今後の需要は?Webライターの将来性・仕事の受注はスキル次第です

Webライター 将来性

「Webライターの将来性ってどうなの? 暗い、明るい、どっち?」

これからWebライターを目指す人・既に活動しているであれば、このように不安に思っている人もいるハズ。

この件に関する結論を言いますと、Webライター・Webライティングの将来性という次元の話ではなく、あなたのライター人生が暗くなるか明るくなるかは完全にスキル次第です。

詳しくは本文で解説いたしますが、まず『Webライティングが必要となる業界』の代表例であるWeb広告市場は、年々規模が大きくなっています。

この傾向から言えることは、Web広告の文章執筆スキルを持っている人、つまりはWebライターの需要も年々増加しているわけです。

しかしWebライターの皿受けが増加しているからと言って、将来性が一方的に明るいとは言えません。

Webライティング業界は参入障壁が著しく低く、競争が激しい業界だからです。

そもそもWebライターという職種は日本語をある程度理解していれば、誰にでもできる仕事。

そのためスキルを身につけ常日頃から磨いておかないと、仕事を他のライターに奪われることが考えられます。

最悪の場合だとAIなどといった『何の変哲もない文章しか書けない存在』にすら、仕事を獲られてしまうかもしれません。

したがってWebライターの将来性が暗くなるか明るくなるか(クライアントからの需要が途切れないか・仕事を常に受注できるか)は、あなたのスキル次第というわけです。

そこでこの記事ではWebライターの将来性が暗い・明るいと言える理由はもちろん、ライティングなど身につけるべきスキル・磨く方法・キャリアアップについて解説いたします。

この記事を読み終えるころには、自分のWebライター人生を明るくする方法がわかります。

【需要は?】Webライターの将来性が暗い理由

Webライターの将来性が暗いと言われる原因を以下の4つの観点から説明していきます。

  1. 仕事が取り合い
  2. 単価が安く生活できない
  3. AIに仕事を奪われるかもしれない
  4. 動画がメインになりつつある

仕事が取り合い

クラウドソーシングサービスでは、1つの案件に50人〜100人、またはそれ以上の人々が集中するような案件が増えてきています。

副業する人が増えたことや、高度なスキルを必要としない案件に人が殺到しているためです。

初心者OKであったり、専門知識不要といった応募内容であれば、自分のスキルに自信のないライターがこぞって応募します。

スキルのないライターが仕事の取り合いをしているような状況が生まれ、ライターが飽和状態になっています。

単価が安く生活できない

文字単価が0.1円以下の案件も非常に多く、これでは10,000文字書いたとしても1,000円以下の報酬になってしまい、時間をかけて記事を書いても生活することはできません。

統計局の家計調査によると、2021年の単身世帯の1ヵ月の平均の実支出は以下の金額です。

248,062円

e-Stat|政府統計の総合窓口(2022年2月13日)

