コンテンツseoならライターに依頼!募集の仕方・Web記事を外注する方法・単価を解説

コンテンツseo ライター

自社のWebコンテンツをseo対策して、もっと多くの人に知ってもらいたい。

そんなお悩みをもつ経営者、メディア担当の方々に向けて、この記事を書いてみました。

社内リソースがないのであれば、記事をライターに外注、または新たに雇ってしまえばいいのです。

コンテンツを外注することで、集客は自動化されるうえ、空いた時間を本来の業務に注力することができるからです。

実際に多くの企業は、多少のコストをかけてでも、自社のwebコンテンツseoを充実させています。

それほどwebメディアの影響は大きく、収益に欠かせないものだと知っているからです。

優秀なライターにあなたの会社のseoを強化してもらうことで、収益の拡大、業務の効率化をはかりましょう。

この記事では、コンテンツseoを作るライターを探す手順をご紹介します。

コンテンツseo(Web記事)を作る方法は3つ

自社にseoのリソースがないのであれば、記事自体は他の人に書いてもらいましょう。

費やす時間や労力を考えると、出費をしてでも外注する方が効率的といえるからです。

その具体的な方法が以下の3つです。

  1. ライターに外注する
  2. ライターを雇う
  3. ライティング会社に外注

ライターに外注する

「ランサーズ」や「クラウドワークス」といった大手のクラウドソーシングサービスでは、仕事を探している様々なWebライターが見つかります。

登録が簡単なうえ、24時間いつでも受発注ができるため、ライターに限らず多くのユーザーが在籍しているからです。

Webコンテンツのシェアは非常に大きく、企業とライターをマッチングさせるサービスは多様性を増しています。

しかし、こういったサイトに登録しているライターは、ほとんどがフリーランスです。

当然、記事のクオリティにはばらつきがあるため、発注者は慎重にライターを選ばなければなりません。

採用する前に、最低限チェックしておくべき3つのポイントがこちら。

  • 執筆経験(実績)はどの程度あるのか
  • 依頼するコンテンツの知識はもっているか
  • コミュニケーション能力があるか

執筆経験(実績)はどの程度あるのか

サイトによって異なりますが、クラウドソーシングはライター側にも敷居が低く設定されています。

初心者でも気軽にキャリアスタートをしてほしいからです。

ですが、seoを意識したコンテツともなると、相応の実力を兼ね備えたライターが必要になります。

プロフィールをよく読んで、「完了率」、「実績案件の数」、「過去の執筆」などから、そのライターがあなたの要求にどの程度応えられるかを確認しましょう。

依頼するコンテンツの知識はもっているか

依頼内容の知識をもっているライターでいれば、優先的にアプローチしましょう。

イメージの共有がスムーズになり、お互いにストレスなく仕事が進められます。

上級者であれば問題なく執筆してくれますが、そのぶんコストもかかるので、まずはその分野に強いライターを探すほうが効率的ですよね。

コンテンツに関する知識の有無を確認したいときは、簡単な質問をするとよいでしょう。

具体的には『○○分野での業務経験はあるのか』や『そのジャンルでの執筆経験はあるのか』などが該当します。

キチンとしたライターを雇いたいときは、こういった質問をしっかりとおこなってくださいね。

コミュニケーション能力があるか

記事の構成、報酬、納期など、事前に擦り合わせるべきことはいろいろとあります。

そういった確認をする際、素早くレスポンスができるか、こちらの疑問にきちんと答えているかというのも、重要な判断基準になります。

連絡がルーズなライターの場合、納期の遅延、大幅な修正など、後々のトラブルを招く可能性が高いので注意が必要です。

また、メールの文体などで、相手の個性も見えてきます。

文体の雰囲気で自分と相性が合うかどうかも知っておくべきでしょう。

ライターを雇う

コンテンツの継続的な運営を考えているのなら、1人のライターと長期的に契約を結ぶのも良いでしょう。

付き合いが長くなれば、その都度ディレクションする必要もなくなり、コンテンツで得る収益の自動化につながります。

しかしWebライターも人間です。

いかにライティングスキルが優秀な人でも、こちらのイメージを明確に持ってもらうにはある程度の時間がかかります。

外注するといっても、新入社員を雇用するのと同じで、『育成』というセクションは避けては通れません。

後の収益を考えたとき、個人のライターとの長期契約はかなり有効な手段といえます。

具体的には3~6か月スパンで契約を結ぶとよいでしょう。

