なぜオピニオン記事に実績は必須なのか?ノウハウ記事との違いやブログでの書き方を解説

オピニオン記事

「ブログでお役立ち情報を発信しているけど、違う内容のことも書いてみたいな」

「多くの人に自分の意見を聞いてほしい」

あなたはこのように考えていませんか?

そんなときはオピニオン記事がおすすめ!

オピニオン記事を書いて読者から共感を得られればブログも人気になりますよ。

実際に、著名なブロガーはオピニオン記事を書いていますし、オピニオン記事を書くことで有名になったブロガーもいます。

このことから自分の意見をブログに書きたいときはオピニオン記事がおすすめですよ。

そこでこの記事では、オピニオン記事の書き方やオピニオン記事を拡散する方法を伝授します。

オピニオン記事を書いてみたい人はこの記事をチェックしてくださいね。

【実績が必須】ブログでよく見るオピニオン記事とは

そもそもオピニオン記事とはいったいどのような記事なのでしょうか。

ここではオピニオン記事に関する3つを解説しますね

  1. オピニオン記事の意味
  2. 実績がないと読んでもらえない
  3. オピニオン記事はSEOで評価をされるのか

オピニオン記事の意味

オピニオン(Opinion)とは、意見・見解・持論という意味の英単語です。

そのためオピニオン記事とは、あるテーマをもとに自分の意見を述べる記事のことをいいます。

個人ブログなどでよく書かれている、個人の批評などがそれに該当します。

なぜそのような個人の批評が書かれるのかというと、『承認欲求』といわれる欲求が働くからです。

現に、現代人は承認欲求が高くなっているといわれています。

その結果、SNSなどで自分の意見を伝える人が増えていますよね。

このように、オピニオン記事はブログやSNSでよく書かれている記事のことです。

承認欲求とは

承認欲求とは、『他人から認められたい』『自分を価値ある存在として認めてほしい』という欲求のことをいいます。

承認欲求は、社会生活の中で大人から子供まで誰でも持ち合わせている欲求です。

例えば、幼い子供が「見て!」と大人に何度もアピールしますよね。

あれは、親や先生などの大人に「すごいね」と褒めてもらいたいという気持ちがあるからですね。

承認欲求は、『誰かに褒めてほしい』『高く評価してほしい』という気持ちのことです。

現代人は承認欲求が高い

現代人は承認欲求が高いといわれています。

それは、『他人に認められたい』という感情が強くなっていることが理由です。

一般的に、両親から褒められずに幼少期を過ごした人は自分に自信がない大人になってしまいます。

そのため、『誰かに認められたい』という気持ちが強くなるのです。

このように、幼少期の家庭環境が理由で承認欲求が高い人が増えているといわれています。

実績がないと読んでもらえない

オピニオン記事を読んでもらうためには、ある程度の知名度が必要といえます。

なぜなら、どこの誰だかわからない人の個人的な意見を聞きたいとは思わないからです。

実際に何かの専門分野のことを調べているとき、その分野の知識や専門的な資格のない人の解説は「これって正しいのかな」と疑問に思いますよね。

特に専門分野の記事はその分野のスペシャリストの記事を優先的に読みたいと思うものです。

したがって、知名度や実績がなければ、オピニオン記事を書いても読んでもらえないといえます。

しかし、逆に考えたら『信用してもらえる記事を書けば読んでもらえる』といえますよね。

信用してもらえる記事とは次のような記事です。

  • 理由と根拠が明確に書かれている
  • 共感が持てて説得力がある

オピニオン記事は実績がないと読んでもらえないといえますが、実績を残すためにも書く必要があるといえますね。

オピニオン記事はSEOで評価をされるのか

