初心者や未経験者におすすめなWebライターの始め方|月収5万円を稼ぐにはライティングスキルの向上が必要

Webライター 始め方

「Webライターってどうやって始めたらいいのだろう?」

それにどうやったら効率的に『報酬アップ』を達成できるのか。

あなたが『ライター』として活動を始めたいとき、このように感じたことはありませんか?

そんなときはこの記事で紹介した内容を参考にしてください。

実際に『正社員、派遣社員、フリーランス、副業』などの働き方があるため自分に合った形態を見つけることが大切です。

ちなみにどれを選択した場合でも、『報酬アップ』を達成する方法は共通。

このことから『Webライターを始めたい』状況のときにはこの記事がおすすめですよ。

そこでこの記事では『ライター応募の方法』から『報酬アップの方法』まで『ライターのいろは』を丁寧に紹介します。

『ライター』を効率的にスタートさせたいという人はこの記事をチェックしてくださいね。

初心者と未経験必見!Webライターの始め方

ここではWebライターを始めるにあたり、多くの方が利用する、以下2つの方法についてお伝えいたします。

  1. クラウドソーシングサイトに登録する
  2. 求人サイトで応募する

クラウドソーシングサイトに登録する

まずは『クラウドソーシングサイトに登録する』です。

クラウドソーシングサイトとは『仕事が集まる掲示板』のようなサイトで、『単発』や『継続』の案件が数多く掲載されています。
※クラウドソーシングサイトで有名な『クラウドワークス』では、363,408件(2021.5,18時点)もの案件が掲載されておりました。

一般的に『フリーランス』としての活動を視野に入れている方は『クラウドソーシングサイト』で経験を積むことが多いです。

またフリーランス以外の『副業サラリーマン』や『学生』にもおすすめできるので、どのような状況の方でも登録は必須といえます。

ちなみにクラウドソーシングサイトは、案件が豊富な以下2のサイトに登録しておけば間違いはありません。

  • ランサーズ
  • クラウドワークス

『ランサーズ』と『クラウドワークス』は大手サイトのため案件も豊富。

それぞれのサイトでそれぞれの『ライティング』カテゴリで検索をすると、以下の案件数でした。(2021.5.18時点)

  • ランサーズ(ライティング):1090件
  • クラウドワークス(記事・Webコンテンツ作成):50,209件

これだけ案件数が豊富であれば、仕事に困ることはなさそうですよね。

ちなみに『初心者ライター』の方は、『初心者歓迎』や『初心者OK』と記載されている案件に応募するとよいでしょう。

いきなり『高単価案件』に応募しても、受注できないことが多く、時間を浪費してしまいますからね。

初心者OKの案件には、以下のようにわかりやすく書かれています。

参考にしてくださいね。

【初心者OK案件の具体例】

サイト案件名報酬
ランサーズ【固定報酬450円/3000文字以上】指定した漫画のネタバレ&感想紹介(初心者歓迎!)450円(3000文字)
クラウドワークス【初心者の主婦さん応援!】記事作成のお仕事!ライティング技術を学びたい方におすすめです!200円(2000文字)
(2021.5.18時点)

初回のうちは低単価ですが、経験を積むにつれてドンドンと単価がUPします。

最初のうちは修行期間と割り切り、実績を積み上げていきましょう!

求人サイトで応募する

次に『求人サイトで応募する』です。

求人サイトでは以下の募集が多くあります。

  • 正社員
  • 契約社員
  • パート・アルバイト

先ほどのクラウドソーシングサイトでは『案件毎』の募集でしたが、『求人サイト』では雇用される形式で働きます。

そのため『まとまった時間』を働きたいという方におすすめできますね。

ちなみにライターの求人サイトは、以下2つがおすすめ

  • Indeed
  • 求人ボックス

『ライター未経験』と検索すると、Indeedでは『1,207件(2021.5.18時点)』、求人ボックスでは『3,284件(2021.5.18時点)』もの募集がありました。

