【月収5万円】Webライターが高校生におすすめなアルバイトである理由

Webライター 高校生

「Webライターは自由に働けるって聞いたけど本当かな?」「高校生のわたしでも稼げるのかな?」

アルバイトとしてWebライターに興味が湧いたけど、不安を抱える高校生は多いのではないでしょうか。

できれば時間に縛られず、普通のアルバイトよりも稼ぎたいと思うはずです。

結論からいうと、Webライターは経験を積むことで高校生でも稼ぐことができます。

理由は、『働いた時間』ではなく『成果』に対して給料が発生するからです。

アルバイトは時給が決められており、平均しても1,000円前後といったところでしょう。

しかしWebライターの場合、1時間でこなした成果が多いほど給料も高くなります。

このことから、高校生が収入を得るためにはWebライターがおすすめなのです。

そこでこの記事では、高校生がWebライターになる方法やメリット、実際の方法について紹介します。

Webライターとして自由に稼ぎたい・将来に役立てたいという方は、この記事を読んでみてください。

高校生にWebライターのバイトがおすすめな理由

高校生でもWebライターになれる理由は、以下の3つです。

  1. パソコン1つあれば稼げるから
  2. 日本語がわかればなれるから
  3. 働く際に時間や場所を選ばないから

パソコン1つあれば稼げるから

パソコン1つさえあれば、Webライターとして働くことができます。

なぜなら、すべてパソコン操作で取り引きできるからです。

たとえばアルバイトの場合だと、働くまでの間に以下のステップを踏みます。

  1. 履歴書を書いて郵送
  2. 面接
  3. 合格連絡待ち
  4. メモ帳など必要なものを準備する
  5. 出勤のため電車などで移動する
  6. 制服に着替える
  7. 研修を受ける
  8. 勤務する
  9. 報酬の振込を待つ

採用から実際の作業まで、準備ややるべきことが多いです。

しかし、Webライターの業務手順は以下のとおり。

  1. インターネットを通じて、クライアントから案件をもらう
  2. 案件に沿った内容を、パソコンで執筆する
  3. 文章ファイルをクライアントに提出する
  4. 報酬が振り込まれる

このように、取り引きから執筆作業まですべてパソコン1つでおこなえます。

そのため文章を書く能力と気力さえあれば、必要な道具はパソコン1つなのです。

パソコンがない場合は、スマートフォンでも大丈夫?

簡単な案件であれば、スマートフォンで文章を作成することもできます。

しかし結論からいうと、安くてもいいのでパソコンを買うようにしましょう。

なぜなら、スマートフォンよりパソコンのほうが作業しやすいからです。

わたしもスマートフォンでブログを書いたことがあるのですが、パソコンと比べると圧倒的に作業しにくいです。

実際にやりにくかった作業は、以下のとおり。

  • 文字フォントの変更
  • 改行方法や余白の指定
  • 文章色の変更

効率よく案件をこなして収入を得たいのであれば、両親と相談してパソコンを購入しましょう。

パソコンの選び方

Webライターとして仕事をするためには、Officeが搭載されているノートパソコンを選びましょう。

理由は、以下の2つ。

  • 外出先で作業ができるから
  • Word指定の案件があるから

デスクトップのパソコンでは作業の場所が決まってしまい、Webライターのメリットである場所の自由度が失われます。

さらに案件によっては、Wordファイルで提出するように指定される場合もあります。

そのため、Office搭載のノートパソコンであることが最低条件です。

具体的な機種の一つとして、「Lenovo IdeaPad Slim 550」がおすすめ。

なぜなら必要な条件が揃っているにも関わらず、80,000円を切っているからです。

必要な条件は以下のとおり。

  • 8GB以上・・・同時作業がしやすいから
  • Ryzen3以上・・・動作が遅くなりにくいから
  • 13インチ以上・・・持ち運びができて、作業しやすいサイズ
  • 10時間以上のバッテリー・・・外出先での作業ができるから

