Webライティングの始め方|未経験や初心者ライターが仕事で5万円を得る方法を紹介

Webライティング 始め方

副業としても人気が高い「Webライター」。

「主婦やサラリーマンがスキマ時間で稼いでるって聞くし、やってみたいな」

だけど、いざ始めようとなると足踏みしてしまう。

そんなあなたに向けて、現役Webライターのボクが、実体験をもとに、未経験者がWebライターになるまでの記事を書いてみました!

Webライターになるために、セミナーに通ったり、高額商材を購入する必要はありません。

ひと昔前と違って、インターネット上で十分な情報を得ることができるからです。

例えばこの記事!

実際ボクもこの方法でWebライターになったので、効果は保証します。

Webライターは、クラウドソーシングサービスに登録すれば、初期費用をかけずに、誰でも始められることができます。

この記事では、未経験者の目線で、ライティングを始める前の準備から、キャリアのステップアップまでを、順をおって解説していきます。

読めばきっと、「よっしゃやるか!」という気になりますよ。

未経験でも可!Webライティングの始め方

Webライティングを始めたいけど、いったいなにから始めればいいのか。

まず必要なのは、Webライターがどういう職業なのか、どういうタイプの仕事があるのか、という基礎知識を身に付けることが大切です。

推奨する方法をまとめました

1.you tubeなどの動画コンテンツを見る
2.ブログ記事を読む
3.書籍を読む
4.現役のWebライターに聞く

you tubeなどの動画コンテンツを見る

動画コンテンツのメリットは、まず無料であること。

最近は有料級の情報も惜しみなく発信してくれています。

加えて、ネット環境さえあれば、場所を選ばずスキマ時間を利用できるということです。

通勤中の電車の移動時間や、料理をしながら音声だけ聞き流すだけでも有効です。

自信の経験談や実際に受注した案件をもとに、書き方のコツや案件の獲得方法などを語っているyou tuberがたくさんいるので、一度見てみましょう。

おすすめのチャンネルは、有名どころでいうとマナブさんの「マナブログ」。

説明がわかりやすく、現役Webライターの「たなざわ」さんといったところですかね。

リンクはこちら

マナブログ 

たなざわ  

ブログ記事を読む

動画コンテンツ同様、さまざまなブロガーが初心者Webライター向けに記事を書いています。

それだけ関心の高い分野ということですね。

記事を読むメリットは、動画を見るよりも、より濃く情報をインプットできることです。

動画だとソファーに横になり「ながら」という感じで、なんとなく流し見してしまいがちですよね。

その点、文字は集中しないと内容を読み取れないので、記憶にも残りやすいのです。

検索エンジンで、「Webライティング 初心者」「Webライティング 始め方」というキーワードを入力して、上位の記事から順にチェックしていくといいでしょう。

書籍を読む

本のような有料コンテンツは、動画やブログといったWeb上の情報よりもさらに深掘りした知識を提供しています。

著者もお金を払って購入しもらう以上、その一冊で読者の悩みが解決できるようにという熱意をもって執筆しているからです。

とはいえ、小説のような長文は読むだけで疲れてしまいます。

読みやすくて実践的な2冊をご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

商品名著者発売日価格
世界一やさしいWebライティングの教科書1年生株式会社グリーゼ (福田多美子, 坂田美知子,加藤由起子)2020/09/301,680円
沈黙のWebライティング松尾茂起2016/11/112,000円