例えば1時間で3,000字書ける人で、文字単価0.1円だとすると、6000円稼ぐのに6時間かかります。

平均生活費の248,062円を稼ぐために必要な文字数と時間数を表にしています。

【1ヵ月に必要な文字数と時間数

単位1ヵ月の必要数
文字数(1文字0.1円)2,480,620文字
時間数(1時間に3,000文字)246時間

246時間だったら大丈夫と考える方もいらっしゃるかもしれませんが、あくまで書くだけの時間でこれだけの時間が必要です。

仮に10,000文字書くために、記事の構成や書く内容を集めることが約4時間でできるとします。

その場合は1日12時間、さらに修正が入り記事を書き直すのに2時間必要だとしても14時間かかります。

これが1ヵ月30日間必要です。

上記のように文字単価0.1円で月額約24万円を稼ぐのであれば、労働時間は420時間必要になります。

イレギュラーが起きればかなり時間がかかるかもしれませんし、第一毎日10,000文字書くことができる題材を持ち続けることができるのかどうか疑問です。

ライター1本で生活するには寝ずに記事を書くために奔走しなければならず、体を壊し生活が成り立たなくなってしまいます。

AIに仕事を奪われるかもしれない

AIが記事を構成し、実際に記事を書くこともあります。

AIは記事を書く時間が人間よりかなり早いからです。

日本経済新聞によると次のように記載されています。

5秒以内に1000~2000文字から成る10本のオリジナル記事が作成でき、読みやすさを示す「可読性」の比率は80%ほどになる。

日本経済新聞|中国、5秒で記事10本 AIが自動作成(2022年2月13日時点)

このまま技術が進歩すれば、AIが最初から最後まで記事を書き、ライターが不要になるかもしれません。

動画がメインになりつつある

動画市場の広がりはすさまじく、子供からお年寄りまで誰もが動画を楽しんでいます。

活字を読むよりもわかりやすく、直感的に物事を知ることができるからです。

例えば、卵焼きを作る場合を考えてみましょう。

「卵を割り、切るように混ぜる」という説明があったとしても、「切るように混ぜる」の方法がわからない人もいるでしょう。

動画は一目瞭然です。

動画でやり方を視聴して、再現するほうが早いです。

動画は視るだけで簡単に真似することができるものも多く、活字を読んで自分で想像し何かをするより遥かに簡単にできます。

Webサイトで検索するということ自体が以前に比べて減少し、将来的にライターが記事を書くというニーズが減少する可能性があります。

Webライターの将来性が暗くない理由

昨今WEBライターの将来性が心配されています。

しかし、将来性はあり、暗くはありません。

それどころか、むしろ明るいと言えます。

結果としてWEBライターの需要は今後も高まります。

よって、活躍する場面は増えていくと考えられるのです。

ではなぜそう言えるのか、それは以下の4つの理由があるからです。

  1. 需要が増加している
  2. 案件によっては高単価案件もある
  3. AIでは日本語を完璧に理解できない
  4. 動画の台本つくりにライティングスキルが必要

需要が増加している

結論、ライターの需要は現在増加しています。

確かに「ライターはオワコン」「稼ぐのは難しい」という意見もあります。

しかし、それは大きな誤解です。

なぜなら、WEBライターとしての活躍の機会は増えているからです。

例えばある調査では、WEBライティングを活かせるWEB広告の仕事が以下のように増えていることが分かります。

取引手法の主流となっている運用型広告は前年比109.7%で伸長

電通ウェブサイト|「2020年 日本の広告費 インターネット広告媒体費 詳細分析」(2022年2月16日時点)

Webライティングは広告にも使われており、その広告が前年比109%伸びていることを考えますと、Webライターの需要は増加していると考えられます。

案件によっては高単価案件もある

WEBライターの仕事には低単価案件の案件と高単価の案件があります。

実際にクラウドワークスにて案件を調べてみると、同じライティング案件でも単価が以下のように異なっていました。

【高単価案件と低単価案件の比較】

高単価案件低単価案件
5000文字15,000円(文字単価3円)3000文字1,500円(文字単価0.5円)
2000文字4,000円(文字単価2円)5000文字1,500円(文字単価0.3円)
1000文字1,500円(文字単価1.5円)2000文字400円(文字単価0.2円)
クラウドワークス(2022年2月15日)

