Webライターは初心者や未経験でも今すぐなれる!仕事内容・収入・案件事例・おすすめの勉強方法などを解説

Webライター 初心者

最近気になっているWebライターの仕事。

「実際に仕事はあるの?収入はどのくらい?」

「未経験でもWebライターになれる?」

あなたが「Webライターとして働いてみたいな」と思ったとき、このように感じたことはありませんか?

どうせならお金を稼げるWebライターになりたいですよね。

そしてできることならWebライターになって稼ぐための方法を知りたい人も多いはず。

そのようなときはこの記事がおすすめです!

未経験でもWebライターの仕事をとる方法、スキルアップして収入をアップする方法がわかりますよ。

実際に初心者Webライターが達人になるために実践してきた方法や、達人となった現在でも仕事に役立てているスキルをこの記事で公開しています。

ぜひ読んでみてください。

この記事では『未経験からWebライターになり仕事をとる方法』、『効率よくスキルを身につけながら稼ぐ方法』などをご紹介します。

稼げるWebライターになりたい方はチェックしてくださいね!

初心者必見!Webライターの仕事・収入を解説

Webライターとは、どのような仕事でどのように働いているのか、気になる方も多いですよね。

収入の相場と合わせて下に解説していきますね。

Webライターの仕事

Webライターの仕事を次の2つに分けて解説します。

  1. Webライターはどのような仕事をするのか
  2. Webライターはどのように働くのか

それぞれ解説しますね。

Webライターはどのような仕事をするのか

Webライターはインターネットの記事を書いています。

記事を書くことがメインです。

記事を書くために必要な調査や情報収集、記事公開の作業もおこないます。

1記事につき数千~数万文字を書くことがほとんどです。

このようにWebライター業は文字を多く書くことが一般的なため、スマートフォンで作業をすることはあまりおすすめできません。

作業効率を考えるとパソコンが適しています。

Webライターはどのように働くのか

Webライターの働き方は大きく分けると『企業に属した働き方』と『フリーランス』の2つになります。

さらにフリーランスでも独自の活動をする人もいれば、クラウドソーシングなどで仕事を探す人もいます。

【働き方の例】

ワークスタイル働き方の具体例
企業の正社員組織での労働がメイン
フリーランスクラウドソーシングで仕事を受注など

なお、Webライターには資格が必要ありません。

最低限パソコンとインターネット環境がそろっていれば誰でもできる仕事です。

そのため場所や時間を選ばないことから、本業や副業としてさまざまな人がWebライターをしています。

Webライターの収入

Webライターの収入には相場があります。

報酬の基準は次の2点です。

  • 記事の執筆レベル
  • 文字数×文字単価

ほぼこの2点によって収入が決まります。

良い記事を書いて、その文字数の報酬をいただくのです。

文字単価は1円ずつアップするだけでも次のように変わります。

【1記事3,000文字の場合】

文字単価報酬
1円3,000円
2円6,000円
3円9,000円

下の表はWebライターの収入目安です。

【文字単価1円の場合】

項目月収30,000円を目指す場合月収100,000円を目指す場合
1記事の文字数3,000文字3,000文字
文字単価1円1円
月間執筆数10記事33.3記事
週間執筆数※2.5記事8.3記事
1日の執筆数0.5記事(1,500文字)1.66記事(4,980文字)
※1|1か月を4週間とする
※2|週休2日とする

この表はWebライターがある金額を稼ぐために、何文字あるいは何記事を書くのか、の目安となります。

先ほども述べましたが文字単価が1円違うだけで、これだけの収入と仕事量の差があるのです。

だからといって初心者が多く稼ぎたいがために大量の記事を書くことは無理がありますし、やみくもに書いては仕事の質を下げてしまいます。

できるだけ効率的に収入を得たいところですが、初めのうちは難しいでしょう。

もし収入UPを望むのであれば、初めのうちは仕事量が少なくても、勉強をしながら丁寧に仕事をこなしていくことです。

そうすることで、仕事をしながらスキルアップをし、文字単価を上げていくことができます。

スキルアップの勉強についてはこの記事で後述します。

副業も可!未経験→初心者Webライターになる方法

未経験から初心者としてWebライターになる方法を以下の3つを例に解説します。

  1. クラウドソーシング
  2. 求人サイトに応募
  3. オウンドメディアにて直談判

では説明していきますね。

クラウドソーシング

インターネットで業務の依頼と受注を取引できるのがクラウドソーシングです。

ここではWebライターで『初心者歓迎』の案件が多くあります。

Webライターとして一歩を踏み出すためにも利用しやすくおすすめです。

登録は無料ですよ。

それではクラウドソーシングのサイトを3つご紹介します。

  • クラウドワークス
  • ランサーズ
  • 求人ボックス

それぞれに実際の求人例をまとめましたので順番に見ていきましょう。

クラウドワークス

クラウドワークスは日本最大のクラウドソーシングで副業や在宅ワークが探しやすいですね。

Webライターの案件もたくさんありますよ。

クラウドワークスでの案件事例その1

1記事の目安が1,500文字で初心者に向いている仕事です。

【案件例その1】

項目詳細
求人情報ライター初心者、ライティング未経験の方、大歓迎!
仕事内容・記事を書いているうちにスキル向上が見込めます
・マニュアル有り
・コミュニケーションを取りながら丁寧に指導します
・イベント、テレビ番組、芸能人、新製品、などの話題の記事
・すべて在宅
・1週間に2記事以上
・1記事の目安は1,500文字以上
・最初の1記事はテスト(基準に達していた場合は継続的に仕事依頼)
報酬1記事350円(文字単価0.2円)

初心者、未経験の方、大歓迎のお仕事です。

マニュアルと丁寧な指導があるのは安心です。

未経験や初心者にとってはありがたいですね。

このような仕事でどんどんスキルアップさせてもらいましょう。

クラウドワークスでの案件事例その2

初心者が副業としてゆっくり取り組む場合に向いているでしょう。

【案件例その2

項目詳細
求人情報【初心者OK!主婦大歓迎★】ネットで調べて情報をまとめていただくお仕事です♪Webライターデビューしませんか?
仕事内容・丁寧に教えますのでスキルアップにつながります
・指定の内容をインターネットで調べて自分の言葉でまとめる
・内容はグルメ、セール、商業施設の紹介など
・マニュアル有り
・基本的にパソコンでの作業
・週2記事以上(最低限、週1記事以上)
報酬・最初の1記事はトライアル(1記事2,000文字~上限なしで250円)
・トライアル後に本契約となれば2記事目以降は報酬アップ確約!
・おおよそ月に平均3,000~1万円

初心者OKのお仕事です。

こちらも丁寧に教えてもらえます。

好きなジャンルや内容である場合、2,000文字くらいはすぐに書けてしまうこともあります。

あとはマニュアルや指導内容に沿った書き方を徹底することでスキルアップが期待できそうです。

ランサーズ

ランサーズもクラウドワークスと同様に在宅ワークが探しやすいサイトです。

こちらもWebライターの仕事がたくさんあります。

クラウドワークスと同じ案件が載っていることもありますが、ココだけの情報もありますので、どちらも登録しておくことをおすすめします。

日本最大級のクラウドソーシング仕事依頼サイト

ランサーズでの案件事例その1

がんばり次第では継続依頼の可能性があるお仕事です。

【案件事例1】

項目詳細
求人情報【大量採用・初心者・副業歓迎・継続依頼あり】アニメ・漫画・ゲーム・音楽・映画などエンタメ記事執筆
仕事内容・エンタメ情報が集まったサイトのライター募集
・1記事あたりの文字数は引用を除いて最低でも5,000文字以上
・エンターネットで情報を収集して記事化する
・他サイトのコピーは厳禁
・初心者でも安心
・記事10本
報酬・テスト記事は1記事450円
・テスト記事通過後1記事900円を9記事書いて8,100円
応募条件・PC環境・オンライン環境での作業が可能な方
・1か月に1記事以上の作成が可能な方

アニメやゲームなどのエンターテイメントが好きな人は取り組みやすいかもしれませんね。

1カ月に1記事以上の作成ですとWebライターとしてはかなりゆっくりとしたペースです。

少しずつペースを上げていけるように意識して書いていくといいですね。

ランサーズでの案件事例その2

初心者大歓迎ですが1週間で10,000~15,000文字は、人によっては少しレベルが高めのお仕事かもしれません。

【案件例その2】

項目詳細
求人情報【暇な時間に完全在宅ワーク】初心者大歓迎の記事作成
仕事内容・書籍販売のための記事作成
・ジャンルやテーマはさまざま
・Wordのテキスト形式での納品
・マニュアルやサンプル有り(初めの段階でこれを見て無理と感じたら辞退可能)
・記事本数5本(1記事あたり1週間以内で納品)
報酬・1記事あたり10,000~15,000文字で1,000~1,500円

初心者大歓迎となっています。

マニュアルやサンプルで自分にできる仕事か確認をしてから仕事ができます。

このことから初心者でも心配せずに応募できますね。

納品はWordのテキスト形式とありますが、Webライターの記事はこの方法で納めることが多いです。

初心者で10,000文字以上の記事を書くことは、はじめのうちは難しいかもしれません。

しかし、ここを乗り越えていけば文章力を鍛えることができ、自信もつくことでしょう。

求人ボックス

求人ボックスはカカクコムが運営する求人検索サイトでさまざまなサイトの案件がまとめて見ることができます。

求人ボックスでの案件事例その1

毎日の連絡がとれることが条件ですから、未経験の人は質問ができる機会もあり始めやすい案件ですね。

【案件例その1】

項目詳細
求人情報スポーツ記事のライター募集!主婦・初心者大歓迎
仕事内容・オリンピック・パラリンピック競技のスポーツ記事の作成
・選手のプロフィールやスポーツのみどころ
・インターネットで情報を集めて書く
・マニュアル完備
・わからない部分は丁寧に教えます
報酬・1記事、手取り300円(税込)
・記事の質が良い方は報酬アップ
・コピー率の高い記事は報酬なし
応募条件・パソコンの所持
・連絡が毎日とれる
・Gmailのアカウントを持っている

初心者大歓迎です。

未経験の方が経験を積むためには良さそうですね。

マニュアル完備で、インターネットによる情報収集の方法も学べるでしょう。

わからない部分を教えてもらえることも安心でいいですね。

求人ボックスでの案件事例その2

じっくり取り組みたい人に向いています。

少しずつ仕事量を増やしていけば収入が増えそうな案件です。

【案件例その2】

項目詳細
求人情報ライター初心者も大歓迎、春のWebメディアライター大募集!趣味を仕事にしてみませんか
仕事内容・アウトドアを中心とした記事作成
・記事タイトルは多くのリストから選択可
・作成ノルマや納期はなし(自分で決める)
・コピーやリライトは禁止
・マニュアル資料、FAQ集がそろっています
・やる気をもっとも重視
報酬・月収1,500円~25万円以上まで幅広く活躍
・基本1記事あたり3,000~6,000文字で1,500~3,000円

初心者も大歓迎の案件です。

アウトドアが好きな方に向いていますね。

ひと月あたりの仕事量が自分で調整できることが魅力です。

パソコンについては触れられていませんが、Webライターの仕事をするうえでパソコンを持っていることは前提となります。

マニュアル資料やFAQ集がそろっているので心強いです。

求人サイトに応募

求人サイトに応募してWebライターになる方法もあります。

求人サイトではフルタイム通勤が比較的に多いようです。

実際の求人例を以下に2つまとめました。

求人案件でのその1

Web編集ライターとして正社員になれる可能性があります。

【案件例その1】

項目詳細
求人情報Web編集ライター(未経験者歓迎/自社運営サイトにて、メルマガやコラムなどを執筆)正社員登用実績あり!
仕事内容・入社後は2か月の研修あり
・ユーザーの悩みに沿ったコラムやメルマガの制作
・勤務時間8時間(シフト制9:00~18:00または14:00~23:00)
・完全週休2日制(シフト制)
・雇用形態は契約社員(正社員希望の場合は1年後のテストを合格すると可能)
報酬・月給23万円以上
条件・学歴不問
・パソコンのタイピングができる方

研修期間がもうけられていますので未経験の方も安心ですね。

勤務時間や休日がシフト制でも生活に支障がない人に向いています。

正社員を希望の方は1年後のテストをがんばってみてもいいですね。

求人サイトでの案件事例その2

正社員の募集です。

ポートフォリオの提出ができれば未経験者でも応募できます。

【案件例その2】

項目詳細
求人情報Webライター(トライアル併用求人)
仕事内容・自社サイトに掲載する記事の作成がメインの業務
・サイトの更新・修正・コーディング・プログラミング・サイト設計
・就業時間8:30~17:30
・数か月の本社勤務を経て業務内容を理解したうえで希望者は在宅勤務も検討
報酬基本給18万~35万円
応募条件・ライター経験ある方、もしくは未経験でもブログ等で記事を定期的に発信したことがある方
・選考時にポートフォリオの提出が可能である方
・必要な経験・資格等は特になし
・高卒以上
・雇用形態は正社員

入社すると記事作成にかぎらず、自社サイト全般に関わる仕事があるようです。

在宅勤務の希望をすれば検討してもらえることも魅力です。

ライター未経験でも可能ですが、ブログ記事の作成経験とポートフォリオの提出が必要です。

ポートフォリオとは自分の実績を示したり、名刺代わりのようなものですが、どのように使うかは後述しますね。

オウンドメディアにて直談判

オウンドメディアに思い切って直談判してみましょう。

オウンドメディアとは簡単に言うと、企業が自ら運営しているホームページやブログのことです。

企業はこのオウンドメディアの記事が書けるライターを探しています。

自社スタッフですべての記事を執筆するのは大変だからです。

したがって企業のオウンドメディアにライターとして働きたいと直談判するのもいいでしょう。

初心者Webライターが案件を獲得する方法

初心者でも仕事をとるためにはできるだけ準備をしましょう。

以下4つの準備をおすすめします。

  1. プロフィールを全力で書く
  2. ポートフォリオを用意しておく
  3. 初心者・未経験OK案件に応募する
  4. 応募文を熱く書く

順番に解説していきますね。

プロフィールを全力で書く

採用の確率を上げるためプロフィールを全力で書きましょう。

初心者を採用することは大変なことです。

ただでさえ大変ですから適当なプロフィールでは採用の確率は低くなってしまうでしょう。

適当なプロフィールでは仕事も適当と思われるかもしれないからです。

プロフィールは履歴書と同じくらいに大切です。

しっかりやる気の感じさせるプロフィールで採用率をあげましょう。

ポートフォリオを用意しておく

ポートフォリオを用意しておきましょう。

ポートフォリオとは自分の実績や能力を示すために使います。

例えばWebライターのポートフォリオとしてよく利用される例としてブログがありますね。

どのような能力で文章はどのようなものか、と採用の判断として見てもらえるものをポートフォリオとして使います。

実際に企業がポートフォリオの提出を求めることは多く、もしそうでなくても積極的に自ら提出することでアピールが可能です。

初心者であってもポートフォリオがあることでクライアントの反応が変わってくることでしょう。

このようなことから、仕事をとるためにはポートフォリオを用意しておきましょう。

初心者・未経験OK案件に応募する

初心者・未経験OK案件に応募してみましょう。

すでに述べましたが、クラウドソーシングや求人サイトで『初心者や未経験を歓迎』としている案件が多
くあります。

初心者や未経験を募集していることからマニュアルが準備されていることがほとんどです。

執筆の指導を受けられることも多くあります。

このような案件で学びながら経験を積みスキルアップすることもおすすめの1つです。

応募文を熱く書く

実際に案件を見つけたら応募分を熱く書きましょう。

なぜWebライターの仕事をしたいのか、どのような目標があるかなど、前向きに熱い気持ちを書きます。

熱い気持ちが伝われば採用の判断基準ともなるからです。

そしてWebライターですから『文章で伝える』ことができているか、見られていると考えましょう。

『今この応募文で熱い気持ちを伝えることができる』、そのようなWebライターになりましょう。

応募文は熱く書いてくださいね。

目指せ単価UP!初心者や未経験者が稼ぐ方法

初心者が効率よく稼ぐには、次の2つがおすすめです。

  1. とにかく実績を作る
  2. 文字単価UPを要求する

それぞれ説明します。

とにかく実績を作る

とにかく実績を作りましょう。

仕事の受注やブログの文章作成で実績を作るのです。

人に見られる文章を書くことでライティング能力が向上します。

そして、実績が何もないより経験のあるWebライターに信頼が集まるのは言うまでもありませんね。

地道にコツコツと実績を積み上げることです。

それが次のより良い仕事の獲得につながります。

文字単価UPを要求する

文字単価UPを要求することも必要です。

同じ仕事をやり続けていても単価は自動で上がらないからです。

ライティングの力がついたらある程度のところで交渉します。

例えば文字単価が1円上がるだけでも収入がかなり違ってくることは前に解説しましたね。

このように効率よく稼ぐには、単価が上がるように自ら要求しましょう。

そしてこの要求の時に大切なことがあります。

それは仕事をいただいたことで能力UPができたことの感謝を忘れないことです。

ライティング力がついてきたら感謝をしつつ、文字単価UPを交渉しましょうね。

Webライティングなど習得すべきおすすめスキル

これからWebライターとして仕事をするため、身につけるべきスキルを4つ紹介します。

  1. SEO
  2. コピーライティング
  3. ロジカルライティング
  4. インタビュー・取材スキル

順番にご説明します。

SEO

SEOとはSearch Engine Optimizationのことでサイトが検索上位となるために必要な知識です。

WebライターとしてSEOは必ず役立ちます。

初心者は仕事をしながら学んでいくと良いでしょう。

SEOについて解説している本がたくさんあります。

後でおすすめの本を紹介しますね。

コピーライティング

コピーライティングを学びましょう。

コピーライティングは続きを読みたいと思わせる文章術です。

読者が求めているもの、興味のあるものを察知して文章を書きます。

そして読んだ人の行動をうながすのです。

このようなコピーライティングの知識をつけることでWebライターとしていい仕事ができます。

勉強に適した本を後でご紹介しますね。

ロジカルライティング

ロジカルライティングとは論理的な文章の書き方です。

『誰に』、『どのような目的で』、『何を伝えたいのか』をしっかり書きます。

この書き方を学ぶことで論理的な伝わりやすい文章が書けるようになります。

Webライターとして論理的な文章は自然に書けるようになりましょう。

ロジカルライティングの本も後で紹介します。

インタビュー・取材スキル

インタビューや取材スキルを身につけましょう。

記事作成だけのWebライターではなく『インタビューや取材もできるWebライター』になれるからです。

Webライターとしてできることが増えるほど評価が上がり報酬もアップするわけです。

じつはこのような仕事は未経験者OKで募集している案件も多くあるのです。

そこで仕事をしながら学び、インタビューや取材スキルを身につけてしまいましょう。

このスキルを学べる本を次にご紹介します。

本を読むなどおすすめのライティング勉強方法

実際にライティングの勉強の仕方についてご説明します。

おすすめの方法が下の4点です。

  1. 本を読む
  2. ブログを開設する
  3. ライティングスキルを学ぶ
  4. SNSで練習する

順番にそれぞれご説明します。

本を読む

本を読んで勉強しましょう。

ライティングに関わる知識を学ぶには本の利用がおすすめです。

Webライターに役立つ本が多くあり効率的に専門知識が学べるからです。

ここでは『身につけるべきスキル』で解説した内容の本をご紹介します。

SEOを学ぶときにおすすめの本

SEOの知識がない人が理解できるよう、イチからわかりやすく解説している初心者向けの本です。

タイトル いちばんやさしい新しいSEOの教本 第2版 人気講師が教える検索に強いサイトの作り方[MFI対応](「いちばんやさしい教本」シリーズ)

【SEOでのおすすめの本】

項目詳細
タイトルいちばんやさしい新しいSEOの教本 第2版 人気講師が教える検索に強いサイトの作り方[MFI対応](「いちばんやさしい教本」シリーズ)
著者安川洋、江沢真紀、村山佑介
価格1,738円
Amazon評価3.5
2021年5月13日時点

わかりやすいと、初心者の評価が高い本です。

SEOの知識は奥が深いですが、Webライターとして最低限これだけは知っておきたいことが学べます。

コピーライティングを学ぶときにおすすめの本

ベストセラー1位、アメリカの伝説的コピーライターが書いた本。

【コピーライティングでのおすすめの本】

項目詳細
タイトルザ・コピーライティング――心の琴線にふれる言葉の法則
著者ジョン・ケープルズ(監修:神田昌典)
価格3,520円
Amazon評価4.3
2021年5月13日時点

2008年の発売ですが、今でも売れていることには理由がありますね。

この本を読むことで文章を書くときの意識が変わってくるでしょう。

ロジカルライティングを学ぶときにおすすめの本

文章の教科書とも言える本です。

【ロジカルライティングでのおすすめの本】

項目詳細
タイトルロジカル・ライティング(BEST SOLUTION—LOGICAL COMMUNICATION SKILL TRAINING)
著者照屋華子
価格2,420円
Amazon評価3.9
2021年5月13日時点

文章の書き方の基本を解説しています。

初心者Webライターが文章を書くときに参考になる本です。

インタビューや取材の仕方を学ぶときにおすすめの本

取材の仕方がひと通り書かれているおすすめの本です。

【インタビューと取材でおすすめの本】

項目詳細
タイトルウェブライターのための取材術~テレビマンが教える「現場で慌てない取材」~10分で読めるシリーズ
著者新井夕子(編集:MBビジネス研究班)
価格99円(Amazon・kindle価格)
Amazon評価4.2
2021年5月13日時点

取材が必要になったとき慌てないためにも、この本を読んでおくことをおすすめします。

他にもたくさん良い本はありますが、初心者の方におすすめの本として紹介しました。

よろしければ読んでみてくださいね。

ブログを開設する

ブログの開設をしましょう。

Webライターとしてブログを開設することで次の3つの利点があります。

  • ライティングの練習になる
  • 文章をインターネットに公開する作業ができるようになる(仕事をとるために有利)
  • ポートフォリオとして使える

このようにWebライターとしてブログは実践的に使えます。

初心者がブログをゼロから開設することは大変ですが、必ず役に立ちますのでブログを開設しましょう。

ライティングスキルを学ぶ

ライティングスキルを学ぶことはWebライターにとって最重要ですね。

ライティングスキルを学ぶうえで必要なことは次の3つです。

  • 学べる
  • 書ける
  • 見てもらえる(添削してもらったり、読んだ人の反応を得られる)

どのような行動をすれば『学ぶ』『書く』『見てもらう』がかなうのかが下のとおりです。

【学習と得られる内容の関係】

学習例得られる内容
ライティング本を読む機械的学びのみ
ライティング講座を受ける受動的学び&見てもらえる(添削)
仕事を受注する実践的学び&見てもらえる(添削)
ブログを開設する能動的学び&見てもらえる(反応)

このように一言で学習といっても、その実は様々です。

この中で一番良いのは、やはり実践的学びと添削を得られる『仕事の受注』でしょう。

僕の経験上、この中で一番質の良い学びを確実に得られます。

基本的に本・講座・ブログは仕事で得られない学習(特殊なライティングスキルを講座で学ぶなど)を目的としておこなうとよいでしょう。

もちろんインプットするだけ、またはアウトプットするだけでは文章力はつきません。

ライティングスキルを身に着けるには学ぶだけでなく、『書く』『見てもらう』ことを繰り返すことが近道です。

様々な方法でライティングスキルを身に着けてくださいね。

SNSで練習する

SNSに書き込みをすることもいい練習になります。

たくさんの人が反応を返してくれるからです。

Webライターとしては、読者が喜ぶ文章を書く必要があります。

反応がなければなぜなのか、反応があればなぜこのような反応なのか、とそれぞれ分析しましょう。

SNSで書き込みをしたときの反応には『賛同』と『批判』のタイプがあります。

その反応を見ることで『人の心がどのような書き込みにどのように動くのか』といった心理的な勉強になるのです。

このようなことからSNSで練習することはライティングを学ぶうえで効果的です。

まとめ|Webライターは初心者や未経験でもなれる

この記事を読んで『未経験からWebライターになる方法』、初心者Webライターの『スキルUP法』と『仕事の獲得法』がわかりましたね。

Webライターとして効率よくライティングレベルを上げつつ仕事をしたいのなら、この記事のやり方がおすすめです。

記事で解説したように、効率的なスキルUPにより収入を上げるメリットがあるからですね。

達人Webライターもかつては初心者だったのです。

初心者から平行線のままのライターもいれば、著しく成長したライターもいました。

成長したライターは仕事をしながらどんどん必要なスキルを身につけていったのです。

そして月収50万円、100万円と収入がアップしました。

このことからWebライターになって収入をあげたいときには、この記事がおすすめです。

参考にしてくださいね!