2021年4月25日時点

世界一やさしい Webライティングの教科書 1年生

文章を書くことの基礎中の基礎がかかれています。

Webライティングだけでなく、ビジネスメールのノウハウなども教えてくれます。

沈黙のWebライティング

「Web上でのライティング方法」に特化した内容になっています。
マンガ形式で進んでいくので、普段本を読まない方でも読みやすい一冊です。

現役のWebライターに聞く

現役のライターに相談するメリットは、動画や記事では紹介されていない、細かい疑問が解消できることです。

ピンポイントにわからない部分を聞くことで、具体的なアドバイスを得ることができるうえ、その疑問に悩む時間を削減できます。

ですが、タダで教えてというのも無理があるので、報酬を払うなり、執筆の手伝いをするといった形で相手にもメリットを与えましょう。

「周りにそんな人いない」という方でも、MENTAのようなマッチングサービスを使えば、個人でライティングを教える人を見つけることができます。

登録は無料で、「メンターを探す」から「ライティング」のカテゴリを選ぶと、いろんなWebライターの投稿を見ることができます。

料金形態は、1時間〇〇円や、一つの質問に対して〇〇円、など様々ですが、すでに実績のあるライターばかりなので、信頼性も高いです。

ただし、あくまで投稿しているのは個人のライターさんです。

当たりはずれがあることも踏まえておきましょう。

いかがでしょうか。

1から「ハードルは低く」4になるにつれ「内容は濃くなる」という順にご紹介してみました。

この手順で始めてみて、基礎知識を身に付けてくださいね。

まず5万円|未経験・初心者ライターが仕事を取る方法

いざWebライティングで稼ごうとクラウドソーシングに登録して、初心者がまずぶつかる壁が、「案件の受注」です。

では、どうすれば案件を獲得できるのか。

その具体的な方法をご紹介します。

  1. 低単価な案件から狙う
  2. 得意なジャンルに応募する
  3. 提案分を工夫する

低単価な案件から狙う

初めのうちは低単価な案件に提案もしくは応募しましょう。

スキルも実績もない初心者がいきなり高単価な案件に提案しても、まず採用されないからです。

そもそもクラウドソーシング上の高単価案件の発注者は、あらかじめ専門知識と実績を備えたライターを前提に探しています。

そのため、文字単価も2円~5円といった高単価なものばかりですが、当然、それに見合ったクオリティとスピード感が求められます。

ですが、執筆経験の乏しい新人ライターさんがこういった条件を満たしでいることはまずありません。

発注者もそのことをよく理解しているので、案件内容に「経験者優遇」や「スピード納品」などの条件を前もって指定しています。

したがって、Webライティング初心者の方は、まずは要求ハードルの低い低単価案件で経験を積み、記事の書き方を学ぶとよいでしょう。

低単価案件の代表例として、レジャー関連のリポート、過去の恋愛エピソード、マンガやゲームの感想といった実体験に基づいた記事案件が挙げられます。

・あなたが行ってよかった観光スポットを記事にしてください
 文字単価0.5円/1500文字

・国際恋愛について書いてくれるライターさん募集中
 文字単価0.6円/2000文字

・指定した漫画のネタバレ&感想紹介
 固定報酬450円/3000文字以上

初心者OKな案件内容は、このようになっています。

こういった案件にはタイトルからすでに「初心者歓迎」といった内容も含まれている場合が多いです。

まずは、このあたりの敷居の低い案件からスタートしましょう!

得意なジャンルに応募する

初心者が案件を獲得するもう一つのコツは自分の得意ジャンルを見つけるということです。

前述しましたが、未経験の状態からいきなり専門知識が必要なジャンルに応募しても、いい結果は望めないからです。

まずは、あなたの趣味や経験から、「これなら書けそう」という案件を探すのが受注への近道です。

クラウドソーシングサービスでは、案件を絞り込む機能が付いています。

例えばランサーズなら、右上の「仕事を探す」をクリックして、「カテゴリから探す」から「ライティング」をクリック。

さらに上部中央の検索窓から、指定したいキーワードを入力することで、案件をグッと絞り込むことができます。

運動好きの方なら「スポーツ」「フィットネス」、料理が得意な方なら「レシピ」「キッチン」といった感じですね。

絞り込み機能を上手にいかして、あなたに合った案件を見つけましょう。

提案文を工夫する

クライアントがライターを選ぶ際、まず目を通すのが「提案分」です。

いい案件ほどライバルも多いもの。

そのため、いかに他のライターの提案文と差別化できるかが、採用されるかどうかのポイントになります。

なお、提案文で工夫すべき項目は以下の7点になります。

  • 簡単な自己紹介
  • 案件にかける意気込み
  • 週の作業可能時間
  • 納期厳守
  • あなたを採用するメリット
  • あなたのストロングポイント
  • 過去の執筆の実績

