているベストセラーです。(2021年7月1日現在)

マンガのストーリーにそってSEOライティングが学べるので、何度でも読み返したくなる1冊になっています。

各章ごとに重要ポイントのまとめがのっているので、自分が記事を書くときはそのページを見返すだけでも勉強になりますよ。

2冊目はこちらです。

SEO対策のための Webライティング実践講座

項目詳細
書籍名SEO対策のための Webライティング実践講座
著者名鈴木 良治 (著)
発売日2015年2月19日
価格定価:2,178円
ページ数256ページ
出版社技術評論社
Amazonレビュー39件の評価(4.1点)*2021年7月1日時点
著者紹介『アンドバリュー株式会社』代表取締役
2021年7月4日時点

2冊目に紹介するのは、鈴木良治氏によって書かれた『SEO対策のための Webライティング実践講座』です。

前半はSEOの基礎知識について解説されており、後半は実践的な文章の作成方法が書かれています。

SEOの基礎知識がわかりやすく説明されているので、未経験でも理解しやすい一冊になっています。

3冊目はこちらです。

現場のプロから学ぶ SEO技術バイブル

項目詳細
書籍名現場のプロから学ぶ SEO技術バイブル
著者名西山 悠太朗 (著)
発売日2018年7月26日
価格定価:3,278円
ページ数432ページ
出版社マイナビ出版
Amazonレビュー54件の評価(4.6点)*2021年7月1日時点
著者紹介『ウエストバーグ株式会社』代表取締役社長
2021年7月4日時点

タイトルにあるようにWebサイトの構造について学べる1冊です。

テクニカルな部分が詳しく説明されているので、SEOについて理解が深まってきた人がさらにステップアップするのに役立つ技術書になっています。

以上SEOライティング力を高めるのにおすすめの書籍を3冊ご紹介しました。

どの本も著名なSEO専門家によって書かれたものなので、情報の信ぴょう性も高く未経験が勉強するのにとても役立ちますよ。

情報収集力

Webライターとして活躍するには情報収集スキルが求められます。

なぜならWebライターの仕事は記事を通じて、ユーザーの疑問に対する解決策や新しい情報を提供することだからです。

そのような記事を書くためには、多くの情報から正しいものを見つけまとめなくてはいけません。

だからWebライターには高い情報収集力が求められるのです。

次に情報収集力の高め方をご紹介します。

情報収集力を高める方法

Webライターは情報を集める際には次のことを意識しましょう。

正しい情報か見極める

インターネットで検索すると大量の情報がヒットしますが、本当に信ぴょう性のあるデータか見極めましょう。

信ぴょう性の高いデータは次にあげるものです。

  • 公式ホームページや公共の機関が公表している
  • 専門家によって書かれた書籍からの引用
  • その分野で成果を出している著名人の発言

どこの誰が書いたかわからない情報ではなく、データの根拠がはっきりしているものを参考にしましょう。

Webライター自身が実際に試してみる

自分で試してみると世に出ている情報とズレがないか検証ができます。

さらに自分で体験するとユーザーの疑問点に気が付きやすくなり、他のライターでは書けないコアな情報が書けるようになりますよ。

このような方法で情報収集力を高めて、質の高い記事を提供するように心がけましょう。

専門性

Webライターは高い専門性をもち、それを活かした記事作成力が求められます。

その理由として、近年Googleは専門性にすぐれた質の高いWebコンテンツを評価して上位表示する傾向にあるからです。

実際Google公式サイトでも下記のチェックリストを示し、自身のコンテンツがこれにそっているか確認するようにうながしています。

専門性に関する質問
・コンテンツは、明確な情報源、関係する専門知識の証明、著者またはコンテンツを公開しているサイトの背景情報(著者ページへのリンクやサイトの概要ページなど)など、掲載されている情報が信頼性の高いものであることを示すための情報を提供しているか?
・コンテンツを制作しているサイトを調査した場合、そのトピックに関する権威者としてそのサイトが信頼されている、または広く認識されているという印象を受けるか?
・コンテンツは、トピックに関して明らかに充分な知識を持つ専門家や愛好家によって書かれているか?
・コンテンツに明らかな誤情報がないか?
・お金や人生を左右するような問題について、このコンテンツを安心して信頼できるか?

