ランサーズは初心者でも仕事の受注が可能!登録方法やおすすめ案件を解説

ランサーズ 初心者

「ランサーズって初心者でも仕事を受注できるものなのかな」

「副業におすすめ、初心者向けの仕事ってどんなのがあるんだろう」

ランサーズに登録しようか迷っている人は、このように悩みがちです。

結論から言いますと初心者でもランサーズで仕事を受注し、稼ぐことは十分に可能です。

詳しくは本文で解説いたしますが、『初心者OK・大歓迎』などといった案件が多くあるからです。

こういった案件は単価が低いのが玉に瑕ですが、数をこなすことで月の収入が50,000円超えることもあります。

もちろんこういった案件は単に『人を集めるために初心者歓迎と言っているだけ』なのではありません。

仕事内容を見てみると、データ入力などといった簡単な単純作業であることがほとんど。

そのため『初心者歓迎案件』は、ランサーズおよび副業初心者におすすめな案件と言えます。

しかしそうなると「どうせなら仕事するなら、やっぱり効率的に稼ぎたい!」と思う人も多いはず。

そこでこの記事ではランサーズ初心者でも稼げる理由・おすすめの仕事はもちろん、受注するデメリット・登録方法・効率良く稼ぐ方法を解説いたします。

この記事を読み終えるころには、ランサーズにて初心者がこなすべき仕事・稼ぐためにやるべきことが一通りわかりますよ。

Webライター募集
法人化・事業拡大に伴いWebライター積極採用中

ランサーズ初心者でも収入50,000円は可能

ランサーズ初心者でも収入50,000円は可能な理由は3つあります。

  1. 初心者でも受注できる仕事がたくさんある
  2. 生産性次第では低単価案件でも十分に稼げる
  3. 経験・実績を積めば採用されやすくなる

初心者でも受注できる仕事がたくさんある

ランサーズでは、ライター初心者でも受注できる仕事はたくさんあります。

初心者歓迎の案件が多い「タスク・簡単作業・ライティング」に絞って、仕事を検索してみると、1038件もの案件が募集されています。(2022/2/9)

例えば、以下のような案件が初心者歓迎で募集されているので、見ていきましょう。

【ランサーズで初心者歓迎の案件】

案件単価文字数
占い体験レビューの記事作成3000円/1記事2500文字
興味のあるテーマでブログ作成500円/1記事1400文字
海外のyoutube動画紹介30円/1記事100文字
(タスク・プロジェクト案件含む/2022年2月7日)

上記のように、興味あるテーマでの執筆やyoutebe紹介なら、特別な知識やスキルがなくても自分の好きなテーマで執筆できますね。

また、占い体験レビュー記事執筆は、実際に電話占いを受けた後に体験談を執筆します。

そのため、ライターとしてのスキルがない初心者の方でも、取り組みやすい仕事と言えます。

このように、初心者歓迎の案件だけでもさまざまな仕事から選ぶことができますよ。

口コミをみると、ライター初心者で案件を受注している方は、以下のように多くいます。

このように、実際に初心者の方でも案件を複数獲得していますね。

つまり、ランサーズを始めたばかりでスキルがない初心者の方でも、案件を受注して報酬を得ることができるわけです。

初心者でも獲得できる案件はたくさんあるため、まずはランサーズで初心者歓迎の案件を検索してみましょう。

生産性次第では低単価案件でも十分に稼げる

ライター初心者でも、生産性次第では低単価案件でも十分に稼ぐことが可能です。

なぜなら、タスク案件のような低単価な案件だけも、作業時間でカバーできるからです。

例えば、移動中や休憩中などの隙間時間を執筆作業に当てることで、作業時間を作り出すことができますよね。

仕事終わりや休日だけでなく、移動中などの隙間時間も仕事にあてることで、低単価案件でも十分に稼ぐことができますよ。

隙間時間を活用して案件をこなすコツは、スマートフォンでもできる仕事を獲得することです。

移動中の電車や、会社の休憩中に自分のパソコンを使うことが難しいシーンもありますよね。

そのため、スマートフォンでできる案件も獲得することが、隙間時間を有効活用するのに適しています。

例えば、以下のような案件ならスマートフォンでも隙間時間で執筆できますよ。

【スマホで稼げる案件の例】

案件単価文字数
ディズニーリゾートのツイート作成10円50~140文字
副業の体験談の記事執筆55円500文字
過去の体験に関するアンケート300円文字数未記載
(2022/2/9)