以下に募集内容の一例を紹介します。

【雇用形態別での案件例】

雇用形態サイト案件名給料
正社員IndeedSEOライター(ナイトレジャー関連)23万〜30万(月給)
契約社員求人ボックスWeb編集ライター(未経験歓迎/自社運営サイトにて、メルマガやコラムなどを執筆)正社員登用実績あり!23万以上(月給)
アルバイト パートIndeedWebライター。未経験でもアルバイトから正社員を目指せます。1,200円〜(時給)
2021年5月31日時点

いかがでしょうか。

アルバイト・パートから『ライター』を始めたとしても、正社員になれる求人もあるので、多様なキャリア形成ができそうですよね。

『まとまった時間』を使用してライターを始めたい方は、ぜひ『求人サイト』で応募してみてくださいね。

ラウドソーシングでお仕事を受注する手順

こちらでは『クラウドソーシングサイト』で仕事を受注する方法をお伝えいたします。

どのクラウドソーシングサイトでもおおまかな流れは同じですので、ぜひ参考にしてくださいね。

全体の流れは以下の通りです。

  • 基本情報の入力
  • 本人確認とNDA締結を済ませる
  • プロフィールを書く
  • 希望報酬金額と提案文を書く

今回は『クラウドワークス』を例に紹介していきます。

基本情報の入力

まずは基本情報を入力しましょう。

クラウドワークストップページ『右上』をクリックしましょう。

クリックすると『基本情報編集』を入力する項目がありますのでコチラから作業を進めてください。

基本情報の入力では以下の内容を記載します。

  • 氏名
  • 表示用の名前(任意)
  • プロフィール画像(任意)
  • 性別
  • 郵便番号
  • 住所

どの項目も自分自身の情報なので、難しい内容ではないですよね。

ただ、ここでもポイントがあります。

それは『任意』のプロフィール画像を設定することです。

なぜならプロフィール画像は仕事の発注者側にも表示されるため、相手の印象に残しやすくなるからです。

実際に『プロフィール画像設定済みのライター』と『未設定のライター』が同時に応募してきたらどうでしょうか。

おそらく前者の方が記憶に残りますよね。

このように未設定でのマイナスはもったいないです。

『プロフィール画像』は設定するようにしましょうね。

本人確認とNDA締結を済ませる

次に『本人確認とNDAを済ませる』です。
※NDAとは『秘密保持契約』を指します。

本人確認

まずは本人確認書類提出です。

クラウドソーシングで活動する以上は『本人確認』は必須。

なぜなら、クラウドソーシングでは直接顔を合わせないので、信頼感を担保する観点から重要だからです。

クラウドソーシングサイトに登録したときには、忘れずに実施しましょうね。

本人確認書類の提出は、『基本情報編集』と同じページです。

こちらをクリックして作業を進めましょう。

ちなみに『本人確認書類』としてOKなのは以下の『5パターン』。

  • パスポート
  • 運転免許証
  • 健康保険証+住民票
  • 住民基本台帳カード
  • 特別永住者証明書

『マイナンバーカード』は使用できないので注意してくださいね。

NDA締結

次にNDA締結です。

『NDA締結』も先ほどの『基本情報編集』と同じページです。

こちらをクリックして作業を進めましょう。

作業自体はNDA文書を読み、承諾するだけなのでいたって単純。

ただし1点注意があります。

NDA締結のためには本人確認が必須となっております。

本人確認をしていない方は、『本人確認』を済ませてから行いましょう。

プロフィールを書く

次にプロフィールです。

プロフィールは案件獲得をするために、必要不可欠な項目です。

なぜなら『発注者』は、仕事を依頼する前に『プロフィール』を参考にするからです。

実際にあなたが発注者側の立場で『未記入』や『数行ちょろっと記載しただけ』のプロフィールを見たらどうでしょうか。

「ぜひ依頼したい」とはなりませんよね。

このような理由から『プロフィール』は充実させる必要があるのです。