上記を見ますと、同じライティングでも案件により、かなり単価に差があることが分かります。

AIでは日本語を完璧に理解できない

AIが発達してきている現代においても、まだ日本語を完璧に理解していません。

確かに一部の仕事においては、AIに取られつつあるものも存在します。

しかし、まだ人間の書く文章力には及びません。

そもそも、同じ言葉でも様々な意味を持つ日本語を完璧に理解する事は困難です。

それは、次のようなケースがあるからと言えます。

  • そもそも字幕機能で日本語に訳しても、まだ正確無比には翻訳できていない
  • 「見る」「観る」「視る」のように、同じ言葉でも意味が異なり、使い分けが難しい

AIが発達しているとはいえ、現在ではまだ人間の文章力や表現力には及びません。

繊細な文章や魅力的な文章を書くことができるのは、人間だからです。

このような理由から、やはりAIでは現状読者の心に刺さる文章は書けないと考えられます。

動画の台本つくりにライティングスキルが必要

動画の台本つくりにもライティングスキルが役立ちます。

台本作りは構成づくりと理屈が同じだからです。

どういうことかと言いますと、そもそも台本を作る際は以下の流れがあります。

  1. テーマを決める
  2. 枠組みを練る
  3. 枠組みを埋めていく

全体の方向性を定め、枠組みや構成を考え、それぞれの中を埋めていくようなイメージです。

ライティングの構成づくりでも、枠組みを考えて、それぞれに肉付けしていく事が必要です。

つまりライティングスキルは、動画の台本作成にも活かすことができます。

今後仕事を受注するために身につけるべきスキル

Webライターとして高収入を得るには、以下の4つのスキルを身につけるべきです。

  1. ライティング力
  2. マーケティングスキル
  3. SEO
  4. 【取材など】Web記事以外の文章を書く力

上記4つのスキルを習得できれば他のWebライターと差別化でき、仕事に困ることがありません。

それでは、Webライターが身につけるべき4つのスキルについて、詳しく見ていきましょう。

ライティング力

Webライターには、ライティング力が必須です。

理由は、Webライターが書く文章がわかりやすい内容でなければ、読者の悩みや疑問を解決させることが難しいからです。

例えば、以下2つの例文を読んでみてください。

  • このWebライター講座は、とても勉強になるため、初心者にもおすすめです。
  • このWebライター講座は、プロの現役ライターが直接指導するため、初心者にもおすすめです。

比較すると、内容は似ていても後者の方が詳細でわかりやすいですよね。

そのため後者の方が即実践でき、悩みを解決させられるわけです。

このように、Webライターの仕事は単に文章を書くことだけではありません。

読者がすぐに行動に移せる情報やノウハウを提供し、悩みを解決させる使命があります。

したがって、Webライターにライティング能力は必須と言えるのです。

なおライティング能力を磨くには、正しい日本語で書く実践を繰り返しましょう。

ライティング能力を確実に磨くには『クラウドカレッジ|Webライターコース』の受講がおすすめです。

本コースは、クラウドワークス公式のライティング講座になります。

Webライターコースがおすすめな理由は、以下の通りです。

  • 講師であるプロのWebライターから直接指導を受けられるため
  • ライティングの基礎である「わかりやすい文章」の書き方を学べるため
  • 添削サポートがあり自分の書いた記事の改善点がわかるため
  • 講師からの丁寧なサポートがあり初心者にも取り組みやすいため
  • 受講生専用のコミュニティがあり挫折しにくいため
  • 受講費用が25,300円(税込)と安価なため(受講期間は5週間)

実際に本コースを受講した生徒からは、下記のようなプラスの口コミが見られました。

上記の口コミから、添削指導の手厚さや、講義内容の充実さがうかがえますね。

中には、受講後にライティング案件の文字単価が上がった方もいらっしゃいます。

このように、Webライターを養成する学習環境で勉強をすると、効率よくライティング力を磨くことができるのです。

そしてライティング力が向上すると、案件の成約率や報酬アップにつながりますよ。

マーケティングスキル

Webライターにとって、マーケティングスキルも重要です。

ここでいうマーケティングスキルとは、Web上で集客をして商品やサービスを売り込むことをさします。

このスキルが重要な理由は、Webライティング案件より高単価なマーケティング案件に対応できるからです。

実際に、大手クラウドソーシングで募集されているWebライティングとマーケティングの案件を比較してみましょう。

【Webライティング案件】

案件名報酬単価(1本あたり)
ライブ配信アプリに関する記事作成1,000円
退職代行に関するお役立ち情報記事執筆依頼 3,000円
ネット完結の学習環境と添削で初心者応援200円〜500円
(2022年2月15日)