上記のように、ツイートの作成やアンケートの回答なら、隙間時間にスマートフォンで仕事を進めることができますよ。

また、ツイートの作成は文章が短いため、ライター初心者でも取り組みやすくおすすめです。

500文字以上の文章の作成であれば、隙間時間にスマホでもできますし、自宅での作業時間で執筆しても良いでしょう。

実際に口コミでも、隙間時間を有効活用することで収益に繋げている方が多くいますよ。

このように、隙間時間だけで月収15,000円を達成している方もいますね。

また、昼休みの隙間時間で案件を検索することで、案件を受注している方もいます。

つまり、隙間時間を活用していかに生産性を上げるかが、大切になってくるわけです。

今一度、自分の作業できる時間を見つめ直して、作業時間を捻出できるタイミングを探してみましょう。

その際は、スマートフォンでできる案件もぜひ検討してみてくださいね。

経験・実績を積めば採用されやすくなる

ライター初心者の方でも、経験や実績を積めば案件の採用がされやすくなります。

なぜなら経験や実績を積んで、クライアントに信用してもらうことで採用につながるからです。

まず、実績を積んだ状態のワーカーは、納品実績があることでクライアントから最後まで仕事をしてくれるという安心感に繋がります。

その結果、経験や実績を積んでいない状態よりも信頼をされやすくなるのです。

例えば口コミをみても、経験や実績を積むことで案件を獲得している方が多くいますよ。

このように、経験・実績をしっかりと積んでいけば、高単価案件を獲得することも可能になります。

また、経験を積んだことで自分の知らない間に市場価値が上がっていた、という口コミからも実績を積むことの大切さがわかりますね。

つまり、経験や実績があることでクライアントの信用に繋がり、採用される可能性も高くなるということです。

まずは、クライアントに信用されるように案件をこなして実績や経験を積んでいきましょう。

また、ランサーズでは実績や経験を積み上げていくと「認定ランサー※」になることができます。

「認定ランサー」とは、ランサーズに登録しているプロの中から、ランサーズが定める基準をすべて満たしたランサーのことです。
認定ランサーは、返信速度・納品実績・獲得額・高評価などの条件を満たしています。

ランサーズ|認定ランサーとはなんですか?(発注者向け)(2022/2/9)

認定ランサーになるための条件には、以下のような項目を全て満たす必要があります。

  1. 獲得報酬額: 各カテゴリの上位20%
  2. クライアントからの評価: 4.8以上
  3. 仕事完了率: 90%以上
  4. タスク承認率: 90%以上
  5. 24時間以内のメッセージ返信率: 80%以上
  6. 最終ログインが1ヶ月以内
  7. 各種認証済み
  8. プロフィール登録済み