この条件を満たすと100,000円を超えるものが多いですが、Webライターとして活動するにはこのパソコンで十分だといえます。

日本語がわかればなれるから

日本語さえ理解していれば、Webライターになるために特別な『知識』は必要ありません。

なぜなら、わからないことは調べれば解決できるからです。

たとえば、あなたもわからないことや困ったことがあれば調べますよね。

インターネットの普及により、いまや調べればたいていのことがわかる時代です。

このように日本語さえ理解していれば、文章を書くうえで必要な知識は調べれば手に入ります。

そのため特別な知識や資格がなくても、日本語さえわかればWebライターとして働くことができます。

働く際に時間や場所を選ばないから

Webライターの仕事は、パソコンさえあれば働く時間や場所は自由です。

というのも、納期さえ守れば作業方法にしばりがないからです。

そもそも会社員やアルバイトは、基本的に『働いた時間』に対して給料が発生します。

しかしWebライターの給料は『働いた時間』ではなく、『執筆した文章』によって決まります。

極端な話、ぐっすり寝たあとにカフェで記事を執筆しても、『文章』さえ完成すれば問題ありません。

いつどこで作業してもいいというのは、Webライターの魅力の一つといえるでしょう。

メリットは単価によってはアルバイトより稼げるなど

高校生にとって、Webライターはアルバイトよりも得られるメリットが大きいです。

メリットは以下の4つ。

  1. 単価によってはアルバイトより稼げる
  2. ライティングスキルが身につく
  3. 自己管理能力が身につく
  4. コミュニケーション能力が高まる

単価によってはアルバイトより稼げる

案件によっては、アルバイトよりも多く稼ぐことができます。

なぜなら、Webライターは時間ではなく『文字単価』※で給料が決まるからです。
※文字単価とは、1文字あたりの値段のこと

記事の単価が上がれば、同じ量を執筆しても多く稼ぐことができます。

たとえば『文字単価0.5円×1000文字=500円』ですが、『文字単価1円×1000文字=1,000円』となります。

つまり同じ文字数であっても、文字単価が高くなれば収入も多くなるのです。

厚生労働省によると、時給単価は以下のように設定されています。

令和2年度地域別最低賃金改定状況」※が「全国加重平均額902【円】

引用:厚生労働省|地域別最低賃金の全国一覧(最終閲覧日2021年8月25日時点)

『文字単価1円×1時間1000文字=時給1,000円』ですし、文字単価が上がれば時給も上がります。

つまり文字単価の高い案件を受注すれば、アルバイトより稼ぐことができるのです。

ただし注意点として、始めの頃は高単価の案件を受注することが難しいのが現状。

これについて、詳しくはのちほど説明しますね。

ライティングスキルが身につく

Webライターの仕事を通して、ライティングスキル※が身につきます。
※ライティングスキルとは、文章を書く能力のこと

その理由は、クライアントに求められるようにわかりやすい文章を書くようになるからです。

なお執筆する際は基本的に以下の手順で行います。

  1. 記事の作成マニュアルをもらう
  2. マニュアルにしたがって執筆
  3. 提出
  4. クライアントから添削された文章が返ってくる
  5. 指示にしたがって修正
  6. 再び提出

