Webライターはオワコン?初心者でも必要なスキルを身に着けることで需要と将来性がある理由3つを解説

Webライター オワコン

Webライターはオワコンで、もう今更始めてもうまくいかないなと思ったことはありませんか?

そんなときは、トンマナを守り必要なスキルを身に着け、信用と価値のある記事を書けるライターを目指すのがオススメ!

専門的な知識をつけることで、価値がある記事が書け、重宝されるWebライターになれるます!

実際にGoogleの公式ホームページでは「E-A-T」を満たしているコンテンツは評価すると明記しています。

このことからWebライターがもうオワコンで、今更始めてうまくいかないと思ったときには、この方法がおすすめですよ。

そこでこの記事では、Webライターがオワコンではない理由と将来性のあるWebライターになるためのなり方、メリットなどをご紹介します。

Webライターにこれから挑戦したい・効率的にスキルアップしたいという人は、この記事をチェックしてくださいね。

Webライターがオワコンといわれる理由

Webライターがオワコンといわれる理由には、以下の4つがあるとされています。

  1. Webライターの増加
  2. 単価が安い
  3. テキストから動画への移行が著しい
  4. AIの執筆能力の向上

Webライターの増加

近年Webライターは確実に増加しています。

急速に拡大したテレワークにより、Webライターが増え、競争率が上がっているからです。

実際にランサーズの公式ホームページに記載がありました。

2019年末から2020年3月にかけてフリーランス登録者が158%以上増加とあります。

ここでは、Webライターだけの数を把握することは難しいです。

ですが、コロナウイルス感染症によるフリーランス登録者が増加しているのがわかります。

そのため、ライバルが増えて競争率が激しくなり、仕事の取り合いになっているといわれています。

単価が安い

大手のクラウドソーシングサイトはライターが多く集まり、低単価案件が目立ちます。

ライターの数が多く、供給が需要を上回っていると、必然的に単価が安くなってしまうのです。

発注側からすれば、ライターが多く単価が安くても応募する人がいるため、単価を高く設定する必要がないのです。

実際にランサーズの案件を見てみると、1文字1円案件が全体のおおよそ6割を占めています。

【ランサーズでの文字単価別案件数】

文字単価件数
~0.9円154件
1~1.9円64件
2~2.9円17件
2021年6月2日時点

このことから、大手のクラウドソーシングサイトはライターの数が多く、単価が安いことがわかります。

テキストから動画への移行が著しい

動画や音声コンテンツへの移行が目立っているためです。

検索エンジンの結果にも、YouTubeなどの動画コンテンツが表示されるようになりました。

実際に、Googleで検索してみると、YouTubeの動画が多く表示されます。

また、音声メディアに有名なインフルエンサーが参入しています。

そのため、文章メディアであるWebライターオワコンといわれるのです。

AIの執筆能力の向上がすさまじい

AIは統計データに基づいて執筆し、数分で記事を作成します。

野球の試合結果、売上や利益の要因などのデータを分析し、記事を書く場面ではすでに活躍しています。

このことからも、パターン化された業務の文章化なら、AIライターで十分なのがわかります。

Webライターがオワコンではない理由を解説

Webライターがオワコンではない理由は、3つあります。

  1. Webの広告市場は拡大中
  2. ライティングスキルは応用が利く
  3. コロナ禍で在宅ワークが普及した

Webの広告市場は拡大中

企業の広告手法をWebマーケティングに力を入れているからです。

コロナ過で、対面営業やテレアポなどに頼っていた多くの会社が、Webマーケティングに移行しているからです。

矢野経済研究所のホームページを見てみると、2020年度の国内アフリエイト市場が前年度比5.2%増見込とありました。

市場規模推移と予測のグラフを見ても、右肩上がりです。

このことから、年々Web広告の市場が拡大しているのがわかります。

ライティングスキルは応用が利く

ライティングは様々な分野で応用が利きます。

YouTubeのシナリオライター、そのほかメールマガジンやネット通販会社の商品紹介ページなど幅広いです。

実際に、ランサーズやクラウドワークスで検索してみると、多くの案件がでてきます。

したがって、Webライティングのスキルを活かし、記事作成以外の仕事もできます。

コロナ禍で在宅ワークが普及した

コロナ感染防止のため。多くの企業がテレワークを実施したからです。

テレワークが普及したため、緊急事態宣言でも仕事を止めることなく継続できるからです。

労働人口の多い東京都のホームページを見ると、下記のように書いてありました。

コロナ過における調査結果です。

【年度別テレワーク実施率】

年度テレワーク実施率
2020年3月24.0%
2020年4月62.7%
2020年12月51.4%
2021年2月前半64.8%
2021年6月2日時点
テレワーク導入率調査結果|東京都 (最終閲覧日5月31日)