マーケティング(LP)案件】

案件名報酬単価(1本あたり)
記事LPのライティング、画像作成作業19,000円
増大サプリの記事LPのライティングと画像作成15,000円
記事LPの修正作業 : 急募8000円!8,000円
(2022年2月15日)

上記の表を見ると、マーケティング案件の方が高単価であることがわかりますね。

このことから、商品やサービスを売り込む文章スキルを習得できれば、月収30万円以上の収入獲得も夢ではないはずです。

SEO

Webライターには、SEO知識も必要です。

理由は、SEO案件もWebライティング案件と比べて報酬単価が高いためです。

実際に、大手クラウドソーシングではSEO案件も高単価で募集されています。

案件名報酬単価(1本あたり)
【継続あり】プログラミングやワードプレス、SEO、web広告、webデザインなどのライティング8,000円〜20,000円
住宅関連の記事作成 3,850円
5000円~15万円のSEO記事|可能な限り執筆できる方5,000円〜150,000円
(2022年2月15日)

上記の表を見ると、中には1本150,000円の高単価案件もありますね。

このように、SEO知識を身につけることで高単価案件に恵まれることがあります。

ぜひチャレンジしてみてください。

【取材など】Web記事以外の文章を書く力

取材記事や書籍執筆など、Web記事以外の文章を書く力もWebライターには必須です。

理由は、Web記事以外の文章を書く案件も高単価だからです。

実際に大手クラウドソーシングでは、インタビュー記事や書籍執筆の案件が高単価で募集されていますね。

【大手クラウドソーシングのインタービュー・書籍執筆案件】

案件名報酬単価(1本あたり)
30分のオンラインインタビュー及び記事作成を継続して依頼できる方を募集します15,000円
【取材】声優・アイドル・コスプレイヤーへのインタビュー 10,000円
【書籍ライティング経験者の方】 ビジネス書のブックライターを募集300,000〜500,000円
(2022年2月15日)

上記の募集を見ると、特に書籍執筆は1本契約が取れるだけで、まとまった収入が得られることがわかります。

Web記事以外の文章を書く力も身につけ、幅広く仕事を手がけて高収入を狙っていきましょう。

ただし、取材記事や書籍の執筆は書く文字数が多いため、Webコンテンツなどで執筆経験を積んでから取り組むことをおすすめします。

Webライターに関するスキルを磨く方法

Webライターとして必要なスキルを磨く方法はいくつかあります。

さまざまなスキルが求められるWebライターとして、活動を始められた方はなにをすればいいか戸惑うでしょう。

そこで、今回は以下の4点をご紹介します。

  1. Webライタースクールに通う
  2. 本で学ぶ
  3. FBをくれる案件を繰り返す
  4. ブログを始める

Webライタースクールに通う

Webライタースクールに通うことでスキルを磨くことができます。

基本的な文章のレクチャーをはじめとした、さまざまなスキルを講師の方によるサポートのもとで学べるからです。

例えば文章を作成したあと、講師の方から添削をしてもらえるメリットがあります。

自分では気づかない改善点や誤りを指摘してもらうことで、もう一度文章を見直すきっかけにも繋がります。

したがって効率よく学習するには、Webライタースクールで学ぶことがおすすめなのです。

なお、講座を修了した後もサポートや案件を斡旋してもらえるスクールも存在します。

また、新しいスキルの習得が短時間で達成できます。

独学との大きな違いはプロに指導してもらうことにより、実践に基づいた指導を受けることができる点です。

読者に最後まで読んでもらえる文の書き方などのテクニック。

不明な点をすぐに質問できるなどの特典はWebライタースクールで得られる最大の利点でしょう。

それでは具体的にどのようなスクールがよいのでしょうか。

以下が各スクールで学べる内容です。

  • 稼げるようになるための知識
  • 文章や記事制作の基礎
  • 取材スキル
  • SEOの知識
  • Webと紙媒体の違い

それぞれ学べる内容が異なるので注意が必要です。

VOICE NOTE MAGAGIN | 【625人が選ぶ】ライター講座のおすすめランキング【2022】受講するメリットや比較ポイントなども紹介! (2022年3月5日)