オピニオン記事は、役に立つ情報を書いた記事ではないので評価されにくいといえますね。

それでも、アクセス数が多いオピニオン記事は存在しています。

その理由は、オピニオン記事には独自のファンが付きやすいということ。

試しに『ブログ 楽しい』で検索してみると、1位に表示された記事がオピニオン記事でしたので紹介します。

参考ブログ:ブログ中心の人生は楽しいし、圧倒的に成長できる話【自分で生きる】

このブログは、「ブログ中心の人生は楽しいのか」という読者の質問に答えるために書かれた記事です。

この記事は『マナブログ』というブログの1記事です。

ブロガーのマナブさんは超有名なブロガーの1人なので、このように質問されるくらいファンが多いといえます。

また、『ブログ 楽しい』というキーワードは、今からブログを始めようと考えている人が検索しそうなキーワードといえますよね。

このように、オピニオン記事を活用してファンを増やせばSEOの評価を気にすることなくアクセス数を増やすことが可能といえます。

しかも、検索されやすいキーワードをもとに記事を書くことでSEOにも評価されるようになるのです。

ノウハウ記事とオピニオン記事の違い

ブログは記事の内容で人を惹き寄せるものですが、記事の内容だけではなくライターの人間性も引き寄せられる要素のひとつといえますよね。

そのため、ブログには『ノウハウ記事』と『オピニオン記事』の2種類の記事が必要になります。

ノウハウ記事とは、ある商品の使い方を紹介したり疑問に答えたりするなどの『読者の悩みを解決する記事』のことです。

オピニオン記事とは、先ほど解説したように『自分の意見を伝える記事』のことですね。

この2種類の記事の役割やバランスについて解説します。

ノウハウ記事の役割

ノウハウ記事はブログのアクセス数を増やす役割があります。

読者の悩みを解決する『お役立ち情報』を発信することでSEOに評価されるからです。

事実、SEOに評価され検索ランキングで上位表示されれば自然とアクセス数が増加しますよね。

こうして、ノウハウ記事がきっかけでそのブログを知ることになるのです。

また、ノウハウ記事をきっかけに作者のことを知りたくなることがあります。

記事の内容に惹かれ、実際に書いている作者にも興味が湧くからです。

記事を読んで悩みが解決したときって「いったいどんな人がこの記事を書いているのだろう」と記事の作者のことが気になりますよね。

作者に興味を持った読者は、『作者の人間性や価値観がわかる』オピニオン記事も読んでくれるようになります。

このようにノウハウ記事の役割とは、『検索エンジンからの流入を狙ってアクセス数を増やしオピニオン記事へと誘導すること』です。

オピニオン記事の役割

オピニオン記事は、ブログやその作者のファンを作る役割があります。

それはなぜかというと、自分の価値観や意見を発信することでその内容に共感したり魅力を感じてくれたりする人が現れるからです。

実際に作者の価値観や意見に共感したとき、「この人、私と考え方が似てる。もっと記事を読んでみたい」と更に作者のことを知りたくなります。

作者のことを知りたくて調べているときって、いつの間にかファンになっている自分に気が付きますよね。

オピニオン記事は作者の魅力を発信しその作者のファンを増やすことが可能です。

また、ブログやその作者のファンはそのブログのリピーターとなって何度も記事を読んでくれるようになります。

このように、オピニオン記事の役割は『ブログやその作者のファンを増やし、ブログのリピーターを作ること』です。

ノウハウ記事とオピニオン記事のバランス

ノウハウ記事とオピニオン記事のバランスをわかりやすく数字で表すと、ノウハウ記事『7割』・オピニオン記事『3割』くらいがおすすめですよ。

ノウハウ記事7割

ノウハウ記事は7割がおすすめ。