このサイクルを繰り返すことで、クライアントから何度も文章をフィードバックしてもらえます。

ビル・ゲイツの名言にも「成功を祝うのはいいが、もっと重要なのは失敗から学ぶことだ」とあるように、添削から得られる学びは非常に大きいです。

何度も修正をしていくうちに、どのように書けばわかりやすくなるかを考えられるようになります。

結果として、ライティングスキルが向上できるのです。

特に重要なライティングスキルは『結論から書く』こと

Webライターに必要なライティングスキルはたくさんあり、書籍も多く出版されています。

そのなかでも、とくに優先して身につけるべきライティングスキルは、『結論から書くこと』です。

なぜなら、『その文章がなにを伝えたいのか』ということが明確になるから。

ここが明確になっていない文章は、読者に読んでもらうことはできません。

ジョセフ・シュガーマンの名言で「1行目の目的は、2行目を読ませること」とあるように、最後まで読んでもらうためには『文章のはじめ』が重要になります。

そのため、優先して『結論から書くこと』ができるように意識しましょう。

結論から書くための具体的な方法は、あとで説明しますね。

自己管理能力が身につく

自己管理能力が身につくのも、Webライターのメリットの一つです。

というのも、仕事をさぼった責任は全て自分に返ってきます。

そもそも自己管理能力とは、目標を達成するために自分の感情や行動をコントロールすること。

例は以下のとおりです。

  • やせるために、夜の間食はやめる
  • 土日に遊ぶため、金曜日に宿題を終わらせる

ライターにとって自分をコントロールする能力は、継続した仕事を獲得するために必要です。

たとえば、アルバイトに遅刻した場合は先輩から怒られる程度で済みます。

しかしライターの場合、納期を守れないとクライアントの信用を失い、次から案件が取れなくなります。

数多く存在するライターのなかから、わざわざ約束が守れない人に仕事を依頼するクライアントなどいません。

そのため案件を続けて獲得できるよう、必然的に締め切りに間に合うための自己管理ができるようになります。

予定を立てることで、自己管理しやすくなる

執筆の予定を明確に決めておくことで、自己管理がしやすくなります。

なぜなら、人間は追い込まれないとやる気がでないからです。

あなたも夏休みの宿題が最後にたまった経験、あるのではないでしょうか。

『2学期に提出』のように期限が1つだと、なかなか宿題も進みませんよね。

Webライターも期限に間に合うように、細かく予定を決めて執筆することが大切です。

予定は以下のように立てましょう。

  1. 執筆内容を分割する
  2. 分割した内容ごとに、自分で締め切りを決める
  3. 決めた予定に沿って、記事を執筆する

小さな目標を立てることで、きちんと自分を管理しましょう。

コミュニケーション能力が高まる

Webライターの経験を通して、コミュニケーション能力が高まります。

なぜかというと、わかりやすい話ができるようになるから。

クライアントは基本的にわかりやすく読みやすい文章を求めています。

そのため、常にわかりやすい文章を心がけて仕事をするため、会話でもまとまった話ができるようになるのです。

Webライターとして常にわかりやすい言葉選びをするため、コミュニケーション能力が高まります。

高校生がWebライターになるデメリット

Webライターとして働くうえで、デメリットは以下の4つです。

  1. すぐに稼ぐのは厳しい
  2. 勉強との両立がシンドイ
  3. 安全執筆に時間がかかる
  4. 交友関係を広げられない

すぐに稼ぐのは厳しい

アルバイトと比べて、Webライターは稼ぐのに時間がかかります。

なぜかというと、最初は単価の安い案件しか受注できないからです。

前述したように、Webライターは文字単価が高いほど多く稼ぐことができます。

さらにクラウドワークスが、3,000人の利用者に対しておこなったアンケートでは、以下の結果となっています。

アンケート結果のうち、士業・専門職の方が希望する仕事のジャンルはライティングが22%と他の属性に比べると大きい数字でした

引用:クラウドワークス|クラウドソーシングの利用者分布(正社員や主婦等)、希望収入や興味分野についてアンケート調査まとめ(最終閲覧日2021年8月30日時点)

このように仕事としてライターを希望する方が多く、高単価な案件は競争率が高くなってしまうのです。

希望者が多ければ、もちろん実績のあるライターが採用されます。

たとえば同じ値段で料理を注文する場合、『見習いの料理人』よりも『プロのシェフ』に作ってもらいたいですよね。

そのため、実績のないうちは高単価の案件が受注できず、なかなか稼ぐことはできません。

すぐに稼ぎたい人にはあまり向かないといえます。

勉強との両立がシンドイ

高校生の場合、学校の勉強もしないといけないため、とくに最初は両立がしんどいです。

なぜならWebライターとして働くことで、学業の時間を確保するのが難しくなるから。

たとえば、多く稼ぐためにWebライターとしての活動時間を増やせば、かわりに学業にあてる時間を減らすことになってしまいます。

学業も大切である高校生は、Webライターとのバランスをとることが難しいのです。

いきなりたくさんの案件を受けすぎないよう、徐々に増やしていくことで自分のできる仕事量を把握するようにしましょう。

時間を決めてやる

Webライターはいつでも作業ができることから、いつまでも時間をかけてしまうことが少なくありません。

そのため、アルバイトと同じように、時間を決めて仕事に取り組むようにしましょう。

なぜなら制限時間を決めることで、集中して作業ができるからです。

たとえば、学校の宿題も同じ。

日中はダラダラしてしまうのに、日曜日の夜になると一気に終わらせることができたといった経験はみなさんもあるでしょう。

これは月曜日という制限が近づいて、集中力が向上したことで達成できるのです。

メンタリストDaiGoさんも、「時間制限をすることで、余計なことを考えずに行動することができる」と述べられています。

そうすることで時間の余裕が生まれ、私生活との両立ができるようになります。

執筆に時間がかかる

特に始めたばかりの頃は、執筆に時間がかかります。

というのも、情報収集から執筆までにやることが多く、慣れるまでに時間が必要なのです。

記事執筆の流れは以下のとおり。

  1. 担当者と打ち合わせをする
  2. キーワードもしくは構成を渡される
  3. 書籍やインターネットで情報を集める
  4. 案件によっては取材をする
  5. 執筆する
  6. 推敲※する
  7. 納期までに提出する
  8. 添削された文章を修正する
  9. 案件によっては、WordPressに投稿する
    ※推敲とは、自分で見直しをすること