このように、認定ランサーになるためには、厳しい条件を通過する必要があります。

しかしその分恩恵も大きく、案件に採用される可能性も格段に上がりますよ。

なぜなら、認定ランサーはランサーズで認められた証明であるため、クライアントからも信用されやすくなるからです。

また、プロフィールにバッジが表示されるようになり、他のワーカーとの差別化を図ることができますね。

そのため、案件に採用されやすくなるわけです。

このように初めは低単価の案件でも、仕事をこなして実績や経験を積み上げていくことが、採用されやすくなることに繋がります。

タスク案件やプロジェクト案件を積み重ねて、経験や実績を積んで採用されやすい環境を作っていきましょう。

ランサーズで副業・仕事を受注するデメリット

クラウドソーシングのデメリットには、次の3点があります。

  1. 実績がないうちは採用されにくい
  2. スケジューリングが大変
  3. トラブルが発生するかもしれない

実際の口コミを例に解説をしますね。

実績がないうちは採用されにくい

クラウドソーシングでは、実績がないうちは採用されにくいといわれています。

理由は、経験や実績が必要だと考えられているためです。

実際にtwitterで、ライティング経験が浅い場合はプロジェクトに提案しても採用は難しいという意見があります。

このように採用にあたって経験と実績は重視されています。

つまり希望の採用をつかむためには、実績づくりがなにより重要なのです。

そのため実績づくりと割り切って案件を探すことも必要です。

実績を増やす方法には、次の2つの方法があります。

  • ライティング単価の低い案件の採用
  • アンケートの案件での採用

前者ではライティングの経験をしながら、後者では希望の内容ではないものの、実績自体は積み上げることができます。

実績数は案件の内容にかかわらず、実績1と評価されるからです。

このように最初は希望以外の案件も含めて実績数を増やすことで、希望の案件に採用される可能性を高めることができます。

スケジューリングが大変

スケジューリングは大変です。

なぜなら最初のうちは、自分がどのくらいの仕事量をこなせるのかわかっていないからです。

そのため納期までのスケジューリングの問題が発生します。

実際、執筆自体のスキルだけでなく、スケジュール管理能力が大切だという声があります。

上手くいっている人はどうやってスケジューリングしているのか、という口コミもあります。

このようにスケジューリングは大変なのです。

スケジュールを管理していくには、自分の仕事量を把握しておくことです。

そのためには、数を重視して仕事量を把握していく姿勢も大切になります。

たとえば単価が高いものと低いものを比較すると、一般的に前者の方がクオリティが求められるものです。

つまり数をこなすには、単価が低い案件の方が有利です。

案件の数をこなすことで、自信がつきスケジュール管理も上手になっていくことでしょう。

ただし、低単価の案件をおすすめしているわけではありません。

注意したいポイントは次の3つです。

  • 低単価に絞らず、あくまで自分にできそうな仕事に積極的に提案していく
  • 低単価にかかわらず難易度が高いものがあるので、それは受注しない
  • 単価の低いものだけでなく、上げていく努力は続ける