Googleウェブマスター向け公式ブログ|Google のコア アップデートについてウェブマスターの皆様が知っておくべきこと(最終閲覧日2021年7月2日)

上記にもあるように、記事を上位表示させて多くの人に見てもらうには内容の専門性を高めなくてはいけなくなりました。

だからWebライター自身も高い専門性をもち、それを活かした記事作成が必要になります。

専門性を高める方法については後述してありますので、そちらをみてくださいね。

コミュニケーション力

Webライターとして活躍するうえで、コミュニケーション力は欠かすことができません。

コミュニケーション能力が必要とされるおもな理由は以下の3つが考えられます。

クライアントと打ち合わせをするから

Webライターの仕事はクライアントとの打ち合わせを通して、内容のすり合わせをします。

やり取りからクライアントの要望をくみ取るのは、高いコミュニケーション能力がないとできませんよね。

そのためWebライターはコミュニケーション力が求められます。

頻繁に『報連相』をおこなう必要があるから

Webライティングの仕事は受注して納品が完了するまで、頻繁に報連相をする必要があります。

なぜなら対面でやり取りができない分、連絡をこまめにしないとクライアント側は進捗状況が心配になるからです。

クライアントに不安を感じさせないためには報連相をこまめにおこなう必要があり、それができるWebライターは活躍できます。

取材をすることもあるから

Webライターとして仕事をする中で、取材記事を作成することもあります。

取材相手に気持ちよく話してもらいながら、自分の知りたい内容を聞くにはコミュニケーション能力が欠かせませんよね。

以上、Webライターにコミュニケーション力が求められる3つの理由を解説しました。

単価アップなど|年収を効率的に上げる方法

Webライターとして年収をアップさせるには次の4つが大事になります。

  1. 実績を積む
  2. 専門性を高める
  3. 発信力を高める
  4. 単価を上げる

実績を積む

Webライターで稼ぐにはまず実績を積む必要があります。

実績を積むとそれにともなって、文字単価が高くなり結果的に稼げる金額が増えるからです。

たとえば、あなたがインターネットのフリマアプリを利用するときを思い出してください。

実績0件の売り手と100件の人、それぞれ同じものを売っていたらおそらく実績が100件の人から購入しますよね。

実績があればこの人は仕事を依頼しても大丈夫そうだ、と相手から思ってもらえます。

Webライターも同様に実績を積むことで他のクライアントからも採用されやすくなりますよ。

実績を積むには次の2つを試してみましょう。

実績を積む方法

未経験Webライターでも簡単にできる方法なので試してみてください。

クラウドソーシングで未経験案件に応募する

クラウドソーシングサイトで探すと未経験向けの案件もたくさん見つかります。

文字単価が1円以下のものが多く報酬は安いですが、求められるレベルは高くないので実績を積むのにおすすめです。

noteやブログの投稿をする

個人でも発信しやすいnoteやブログの記事作成も十分実績としてみてもらえます。

noteは1記事から気軽に投稿ができるので、記事作成の練習に役立ちます。

さらに『いいね』の数が表示されるので、記事に対する反響が大きければクライアントへのアピール材料にもなりますよ。

ブログは記事を作成する中で、記事構成やタイトル決め、アイキャッチの選定などWebライターがおこなえると有利になるスキルが身に付きます。

どちらも気軽に始められるのに、クライアントへのポートフォリオ*になってくれます。
*自分の実績やスキルをみてもらうための作品集のこと

実績は一気に増やすのが難しいので、自分ができることをコツコツ積み重ねていきましょう。

専門性を高める

Webライターとして活躍するには、専門性を高めましょう。

専門性を高めるとクライアントからの需要が増して、文字単価が圧倒的に高くなるからです。

実際にランサーズでは仕事の参考価格が次のように示されています。

【記事作成・ブログ記事・体験談】

ジャンル文字単価
一般的なテーマ0.5~2.0円/文字
特定のテーマ0.8円~3.0円/文字
専門的なテーマ1.2円~5.0円/文字
Lancers|仕事の種類・参考価格(最終閲覧日2021年6月30日)