ただし、こういった長期契約を結ぶと緊張感がなくなってしまい、だらけてしまう人も出てきます。

長期契約を結ぶ際は、相手の性格をしっかりと見極めたうえでご判断くださいね。

ライティング会社に外注

コンテンツに絶対的なクオリティを求めるのであれば、専門の会社に任せるべきです。

入念なリサーチ、厳正な校正、オリジナリティといった組織ならではのメソッドを持っているからです。

そのうえ、プロのライターによる記事はseo効果も期待できます。

当然、それに見合った対価(文字単価でいえば5円~)というのが相場ですが、結果を優先するのであれば、利用する価値は十分にあるといえます。

以上がライターを外注する主な方法です。

自社のWebコンテンツにおく比重によって、使い分けてくださいね。

クラウドソージングでライター募集をかける方法

クラウドソーシングでライターを募集するのは簡単です。

代表的な2社を例に、そのための手順をご紹介します。

  1. ランサーズやクラウドワークスに登録
  2. 依頼のカテゴリを選ぶ
  3. 仕事方式を選択
  4. 依頼タイトルを決定
  5. 依頼主の業種を選択
  6. 仕事内容の入力
  7. 目安予算の入力

ランサーズやクラウドワークスに登録

まずは無料で会員登録しましょう。

ちなみにここでは「ランサーズ」を例に解説していきます。

多少単語の言い回しが違いますが、クラウドワークスも手順はほとんど変わらないのでご安心ください。

まずは、ランサーズ公式サイトにアクセス。
          ↓
トップページ右上の「会員登録(無料)」をクリック。
          ↓
メールアドレスを入力し、送られてくる確認用URLをクリック。
          ↓
ユーザー名とパスワードを設定して、主な利用方法の「仕事を発注したい」をチェック。
          ↓
プロフィールの各項目を入力。

以上で完了です。

依頼のカテゴリを選ぶ

ライターがあなたの依頼を見つけやすいように、カテゴリを選択します。

どんな仕事を依頼したいですか?でキーワードを入力、またはチェックボックスから「ライティング・ネーミング」を選択。

さらに絞り込みで「記事作成・ブログ記事・体験談」や「Webサイトコンテンツ作成」を選択します。

ここで選択したカテゴリは後でも変更可能です。

その他いろんな組み合わせがありますが、まずは依頼の主旨に一番近いものを選びましょう。

仕事方式を選択

『どのように仕事を頼みたいですか?』で「プロジェクト方式」か「タスク方式」を選びます。

タスク方式は発注者が指定した定員に達するまで、未経験であろうと誰でも受注できる方式です。

そのため、アンケートや商品レビューといった手軽で低単価な内容に向いています。

ここでは迷わずプロジェクト方式を選びましょう。

プロジェクト方式は、あなたの依頼内容を見たライターが「わたしに書かせて下さい!」という提案を申しでる方式になっています。

ただし、コンテンツseoともなると、新米ライターではまずこなせません。

seo関連のスキルは、経験に基づく知識やテクニックがなければ実践できないからです。

そのため、コンテンツseo案件でライターさんを募集するときは経験豊富なライターを探してくださいね。

なお、実績はライターさんの名前をクリックすれば簡単に表示されます。
チェックしてみてくださいね。

依頼タイトルを決定

依頼タイトルはキャッチーでかつ、目的が明確であることが理想です。

例)
【SEO経験者優遇】オウンドメディアの記事作成【1記事○○○円〜】

このように、執筆内容、求めているライター、単価などをコンパクトに記載することで、募集してくるライターをあらかじめ絞り込めます。

詳細はクリックしてから見てもらえばいいので、できるだけ短くわかりやすいタイトルを考えましょう。

依頼主の業種を選択

あなたの業種を選択します。

下のスクロールから該当する業種を選びましょう。
    

仕事内容の入力

次は内容の入力です。

以下のフォームに沿ってチェックしていきます。

依頼の特徴は任意ですが、ライターが提案する基準の大きなポイントなので、当てはまるものはすべてチェックした方が良いでしょう。

記事の分野、タイプで該当するものを選んだら、詳細を2,000文字以内で記載します。

例)
自社オウンドメディアをseoに強くしてくれるライターさんを探しています。
当方、社内リソースがないため、タイトルから校正までお任せできる経験者の方に限定させていただきます。
記事の品質によっては、単価アップ、継続的な依頼を考えております。
たくさんのご応募、お待ちしております。