このように組み合わせながら、コンスタントに仕事を受注できるようにしていきましょう。

トラブルが発生するかもしれない

金銭トラブルが発生するかもしれません。

通常、納品後に報酬が支払われることが多いからです。

実際にTwitterで『ランサーズ、トラブル、ライター』と検索をしてみると、直接取引したら報酬が支払われなかったというトラブルがあります。

つまり、せっかく仕事をしたのにその対価が支払われないというわけです。

もし実際に起こった場合は、非常にショックを受けると思います。

そのため未払いといった金銭トラブルを避けるためにも、仮払い制度を利用するのがおすすめです。

仮払い制度とは、支払い時に報酬を受け取れないことを予防する仕組みです。

この仕組みでは、先払いされた報酬を一旦運営側がお金を預かり、完了時に支払いが実行されます。

そのため金銭トラブルの心配をせずに、安心して仕事に取り組むことが可能です。

このように運営サイトを利用することで、仕事を納品したのに報酬が支払われないといった金銭トラブルが発生するリスクを回避することができます。

【データ入力など】初心者向けのおすすめな仕事

初心者向けのおすすめな仕事は3つあります。

  1. Webライティング
  2. データ入力
  3. タスク系の仕事

Webライティング

初心者におすすめの仕事の一つ目が、Webライティングです。

Webライティングとは、Web上に掲載される文章を執筆する仕事のことを指します。

一口にWebライティングといっても、その内容は様々で、ニュースサイト・ブログ系・セールスライティング・インタビュー記事・感想の執筆、など多岐に渡ります。

Webライティングが初心者におすすめな理由として、下記のようなものが挙げられます。

  • 未経験可の案件が多い
  • ステップアップが可能
  • 隙間時間で出来る

今回は、未経験可のWebライティングの案件を国内大手のクラウドソーシングサービス※1であるランサーズより3つ抜粋しましたので、その特徴を見ていきましょう。

※1:クラウドソーシングとは、企業や個人がインターネットを通じ、不特定多数に仕事を発注する業務形態を指します。

【未経験可のWebライティング案件】

案件内容
【経験不問!未経験者OK!】芸能人エンタメ記事の作成【完全在宅ワーク、スキル不要】・1記事1,400文字以上
・1日1記事作成、10記事ごとに支払い
・記事単価500円
【単価アップ有・オンライン英会話】1記事1,500円〜ブログ記事の作成ができるライターさん募集!・1記事、3,000文字〜10,000文字
・1週間に1〜2記事を納品
・文字単価0.5円
・英語学習の経験必須
【初心者・主婦 大歓迎!】アナウンサーに関する記事作成。1記事300円!(850文字以上:10記事)・1記事あたり850 文字
・3週間で10記事を納品
・記事単価300円
ランサーズ|ライティング・ネーミングの仕事・依頼(2022年2月11日)

上の表から未経験可のWebライティングの案件には、以下の特徴があることが分かります。

  • 記事単価での報酬が多い
  • 文字単価換算では、1円未満の案件が多い
  • 複数記事の定期納品が義務付けられているケースが多い

一方、2番目の案件を見てみると、案件文章に単価アップの文言があります。

これは、定期納品を続けていると、クライアントが報酬を上げてくれる見込みがあることを意味します。

つまり、Webライティングは、低単価案件→高単価案件へのステップアップが出来る仕事だと言えます。

以上のことから、Webライティングは未経験者にオススメの仕事です。

データ入力

初心者におすすめの仕事の二つ目が、データ入力です。

データ入力とは、クライアントが求めるデータをフォーマットに入力していくと行った仕事です。

アンケート結果や顧客リスト情報の入力など、あらかじめデータが用意されている仕事もあれば、Web上で自ら情報を収集してきてリストを作るタイプの仕事もあります。

データ入力が初心者におすすめである理由としては、下記のようなものが挙げられます。

  • 未経験可の案件が多い
  • 専門知識が必要ない
  • 単純作業で仕事の難易度が低い

データ入力は単純作業である場合が多く、ある程度クリエイティビティが必要なWebライティングと比べ、より初心者にも挑戦しやすい仕事であると言えます。

一方で、単純作業であるが故に、Webライティングのようなスキルを身につけ単価をアップするといった働き型は難しい仕事であるとも言えますよね。

データ入力に関しても、ランサーズより未経験可の案件を3つピックアップしましたので、特徴を見ていきたいと思います。

【未経験可のデータ入力の案件】

案件内容
【誰でもOK♪50円/件】YouTubeチャンネルの情報を調べるだけのカンタン作業☆下記情報の入力
・YouTubeチャンネルのチャンネル名/URL/ID
・所属事務所
・問い合わせ先メールアドレス 50円/件
【インスタ】リストアップ作業(こども2人以上、10万〜20万、2/11)※ルール改正インスタグラムアカウントのID入力
・フォロワー数:10~20万人以下
・公開アカウントであること
・入力はインスタのIDのみを記載 11円/件
【スマホ限定|報酬1.2倍】単純なデータ収集作業D(2022021101)依頼概要 コピー&ペーストでできる簡単な仕事 Webから指定情報の収集 26円/件
ランサーズ|データ収集・入力・リスト作成の仕事・依頼(2022年2月11日)