価格としては、1,000円〜200,000円と幅広い値段設定がされています。

また、期間についても2日間のように短期間のものもあれば、半年間と設定されているものもあります。

価格や期間を照らし合わせて、自分にあったものを選びましょう。

本で学ぶ

体系的に学ぶことができ、実績がある人の正確性が高い情報を取得できます。

自分のペースで取り組めるため、心に余裕を持ち学習に向き合うことが可能です。

今回はまず学びたい文章力についての本を2点紹介します。

この2冊は基本的な文章の構成や短い文の書き方について説明されています。

どちらも読みやすい文を作る場合に、大切なことなのでぜひ読んでみてください。

気になる価格やページ数についてまとめておきます。

新しい文章力と言葉について以下のとおりです。

  • 208ページと少ないページ数
  • 単行本での価格は1,430円
  • 電子書籍での価格は1,168円と単行本より少し安い
  • 評価は4.3と高評価

言葉のダイエットについては以下のとおりです。

  • 219ページと少ないページ数
  • 単行本での価格は1,580円
  • 電子書籍での価格は1,250円
  • 評価は4とこちらも高評価

口コミについてですが、ライター目線の方は厳しいコメントが寄せられています。

しかし、素人目線に重きを置かれている方や初心から学ぶ方にとっては、文章の基礎構成を知るうえで大変勉強になるといった感想が見受けられます。

FBをくれる案件を繰り返す

クライアントから仕事を受け、あなたが制作した記事に添削・フィードバック(FB)をしてもらうことで、実践をもとにした経験と知識を得ることができます。

言葉選びという一点をみても、指導者から指摘や説明を受けることで、さらにスキルが向上するためです。

以下は、同じことを表現するにしても受け取るイメージが変わると言っています。

一部抜粋しますが、ダメという言葉は受け取り手にとって嫌な印象を抱いてしまいますよね?

しかし、強い印象を受ける表現でも工夫することにより、優しさや柔らかさを感じる言葉にすることが可能です。

ダメといったマイナスのイメージが強い言葉でも、手直しや改善の余地があるという表現に置き換えてみましょう。

同じ意味の言葉ですが、相手や受取手がその言葉を受け入れやすくなったと感じませんか?

伝えたい言葉が同じなら、嫌な印象を受けることのない言葉選びをすることがおすすめです。

言葉選びのセンスを磨くのは自分だけでは難しいかと思います。

受取手があってこその表現なので、客観視して指導や説明をしてもらうことが必要です。

その意味でも、添削やFBをしてもらえるクライアントが非常に大切な存在だといえます。

FBをくれる案件を見つけたら積極的に取り組み、Webライティングのスキルを磨きましょう。

ブログを始める

ワードプレスを使いブログを始めてください。

Webライターとして、対応可能な業務範囲を広げることが可能なためです。

ワードプレスの操作ができることは、他のライターとの差別化として有用となります。

発注担当者の評価も上がりやすく、記事制作の報酬も高くなる傾向にあります。

以下の表はクラウドワークスのライティング・記事作成の仕事・求人情報を探すをもとに、文字単価を比較したものです。

検索条件や表示形式は以下のとおりとなります。

  • プロジェクト(固定報酬)
  • 1,000文字以上
  • 初心者
  • 金額が高い表示順

【執筆案件とワードプレス案件を上位10件より比較】

WordPress案件の文字単価(円)執筆案件の文字単価(円)
0.30.3
0.21.3
0.20.2
1.50.2
0.20.8
0.40.3
0.80.2
0.80.2
0.41.0
0.80.5
引用元:CrowdWorks|ライティング・記事作成の仕事・求人情報を探す(2022年3月7日)

上記の表より、ワードプレス案件の方が高単価です。

中には執筆案件のように低単価の案件もありますが、やはりその数は少ないと言えるでしょう。

ワードプレスを使いブログを始め、Webライターとしてのスキルを磨きながら他のライターとの違いも作りましょう。

スキルを身につけたらキャリアアップしよう!