これらの項目を丁寧に埋めていくことで、クライアントへの大きなアピールになります。

また、案件によっては「提案分に〇〇と〇〇を書いてください」と、要項を指定されているケースがあります。

内容によく目を通して、クライアントの指示に明確に答えているかも重要です。

とはいえ、実績のない初心者がそうそうすぐに受注はできません。

「10件だめだったら20件」と、粘り強く提案し続けましょう。

4ステップ!Webライティング求人の必要手順

案件を受注できたら、依頼内容にそって執筆。

と言いたいところですが、その前にいくつか確認しなければならないことがあります。

  1. 連絡手段、納品形式の確認
  2. リサーチ
  3. 記事の構成を作る
  4. 執筆

連絡手段、納品形式の確認

クライアントとの連絡手段、納品形式の確認は必ずやっておきましょう。

クラウドソーシング上のメール、チャット機能のタイムラグを嫌って、連絡手段を指定するクライアントは多いからです。

ほとんどの場合は「Chat work」や「Slack」といったビジネス向けチャットツールを指定するので、あらかじめ登録しておきましょう。

なかには「電話での連絡は可能でしょうか?」というクライアントもいるので、柔軟に対応できるようにしたいですね。

記事の納品形式は「Word」「Googleドキュメント」が一般的ですが、クライアントによっては「Word press」を指定する場合もあります。

Word pressは設定や操作に多少の慣れが必要なので、初心者は避けた方が無難かもしれません。

案件の多くは、発注する時点で指定されていますが、空欄の場合は受注前に確認しておくことをおすすめします。

作業に入ってから余計な時間を使わずに済むように、これらのことは必ず事前に確認しておきましょう。

リサーチ

上記の確認が済んだら、依頼された記事のリサーチをしましょう。

まずは情報収集をしなければ、いい記事は書けません。

そして「具体的にどういう人に読んでほしいのか」というターゲットを明確にする必要があります。

Googleなどの検索エンジンで、ライバル記事を上位10記事ほど読み、大まかな概要を把握します。

そして大まかな方向性が固まってきたら以下の2点を意識して、再リサーチします。

  • その記事の読者が「何を求めているのか」を意識して情報収集。
  • 重要だなと思う部分があれば、切り取ってエクセルなどに保存。

これらを繰り返しながら、記事の構成を考えていきます。

ただし、切り取った部分をそのままコピペして自分の記事に使うのは厳禁です。

他人の文章をそのまま使った記事は、検索順位を下げられるといったペナルティを受けたり、最悪の場合、著作権侵害で訴えられてしまうからです。

そのため、発注者は「コピペツール」を使って納品された記事を厳正にチェックしています。

ほぼすべてといっていいライティング案件の注意事項に「コピペが判明した場合、報酬はお支払いできません」といった内容が書かれているので、絶対にやめましょう。

こういった事態を防ぐためにも、閲覧した記事は参考程度にして、あくまで「オリジナル記事」を作るという意識をもって、リサーチしましょう。

記事の構成を作る

一通りリサーチをして、ターゲットとなる読者が定まったら、記事全体の骨格となる「構成
」を作ります。

例えば以下のようなイメージ。

3000文字で指定された場合

  • タイトル 30~40文字
  • 導入文 150~200文字
  • 見出し1 400~500文字
  • 見出し2 400~500文字
  • 見出し3 400~500文字
  • 見出し4 400~500文字
  • 見出し5 400~500文字
  • まとめ 150~300文字