募集文を書くときはこのように、ターゲットや目的を明確に記載しましょう。

目安予算の入力

目安になる予算は以下のスクロールから選択します。

コンテンツseoが書けるライターともなると、文字単価5~10円は覚悟しておくべきでしょう。

例えば1記事のみで5,000文字を依頼するとすれば、記事単価は25,000円~50,000円となります。

したがって、この場合は「20,000円~50,000円」を選択します。

ですが、予算に余裕があるのであれば、少し高めに設定することで、さらに実力のあるライターを引き寄せることができます。

求めるクオリティ、運営する期間を基準に選択しましょう。

外注を依頼する際にライターへ伝えること

クラウドソーシングに限らず、記事を外注する際に記載する必須項目が以下の4つです。

  1. 本数
  2. 報酬
  3. 納期
  4. 目的

本数

記事の本数は文字数とあわせて記載する方が良いです。

売れっ子ライターであるほどスケジュールが過密なため、記事本数を基準に案件を選びます。

単発から週ごと、月ごとといったように提示するのが一般的です。

例えば「1記事のみを3,000文字で3日以内」、「1記事5,000文字を1週間で3~4記事」、「1記事5,000文字を1カ月で20記事」といった具合です。

コンテンツをどの程度の期間伸ばしたいか、または予算と相談しながら決めましょう。

報酬

報酬の基準はこのように表します。

  • 文字数 1記事〇〇〇文字
  • 記事単価 〇〇〇円
  • 文字単価〇〇円
  • 時給○○円

例えば文字数が1記事あたり3,000文字で、記事単価が6,000だとすると、1文字の単価は2円になります。

この文字単価が、ライターが案件を選ぶときに最も注目するポイントです。

上級者は、記事の難易度と相場を比較して、あなたの依頼がどれほど適正かを見ています。

コンテンツseoをタイトルから構成まで任せるとしたら、文字単価5~10円は想定する必要があります。

提案時点で単価交渉をしてくるやり手もいますので、あなたと似た案件を参考にして、相場に近い単価設定をしましょう。

納期

納期は明確に記載します。

後々のトラブルを防ぐためです。

例えば「1記事5,000文字の記事を5日以内に書いてください」という依頼をしたとします。

上級レベルのライターであれば、修正を想定して納期の1~2日前までには納品するでしょう。

ですが、初級~中級レベルのライターには最終日ギリギリ、ヘタをすると納品日にも連絡がこないという方もいます。

記事執筆に限らず、納期を守るのは一般常識ですが、実際に顔を合わせることのないWeb
上のやりとりではこういった事例も起こりえます。

あらかじめ「納期を守れない場合は報酬を支払いかねます」「遅延の場合は必ず事前にご報告ください」などの注意喚起をしておきましょう。

目的

依頼するコンテンツの目的は明確に記載する必要があります。

執筆するライターに記事をイメージしてもらう重要な要素だからです。

「どの分野に強いライターを求めているのか」

「どういったユーザーをターゲットにしているのか」

このようなディテールをできるだけ明確にすることで、相性のいいライターと出会うことができます。

あなたが求めるコンテンツを再確認して、はっきりとした目的を伝えましょう。

ライティングをするWebライターの雇い方

なにも外注するだけが手段ではありません。

腕のいいライターを雇ってしまえばいいのです。

ここでは、「求人ボックス」という求人サイトを例に、募集から、雇用までの手順をご説明します。

  1. 求人ボックスに登録
  2. 職種区分を選択
  3. 求人を作成
  4. 求人タイトルを決定
  5. 仕事の内容を記載
  6. 働く条件を入力
  7. 応募・選考について記載
  8. 職場についての各項目を選択

求人ボックスに登録

まずは求人ボックスにアクセスして「新規登録して求人掲載」をクリック。
               ↓
メールアドレスとパスワードを入力。
               ↓
あなたの企業・団体・店舗名を入力
               ↓
サイト・ホームページのURLを入力(任意)

これで登録完了です。

送られてくる登録したメールアドレスに送られてくるURLをクリックし、企業ログインにメールアドレスとパスワードを入力してログインしましょう。

求人を作成

ログインしたら、トップページ下の「+新しい求人を無料で作成」をクリック。

「求人投稿・編集」の各項目を入力していきます。

職種区分を選択

職種区分

募集する職種を以下のスクロールから選択します。

求人タイトルを決定

タイトルは応募者の注目を集めるための重要な部分です。

パッとみて、どういう人材を探しているのか分かるものにしましょう。

例)
seo向けWebライター / コンテンツ企画・作成・編集

仕事の内容を記載

閲覧するライターが入社後の業務内容や、働くメリットを具体的に記載します。

例)
当社が運営するWebサイトの立案から作成・編集までお任せします。
もちろん成果が出れば昇給あり!