ただし輝かしい経歴は必要ありません。

プロフィールは以下のことを記載するとGoodです。

  • スキル
  • 経歴
  • ポートフォリオ
  • 得意なジャンル
  • 活動可能時間

これらの内容を記載することで『依頼者側』に正確な情報が伝わり、受注につながる可能性があるからです。

実際に『ライター未経験』でも『得意ジャンル』があるだけで受注につながったとの声も聞きます。

以上より『プロフィール』はとても重要です。

丁寧に記載するようにしてくださいね。

希望報酬金額と提案文を書く

最後に仕事に応募するときの『希望報酬金額と提案文』の作成です。

こちらは、募集する際に必ず行う作業です。

なぜなら依頼者は私たちが記載した『提案文』・『希望報酬金額』・『プロフィール』をトータルで吟味して発注者を決めるからです。

ちなみにライティングの案件だと、募集1人に対して『10人ほど』集まることも珍しくありません。
この10人の中から選ばれるためにも『提案文と希望報酬金額』が重要なのです。

逆にいえば、しっかりとした『提案文』を作成することができれば受注確率もグッとUPし、他のライバルと差をつけることもできますよね。

この機会に提案文のポイントを押さえておきましょうね。

提案文を書く際のポイントは以下の通り。

  • 500文字前後を心がける
  • 発注者の懸念点を払拭する
  • 依頼者のビジネスに即した提案になっているか
  • 経歴・実績
  • 取り組む姿勢

ここで最も意識することは『500文字前後』ということ。

依頼者側は多くの提案文を確認するため、あまりにも長いと読むのがイヤになってしまいます。

情報をコンパクトにまとめる技術もライターとしての技量のうちです。

ぜひ5つの要素を盛り込んだ提案文を作成して案件をGetしましょうね。

初心者が月収20万円稼ぐために必要な執筆数

みなさま、ライターとしてデビューするからには、生活できる程度の報酬(20万円)は貰いたいところですよね。

この項目では、初心者に多い『モデルケース』を使用して、20万円を稼ぐための仕事量を紹介いたします。

では早速以下の表をご覧ください。

【文字単価1円で月収20万円を達成するために必要な執筆数】

項目詳細
目標月収200,000円
文字単価0.1円
1記事当たりの文字数3000文字
月間執筆数666.6
週間執筆数※1166.6
1日に執筆する数※233.3
※1:1か月を4週間とする
※2:週休2日とする

表からもわかるように、文字単価0.1円の場合は、『1日のうちに3,000文字の記事を33.3記事』執筆しなければなりません。

これは文字数に直すと『99,900文字』であり、人間ではほぼ不可能な数字です。

そもそもWebライティングには1時間当たりに調べながら書ける文字数を指す『字速』という概念があります。

字速は熟練のベテランライターさんで『2,000文字ほど』なので、初心者の方はせいぜい『1,000文字程』が限界でしょう。

つまり、1日寝ないで書いたとしても『24,000文字』です。

到底99,900字には到達できそうもないですよね笑

以上より初心者の方が20万円を稼ぐためには『文字数』で稼ぐのではなく、『文字単価』を上げていく必要があります。

実際に『0.1円』から『2.0円』にUPできたら、1日あたり『4,950文字』を書くことで20万円を達成することができますよね。

次の項目では『文字単価』を上げる方法をまとめたので、ぜひチェックしてくださいね。

スキルアップでライティング案件でも月収5万円!

ここの項目では『ライター』として月収5万円以上を稼ぐための方法をお伝えいたします。

せっかくライターとして働くからには、『本業』・『副業』のどちらの場合でも、報酬のアップは達成したいですよね。

以下6つの内容を紹介するので、ぜひチェックしてくださいね。

  1. 本で勉強する
  2. SEOスキルを学ぶ
  3. ガンガン実績を積む
  4. 低い単価の案件を断る
  5. 取材スキルを身に着ける
  6. 得意なジャンルを確立させる

