【Webライター稼げない問題】文字単価が低い初心者でもすぐに実行できる解決方法を解説

Webライター 稼げない

「ライターって本当に稼げるのかな」

「ライターを始めてみたけれど、なかなか収入につながらないな」

あなたはこのように感じたことはありませんか?

そんなときには稼げないライターの特徴を知り、知識や実績を増やすのがおすすめですよ。

なぜなら知識や実績があると単価の高い案件に挑戦できるからです。

実際に単価の高い案件ではライティングスキルや専門知識を求められます。

このことからライターで稼ぎたいときは、ライティングの知識や実績を増やすことが大切です!

そこでこの記事では稼げないライターの特徴や稼ぐために必要なスキル、知識を紹介しています。

ライターで本当に稼げるのか心配な方はぜひこの記事をチェックしてくださいね。

Webライターが稼げないと言われる理由を解説

Webライターが稼げない理由は以下の4点です。

  1. 単価が安い
  2. 実績がないと受注すら難しい
  3. 手数料がかかる
  4. 『文章を書く』という作業の継続は想像以上に難しい

単価が安い

Webライターの仕事は単価の安い案件が多いです。

なぜならクラウドソーシングサイトに単価の安い案件が多く掲載されているから。

実際にクラウドソーシングサイトのWebライター案件には、文字単価0.1円やそれにも満たない募集が多く存在しています。

仮に文字単価0.1円の案件を受けた場合どうなるか考えてみましょう。

1文字0.1円なので3,000字書くと300円、10,000字書いてやっと1,000円稼ぐことができます。

これではいくら記事を書いても稼げないのがわ分かりますよね。

このように安い案件が多いため、ライターは稼げないと感じてしまうのです。

実績がないと受注すら難しい

Webライターは実績がないと仕事を受注するのが難しいです。

なぜならクライアントから見て、実績が多い人の方がそうでない人よりも安心して仕事を任せられるからです。

たとえば複数のライターから応募があった場合を考えてみましょう。

当然ですが、実績のある人の方が経験を積んでいるため安心して仕事を任せられますよね。

そうすると実績のないライターよりもすでに実績のあるライターの方がどうしても選ばれやすくなります。

このように実績のないライターは仕事を受注することすら難しいのです。

手数料がかかる

クラウドソーシングサイトを利用するときは手数料がかかります。

一般的にクライアントから支払われる金額の15〜20%ほどが報酬から差し引かれ、残った分が収入になるのです。

実際に大手クラウドソーシングサイトの『クラウドワークス』では、手数料について以下のように記載されています。

【クラウドワークスシステム利用料】

報酬額システム利用料
20万円超の部分5%
10万円超20万円以下の部分10%
10万円以下の部分20%
タスク形式での場合20%
クラウドワークス|ワーカーシステム利用料(最終閲覧日2021年8月27日)