さらに、「この仕事のやりがい」「対象となる方」「求人の特徴」「写真」を追記することで、より多くの応募者の興味をひくことができます。

働く条件を入力

働く条件

以下のフォーマットで雇用条件を選択します。

  • 時給
  • 日給
  • 月給
  • 年収
  • 固定報酬

その他「給与補足」や「勤務時間・休日」でその会社独自の手当や、メリットをもれなく表記しましょう。

応募・選考について記載

応募者の氏名・連絡先・職歴などを記載してもらい、選考基準などを明記します。

職場についての各項目を選択

職場

以下のフォーマットで各項目を5段階でチェックしていきます。

職場の環境を詳しく伝えて、応募者に働くイメージを明確にもってもらいましょう。

※有料オプションについて
ここまでの設定は無料で公開できる手順ですが、求人ボックスには有料オプションも存在します。

加入することで上位に表示され、応募者がクリックすることで料金が発生するプランです。

無料の求人で成果が出ないときは試してみてはいかがでしょうか。

どのように求人および発注をすればよいのか

求人ボックスで実際に掲載されている具体的な応募内容を3つ見てみましょう。

  1. 求人例その1
  2. 求人例その2
  3. 求人例その3

求人例その1

女性管理職比率57%、育産休取得率100%という上場企業の掲載内容です。

未経験者OKで、副業として働くライターも募集しています。

【求人例その1】

項目内容
求人名seoライター/Web編集者
勤務地東京都
年収350~500万円
雇用形態正社員
休暇完全週休2日正(土・日)
経験の有無未経験者OK・経験者優遇
使用期間の有無3か月

年収にするとそれほど高収入とはいえませんが、職場環境に自信を持っている会社のようです。

会社の説明欄には『働くママさん達の味方です』という主張がはっきりと表現されているので、タイトルにもっと反映されていてもいいですよね。

求人例その2

Webコンテンツの制作に対するディレクションができる、即戦力を募集している求人です。

【求人例その2】

項目内容
求人名Webライター/コンテンツseoライター/seoコンサルタント
勤務地東京都
年収300~600万円
雇用形態正社員
休暇完全週休2日正(土・日)
経験の有無要seoライティング経験
使用期間の有無特になし

かなりの場数を踏んだライターさんにターゲットを絞った内容ですね。

ライティングそのものの経験はもとより、指導、監督のスキルも必要としています。

こういったポジションは、応募者の『人格』や『責任能力』の有無も選定基準になります。

雇ったあとでは替えのきかない立場なので、直接面談するなど慎重な人選をするべきでしょう。

求人例その3

従業員15名。

社員同士の距離感も近く、アットホームな雰囲気がうりの会社です。

【求人例その3】

項目内容
求人名seo(検索エンジン最適化)ライティング/コンテンツの文章制作
勤務地東京都
年収300万円
雇用形態正社員/アルバイト・パート/契約社員
休暇完全週休2日正(土・日)
経験の有無未経験者OK
使用期間の有無特になし

収入よりも労働環境を重視した掲載内容です。

正社員にターゲットを限定しないことで、堅苦しいイメージを軽減しています。

こちらの掲載も、タイトルに職場のアピールポイントを追加することで、応募者の注目度を高めることができるのではないでしょうか。

この3つの具体例をもとに、あなたも魅力的な求人をだして、優秀なライターを獲得しましょう。

単価は?外注におすすめなライティング会社

クオリティの高いコンテンツを提供する代表的なライティング会社がこの3社。

  1. 株式会社grooo(グロー)
  2. 株式会社YOSCA
  3. アドバンサー株式会社

株式会社grooo(グロー)

システム開発からWebコンテンツ作成まで手掛ける会社で、2016年にベトナムに子会社を設立。

株式会社grooo(グロー)の詳細データ

項目詳細
住所東京都新宿区西新宿8-1-2 PMO西新宿 3F
代表取締役谷本和隆氏
従業員数9名
資本金71,000,000円
設立2015年2月
主なサービスソフトウェアの開発 
ラボ型オフショアの開発
Webコンテンツ記事の作成