その理由ですが、まずノウハウ記事で『ブログの存在を知ってもらうこと』が最優先といえるからです。

やはり、検索エンジンからの流入を考えるとオピニオン記事だけでは弱いといえます。

良質なノウハウ記事を書くことで検索エンジンに評価され、読者に読んでもらえる確率が上がりますよね。

なので、ノウハウ記事の割合が大きいほうが良いです。

更に、良質なノウハウ記事は読者の心に響きます。

先ほども解説していますが、記事を読んで悩みが解決すると嬉しいからです。

記事を読んで悩みが解決した瞬間というのは『なんとも言葉で表せない感謝の気持ち』になりますよね。

ノウハウ記事でも読者の心を掴むことが可能です。

ノウハウ記事で読者の心を掴んだあとで、オピニオン記事に誘導することで作者の魅力を伝えやすくなりますよ。

オピニオン記事3割

オピニオン記事は3割くらいにしましょう。

それは、個人的な意見ばかり読むのはしんどいからです。

逆にオピニオン記事が7割あるとすると、オピニオン記事の割合が大きすぎて一方的に意見を押し付けるような印象の記事になってしまいますよね。

オピニオン記事は3割がベストですよ。

また、オピニオン記事ではノウハウ記事で解説したことについての『自分の考え』を書きましょう。

ノウハウ記事で解説した内容のオピニオンは書きやすいですし、読者も関心を持ちやすいからです。

自分で調べて解説した記事というのは、いろいろ調べているうちに「おれはこう思うけどな」と自然にオピニオンが出てくるものですよね。

また、読者もノウハウ記事に納得していますから「作者はどう思っているのだろう」と抵抗なく読めるものです。

このように、ノウハウ記事の解説に対してオピニオン記事を書くことがおすすめですよ。

ブログでのオピニオン記事の書き方を解説

オピニオン記事はどのように書いたらいいのでしょうか。

ここでは、オピニオン記事を書くためのコツを解説します。

  1. 共感されるように書く
  2. 読者が求めている情報を書く
  3. オリジナリティを意識して書く

共感されるように書く

オピニオン記事は共感される内容を書くことが大切といえます。

なぜ『共感』なのか、それは『人は共感することで面白いと感じる生き物』だからです。

あなたがブログやSNSの投稿を読んだとき、「あー、そうそう」とシンプルに共感した経験ありますよね。

また、「なるほどなあ、そういう考え方もあるのか」と逆の意見でも納得できることがあります。

このように、共感することでなぜか納得できたりその共感している瞬間を楽しく感じたりするのです。

オピニオン記事は、自分の意見ばかりを押し付けるのではなく『共感させるテクニック』が必要といえますね。

記事を書くとき、次のようなことに気をつけて書くと共感できる記事を書けるようになりますよ。

読者の気持ちを考える

読者の悩みに共感することで読者目線の記事が書けるようになる

自分の体験や経験など実話を題材にする

自分の実体験をもとにすることで似たような経験をしたことがある人に共感してもらえる

このように意識して書くと共感できる記事が書けるようになりますよ。

参考にしてくださいね。

ユーザーが求めている情報を書く

オピニオン記事は自分の意見を書く記事のことですが、自分の意見ばかり書いていても誰も読んでくれません。

読者が求めている情報をもとに自分の意見を述べる必要があります。

その理由は、読者の検索意図を無視して書いた記事は読まれる確率が下がってしまうからです。

そもそも、検索エンジンで検索するとき自分が知りたいことをキーワードとして検索しますよね。

オピニオン記事でも、読者が求めている情報を考えて書く必要があるのです。

そのため、記事を書くときはその記事のキーワードがポイントとなります。

キーワード選びをするときは検索ボリュームが大きいキーワードを選んでください。