本で勉強する

はじめに『本で勉強する』です。

本は『書店』や『オンラインショップ』で気軽に購入ができ、ライティングの初学者でも取り組みやすいのが特徴です。

今回はライティングの知識をつけるときにおすすめの3冊を紹介いたします。

  • 1日1時間から稼ぐ副業ライターのはじめ方(アマゾン販売ページ)
  • 伝わるシンプル文章術
  • 沈黙のWebライティング

1日1時間から稼ぐ副業ライターのはじめ方

1冊目は『1日1時間から稼ぐ副業ライターのはじめ方』です。

こちらの本は『ライター』として副業を始めたい方の『入門書』的な存在。

この本を読むことで、ライターの『いろは』を学習することができ、ライターの基礎固めとして非常に役に立つでしょう。

例えば、『仕事の種類』や『仕事の探し方』などが紹介されているので、案件の獲得までのイメージが掴みやすいハズ。

ただし『具体的なテクニック』や『ライティングの詳細』についてはやや少なめ。

具体的なテクニックを学習したい場合は、別の本を併用するとGoodです。

以上より、「ライターの全体像を把握したい」そんな方におすすめできる1冊ですよ。

伝わるシンプル文章術

2冊目は『伝わるシンプル文章術』。

この本は『伝わる文章』を書くことに特化した本であり、初心者に大変おすすめできる内容です。

なぜなら『初心者』の大半は、『冗長的な文章』になりがちだからです。
※冗長的とは無駄が多くて長いこと。

ライターとして働く以上は『簡潔にわかりやすく伝える文章』が必ず求められます。

この本を読んで『伝わる文章』を習得してしまいましょう!

沈黙のWebライティング

3冊目は『沈黙のWebライティング』です。

この本は言わずと知れた大ベストセラー本で、ライターであれば『全員読んでいるのでは?』というぐらい有名な本です。

この本では『検索エンジンに評価される書き方』をマンガ形式で学ぶことができますよ。

ライターとして働く以上は、『検索エンジン(主にGoogle)』とは切っても切れない関係になりますので、一見の価値ありです。

ちなみにページ数は『600ページ越え』と大変ボリューミーなのですが、スラスラとあっという間に読めてしまいます。

初心者の方はぜひ沈黙のWebライティングを読むことをおすすめしますよ。

SEOスキルを学ぶ

SEOとは『Googleに評価される』ためのライティング手法であるため、積極的に身につけたいスキルの1つです。

なぜなら『SEOライティング』は『依頼者側としても欲しているスキル』なので、取得することができれば、報酬がグンとアップするからです。

実際にランサーズで比べてみましょう。

【ランサーズでの記事単価を比較】

案件名SEOの有無文字単価
【初心者大歓迎】副業、ネットビジネス、投資、ギャンブルなし0.15円
国の労災保険制度に関するメディア記事作成の仕事あり1.2円以上
(2021,5,27現在)

いかがでしょうか。

SEOライティングの有無で『8倍』もの差がありますよね。

このようにSEOの知識があるだけで『報酬は大幅にアップ』します。

ぜひ身につけてくださいね。

ちなみにSEOを身につけたいのなら、まずは『コンテンツの質』を意識してください。

Googleの公式でも『コンテンツの質』については言及されているので、専門的な学習をするよりも先に意識しておくいとよいでしょう。

事前にコンテンツの質を意識することで、『SEO』を学習したときの理解度が非常に高くなるからです。

詳しくは『Googleウェブマスター向け公式ブログ|より良質のコンテンツをユーザーに』を参考にしてくださいね。

ガンガン実績を積む

当然ですが、ライティングスキルをアップさせるためには『ガンガン実績を積む』しかありません。

最初は誰でも初心者ですが、『実績を積む』ことで徐々に実力がついてくるからです。

よくある失敗パターンとしては『インプット』のみで満足してしまう場合があります。

何事にも当てはまりますが、『百聞は一件にしかず』です。

本で身につけた『知識(インプット)』も『実績(アウトプット)』として表現できた場合に、初めて役に立ちますよね。

そのため『インプット』と『アウトプット』のバランスが重要です。

イメージとしては、本を1冊読んだ段階で『受注(アウトプット)』に挑戦してOK。
※その後は案件をこなしながらインプットを同時に行いましょう。

あとは試行錯誤を繰り返しながら、ガンガン実績を積むのみ!