特徴は、各ジャンルごとにプロフェッショナルを揃えていることです。

例えば、コンテンツマーケティング部門においては、元新聞記者、雑誌編集者というように、実務経験豊富なライターを供給できることを強みにしています。

また、そういった人材を企業に直接アサインさせる『ライターラボ』という独自のマッチングサービスも展開しており、人材において絶対の自信をもっているようです。

料金形態は、以下の通りです。

  • 初期費用 300,000円(キーワード調査・選定、競合分析)
  • 1記事につき30,000円(3,000~5,000文字)となっています

かなりの高額ですよね。

そのため、『seoコンテンツに対して右も左もわからない』『とにかくアクセスを増やして集客をしたい』という企業向けのライティング会社といえるでしょう。

株式会社YOSCA

ライティングサービスに特化したコンテンツ提供会社です。

株式会社YOSCAの詳細データ

項目詳細
住所東京都渋谷区渋谷2-14-6西田ビル5F
代表取締役宮嵜幸志氏
従業員数3名
設立2012年12月
主なサービスWebライティング 
取材ライティング 
メルマガの作成
書籍の作成
シナリオライティング
コピーライティング 

『フリーライターのよりどころ』というプラットフォームを運営しており、7,000人以上のライターのプロフィールや、実績を管理。

商業記事、商業出版物を中心としたコンテンツに強みをもち、企画、構成、執筆、校正まで、すべてのライティング業務を請け負うシステムをもっています。

また、人材育成にも力を入れており、執筆するライターへの丁寧な指導、校正をすることで、自社リソースのクオリティを高めているのも特徴です。

料金形態は、初期費用に10,000円、文字単価5円以上となっています。

ライティング専門といえる業務形態ですので、高い成果を求める場合や、ある程度のプランニングを任せたい場合に適した会社でしょう。

アドバンサー株式会社

【関わる人々の人生が180度変化する『きっかけ』を創造する】という企業理念のもと、様座な事業を展開するベンチャー企業です。

アドバンサー株式会社の詳細データ

項目詳細
住所東京都渋谷区渋谷1-12-2 クロスオフィス渋谷
代表取締役藤田純氏
従業員数103名
資本金20,000,000円
設立2015年4月
主なサービスモバイル関連コンサルティング
集客イベントの提供および企画
採用関連のソリューション
記事制作よびディレクションの
ライブ配信およびタレント育成

管理職のほとんどが20代という若さを生かし、情熱とスピード感のあるサービス提供を武器にしています。

『記事作成代行ドットコム』というサービスを展開しており、独自の採用基準を通過した実力のあるライターのみが在籍。

400社以上の実績と、98.24%という業界トップクラスの納期厳守率を誇る老舗の記事代行サービスです。

どの案件にも統括するディレクターがついていて、品質も保証しています。

料金形態も、1文字1円の『おまかせコース』から1文字3円の『こだわりコース』から選ぶことができるので、この3社で一番お手軽に依頼できる会社になっています。

ここでは、ライティング代行サービスとして代表的な3社をご紹介しました。

3社それぞれ業務方針が違うことが分かったと思います。

どれほど成果のあがるコンテンツを求めるのか、そこにどれほどの予算を組むことができるかによって、ニーズにあったライティング会社を見つけてくださいね。

まとめ|コンテンツseoにライターは必須!

この記事では、自社のコンテンツseoに悩む経営者さんや、メディア担当者さんに向けて、記事を外注する手順や、ライターを雇う方法をご紹介しました。

結論からいって、自社のseoコンテンツを強化するために、ライターを外注、雇用する価値は非常に高いといえます。

実際、多くの企業がseo対策のリソースをもっておらず、外注することでコスト以上の成果をあげているからです。

Webコンテンツでの収益効果は言うまでもなく大きく、ほんの少しの工夫やノウハウで結果も大きく左右されます。

そのため、実力のあるライターは常に引く手あまたです。

この記事で紹介した「ランサーズ」や「クラウドワークス」のようなクラウドソーシング、「求人ボックス」のような求人サイトはほんの一部です。

おすすめした手順やポイントを参考にして、まだ見ぬ優秀な人材を得ることを願っています。