上の表から未経験のデータ入力は、20円〜50円/件が相場の報酬体系であるということが分かります。

また、募集要項に仕事の詳細が明かされていない場合も多くあります。

3番目の案件をみるとその特徴が顕著ですよね。

ある意味、データ入力の仕事は当たり外れのある仕事であると言えるかも知れません。

只、件数や仕事をする期間などはあらかじめ、クライアントに質問すれば把握が出来ることも多くあります。

自分で行動し不安材料を消すことで、ミスマッチをある程度解消しましょう。

以上のことから、データ入力は初心者におすすめの仕事と言えます。

タスク系の仕事

初心者におすすめの仕事の三つ目が、タスク系の仕事です。

タスク系の仕事とは、先ほどのデータ入力を含む比較的簡単な作業系の仕事を指します。

データ入力の他にも、レビュー投稿や、アンケート、テキスト入力等もこれに当たります。

主に単発系※2の仕事が多く、単価も様々です。

※2:単発系の仕事とは、1回限りの作業で報酬が得られる仕事のこと

そもそも、データ入力がタスク系の仕事というカテゴリーに含まれるため、タスク系の仕事が初心者へおすすめである理由は、先ほどの内容とほぼ同じになります。

専門知識が必要なく、求められるレベルも高くない、よって誰でも出来るといった点でしたよね。

また、今回もランサーズよりタスク系の仕事について表でまとめてみましたので、その特徴を見ていきたいと思います。

今回は、タスク系の仕事で各種代表的なものと、その報酬の相場についてまとめました。

【タスク系の各種仕事と料金体系】

各種仕事価格相場
データ収集・入力・リスト作成1,000〜10,000円/100件
テープ起こし・文字起こし90〜260円/1分
レビュー・口コミ(クチコミ)50〜200円/1レビュー
モニター・アンケート・質問10〜3,000円/1回答
データ調査・分析・統計500〜3,000円/100件
チケット・出品・予約代行100〜1,000円/商品1点
ランサーズ|仕事の種類・参考価格(2022年2月11日)

上の表をみると、タスク系の仕事には以下の特徴があると考えられます。

  • 報酬の振れ幅が大きい
  • データ収集・入力・リスト作成や、データ調査・分析・統計をみると100件当たりで報酬を試算していることから、これらの仕事は比較的、作業量の多い仕事であることが分かる
  • 反対に、モニター・アンケート・質問や、チケット・出品・予約代行は1件当たり、最高3,000/1,000円であることから、比較的、高単価な条件の仕事もあると言える

いずれにしても、作業量・報酬単価が様々であることから、仕事内容をよく把握し、目標金額に対してあらかじめ試算・計画を立てることが重要であると言えます。

逆に、特に専門的なスキルも必要ないため、計画通りに取り組むことが出来れば
ある程度、見込んだ収入は手に入るのではないでしょうか。

以上が、タスク系の仕事が初心者にとっておすすめである理由です。

ランサーズに登録して案件を受注しよう

ランサーズにて仕事を受注したいのであれば、まずは登録をしましょう。

  1. ランサーズに登録する
  2. 個人情報等を登録
  3. 本人確認書類を提出する
  4. 機密保持確認を行う

ランサーズに登録する

ランサーズを始めるには、まずは無料の会員登録をしましょう。

ランサーズとは、ランサーズ株式会社が運営するクラウドソーシングサービスのことです。

クラウドソーシングサービスとは、企業や個人がインターネットを通じて不特定多数に仕事を発注する業務形態を指します。

今日の日本では、副業の解禁を受け、耳にするようになった働き方の一つですよね。

ちなみに、ランサーズでは発注者をクライアント、受注者をランサーと呼びます。

ランサーズ会員になるには、ランサーズHP、トップページ右上の会員登録(無料)をクリックしていただき、ご自身のアドレス宛に確認のメールを送信します。

確認メールを受信すると、本文に『メールアドレス認証を完了する』、というボタンがあるので、そちらをクリック。

続いて、ユーザー名とパスワードを入力します。

その後、主な利用方法で、『仕事を発注したい』もしくは『フリーランス・副業・在宅で働きたい』を選択します。

個人情報等を登録

個人情報の登録について、法人と個人の場合がありますが、今回は個人での登録のやり方を説明いたします。

まず、区分を個人の選択にしていただき、その後、個人情報を入力していただきます。

尚、入力する個人情報ですが、以下の内容となります。

  • お名前(非公開)
  • 性別
  • 業種(従事している本業の業種)
  • 電話番号(非公開)
  • 生年月日(非公開)
  • 依頼したい仕事
  • 予算(依頼1回あたり)
  • 都道府県(一般公開or非公開)
  • 市区町村(一般公開or非公開)
  • プロフィール