このように報酬から手数料が差し引かれるため、想定していた金額よりも実際に受け取った金額が低くなります。

『文章を書く』という作業の継続は想像以上に難しい

文章を書く作業を続けるのは簡単なようで、想像以上に難しいです。

なぜならWebライターの仕事であれば簡単な記事でも2,000文字の量を書くから。

実際に軽い文章で2,000字、さらに多い記事であれば4〜5,000文字を書くこともあり考えるだけで大変だとわかりますよね。

さらにライターで稼ごうとすると、この分量を短い納期の中で継続してこなす必要があります。

このように『文章を書く』のは慣れていなければ非常にハードルが高い作業なのです。

初心者にありがち!稼げないWebライターの特徴

稼げないWebライターの特徴は4つあります。

  1. ライティングのスキルがない
  2. 課題を改善していない
  3. SEOライティングができない
  4. マニュアル通りに書けていない

ライティングのスキルがない

Webライターには必ずライティングスキルが求められます。

なぜならたくさんの人が読む記事にするには、誰にでもわかりやすい文を書く必要があるからです。

ライティングスキルとは以下のような技術のこと。

  • 正確なタイピング力
  • 論理的でわかりやすく書く方法
  • 正しい見出しの使い方
  • 読者の目に留まるリード分の書き方

当然ですがクライアントは、記事をできる限り多くの人に読んでもらいたいと考えます。

ということは、誰でもわかりやすい文章や魅力的なタイトルが書けるWebライターに仕事を依頼したいですよね。

だからこそ基本的なライティングのスキルは必須なのです。

課題を改善していない

課題をいつまでも改善していないと案件を受注できなくなります。

なぜならクライアントからの評価が落ちるからです。

たとえばあなたがクライアント側になり、ライターに間違いを指摘した場合を考えてみましょう。

一度指摘した間違いを何度も繰り返されると、「この人は前回の指摘から学習していないな」と思うはずです。

さらに何度も指摘していると労力ばかりかかるので、「今後は違う人に依頼しよう」と思ってしまいます。

このように課題をいつまでも改善していなければ、継続して仕事を受注できなくなるのです。

SEOライティングができない

SEO※の知識がないライターは稼げません。
※SEO(検索エンジン最適化)とは検索エンジンの上位に記事を表示させる方法のこと。

なぜなら仕事の応募条件にSEOライティングが含まれているケースがあるからです。

実際に以下のようなSEOライテイング必須の求人が存在します。

【SEOライティング案件 その1】

案件内容AIチャットボットに関する記事作成
応募条件SEOライティングの知識・経験がある方
文字単価1.0円
クラウドワークス|仕事を探す(最終閲覧日2021年8月27日)

【SEOライティング案件 その2】

案件内容就活記事の執筆
応募条件SEOライティングに関する深い知識がある方
文字単価1.5円
クラウドワークス|仕事を探す(最終閲覧日2021年8月27日)

【SEOライティング案件 その3】

案件内容プログラミングに関するWebメディアのライター
応募条件SEOライティング経験者
文字単価1.7円
クラウドワークス|仕事を探す(最終閲覧日2021年8月27日)

このようにSEOの知識がないと応募できない案件があり、稼げるチャンスや条件の良い仕事を失う可能性があります。

だからこそSEOの知識がないライターは仕事を受注できず、稼ぎにくいのです。

マニュアル通りに書けていない

マニュアル通りに記事を書けないライターは、継続して案件を受けることができません。

なぜなら『マニュアル通りに書けない=クライアントの指示を守れない』となり、信頼を失うからです。

Webライターの案件ではクライアントから書き方のマニュアルを受け取るのが一般的。

具体的には『記事の文字数』『半角・全角の表記』『記事の構成』などが指定されています。

たとえばマニュアルに沿って記事を書く依頼をされたのに、自分本位の書き方で納品したとしましょう。

そうなるとクライアント側は間違いを指摘する手間がかかり「指示通りに書けない人だな」と思うので、ライターへの信用が落ちますよね。

このようにマニュアル通りに書けないライターはクライアントからの信用を失い、継続して案件を受注できなくなるのです。

稼げないWebライターと収入が多い人のちがい

稼げないWebライターと稼げる人の違いは以下の4点です。

  1. 仕事に対する意識レベルが違う
  2. 知識とスキルに決定的な違いがある
  3. 仕事の探し方が違う
  4. 学習意欲が違う

仕事に対する意識レベルが違う

稼げないライターと稼げる人には『記事を書く目的』を意識しているかに違いがあります。

というのも、稼げないライターは記事を書く目的を意識していないことが多いのです。

『記事を書く目的』とは具体的に以下のようなことを指します。

  • どうしてこの記事を書くのか
  • 読み手にどんな行動をとって欲しいのか
  • 記事によってどんな成果を期待しているのか

このような意識を持っていなければ、的外れな内容の記事になってしまうのです。

たとえば、ダイエットサプリの企業の依頼で『ダイエット』について記事を書くとします。

ダイエットサプリの企業がこの記事を依頼した目的を考えると、「痩せたい人にダイエットサプリを使って欲しい」ですよね。

しかし、記事を書く目的を意識していなければ「ダイエットはサプリに頼るよりも運動をしたほうが良い」という的外れな記事を書いてしまう可能性があります。

一方、稼げるライターは『記事を書く目的』を意識しているのでこのようなミスを起こしません。

クライアントの意図をしっかりと汲み取った記事を書けるので、継続して依頼を受けることができるでしょう。

このように稼げないライターと稼げる人には意識レベルから違いがあります。

実際に案件を受けたときは、『記事を書く目的』を意識してくださいね。

知識とスキルに決定的な違いがある

知識とスキルにも決定的な違いがあります。

なぜならWebライターにはある程度のライティングスキルが必要で、知識が豊富なほど重宝されるからです。

特にWebライターであれば、SEOについての知識を求められます。

SEOライティングの重要性は先述していますが、稼げないライターや初心者の方の中には知識が少ない方もいるでしょう。

しかし仮にあなたがクライアントになったとき、SEOの知識が豊富な人とそうでないライターから応募があればきっと前者に依頼をしたいはずです。

このように知識とスキルの有無は仕事の獲得に直結しており、稼げる人ほどしっかりと身につけています。

仕事の探し方が違う

3つ目は仕事の探し方の違いです。

稼げるライターほど単価の高い仕事を探して受注しています。

というのも、効率よく稼ぐためには単価の高い仕事を受注する必要があるからです。

たとえば仕事を探すときにクラウドソーシングを使うのか、ほかの方法で単価の高い案件を受けるのかによって違いが出ます。

当然ですがクラウドソーシングで1文字1円の記事を大量に書くよりも、1本1万円の記事を書いた方が楽ですよね。

Webライターの仕事はクラウドソーシングだけでなく、メディアとの直接契約などで高単価の案件を受注できることもあります。

このように出来るライターほど様々な方法で仕事を探し、高単価の案件を受注して効率よく稼いでいるのです。

メディアとの直接契約の方法は後述しますのでぜひチェックしてくださいね。

学習意欲が違う

最後の違いは学習意欲です。

稼げるWebライターほど学習意欲が豊富で、クライアントからの信頼を得ることができます。

実際に稼げるライターはクライアントからのフィードバックや修正依頼をしっかりと反映しています。

そうすることで着実にスキルを身につけ、クライアントからの信頼を得ることができるのです。

具体的には、クライアントからの修正依頼や添削事項をもとにチェックリストを作る方法があります。

指摘された箇所をリストにして確実に潰していくので、課題が経験と知識に変わり成長することができますよね。

そうなれば常に品質の高い記事を納品することができ、クライアントからの信頼も高まるため継続して案件を受注できるという訳です。

ブログなど|稼げないときの対処法

ここでは稼げないときの対処法を7つご紹介します。

  1. ブログをする
  2. 得意分野をつくる
  3. 単価の高い案件を受ける
  4. 資格を取る
  5. SNSで仕事を獲る
  6. メディアに直接営業をする
  7. ココナラなどのサイトを使う

ブログをする

ブログをすると以下3つのメリットがあります。

  • SEOが学べる
  • WordPressの知識が身につく
  • 広告収入が発生する

SEOが学べる

ブログをするとSEOについて学べる上、スキルの証明にもなります。

なぜなら自分のブログを検索上位に表示させるためにはSEOの知識が必要だからです。

また、SEOを意識して書いた記事は実績としてクライアントに提示することができ、高単価の案件を受注できるようになります。

実際に「SEOスキル有り」と文字だけで表記されるより、ブログを提示できればSEOスキルの証拠になります。

証拠があれば、クライアントからの信頼を得ることができますよね。

そうすると、高単価の案件も受注できるようになります。

Word Pressの知識が身につく

自分のブログを作るとWordPressの知識が身に付き、稼ぐことができます。

WordPressのスキルがあるライターは、記事を納品するだけでなくサイトへの掲載まで行うことができるので高単価の仕事を受注できるのです。

実際にライターが記事を納品した後の流れを考えてみましょう。

クライアントはライターからの記事を納品された後、記事のチェックを行いサイトへ掲載するため時間と手間がかかります。

しかしWordPressのスキルを持っているライターに仕事を依頼すれば、サイトへの掲載まで一括で任せることができるので非常に楽ですよね。

このことからブログでWordPressの知識を身につけると稼ぐことができるのです。

広告収入が発生する

自分のブログを作ったら『アフィリエイト』をやりましょう。

なぜなら、広告収入が発生するからです。

アフィリエイトとはブログ内で商品を紹介し、そのページを見た読者が購入や契約をすると広告収入が発生する仕組みのこと。

ASP(アフィリエイトサービスブロバイダ)という広告主とブログの運営者を仲介するサイトを利用するのが一般的です。

仮にアフィリエイトを行い、掲載した広告から利用者が発生すると報酬をもらうことができます。

つまり、記事を1度書くだけでそのあとは勝手に報酬が入るのです。

大量の記事を書いて稼ぐのは大変なので何もしなくても稼げるのは非常に魅力的ですよね。

このことから自分のブログを作ったときはアフィリエイトをするのがおすすめです。

ここでは実際にアフィリエイトの始め方をご紹介しますね。

  1. 報酬を受け取る口座の準備をする
  2. ブログを開設する
  3. ASPに登録をする
  4. ブログに掲載する商品を選ぶ
  5. 広告を掲載する

アフィリエイトの始め方は以上です。

ブログをすると実績やスキルを増やしながら広告収入も発生するため、一石三鳥ですよね。

まだブログをしていない人はぜひ実践してみてください。

得意分野をつくる

得意分野や専門知識があると、仕事の受注率が上がるため稼ぐことができます。

なぜならクライアントは記事テーマの専門知識を持つライターに仕事を依頼したいと思うからです。

たとえば『海外留学』についての記事を作るとします。

海外留学の経験や知識がないライターと実際に留学経験があって体験談なども書けるライターがいた場合、もちろんですが後者に依頼したいですよね。

このように専門知識があることでその分野に関する仕事の受注率を上げることができます。

とはいえ、初心者で得意分野がない方もいるでしょう。

そんな方へ向け、得意分野の作り方をご紹介しますね。

得意分野の作り方

得意分野を作るには以下の方法がおすすめです。

  • 趣味を使う。(趣味を通して得た専門知識を使う)
  • 本や雑誌から学習する。(興味のある分野の本を読み、専門知識をつける)
  • 経験を使う。(過去の経験から学んだ知識を使う)

特に趣味や過去の経験は今すぐにでも使える専門知識ですよね。

ぜひ自分の得意分野を作ってみてください。

単価の高い案件を受ける

効率よく稼ぐために、単価の高い案件を受けましょう。

当たり前ですが、安い案件を受け続けるよりも単価の高い仕事を受ける方が稼げるからです。

実際に比べてみましょう。

【文字単価0.5円、1記事3,000文字の案件】

記事数報酬
1記事0.5×3,000=1,500円
5記事1,500×5=7,500円
10記事1,500×10=15,000円

【文字単価3円、1記事3,000文字の案件】

記事数報酬
1記事3×3,000=9,000円
5記事9,000×5=45,000円
10記事9,000×10=90,000円

このように同じ文字数と労力でも、単価が違うだけで大きな差が生まれます。

仕事を選ぶ際は、単価の高い案件を探してくださいね。

資格を取る

資格を持っていると、仕事を獲得する際に有利です。

資格を持っていることで、しっかりと知識を身につけていることや勉強熱心なことがクライアントにアピールできるからです。

そこでWebライターにおすすめの資格を4つご紹介します。

  • SEO検定(1〜4級)
  • 日本語検定(1級))
  • ネットマーケティング検定
  • ビジネス著作権検定(上級・初級)

【SEO検定】

受験メリットSEOの知識が身に付く
クライアントへのアピールになる
自身のブログやサイトを上位表示できる
受験料1級:8,000円
2級:6,000円
3級:5,000円
4級:5,000円
(受験日の3営業日前に支払いが必要)
試験会場札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、金沢、高松、広島、福岡、沖縄の全10か所
申し込み方法電話もしくはインターネット
一般社団法人全日本SEO協会(最終閲覧日2021年8月30日)

【日本語検定】

検定内容日本語の知識と運用能力を測定する検定
受験メリット・語彙力や文章力が身に付く
・正しい日本語の知識を学べる
受験料1級:6,300円
2級:5,300円
3級:3,800円
4級:2,500円
5・6・7級:1,800円
試験会場全国から受験可能
申し込み方法インターネット、店頭、郵送
※検定結果は検定日の30日後に郵送で通知
日本語検定(最終閲覧日2021年9月5日)

【ネットマーケティング検定】

検定内容Web広告の運用や集客の方法についての検定
受験メリット・集客できる記事や商品を売るための知識が身に付く
・市場調査の方法やSEOについて学べる
・マーケティングについての知識も身に付く
受験料6000円
試験会場リモートWebテスト (在宅・在社にて受験)
申し込み方法検定公式サイトよりユーザー情報登録をして申し込み
ネットマーケティング検定(最終閲覧日2021年9月5日)

【ビジネス著作権検定】

検定内容著作権に関する検定
受験メリット・著作権についての知識が身に付く
・著作権違反を防ぎ、自分の身を守れる
受験料初級:5,000円
上級:7,800円
試験会場リモートWebテスト
申し込み方法検定公式サイトよりユーザー情報登録をして申し込み
ビジネス著作権検定(最終閲覧日2021年9月5日)

以上4つの検定はどれもライターの仕事で使える知識やスキルが身につくものです。

実力をつけたい、クライアントにアピールをしたいという方はぜひ挑戦してみてください。

SNSで仕事を獲る

SNSで仕事を獲ることもできます。

特におすすめなのがTwitterで、ユーザー数が多くハッシュタグを利用して仕事を見つけられます。

仕事の見つけ方も簡単で『#ライター募集』というハッシュタグから探すことができます。

実際に検索をかけてみるとたくさんの募集がヒットしました。

このようにSNSで簡単に仕事を見つけることができます。

Twitterアカウントを持っている方はぜひ調べてみてくださいね。

メディアに直接営業をする

メディアに直接営業をすると稼ぐことができます。

というのも仲介サイトを利用すると手数料を差し引かれますが、直接営業をすることで報酬を100%受け取ることができるからです。

実際にクラウドワークスでは5〜20%の手数料が発生していましたよね。

もちろんですが10,000円の仕事も8,000円になってしまうので、手数料はできるだけ払いたくないはず。

しかしメディアに直接営業をすれば手数料は0円です。

このようにメディアに直接営業をすることで手数料を抑えて稼ぐことができます。

直接営業の仕方は以下の通りです。

  • ブログに自己紹介と問い合わせページを作る(企業からの問い合わせを待つ)
  • 企業に直接営業する(企業サイトより応募する)

ただしこちらの方法はブログの運営や記事執筆の実績が必要ですので、実績がない初心者の方は注意をしてくださいね。

ココナラなどのサイトを使う

ココナラなどのサイトを使って高単価の仕事を得ることができます。

ココナラとは知識・経験・スキルのような得意なことを出品・購入できるサイトのこと。

ライターのスキルを商品として出品し、希望の価格も提示することができるので安すぎる案件を受ける心配もありません。

それでは実際の出品内容を見てみましょう。

【Webライター出品 その1】

サービス内容1記事1,500〜2,000文字までの記事を10記事執筆
料金基本単価:3円〜/文字
※WordPress入稿・文字装飾・画像の添付はオプション
納品日数約30日
ココナラ|記事・ブログ作成(最終閲覧日2021年8月31日)

【Webライター出品 その2】

サービス内容ブログ記事やホームページ記事を代行
作成
料金基本単価:3円〜/文字
構成案作成:0.5円
WordPress入稿・装飾:3,000円/記事
画像加工:1,500/3枚
LPやアフィリエイト記事
ランキング記事:5円/文字
納品日数要相談
ココナラ|記事・ブログ作成(最終閲覧日2021年8月31日)

【Webライター出品 その3】

サービス内容ブログやサイトの記事
広告
クラウドファンディングの文章
ツイッター文面作成など
料金基本単価:1.8円〜/文字
最低販売価格:2,000円
納品日数1記事あたり10日以上
ココナラ|記事・ブログ作成(最終閲覧日2021年8月31日)

このように文字単価やオプション単価、納期などを細かく設定ができるため、安すぎる案件を避けることができます。

ただし、スキルや実績をしっかりとアピールしないと受注が難しいため、ある程度の実績を積んでチャレンジしてみてくださいね。

まとめ|Webライターは稼げないこともない

この記事を読んでライターが稼げないと言われる理由や稼げる人との違い、実際の稼ぎ方がわかりましたね。

もしもライターで稼ぎたければ、知識やスキルをつけて単価の高い案件に挑戦しましょう。

記事で解説したように単価の安い案件を続けていてはいつまでも稼げませんでしたよね。

さらに、単価の高い案件を受注するにはSEOなどの知識やライターとしての実績が必要でした。

このことからライターで稼ぎたいときはしっかりと知識をつけて、単価の高い案件に挑戦するのがおすすめです。

ぜひ参考にしてくださいね。