このことから、コロナ過における2020年3月からテレワークが普及していることがわかります。

初心者必見!結論を言うと稼ぐライターには特徴がある

稼げるライターの特徴は以下の3つです。

  1. マニュアルやトンマナを守れる
  2. 同じ間違いを繰り返さない
  3. 報連相を必ず守る

マニュアルやトンマナを守れる

マニュアルやトンマナを守ることで、一定の品質を保った記事を作ることができます。

トンマナとは、Web業界用語で、「トーン&マナー」のことで、雰囲気やコンセプトに一貫性を持たせること。

トーンは(色調)(調子)、マナーは(作風)(様式)のこと。

たとえば、UNIQLOを着る10代の女の子のキャラクターを設定したとしましょう。

その女の子がGUCCIの洋服を着ていると違和感がありますよね。

この違和感を感じさせないことが、トンマナなのです。

トンマナを守り、一定の品質を保った記事を作りましょう。

同じ間違いを繰り返さない

同じ間違いを繰り返すと、クライアントから信用をなくし、仕事を断られてしまいます。

前回指摘したことから学んでいないのか、これ以上指摘するのは労力が増えるから辞めようと思われてしまいます。

実際に私も経験しましたが、クライアントとは仕事をする上で信用がとても大切です。

このことから、同じ間違いを繰り返すと、クライアントに迷惑がかかってしまい信用を失うからです。

同じ間違いは繰り返さないように、メモなどに書き留めて置きましょう。

報連相を必ず守る

お互いの信頼関係を築くのに重要なことです。

報告・連絡・相談は会社勤めをしたことがある人なら、一度は聞いたことがあり、守るのが当たり前の事ですよね。

実際に私も、報告を怠ってしまいお客様にご迷惑をかけたことがあります。

報連相は当たり前の事なので、迷惑をかけずに信頼を得れるように、きちんと守りましょう。

将来性のあるライターになるために必要なスキル

将来性のあるライターになるために、下記の5つのスキルを身に着けるようにすることが必要です。

  1. ロジカルライティングを身に着ける
  2. SEOライティングを身に着ける
  3. 【金融や不動産など】専門性を身に着ける
  4. WordPressの知識を身に着ける
  5. インタビューや取材スキルを身に着ける

ロジカルライティングを身に着ける

ロジカルライティングを身に着けると、読み手に一読で理解されやすい文章を作ることができます。

その結果、多くのターゲットにわかりやすく、理解されやすい文章になるのです。

下記に例文をあげてみます。

「彼女は泳ぎが速いから、次のクロールで2番になれるだろう。」

この文章だと、彼女は泳ぎが速いのになぜ2番なのか、疑問になりますよね。

しかし、これをロジカルライティングで書くとすれば次のようになります。

「彼女は次のクロールでは、1番になれるだろう。なぜなら、彼女は泳ぎが速いからだ。」となります。

疑問も湧かず、一読で意味が読み手に伝わりますよね。

だからこそ、ロジカルライティングを身に着けることが、将来性のあるライターには必要なことだとわかります。

この事実から、将来性のあるライターになるためには、必要なスキルだとわかりますよね。

しっかり身につけましょう。

SEOライティングを身に着ける

SEOライティングを身に着けることで、多くの人に見てもらうことができる記事の作成ができるからです。

Webライティングする上でのSEO対策のことで、Googleの検索エンジンの検索結果で上位表示させることです。

Googleの理念に次のことが書いてあります。

ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。
Googleは当初からユーザーの利便性を第一に考えている

Google | Google が掲げる 10 の事実(最終閲覧日5月31日)

このことからも、SEOライティングをすることはGoogleの理念に基づき、ユーザーの利便性を第一に考えた記事を書くということです。

読み手の気持ちに寄り添い、記事を作成することがSEOライティングを身に着けるうえで大切になります。

必ず身につけましょう。

【金融や不動産など】専門性を身に着ける

専門性を身に着けることで、より価値のある記事を書けるライターになれるからです。

専門的な知識や情報を発信できる人は限られ、貴重な存在だからです。

Googleの検索表示ランキング決定には、「E-A-T」という、高品質なコンテンツを評価する仕組みがあります。

Expertise(専門性)、Authoritativeness(権威性)、Trustworthiness(信頼性)の頭文字から作られた造語。

Googleが重視しているポイントとして公表しています。

このことからも、専門性に特化したライターはまだまだ少なく、クライアントからも引っ張りだことなります。

専門性を身に着け、より価値のある記事が書けるようにスキルを磨きましょう。

WordPressの知識を身に着ける

WordPressに直接入稿、扱える人を募集している仕事が多いからです。

WordPressを扱える、扱えないで仕事を受注できるか決まってしまいます。

実際に私は自分のブログをwordpressで運営しているため、お仕事をいただくことができました。

初心者でも、Wordpressを扱うことができるだけで、仕事が受注できるようになります。

WordPress入稿できるライターになるために、知識を身につけましょう。

インタビューや取材スキルを身に着ける

インタビューや取材ができるライターは、価値ある記事が書け、色々な場で活躍できるからです。

取材によって得た体験談や直接の情報は、二次情報で得たものよりも価値があるからなんですね。

インタビューの相手が有名な人や、その道のプロの方ならそれはとても価値ある情報で、専門性、権威性も高められるからです。

実際にWeb上で集める情報収集よりも、やはり直接その道のプロや有名な人の話を聞いて得た情報は、信憑性が全然違いますよね。

そのため、取材ができるライターは価値があり、専門性と権威性を高められる記事が書けるため活躍の場が広がるのですね。

まとめ|Webライターはオワコンではない!

この記事を読んでWebライターがオワコンではないことがわかりましたね。

もしもWebライターがオワコンと思うのであれば、必要な専門的なスキルを身に着けるのがおすすめですよ。

記事で解説したように、必要なスキルを身に着けることができれば、重宝されるライターになることができます。

必要とされる、将来性のあるWebライターになることができるといったメリットがあるからです。

実際にGoogleの公式ホームページでは『「E-A-T」という高品質なコンテンツを評価する』このように明記されていましたよね。

このことから専門的なスキルを身に着け、価値の高い記事を書くことで、Webライターがオワコンではないことがわかりましたね。

参考にしてくださいね。