上記の内容を入力しましたら、個人情報の登録は完了です。

本人確認書類を提出する

ランサーズでは、クライアント・ランサー双方の信頼性の向上、トラブル防止のために本人確認を行なっています。

本人確認申請は任意ではありますが、本人確認済みのランサーズ会員はプロフィールにて
『本人確認済み』と明記され、信頼性が大幅に上がります。

そういった理由から、本人確認申請はランサーズを始めるに当たってマストというわけなのです。

本人確認申請を行うには、個人情報に加え、プロフィールにて自身の住所を入力します。

その後、マイページの各種認証から、『本人確認を認証する』をクリック。

本人確認資料の送信フォームが表示されるので、証明書類をアップロードし、『送信する』をクリック、送信してください。

尚、本人確認書類の種類につきましては、以下のものから1点の提出になります。

  • 運転免許(表面、住所変更がある場合は裏面も提出)
  • 健康保険(表面、ランサーズの登録住所が裏面に記載ある場合は、裏面も提出)
  • パスポート(氏名・住所・生年月日の記載箇所がわかるように)
  • 外国人登録証明書(表面、住所変更がある場合は裏面も提出)
  • 住民基本台帳カード(表面、住所変更がある場合は裏面も提出)
  • 学生証・年金証書・在留カード(公共料金の利用明細と併せて提出)

また、提出する証明書に記載の住所・氏名と、ランサーズ登録の住所・氏名は一致していなければなりません。

上述の書類提出が完了すると、通常、3〜5営業日以内に認定マークが付与されます。

機密保持確認を行う

機密保持確認とは、ランサーズ利用規約の「第18条 取引における機密保持」について、再度、署名することで機密保持に努めていることを確認するサービスです。

簡単に言うと、仕事で得た情報はリークしません、という意思表示と思ってください。

認定を受けた会員は、『機密保持確認済』がプロフィールに表示され、信頼性が担保されます。

手続きも難しいものではないので、こちらの認証も必ず取得していただきたいものです。

機密保持確認を行うには、前もって、本人確認の認証を取得しなければなりません。

ここでは、本人確認が完了したとしまして、機密保持確認の手続き手順を説明します。

マイページの各種認証より、『機密保持確認を認証する』をクリック。

各種条項が出て来ますので、目を通し『機密保持事項に表示会員として改めて同意する』にチェックを入れます。

その後、『利用規約内の機密事項に改めて同意する』をクリック。

再確認が表示されるので、『OK』を押します。

以上が、機密保持確認の手順になります。

ちなみに機密保持確認の場合、上述の手続きが完了次第、即時に認定マークを取得できます。

プロフィールが重要!効率よく稼ぐ方法

ランサーズ初心者が効率よく稼ぐ方法は4つあります。

  1. 初心者向けかつマニュアル完備の案件を獲得する
  2. 経歴をキチンと書いたプロフィールを用意する
  3. 納期・マニュアルを徹底して守る
  4. 返信は24時間以内に行う

初心者向けかつマニュアル完備の案件を獲得する

ランサーズにて効率よく稼ぎたいときは、初心者向けかつマニュアル完備の案件を獲得しましょう。

そうすることで、ランサーズでの勤務経験がない、いわば「右も左も分からない人」でも仕事が始められるからです。

実際にランサーズでは、以下のような案件があります。

【ランサーズ|マニュアル完備案件

案件名作業内容報酬/1記事
【初心者様歓迎/マニュアル完備/継続案件】高級時計に関する記事作成の仕事・構成
・記事執筆
・画像選定
1,000円
作成かんたん/マニュアル完備/1記事30分/ライター初心者にもおすすめ【201508_W451】の仕事・簡単な記事の画像収集
・ライティング
・記事の構成
280円
★初心者OK★まとめ記事の書き方について1から学べるお仕事。ボーナス有り&マニュアル完備!の仕事・ライティング・試用期間 50円
・本採用後300円
引用元:ランサーズ(2022年2月8日)