専門性が上がるほど、文字単価が高くなっていますよね。

では実際に専門性を高める方法をお伝えします。

専門性の高める方法

専門性を高めるには次の3つを試してみましょう。

仕事の経験を活かす

Webライター以外に働いた経験があればまずはその分野を深めましょう。

たとえば、住宅メーカーで勤めた経験があれば深めるジャンルも『住宅』や『インテリア』のように関連するものを選ぶのがおすすめです。

そうすると元々の知識が豊富なので、専門性が高まりやすく他の人と差別化しやすくなります。

書籍で勉強をする

同じジャンルに関する書籍を10冊は読むようにしましょう。

大体10冊ほど専門書を読むとだいぶそのジャンルに関する知識が深まり、大抵の質問には答えられるようになります。

資格を取る

深めたい分野の資格を取得すれば、執筆内容に対する信頼度が増します。

新規の案件に応募する際も、資格を持っていると説得力が増すので、受注できる可能性が高まりますよ。

今までの経歴を振り返って、自分が取り組みやすいことから専門性を高めていきましょう。

発信力を高める

Webライティングの収入を増やすには、発信力を高めるのもおすすめです。

発信力を高めると、クライアント側から仕事のオファーがくる可能性が高くなります。

そうすると自分で仕事を探すのに比べ、好条件で受注できるので結果的に年収もアップしやすくなりますよ。

たとえば、あなたがクライアント側の立場だとしてSNSのフォロワー数100人のライターと10,000人のライターどちらに記事を書いてほしいでしょうか。

可能ならフォロワー10,000人のライターに記事を書いてほしいですよね。

発信力が高いライターに仕事を頼めば、そうでない人に比べより多くのユーザーに拡散してもらえるからです。

だからクライアント側から仕事のオファーがくるようにするには、発信力を高める必要があるのです。

発信力を高める方法

発信力を高めるには次の点を意識しましょう。

受け手にとって価値のある情報を発信する

自分が発信をする際は、「この情報は他の人に役立つものか」を考えるようにしましょう。

有益な情報のある場所に人は集まりますよね。

たとえ悩みや疑問、失敗談であっても他人の役に立つ場合があるので、そこからの気付きを含めて発信するようにしましょう。

継続して発信をする

どんなにいい発信をしていても、継続できなければ発信力は高まりません。

芸能人でもない限り、たくさんの人に見つけてもらうにはある程度時間がかかります。

まずは3ヶ月を目標に発信を続けましょう。

自分の経験を発信する

自分が経験したことをたくさん発信するようにしましょう。

そうすることで、他人にはないオリジナリティーが生まれてあなた自身のファンになってくれる人が増えるからです。

発信力を高めるのは、簡単なことではありませんが1度高くなれば、仕事をするうえでとても役立ちます。

単価を上げる

Webライターで効率よく年収を上げるためには単価をアップさせましょう。

そうすることで、少ない労力でもより多くの収入を得られるからです。

たとえば同じ5,000文字を書く場合、文字単価0.1円と1円では報酬に10倍の差が生まれます。

同じ時間作業をするなら、文字単価を上げて効率よく稼げるようになりたいですよね。

文字単価を上げる方法

実際に文字単価を上げるには次のことを試しましょう。

継続依頼のある仕事に応募する

同じクライアントと長く仕事ができれば、単価を上げてくれる可能性があります。

継続して仕事を発注してくれているのなら、あなたへの信頼が高くなっているので、その働きに対して単価を上げてくれるクライアントもいます。

単価交渉をおこなう

クライアント側から単価のアップを提示してくれないときは、単価交渉をしましょう。

通常言われない限りクライアント側は報酬を上げたくありません。

ライター側から単価交渉をされて初めて考えるクライアントもいます。

単価アップを渋ってきっちりと仕事をしてくれるライターに去られるのは、クライアント側も望んでいないはずです。

継続して仕事を受注できるようになったら単価交渉をしてみましょう。

直接受注をする

クラウドソーシングサイトを利用すると大体5~20%の手数料を運営会社に支払わなくてはいけません。

そのお金を減らすためにも、実績が積めたら直接クライアントと契約できる案件を探しましょう。

前述にもあるように、直接Webライターを募集している企業も検索すると出てきます。

気になる募集には積極的に応募して単価をアップさせましょう。

まとめ|Webライターは未経験でもできる

今回の記事でWebライターの仕事内容やどんな人が向いているかがわかりましたよね。

もしWebライターとして活動したいのであれば、記事で紹介した中でもとくに専門性を高めるのがおすすめです。

その理由は今GoogleがWebコンテンツに求めているのが、専門性が高い信頼できる記事だからですよね。

そして専門性が高くなれば、クライアントからの需要も増すので結果的に収入アップにもつながります。

このことから、これからWebライターになりたい方は自分の専門的なジャンルを作ってそれに対する知識を深めるのがおすすめですよ。

専門性を高める方法も3つご紹介しました。

自分がやりやすい方法で専門性を高めて、需要の高いWebライターになりましょう。