そうすれば最終的に『報酬』につながること間違いなしですね。

低い単価の案件を断る
ある程度の仕事をこなしたら『単価が低い案件は断る』ようにしましょう。

なぜなら単価が低い案件を断ることができなれば『報酬』が増えないからです。

実際に5記事(1記事3000文字)を納品した場合のシミュレーションしてみましょう。

【単価の低い案件を断らないでいると……】

Aさん(単価が低い案件を断らない)Bさん(文字単価1円以上)の案件のみ受注
600円(文字単価0.2円)3000円(文字単価1円)
1200円(文字単価0.4円)3600円(文字単価1.2円)
300円(文字単価0.1円)3000円(文字単価1円)
3000円(文字単価1円)3300円(文字単価1.1円)
600円(文字単価0.2円)3000円(文字単価1円)
合計:5,700円合計:15,900円
2021年6月1日時点

いかがでしょうか。

3倍ほど、報酬に差がでていますよね。

来るもの拒まずの姿勢は、大変美しいとは思いますが『報酬』を考えると必ずしもよいとは限りません。

以上より報酬をアップするためには、『実績が積み重なってきた段階』で『案件の低い仕事は断る』ことをおすすめしますよ。

取材スキルを身に着ける
取材スキルを身につけることで仕事の幅が広がり、報酬アップに繋がることがあります。

最近では、『クラウドファンディング』の取材&ライティングという仕事が増えており、このような取材が絡む案件は『高報酬』が特徴です。

実際にランサーズで見てみると以下のような案件がありました。

【取材スキルがあると報酬が上がる例】

案件名報酬
makuake掲載用ライティング(取材あり)50,000円(5000文字)
(2021,5,27現在)

文字単価がなんと『10円』の超高額報酬。

このように取材ができるだけで、仕事の幅が広がり『報酬のアップ』が期待できます。

ぜひ取材スキルを磨きましょう。

ちなみに取材スキルを磨くにはこの本『取材・執筆・推考 書く人の教科書』がおすすめ。

この本には、『取材』についてわかりやすく書かれており、初心者〜上級者までおすすめできる1冊です。

ぜひご一読くださいね。

得意なジャンルを確立させる

得意なジャンルを確立することにより『専門性』という付加価値がつくため、報酬のアップにつながりますよ。

実際に『クラウドソーシングサイト』でも専門性を持った方を対象とした、案件が多々あります。

実際にランサーズでは以下のような案件がありました。

【専門ジャンルの単価例】

案件名報酬
オフィスの「移転」「レイアウトデザイン」「内装工事」などの専門ライター様へ1文字1円以上(継続で5円までUP)
(2021,5,27現在)

続ければ文字単価が『5円』までアップするので非常に魅力的な案件ですよね。

さらにSEOの観点からも『専門性』は重要で、Googleの公式にも以下のように記載されています。

コンテンツは、トピックに関して明らかに充分な知識を持つ専門家や愛好家によって書かれているか?

Googleウェブマスター向け公式ブログ|Google のコア アップデートについてウェブマスターの皆様が知っておくべきこと(最終閲覧日6月1日)

公式に書かれているように『愛好家』でもOKなのです。

つまり、『医師』や『弁護士』といった資格を持っていなくても、その分野に精通していれば『得意なジャンル』として通用すると解釈できますよね。

以上より『報酬アップ』のためには『得意なジャンルを確立する』ことも有効です。

ライティングに慣れてきたら、ぜひ『得意ジャンルの確立』をしてくださいね。

まとめ|初心者でもWebライターの始め方は簡単

この記事を読んで『Webライターの始め方』についてわかりましたね。

もしもいまから『Webライター』を始めるのであれば、このやり方がおすすめですよ。

記事で解説したように『報酬アップ』のメリットがあるからです。

実際に『SEOスキル』を身につけることで、文字単価に8倍ほどの差が開いていましたよね。

ライターとして働くからには、報酬アップは達成したいところ。

このことから『Webライター』を始めたい状況のときは、この記事で紹介した方法がおすすめですよ。

ぜひ参考にしてくださいね。