Webライターからキャリアアップする道としては、以下の3つが挙げられます。

  1. Webディレクター
  2. Webライティング講師
  3. Webコンサルタント

Webディレクター

WebディレクターとはWebコンテンツ制作の責任者です。

WebライターやWebデザイナー、Webプログラマーなどをチームとして統括し、クライアントの意向に沿ったコンテンツを作り上げます。

概要は以下の通りです。

【Webディレクター概要】

仕事内容と役割コンテンツ制作に関わるスタッフをチームとして統括
プロジェクトの管理・進行をチェック 提出されたものをチェック
必要に応じて修正依頼 クライアントと制作スタッフの窓口・調整役 企業所属とフリーランスの場合がある
必要なスキルコミュニケーション能力 スケジュール管理 Webライティング・デザイン・マーケティング・プログラミングなどの知識
ディレクターのなり方企業にWebディレクターとして就職 Webライターやデザイナーから転身
収入平均年収470〜493万円

Webディレクターは制作スタッフの分野に関わる知識はもちろん、Webマーケティングの知識からコミュニケーション能力まで幅広い能力が必要とされる仕事です。

Webディレクターになるために必要な学歴・資格はありませんが、目指すなら前述したような幅広い能力を身につけておきましょう。

最初から企業にディレクターとして就職する場合や、経験や実績を評価されてWebライターやデザイナーから、転身するケースも。

Webライティング講師

Webライティング講師は、ライティングの基礎・案件の取り方などを教える仕事です。
概要は以下表のようになります。

【Webライティング講師概要】

仕事内容と役割ライティングの基礎と案件の取り方を教える
企業所属とフリーランスの場合がある
必要なスキルWebライティング全般、SEOなど プレゼン、コミュニケーション能力
講師のなり方企業に就職
サポート講師などを経て講師になる
オンラインサロンなどを主催する
収入企業:日給5,000円〜求人あり※

Webライティング講師は、企業に所属して教えるだけではありません。

例えば、オンラインサロンなどを主催してフリーで講師を務めることも可能です。

オンラインサロンなどを活用して教える場合は、企業所属と比べ自分のペースでできるメリットがあります。

オンラインにせよ、企業所属にせよ、Webライティングの知識や経験が必要になります。

人に教えられるだけの知識と経験が身についてきたと感じたら、Webライティング講師の道を探してみてもよいでしょう。

Webコンサルタント

Webコンサルタントは主に集客をアップさせたい企業や個人ブログのWebサイトを分析し、改善点や効果的な運営方法などを具体的に提案する仕事です。

詳細は以下のようになります。

【Webコンサルタント概要】

仕事内容と役割集客に必要なサイト制作や戦略の提案
必要なスキルSEO
Webマーケティング
プログラミング
コミュニケーションスキル
論理的思考
取得しておくとよい資格Google Adwords認定試験
Yahooプロモーション認定試験
Google Analytics認定試験
Web解析士
コンサルタントなり方企業に就職
フリーランス
収入企業:年収500〜800万円

Webディレクターや講師と同様に未経験でいきなり活躍するのは難しいです。

ですが、Webライティングで培ったSEOの知識に加え、サイト制作・運営やプログラミングなどを勉強しておくと、Webコンサルタントとしての道も開けてくる可能性があります。

Webライター 将来性
TwitterにてWebライター募集中!