このように、あらかじめ段落ごとに文字数の目安を決めておくことで、文字数が多すぎたり、少なすぎてしまうという問題を未然に防げます。

案件にもよりますが、構成はクラアントから指定されている場合もあります。

そんなときは、あまりアレンジは加えず、与えられた構成に忠実に書くことをおすすめします。

余計な手を加えることを嫌うクライアントが多いからです。

ですが、ある程度ライターの裁量に任せるといったケースでは、構成ができた時点で「こういう形で作成してよろしいですか?」とお伺いをたてるのが無難です。

そうすることで、後々の大幅な修正をすることもなく、余計なトラブルを未然に防ぐことができます。

執筆

執筆する際のコツはおおきく2つあります

・とにかく書き始める
・一文を長くしすぎない

とにかく書き始める

文章を書くときは迷わず一気に書きあげましょう。

根性論のように聞こえるかもしれませんが、あまりに細かい言い回しなどにこだわっているとまったく前に進めません。

いったん「書きあげる」ことに集中し、間を置いてから校正することで、「粗」が見えてきます。

そこで修正してしまえばOKです。

一文を長くしすぎない

現代の読者は非常に短気です。

ダラダラと長文をかいてもすぐにスキップされてしまいます。

一文は75文字までを意識して、余計な言い回しや二重表現を削って、わかりやすく、コンパクトな文章を心がけましょう。

校正と修正

記事をひと通り書き終えたら、全体を見直します。

誤字脱字はもちろん、繰り返しの表現や無駄な部分がないか再度チェックしましょう。

校正が終われば指定のファイル形式で納品します。

ですが、クライアントから修正依頼があることもありますので、迅速に対応しなければなりません。

修正が済んだら、晴れて報酬ゲット!というのがWebライターの仕事の流れです。

目指せ月10万!Webライティングの内容

ここではWebライターの実際の作業内容や報酬に関する3点をご紹介しますね。

  1. 初心者ライターの作業内容
  2. 1円/1文字が当分の目標
  3. 余談|上級ライターの作業内容

初心者ライターの作業内容

ボクが初心者のころは以下の作業を行っていました。

  • ネットや書籍で情報収集(1時間)
  • 本文を執筆(3,000字で約5時間)

初心者大歓迎の案件はこれがベースとなっていることが多いです。

覚えておきましょう。

1円/1文字が当分の目標

ボクがWebライティングを始めたころの最初の目標設定が1円/1文字です。

このあたりの単価になると、報酬の目安が明確になり、執筆する意欲も格段に上がるからです。

では、どの程度経験を積めば挑戦できるのか。

人によって異なりますが、ボクの場合は3カ月ほどで到達できました。

最初の1~2カ月は0.5~0.75/1字といった低単価案件をこなしていましたね。

低単価とはいえ、きちんと納品できれば「実績」がもらえます。

ある程度の「実績」を稼ぐことで、クライアントからの信頼が得られますし、あなたの自信にもつながります。

まずは3カ月で1円/1文字を目標に実績を積み重ねていきましょう。

余談|上級ライターの作業内容

上級ライターになると記事をゼロから作成することが多くなります。その際の仕事内容は以下の通り。

  • kw選定(30分)
  • ペルソナ分析(1時間)
  • 上位サイトの分析(30分)
  • アウトライン作成(1時間)
  • ネットや書籍で情報収集もしくはインタビュー(30分)
  • 本文を執筆(5,000字で約3時間)
  • タイトル名と見出し名の決定(30分)
  • 画像作成(30分)
  • アップ作業(30分)

seoの順位結果にもよりますが、これだけのことができるようになると文字単価は5~20円ぐらいになります(クライアントによってはもっと頂けることも!)。

それにつけ加えてクライアントがあなたを手放さなくなります。

記事作成を一貫してできて、かつ結果の出せるライターはほぼいないからです。

ボクの経験上、この段階に達すると報酬の交渉がとてもラクになります(笑)。

駆け出しの方はこのレベルをぜひとも目指してくださいね。

【基本知識】未経験や初心者Webライターが稼ぐ方法

1文字何円で評価されるWebライター。

「効率的に稼ぐ」とは、作業効率を上げるということに直結します。

そのための3つのステップがこちら

  1. プロジェクト案件を狙う
  2. チャプターごとに作業時間を設定する
  3. 執筆に自分なりのリズムをつくる

プロジェクト案件を狙う

効率的に稼ぐにはプロジェクト案件を狙いましょう。

タスク案件は定員に満たない限り誰でも応募できる反面、驚くほど低単価だからです。

やるにしても2、3回にして、早々にプロジェクト案件に挑戦することをおすすめします。

その中でも狙い目は「継続あり」の案件です。

納品が終われば次の仕事がもらえるので、新たに「提案して受注」という工程を省ける分、はるかに効率的です。

当面は「継続あり」のプロジェクト案件の獲得を目標にがんばりましょう。

チャプターごとに作業時間を設定する

構成の段落ごとに制限時間を設けることで、作業効率は大きくあがります。

細かく目標設定するのとしないのでは、執筆に対しての義務感が全く違うからです。

1記事を書くにあたって、どこに重きを置くかは人ライターによって異なります。

しかし、目標設定をせずに、ダラダラと作業をしていると「いつの間に時間が経ってしまっていた」というのは経験者でもありがちです。

「この見出しは何分で書きあげる」といった小さな目標を作り、タイマーなどで執筆スピードの成長を測ることで、モチベーションアップにもつながりますよ。

執筆に自分なりのリズムをつくる

執筆にリズムをつくることも、作業効率を上げる大きなポイントです。

リズムをつくることで、文章全体にまとまりができるからです。

案件をいくつかこなすと、タイトルを決めて、リサーチ、構成、執筆といった流れのなかで、自分なりのリズムが生まれます。

記事によって異なりますが、おおまかな自分のスタイルを身に付けることで、スムーズに作業を行えるようになります。

また、程度な休憩をはさむことも重要です。

「1時間作業したら15分休憩」くらいの間隔をとらないと、記事の質が下がってしまいかねません。

こまめに気分転換することで、スムーズに執筆できるようになります。

こういった一連の流れをつくって、作業効率をあげましょう。

初心者・未経験必見!Webライターの向き不向き

誰でも始められるといっても適正はあります。

Webライターに向いている人は主に以下の特徴を有しています。

  1. 黙々と作業できる人
  2. 探求心がある人
  3. 新しい物事に対して抵抗がない人

黙々と作業ができる

黙々と作業ができる人は、Webライターに向いています。

ライティングは「リサーチ」「執筆」「納品」を淡々と繰り返すという意外と地味な仕事だからです。

例えば、フリーランスのWebライターは基本、作業中に誰かと話すことはありません。

また、リサーチする情報量や文字数が多いほど、高い集中力と忍耐力が求められます。

そのため、一定の作業を黙々とこなせる人は、Webライター向きだといえます。

探求心がある人

「気になったことはすぐに調べたい人」という意味でもかなりライター向きですね。

Webライターに必要な「リサーチ力」が高いという証拠だからです。

キーワードをリサーチする時点で、わからない単語や標語がでてくることはざらです。

それをすぐに調べられる人と、面倒くさがる人とでは、成長スピードに明らかな差が生まれます。

探求心が豊富な人は、イコール「執筆を楽しめる人」に等しいのではないでしょうか。

それこそまさに「適正」ですよね。

新しい物事に対して抵抗がない人

挑戦することを恐れないということも、Webライターとして必要不可欠です。

いつまでも同じような案件ばかりこなしていても、あなたのキャリアアップには繋がりません。

ライターとしてそれなりに稼いでいこうとすると、自分の好みの案件ばかり受けるわけにもいかなくなっていきます。

スキルの向上とともに、未経験の分野の記事を書くシーンも増えていくでしょう。

そんな時、その案件を自分にとってメリットととらえるか、デメリットととらえるかで、そのライターの未来を大きく左右することになります。

新たな分野に挑戦することで、獲得できる案件の幅が大きく広がります。

そうすることで、あなたのWebライターとしての魅力は格段に向上するでしょう。

まとめ|Webライティングの始め方は決まっている

この記事では、未経験者がWebライターになるための手順を、始め方からステップアップまでを、ボクの体験をもとに紹介しました。

結論として、Webライターはいつでも誰でも始められます。

しかし、始める前に最低限やっておくべきことを知る必要があるということ。

事前にそのステップを踏むことで、Webライターとして活動できるようになるまでが格段にスムーズになるからです。

実際にボクの場合も、初案件の獲得には結構時間がかかりました。

多くのWebライターも、初心者のころは必ず同じ課題に直面しています。

この記事を参考にして、明日からWebライターになるための行動をおこしましょう!

きっと明るい未来が待っています!