個人差はありますが、どの要素も慣れるまでに数ヶ月ほど時間がかかる場合があります。

たとえば、スマートフォンも使い始めた頃は、操作に慣れていませんよね。

なにごとも、始めたばかりの頃は慣れるまでに時間がかかるものです。

そのため、Webライターも始めた頃は執筆に時間がかかってしまいます。

『1時間に1000文字』を目標にしよう

Webライターは時給が発生しないため、執筆に時間がかかると気持ちが折れる可能性があります。

そのためWebライターとして継続して働くために、目標を決めることが重要です。

そうすることで、モチベーションが維持しやすくなります。

学校の勉強も同じ。

『テストで100点を取ること』や『志望する大学に合格する』という目標があるからこそ、勉強を続けることができます。

いきなりハイスピードで良質な文章を書ける方は、ほとんどいません。

まずは時給1,000円を達成するために、『文字単価1円×1時間1000文字』を目標にしましょう。

速く執筆する方法

執筆速度を上げるために、まずは『PREP法』に沿って書くようにしましょう。

こうすることで記事の構成が決まり、あてはめるように文章を執筆できるようになります。

そもそも『PREP法』とは、以下のように文章を書くための型となるもの。

  • P(Point)結論
  • R(Reason)理由
  • E(Example)例、根拠
  • P(Point)結論

これを実際の文章にあてはめると以下のとおり。

  • P:今日は早めに寝る
  • R:なぜなら、昨日の寝る時間が遅くて寝不足だから
  • E:実際に、今日は眠気が強く仕事がはかどらなかった
  • P:だから、今日は早めに寝る

このように型が決まっていると、「なにをどこに書いていいのかわからない」という迷いがなくなります。

たとえば家を建てるときも、構造を示す設計図なしで建てることはできませんよね。

文章を書くときも『PREP』という型に沿って書くことで、迷いなくスピーディーに書けるようになります。

交友関係を広げられない

Webライターをとおして、交友関係を広げることは難しいです。

なぜなら、クライアントと1対1で仕事が完了するからです。

アルバイトであれば先輩や同期との交友があります。

前述したように、Webライターはクライアントとのやりとりしかありません。

交友関係を広げたい方には向かない職業だといえます。

未経験でもOK!Webライターになる方法

Webライターになる方法は、以下の4つです。

  1. クラウドソーシングで仕事を受ける
  2. アルバイトに応募する
  3. 企業に採用を直談判する
  4. SNSでアピールする

クラウドソーシングで仕事を受ける

安全かつ簡単に始められるのが、クラウドソーシングサイト※で仕事を受ける方法です。
※クラウドソーシングサイトとは、『仕事を依頼したい方』と『仕事を受けたい方』が集まっているサイトのこと

その理由は、多くのサイトで運営側が個人情報やサービスの管理を行っているから。

現に『coconala』の公式サイトでは、「購入代金を一時的に運営で預かり、取引終了後に出品者に支払われる仕組みを設けています」※と述べられています。

引用:coconala|安心・安全の取り組み(最終閲覧日2021年8月28日時点)

このように運営側が管理してくれているため、記事を書いても給料が振り込まれないなどのトラブルが起きにくいです。

安心して執筆できるよう、まずはクラウドソーシングサイトに登録して案件を探しましょう。

ただし、未成年の登録には保護者の同意が必要なものや、そもそも登録ができないサイトもあります。

以下のサイトは、未成年の高校生でも登録ができます。

『coconala』の登録手順は以下のとおりです。

  1. coconalaにアクセス
  2. 会員登録をクリック
  3. 名前やメールアドレスなど、必要事項を記入
  4. 仮登録メールを確認
  5. 登録完了