検索ボリュームが大きいキーワードというのは、そのキーワードで検索する人の確率が高いからです。

多くの人が検索するキーワードをもとに記事を書くことで読んでもらえる確率が上がりますよね。

ユーザーが求めている検索キーワードで記事を書きましょう。

そこで、検索ボリュームが大きいキーワードを選ぶときに便利な無料ツールを紹介します。

それは、『Googleキーワードプランナー』です。

Googleキーワードプランナーなら、気になるキーワードの検索ボリュームがひと目でわかるのでおすすめですよ。

しかも、関連するキーワードのボリュームも表示され記事を書くときのキーワード選びには最適のツールといえます。

Googleキーワードプランナーの使い方

Googleキーワードプランナーの使い方を紹介します。

  1. Googleキーワードプランナーにアクセス
  2. 虫眼鏡マークのところにキーワードを入力
  3. 『結果を表示』をクリック

上記の手順で検索ボリュームが表示されます。

また、関連キーワードも同様に表示されますので参考にしてくださいね。

オリジナリティを意識して書く

Web上で記事をたくさんの人に読んでもらうためにはオリジナリティを意識する必要があります。

なぜオリジナリティが必要なのかというと、検索エンジンは独自性を評価するからです。

事実、検索エンジン(Google)はWeb上に同じような情報を提供している記事を2つ以上同時に検索結果に表示させないようにしています。

独自性の高い記事だけが検索結果に表示されるということですね。

記事を書くときにはオリジナリティを意識した内容を書かなくてはいけません。

また、オピニオン記事は作者の価値観や考えを読者に伝えるために書きます。

他の作者と同じような意見を書いていては、独自の価値観や意見は伝わりにくいといえますよね。

SEOの観点からもオピニオン記事を書く目的からも、オリジナリティは大切といえます。

オリジナリティを表現する方法

オリジナリティを表現する方法は、日常の体験談を交えること。

『共感されるように書く』でもおすすめしましたが、自分自身が体験していることなので共感されるだけではなく他の人には真似できない記事が書けるからです。

日常の体験談であれば、体験している本人しかわからないことや自分独自の切り口で表現できますよね。

オピニオン記事には、自分の体験談を交えてその体験で感じたことを意見として述べる方法がおすすめですよ。

参考にしてくださいね。

オピニオン記事の事例を紹介

ここではオピニオン記事の間違った事例・正しい事例を紹介します。

ぜひ、参考にしてくださいね。

間違った事例

オピニオン記事は、ただ単に自分の意見や考えを好き勝手に書けばいいというものではありません。

読者に読んでもらい共感できるような内容が求められます。

そのためには次のことに注意しましょう。

  • オピニオン記事を書く意味
  • 誰に向けて記事を書くのか
  • 読者に何を伝えたいのか
  • 読者に何を感じ取ってもらいたいのか

『どのような目的でオピニオン記事を書くのか』これを明確にして書かなければ読者に読んでもらえなくなります。

また、読んでもらえない記事になってしまうと書く意味もなくなってしまいますよね。

オピニオン記事は上記のことに気をつけて書きましょう。

ここでは上記の注意点を無視した間違った事例を2つ紹介しますね。

事例1
あるカフェのブログで、「○月○日、〇〇ショップでおしゃれな雑貨を買いました。楽しかったです。」とそのカフェの店員さんが投稿していたとします。

商品の紹介というより、楽しかったことが日記のように書かれています。このように、あるカフェ店員の日記が書かれていてもそこのカフェや店員さんのことを知らない人からすれば、全く興味が沸かないですよね。

『誰に向けて記事を書くのか』が考えられていません。

自分の意見といっても、読者が読んで興味が湧かないような内容はやめましょう。

事例2
あるブログで、別のブログのライターに対して「〇〇ブログは役に立たないし、面白くない」などの個人的な批判が書かれていたとします。

このように、個人的な批判は自分の意見や考えではなく『ただの悪口』となってしまいます。

『ただの悪口』をWEB上でさらけ出しては、相手のライターにも迷惑をかけますしブログの評判も下がってしまいます。

ファンを増やすためのオピニオン記事なのに逆に減らしてしまっては意味がないですよね。

このような個人的な批判はやめましょう。

『読者に何を感じ取ってもらいたいか』の感じ取ってもらいたいことがズレていますよね。

オピニオン記事で自分の意見を述べるときは、相手が傷つかないような配慮が必要になります。

注意してくださいね。

正しい事例

実際にWeb上でよく読まれているオピニオン記事を2つのパターンで紹介します。

子供時代の実体験の話

このブログは、子供時代の実体験をもとに自分が感じたことをオピニオン記事にしているブログです。

次のような内容ではじまっています。

同じような境遇の人や人生に悩みのある人に対して訴えかけています。

実体験を書くことで、同じような境遇の人から共感を得られますよね。

また、その体験をもとに自分が伝えたいことを書くことでより伝わりやすくなっています。

更に、実体験を書くことでライターがどういう人なのかも自然と伝わりますね。

このようなオピニオン記事を書けば、記事の内容だけでなくライターの人間性も伝わる記事になりますよ。

SEOに配慮したオピニオン記事

日本は法定労働時間が8時間労働と決まっています。

その『8時間労働』が実は長いのではないかと訴えかけているオピニオン記事です。

この記事の特徴は、キーワードです。

記事のキーワードを『8時間労働 長い』という検索ボリュームの大きいキーワードを意図的に選んでいます。

これはこの記事の作者のブログでも書かれていることです。

この検索ボリュームが大きいキーワードをテーマにすることで、SEOでのアクセス増加を狙っています。

さらに、自分の考えに対しての理由や根拠を書くことで読者にとって役に立つ記事になるように考えられていますね。

こうすることで、SEOに配慮したオピニオン記事になっています。

オピニオン記事を拡散させる方法

オピニオン記事をたくさんの人に読んでもらうためには、いったいどのような方法があるのでしょうか。

方法は2つあります。

  1. SNSを使う
  2. 別記事からのリンク

SNSを使う

SNSを利用して拡散させる方法があります。

Twitter・Facebook・Instagramなどで自分が書いた記事をフォローしてもらう方法です。

自分のSNSアカウントをフォローしてくれる人は、すでに自分のファンになっている人なので熱心に読んでくれます。

フォロワーを集めることで記事へのアクセス数が増えますよ。

フォロワーを集める方法

SNSを利用して拡散させるには、フォロワーを増やす必要があります。

フォロワーをどのように集めたら良いのか考えなくてはいけません。

集める方法としては2つあります。

ブログからSNSのアカウント登録をしてもらう

ブログを通じてSNSアカウントの登録をしてもらうためには、ブログの認知度を上げて「また読んでみたいな」と思ってもらう必要があります。

そのためには、良質なノウハウ記事を投稿し読者に興味を持ってもらわなくてはいけません。

この方法の場合、急激にフォロワーの数を増やすことは難しいといえますね。

バズる記事を書く

バズる記事とは、その記事がSNSなどで話題となり多くの人から注目される記事のことです。

よほど話題性のある記事を書かなければバズることは難しいですよね。

しかも、記事を投稿する時点でそれなりの知名度も必要になります。

バズる記事を書くことも簡単ではないですね。

SNSでの拡散は難しい

『フォロワーを集める方法』で解説した通り、SNSでの拡散は簡単ではありません。

まずはブログの認知度を上げてSNSアカウントを登録してもらう必要があるからです。

そのためには、良質なノウハウ記事を量産するなど長期的に知名度を積み上げていく努力をしなくてはいけません。

ブログの知名度が上がりSNSアカウントの登録数が増えれば、SNSでの拡散を期待できますね。

まずは、フォロワーを増やすための地道な努力が大切といえますね。

別記事からの発リンク

別記事からの発リンクとは、オピニオン記事とは別の記事にオピニオン記事へ誘導するリンクを貼り付けることです。

Web記事を読んでいると、文章の合間に「詳しくはこちらの記事を読んでください」とか「興味のある人はこちらの記事で詳しく解説!」など書いてありますよね。

別記事からの発リンクとは上記のようなことです。

別記事からの発リンクで拡散させるには、SEOに評価され上位表示される記事が必要になります。

そのためには、SEOで上位表示を狙えるようなノウハウ記事を書いてそのブログにアクセスしてもらうことが大切です。

ブログの1記事が気に入れば、他の記事を読んでくれる可能性が上がりますよね。

まずはSEOに評価され検索順位を上げること。

検索順位が上がれば自然とアクセス数が増加してブログへの流入も増えます。

それができれば、継続的にアクセスが期待できるようになりオピニオン記事も拡散されるようになりますよ。

まとめ|オピニオン記事はブログに必要です

この記事を読んでオピニオン記事の書き方や拡散方法がわかりましたね。

もしもブログでオピニオン記事を書きたいときは共感される記事を書きましょう。

また、オピニオン記事を多くの人に読んでもらうにはノウハウ記事からの発リンクを利用して拡散させる方法がおすすめですよ。

記事で解説したように、共感させる記事を書く理由は『人は共感することで楽しいと感じる生き物』だからです。

また、ノウハウ記事はアクセス数を増やしやすいので読んでもらえる確率が上がります。

実際に、共感することでなぜか納得できたりその共感している瞬間を楽しく感じたりしますよね。

しかも、良質なノウハウ記事は読者の役に立つことで印象深くなり認知されやすいといえます。

このことからオピニオン記事を書くときは共感される内容を書きましょう。

また、オピニオン記事を拡散させたいときはノウハウ記事でアクセス数を増やしてその記事からの発リンクで拡散させることがおすすめですよ。

参考にしてくださいね。