上記の表でわかるように、ランサーズには初心者でも受注可能で、かつマニュアル完備の案件が多く募集されています。

マニュアルは様々ですが、主に働き方やクライアントの考え方、そして要求内容などが読み取れるものが一般的です。

そのため、マニュアルを徹底することがクライアントとの信頼関係の上で重要となってきます。

なぜなら、マニュアルをしっかりと理解し、それを守ることが、高評価を得られることに繋がっているからです。

そして、高評価を得ることで、案件の獲得できる可能性も高くなっていきます。

その結果、初心者でも稼げるということに結び付いていくと言えるでしょう。

このことから、ランサーズにて効率よく稼ぐためには、初心者向けかつマニュアル完備の案件を獲得することもその1つと言えます。

経歴をキチンと書いたプロフィールを用意する

ランサーズにて効率よく稼ぐためには、経歴をキチンと書いたプロフィールを用意するべきだと断言できます。

なぜなら、実績のない初心者であっても、プロフィールの内容を充実させることで、採用される可能性が高まるからです。

例えば、以下のAとBのような受注者からライティング案件の応募があったと仮定してみましょう。

【Aの受注者のプロフィール】
私はAと申します。
ライター歴10年、カメラマン歴5年。
5年前より取材時の写真撮影などもおこなっています。
取材やインタビュー記事など執筆や撮影が必要な場合でも1人で完結することが可能です。
現在はフリーランスとして活動しています。

〔可能な業務やスキル〕
・執筆
・取材/インタビュー
・写真撮影(画像修正も可能です)
保有資格
・旅行業務取扱管理者
実績例
・大手人材系Webサービスのオウンドメディア記事執筆/取材記事執筆(撮影含む)
・旅行系雑誌での取材記事執筆
・ゲーム紹介メディア記事執筆 ほか

ご興味を持っていただけましたらお気軽にご連絡ください。

【Bの受注者のプロフィール】
私はBと申します。
ライター歴10年、カメラマン歴5年。
Web/紙問わず、取材/執筆を経験。

ご興味を持っていただけましたらお気軽にご連絡ください。

このような2人の受注者から応募があった場合、どちらが採用されやすいかは一目瞭然ですね。

このように、プロフィールに経歴を記載することで、発注者側としての判断材料が増し、採用に影響があると言えるでしょう。

そして、案件を獲得しやすくなることは、効率よく稼ぐことに直接影響を与えます。

このことから、ランサーズにて効率よく稼ぐ方法には、経歴をキチンと書いたプロフィールを用意するべきだと言えるのです。

納期・マニュアルを徹底して守る

結論から言いますと、ランサーズにて効率よく稼ぐには、納期・マニュアルを徹底して守るのがよいです。

なぜかというと、納期とマニュアルを徹底して守ることにより、高評価を得られるからです。

そして、仕事を依頼する側としては、当然高評価の受注者に依頼するでしょう。

実績を積んでいても、悪い評価をされてしまうと、仕事が受注できないなどのマイナスな影響が強くなってしまいます。

高評価を得るためには、納期とマニュアルの両方を丁寧に守って仕事を行うことが重要となります。

納期を守ることは、仕事を契約する際の当然義務なので、言うまでもありません。

意外と多いのが、マニュアルの見落としをしてしまうことです。

このマニュアルの見落としが、評価の分かれ目となってしまいます。

多少手間がかかってしまっても、マニュアルを徹底して守ることが重要と言えるでしょう。

納期とマニュアルを徹底して守り、高評価を得て多くの案件を獲得することは、結果として稼ぐことにつながります。

このことから、ランサーズにて効率よく稼ぐためには、納期・マニュアルを徹底して守ることなのです。

返信は24時間以内に行う

ランサーズにて効率よく稼ぐためには、返信を24時間以内に行うことと言えます。

理由としましては、返信が早い方が好印象となるからです。

例えば、次のような場合で例えてみましょう。

  • メールの返信がもう何日も返ってこない。
  • 返信期限を伝えたのに返信が来なく、仕事が進まない。

このようなことがあると、依頼する側としてはストレスが溜まってしまうでしょう。

最悪の場合、返信がないことでクライアントからの苦情に発展してしまう可能性もあります。

そうなりますと、継続依頼が来ないことは目に見えていますよね。

こういった事態を回避するためにも、返信は24時間以内に行うようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました