主婦などの未経験者がWebライターになるには?|4つの方法があります

Webライターになるには

「主婦なんだけど、Webライターって主婦でもなれるのかな?」

「執筆経験がまったくない未経験者でも、Webライターになる方法ってあるのだろうか?」

書くことが好きで「Webライターになりたい!」とは思ったものの、このように悩んでいる人はかなり多いです。

結論を言いますと、主婦でも未経験者でもWebライターにはなれます。

理由の詳細は後述しますが初心者・未経験者でも応募でき、かつ採用される求人がたくさんあるからです。

そのため執筆経験や実績が乏しい主婦や未経験者でも、問題なくWebライターになれるのです。

しかしそうなると「必要なスキルとかってないのかな?」と気になるかもしれません。

そこでこの記事では、未経験者でもWebライターになる4つの方法・案件を獲得できる人の特徴・Webライターに必要なスキル・スキルを磨く方法を解説いたします。

オウンドメディア運営のために数多くのWebライターを採用してきた現役SEOライティング講師が解説いたしますので、未経験者の方にもわかりやすいように執筆しています。

この記事を読み終えるころには「未経験者である自分にはどの方法でWebライターになるべきか? そして必要なスキルはどうやって身につければよいのか?」がわかりますよ。

未経験者がWebライターになる方法を解説

未経験者がWebライターになる方法は主に以下の4つです。

  1. クラウドソーシングで仕事を獲る
  2. 求人サイトからアルバイトに応募する
  3. 企業の採用ページから中途採用に応募する
  4. インターンに参加する

クラウドソーシングで仕事を獲る

未経験者がWebライターになる方法は、クラウドソーシングで仕事を獲得することです。

なぜなら、クラウドソーシングでは未経験者でも応募資格を満たしていれば、誰でも挑戦できる案件があるからです。

例えば次のような案件があります。

(経験の有無による案件比較)

案件名称募集条件文字単価
【初心者・未経験者歓迎!やさしくサポートします】話題分野の記事初心者・未経験者0.3円
【初心者・主婦さん歓迎!】子供向けのプログラミング教室に関する記事初心者0.1円
【初心者大歓迎】マンガのあらすじや見どころ、感想などの記事作成初心者0.2円

上記のように未経験者でも挑戦できる案件がありますが、単価は低い傾向にあります。

ですが、たとえ低い単価であっても、経験を積むことが大切です。

経験を積み上げ、実績を作り、評価を上げることに集中しましょう。

そうすることで、Webライター募集の案件に採用がされやすくなります。

なので、未経験者がWebライターになる方法は、クラウドソーシングで仕事を獲ることと言えます。

求人サイトからアルバイトに応募する

未経験者がWebライターになる方法には、求人サイトからアルバイトに応募するという方法があります。

なぜなら、アルバイトとしてでも実際に記事を書くと、編集部などからフィードバックなどを通してスキルを磨けるからです。

しかもお金ももらえるので、効率良くスタートラインに立てますね。

例えば、アルバイトでの経験やポートフォリオを武器にメディアなどの企業に就職する道もあります。

現在はコロナ禍の影響もあり、学生は就職先が見つからず、アルバイトのつもりがそのまま正社員になることもあるようです。

なので、求人サイトからアルバイトに応募する方法も、未経験者がWebライターになる道の1つですね。

企業の採用ページから中途採用に応募する

未経験者がWebライターになるためには、企業の採用ページから中途採用に応募する方法もあります。

この方法は、Web関連の企業に就職または転職して、Webライターを目指すことです。

例えば、以下のようなものがあります。

(Webライター求人・転職の求人情報一部抜粋版)

職種応募資格年収
SNS運用・セミナー運営担当・実務の中でSNSの運用
・SNS上に投稿する画像の編集
・Photoshopで加工できる方
350万円~400万円
エディター・2年以上のオンラインメディア編集経験。
・英語でのリーディングスピーキング
300万円~450万円
引用元:マスメディアン(2021年12月12日)

上記のように、Webライターとしての経験は問わないが、他の経験があることが条件としている企業もあります。

SNS運用担当などのWeb関連の職種から、Webライターへステップアップする方法です。

採用された企業にWeb関連の部署があれば、人事部に確認して異動したりすることも可能性の1つと言えます。

配属された部署で働きながら、自分でライティングを学んだり、色々な部署で学んだ経験を活かしてWebライターを目指しましょう。

このように、企業の採用ページから中途採用に応募することも、未経験者がWebライターになる方法なのです。

インターンに参加する

インターンに参加することも、未経験者がWebライターになる方法の1つです。

なぜなら、Webライターのインターンは、未経験者でも可能な場合が多いからです。

例えば、以下のようなサイトでインターン生の募集がされています。

(インターン生を募集しているサイト)

サイト名称期間特徴
indeed単発・短期・長期・春夏冬休み期間限定で検索可能未経験者可能
・副業OKなど条件選択し検索可能
求人ボックス雇用形態により異なる未経験OK
学歴不問などの条件選択し検索可能

上記以外にも多くの募集サイトが存在しますが、検索可能な項目が異なりますので、自分にあったものを探してみましょう。

インターンにはさまざまな種類がありますが、根本的なところは、働いて学ぶことで実践的な技術を養うことです。

例えば、長期のインターンは特に業務を経験しながらスキルを身に付けていくことが前提の場合が多いでしょう。

長期インターンは、社員の指導のもとで実際の業務にあたる実践型なので、スキルを学ぶ良い機会ともなります。

また、長期インターンの場合は、給与があたることも多いのが特徴です。

文章力を向上させたいと思っている人には、おすすめできる方法です。

このことから、未経験者がWebライターになる方法の1つとして、インターンに参加する方法があるということです。

Webライティングの仕事を獲得できる人の特徴

Webライティング関連の仕事を獲得できる人には以下の特徴があります。

  1. 情報をきちんと調べる人
  2. 正しい日本語を使える人
  3. ポートフォリオを準備している人
  4. スケジュール管理できる人

情報をきちんと調べる人

Webライティング関連の仕事を獲得できる人の特徴には、情報をきちんと調べる人です。

なぜなら、Webライティングはどこまできちんと調べることができたかによって、記事の質が左右されるからです。

例えば、老舗和菓子屋の記事を依頼された場合、以下のどこまで調べると質の良い記事となるでしょうか。

  • 老舗和菓子屋の名前の紹介。
  • 老舗和菓子屋のホームページまで見て詳細をまとめる。
  • 老舗和菓子屋の理念まで調べて紹介する。
  • 実際にその老舗和菓子屋の商品を食べて、お客様の視点でレポートをまとめる。

記事の質としては、実際に食べて紹介する方が良い記事となるでしょう。

Webライティングの仕事は、クライアントの要望に応えることです。

そのため、よりクライアントの目線に立って記事を書くために、きちんと調べることがとても重要なのです。

きちんと調べることができるスキルがあることで、より良い記事を書くことができることにつながります。

このことから、情報をきちんと調べる人がWebライティング関連の仕事を獲得できる人の特徴と呼べるのです。

正しい日本語を使える人

正しい日本語を使えることも、Webライティング関連の仕事を獲得できる人の特徴と言えます。

なぜなら、文章を書く仕事の場合は、正しい日本語を使えないと仕事の依頼を獲得できないからです。

例えば、下の表のように普段何気なく使用している日本語も、実は正しくない場合があります。

誤った日本語正しい日本語
シュミレーションシミュレーション
かたずける(片付ける)かたづける(片付ける)
うでづく(腕づく)うでずく(腕ずく)
見れる見られる

このように、普段何気なく使用している日本語も、正しく使用していない可能性があります。

対処方法としては、スペルチェックという方法で文章内をチェックし、修正が可能です。

自分だけでSNSの発信やブログに使用するのなら、読者が気がつかない程度であれば多少誤りがあっても問題はないでしょう。

ですが、仕事として依頼を受けた文章では、そうはいきません。

文章を書いてお金をいただくわけですから、正しい日本語を使用しなければ、依頼人への信頼関係にも関わりますよね。

プロのライターであれば、日本語の誤った使い方が、致命傷になってしまうこともあるでしょう。

この誤った日本語に気付き、正しい日本語を調べることが重要なのです。

誤りに気付ける人、正しい日本語を使用できる人は、きっと信頼できる人だと伝わるのではないでしょうか。

つまり、正しい日本語を使える人には、安心して仕事を任せることができると依頼人は感じるでしょう。

このことから、Webライティング関連の仕事を獲得できる人の特徴は、正しい日本語を使える人と言えます。

ポートフォリオを準備している人

Webライティング関連の仕事を獲得できる人の特徴は、ポートフォリオを準備している人です。

なぜなら、Webライティング関連の仕事に応募する際には、ポートフォリオの提出を求められることが多いからです。

ポートフォリオとは、記名記事で納品したものやブログなどの過去の執筆実績をまとめたものです。

依頼人はポートフォリオを見て、執筆者の実力を判断します。

例えば、以下の表のような高額な案件のほとんどに応募の条件としてポートフォリオの提出があります。

(高額なライティング案件)

案件名称応募条件文字単価
【文字単価4円|プロ限定!】SEO/アフィリエイト記事のライティングプロ、ポートフォリオの提出4.4円
【文字単価2円】事業承継やM&Aに知見のあるWebライターさん大募集です!長期継続発注!経験あり、ポートフォリオの提出2.0円
引用元:クラウドワークス(2021年12月14日)

このように、高額な案件では判断材料として、ポートフォリオが重要となります。

また、文字単価の低い案件であっても、ポートフォリオが求められる場合もあります。

クラウドソーシングで記事を依頼するのであれば、ポートフォリオはその人を知る上での重要な素材となるのです。

よって、ポートフォリオを準備している人は、Web関連の仕事を獲得できる人となるのです。

なお、Webライターが提出できるポートフォリオは以下のようなものがあります。

  • 納品済みの記名記事
  • 納品済みの無記名の記事
  • 個人ブログ
    ※納品済みしている無記名の記事に関しては、必ず納品したクライアントに確認をとってください。
    無断で実績として提出してはいけません。

ポートフォリオを充実させて、自分の強みをさらに磨いていきましょう。

スケジュール管理できる人

スケジュール管理できる人は、Webライティング関連の仕事を獲得できる人の特徴です。

なぜなら、依頼人とかわした納期を守るためには、スケジュール管理が必要だからです。

Webライティング関連の仕事は、単価が安い場合が多いので、複数のクライアントを掛け持ちする必要があります。

案件を多く受注すればするほど、納期を管理するのが大変になります。

納期を過ぎてしまうと、クライアントからの信用を失い、次の依頼が無くなったり、最悪トラブルになります。

このようなことを起こさないためにも、納期を守ることが重要なのです。

そして、スケジュール管理をしっかりと行い、納期をきっちりと守る人には信頼が持てるでしょう。

そのため、依頼人はスケジュール管理をしっかりとできていて、納期までに納品してくれる人に仕事の依頼を継続します。

つまり、Web関連の仕事を獲得できる人の特徴は、スケジュール管理のできる人となります。

余裕を持ったスケジュール管理をして、より良いものを納期内で提出しましょう。

Webライターになるために必要なスキル

これからWebライターに挑戦したいのなら、何のスキルが必要であるかというと以下の4つです。

  1. Word
  2. Excel
  3. WordPress
  4. SEOライティング

上記のWebライターに必要なスキルは、すべてブログの運営で学べます。

ブログを運営していくことによって、収集した知識(インプット)を実践(アウトプット)することができるので、おすすめの方法です。

学校の勉強でも、ただ授業を受けただけでは試験に合格できませんよね。

実際に問題を解かなければ、頭に残りにくいことは経験済みだと思います。

・授業=インプット
・問題を解く=アウトプット

上記のように考えるとまさにブログ運営は理想の練習場なのです。

次に、なぜ4つのスキルが必要なのかを解説したいと思います。

Word

Webライターを目指すのなら、Wordが使えることが前提条件であり、必須条件です。

実際に、クラウドソーシングサイトでライティングの仕事がないか検索してみてください。

募集要項に「納品はWord形式」と書いてある募集が多いことに気づくはずです。

そのため、Wordが使えないとなると、応募すらできなくなります。

では、無料のWord代替ソフトでWord形式に保存すればいいのでは、と疑問に思うかもしれません。

その場合、代替ソフトでWord形式で保存しても、Wordで開くと文字化けしている可能性がありえます。

そんなデメリットを抱えるならば、素直にWordを使いましょう。

他にも、Wordをおすすめする理由もあります。

誤字脱字を発見する機能が、無料の代替ソフトより優れているからです。

また、全体的な機能の充実度や使いやすさ、利用者が多いため困った時に情報が集めやすいといったメリットがあります。

他のファイル形式で納品しなければならない、といった場合に代替ソフトは役立つでしょう。

Excel

Excelは表計算ソフトですが、記事内に表を挿入したり、グラフを使用したい時に便利な機能です。

Wordでも簡単な表を作ることはできますが、あくまでおまけ程度の機能です。

本格的にグラフまで作りたいのであれば、Excelが必要になってきます。

特に数値を多用する記事では、グラフ化することで視覚的にわかりやすい表現になります。

例えば、未経験からwebライターになるにはブログ書け。転職方法を実体験から解説というページの円グラフはExcelで作れます。

グラフを使用することによって、わかりやすい内容の記事になるというのは、読者の離脱を防ぐ上で大きなメリットです。

WordPress

WordPressはブログを運営するために重要なスキルです。

クラウドワークスにてWordPressへの入稿が必須になるものを探すと、文字単価2.0円の案件がありました。

他にも文字単価4.4円の案件もあり、WordPressのスキルがあれば、一気に文字単価が上がるのがわかります。

稼いでいくためにはぜひ覚えておきたいスキルです。

SEOライティング

SEOライティングとは、Googleなどの検索エンジンで特定のキーワードを検索した時に、より上位にページを表示させるスキルです。

このSEOライティングを身につけることで、大きく稼ぐことが可能になります。

SEOライティング案件とWebライティング案件では報酬額に大きな差があるからです。

実際にクラウドワークスで各案件の文字単価を調べてみたところ、以下のような開きがありました。

【文字単価比較】

SEOライティングありSEOライティングなし
0.5円~11.0円0.1円以下~4.4円

このようにSEOライティングとWebライティングでは文字単価に大きな差があります。

したがってクラウドワークスで大きくい稼ぎたいのであれば、SEOライティングは必須のスキルと言えます。

【ブログなど】Webライターがスキルを磨く方法

Webライターのスキルを磨く上で有効な方法は以下の7つです。

  1. 講座で学ぶ
  2. 教材で学ぶ
  3. SNSで学ぶ
  4. YouTubeで学ぶ
  5. 記事を多く読む
  6. 社内報を書かせてもらう
  7. とにかくブログを書く

それぞれ解説していきます。

講座で学ぶ

いちばん成長が早く、効率の良い方法です。

講座はプロのライターが開催しているため、メリットが次の2つあります。

・フィードバックを受けることができる
・仲間集めができる

そして、人気のライティング講座を2つご紹介します。

野口さんとミューズアカデミーさんの概要

名称金額期間
ライティングカレッジ300,000万円3ヵ月
ミューアカ webライティング講座月額9,800円 +入学金30,000円短いコースでは1ヵ月 長いコースでは1年※

フィードバックがあると客観的に自身の特徴や癖を知ることができ、どちらとも丁寧に添削をしてもらえます。

また、TwitterなどのSNSで同じ講座を受けている人たち同士でつながることで、孤独を感じやすいライティングのお仕事に安心感を与えてくれます。

デメリットは最初にお金がかかることですが、ライターは1~2年あれば回収できることが多いです。

野口さんの講座の口コミはこちらです。

教材で学ぶ

教材で学ぶことはあまりおすすめできません。

理由は以下の2つです。

・教材の練習と相手がいる仕事では成長スピードが全く違う
・生のフィードバックをもらえない、もしくは遅い

おすすめの教材は2つです。

・寺本隆裕さんの本
・ジョン・ケープルズさんの本

ユーキャンと神田さんの教材比較

名称料金期間
webセールスライティング習得ハンドブック4,378円数日~数週間
ザ・コピーライティング3,520円数日~数週間

教材には練習問題などがあると思いますが、クライアントがいる仕事とそうでない練習では緊張感や本気度が違いますので、成長スピードが全く異なります。

また、練習問題では正解が書かれているだけでフィードバックをもらえない場合や問い合わせをしても返信が数週間かかることもあります。

なので、教材よりも実践が大切です。

寺本さんの本の口コミはこちらです。

ジョン・ケープルズさんの本の口コミはこちらです。

SNSで学ぶ

SNSで学ぶのは、大きく成長する可能性があります。

メリットは本来は会えない人とコンタクトが取れることです。

ライターとして成功している人の投稿から学べることは多くあり、できる人からTTP(徹底的にパクる)のは王道ですよね。

成功している方はおすすめ講座でも出させていただいた野口真代さんです。

この方はライターとして独立→失敗→会社員→師匠と出会う→独立という経歴で、今はオンラインスクールを経営されていらっしゃいます。

SNSですでにいるwebライターから学ぶことに加えて、自分のアカウントでアウトプットをすることもおすすめです。

学んだことを実際に行動に移すことがで定着するので、インプット2割、アウトプット8割を意識しましょう。

特にライターは、実践に勝るものはありません。

YouTubeで学ぶ

インプットを目的とするなら、とてもおすすめです。

なぜなら、SNSと同じようにライターとして成功している人が配信しているので、学ぶことが多くあります。

講座やコミュニティに入ってもらうための窓口としてYouTubeで配信している人が多いので、惜しみなく良い情報を教えてくれます。

なぜなら、有益な情報を最初に伝えて、ファンになってもらってからの方が売れやすいからです。

また、チャンネル登録者数が多いアカウントも参考になります。

YouTubeのおすすめアカウントは「マナブ」さんです。

この方はYouTubeチャンネル登録者数55万人を超え、タイを拠点に活動しているブロガーです。

ブログで人を惹きつける言葉を使い有名になられた方で、「未経験からwebライターになるには」という投稿もされています。

読み手を惹きつけるように言葉に気を遣って配信しているため、配信内容だけでなく、話している言葉やテロップにも注目してみると勉強になります。

記事を多く読む

Webライターとしてのスキルを磨く方法は、記事を多く読むことです。

なぜなら、実際にWebサイトに掲載されている記事を読むことで表現を学んだり、特徴を見つけることができるからです。

例えば、Webライターになるためのノウハウ記事などでは、以下のような記事が掲載されています。

  • アクセスの集め方
  • 読みやすい文章の書き方
  • SEOについての解説

上記のような記事を多く読むことで、総合的なWebライターとしてのスキルを磨くことができます。

また、上位表示の記事を多く読むことで、どのような構成や文章の記事が評価されやすいものなのかも学べます。

多くの記事を読むことで、知識も蓄えられ、文章の書き方なども学べるでしょう。

さらに、リサーチ力も身につけるために、どのようなキーワードが使われていて、どう情報がまとめられているかを比較して読むことも大切ですね。

自分が興味を持っているジャンルのブログ記事などを読むことも、自分の持っている知識の上乗せができるので、おすすめです。

このように、実際の記事を読むことで、色々なことを学ぶことができるのです。

このことから、Webライターとしてのスキルを磨く方法は、多くの記事を読むことと言えます。

たくさん良い記事を読んで、自分のスキルを磨き、さらに良い記事を書けるように努力していきましょう。

社内報を書かせてもらう

社内報を書かせてもらうことも、Webライターとしてのスキルを磨く方法の1つです。

なぜなら、社内報とは会社内へ情報を伝えることなので、記事を書いて読者に伝えるのか、社内へ伝えるのかの違いだけだからです。

例えば、社内報を書いて伝えるというキーワードで考えると、必要なスキルは下記のようなものです。

  • 文章力
  • プレゼンテーション能力
  • 情報収集能力
  • コミュニケーション能力
  • 計画、企画力

このように、社内報として社員へ伝えるということは、読者へ向けて記事を書くことと通じる部分がほとんどなのです。

身近な社員に伝えることができないのなら、顔も名前も知らない読者に伝えることができるとは思えません。

なので、社内報を書かせてもらい実践練習を行うのです。

同じ会社の社員であれば、きっとアドバイスなどももらえると思います。

それに、社内報を書いて褒められたとしたら、きっとモチベーションもアップしますよね。

社内報を書かせてもらうことは、Webライターのスキルを磨く方法と言えるのです。

身内でたくさん練習させてもらって、読者に喜んでもらえる文章を書けるようにスキルアップしましょう。

とにかくブログを書く

Webライターとしてのスキルを磨く方法は、とにかくブログを書くことです。

どんなに勉強したとしても、実際に書かないとスキルアップはできないからです。

例えば、オリンピックで金メダルを獲った体操選手に「跳び箱の飛び方はこうする。」という話を聞いただけでは、飛ぶことはできないですよね。

話を聞いた上で、自分で飛んでみなくてはできないはずです。

Webライターも同じで、どんなに書き方を聞いても、実際に書いてみないとできるようにはなりません。

話を聞くと自分にもできそうだと感じることもあるでしょう。

ですが、実際に行動に移してみなければ、自分には何が足りないのかということに気付けないのです。

また、ブログをたくさん書くことで、次のようなメリットがあります。

  • 文字数の多い記事もコンスタントに書くことができるようになる。
  • 言葉の使い方やセンスが良くなる。
  • 改行をする場所がわかるようになる。
  • 一文の文字数を意識できるようになる。
  • 効果的な文字装飾のポイントがわかるようになる。

他にも色々なメリットがありますが、上記を見ただけでも、Webライターとして必要なスキルばかりです。

なので、ブログで実践することで、スキルを磨くことができるのです。

このことから、Webライターとしてのスキルを磨く方法は、とにかくブログを書くということが言えます。