登録は約5分で完了します。

さくっと登録して、実際に案件を探してみましょう。

アルバイトに応募する

自分でいきなり始めるのが不安な方は、Webライターのアルバイトに応募する方法がいいでしょう。

なぜならライティングの手順や方法について、サポートしてくれるからです。

Webライターに知識や資格は不要ですが、多くの収入を得るためにはライティングスキルが必要です。

経験を積むことでスキルアップできますが、アルバイトでノウハウを学んでから始めるほうが安心して仕事ができます。

たとえば海外留学をする場合、英語についてまったくわからない状態とある程度知識がある状態では、後者のほうが安心して留学できますよね。

初めてで不安な方は、アルバイトをとおしてWebライターのノウハウを学ぶことをおすすめします。

ただし、高校生の採用ができない企業や労働時間が厳しい企業もあるため、注意が必要です。

以下サイトから、求人を検索できます。

実際の応募方法は以下のとおりです。

  1. 上記サイトにアクセス
  2. Webライターで検索
  3. 高校生でも働けるか確認
  4. 労働が可能な時間か確認
  5. 条件の合う企業に応募

いきなり応募するのが不安であれば、電話で話を聞くことから始めましょう。

企業に採用を直談判する

自身がついてきたら、自分から企業に売り込むという方法もあります。

というのも、クラウドソーシングサイトで案件を獲得するより稼げることが多いです。

クラウドソーシングサイトでは、『発注者』と『受注者』を仲介するための手数料が必要。

たとえば『coconala』の場合、「各決済別お支払額に販売時の手数料22%をかけた額を差し引いて、報酬としてお支払いします」と述べられています。

引用:coconalaヘルプ|販売時の手数料について(最終閲覧日2021年8月28日時点)

仮に10,000円で執筆を受けた場合、『10,000円×0.22=2,200円』の手数料がかかります。

もし自分から企業に売り込めば、このようにクライアントとつながることへの手数料は一切かかりません。

そのため、ライティングスキルに自身がつけば、企業に直談判をするのもよいでしょう。

ただし企業に売り込むのは簡単ではない

正直、直接企業に売り込んで案件を獲得するのはかなり難しいでしょう。

なぜなら、企業があなたの文章を求めていない可能性が高いからです。

むしろ、迷惑がられるケースもあるようです。

たとえば、みなさんの家に求めてもいない訪問販売がきた場合、正直迷惑に感じますよね。

だれしも自分にとってメリットに感じられないものを受け入れることは、なかなか難しいものです。

そのため、企業への直談判はなかなか難しいといえます。

それでも売り込んでいく場合は、以下の3点を意識してください。

  • 企業のメリット
  • 自分の実績
  • 熱意

『どのくらい実績のある人が、企業にとってなにをもたらすか』をしっかり伝えるようにしましょう。

SNSでアピールする

仲介人をとおさない方法として、SNSで案件を受注することもできます。

なぜなら、SNSで自分のスキルを発信することができるからです。

たとえばTwitterでは、140文字以内で伝えたいことをまとめる能力が必要です。

読みやすくまとまったアカウントでは、自身のライティングスキルをアピールすることができます。

そのため、SNSをうまく使うことで、ライターの案件を取れるようにしましょう。

『ライター募集』で検索

SNSの検索機能を使って、自分から案件を受注する方法もあります。

Twitterでの方法は以下のとおり。

  1. 『#ライター募集』で検索
  2. 自分の希望にあった案件があれば、メッセージで連絡
  3. ともに条件が合えば、契約完了

仲介人なしでより稼げるようにしましょう。

まとめ|高校生でもWebライターになれる

この記事を読んで『高校生でWebライターをすることで、アルバイトよりも稼げるうえに将来役立つスキルが得られる』ということがわかりましたね。

もし高校生でWebライターになりたいのであれば、まずはクラウドソーシングサイトに登録することがおすすめです。

記事で解説したように、初心者でも安全に執筆作業ができるからです。

実際に『coconala』の公式サイトでは、「専任スタッフが常時チェックをし、違反サービスや悪質なユーザーをいち早く見つける体制をとっています」※と明記されています。

引用:coconala|安心・安全の取り組み(最終閲覧日2021年8月28日時点)

このことから、高校生でWebライターとして働くためには、『クラウドソーシングサイトへ登録』することをおすすめします。

ぜひ参考にしてみてください。