Webライター職は副業向き!初心者・未経験者でも仕事・収入を得られます

Webライター 副業

「Webライター職って、副業に選んでも大丈夫なのかな」

「副業Webライターは、本当に仕事・収入を得られるの?」

「初心者・未経験・主婦でも、チャレンジできるのかな……?」

Webライター職を副業に選ぶとき、このように悩む人もいるハズ。

詳しくは本文で解説いたしますが、Webライターという仕事は副業におすすめです。

理由は以下の通り。

Webライター職が副業におすすめな理由
  • 未経験でも仕事を獲得できる
  • 在宅で仕事ができる
  • 隙間時間に働ける
  • PC1つで働ける
  • 仕事が簡単に見つかる
  • リスクなしで始められる
  • 書けば書くほども儲かる
  • ライティングスキルが身に付く
  • ビジネススキルが身に付く

上記2つによって、Webライターという仕事は副業にうってつけと言えるのです。

ただし、メリットがあると同時にデメリットや注意点もあります。

そこでこの記事では以下のことを解説いたします。

この記事を読んでわかること
  • 副業Webライターの全貌
  • 副業Webライターの仕事内容の詳細
  • Webライター職が副業におすすめである理由
  • Webライター職を副業に選ぶ際のデメリット
  • 副業でWebライターを始める方法
  • 副業Webライターが仕事を効率的に獲得する方法
  • 「Webライターを副業に選んで本当に稼げるのか?」の検証
  • 副業Webライターが収入をあげる方法
  • 副業Webライターにこそおすすめのツール
  • Webライター職を副業に選ぶときの注意点
  • Webライターを副業に選んだ際によくある質問

この記事を読み終える頃には、Webライターを副業に選ぶべきかどうかがわかりますよ。

在宅でできる副業を探している人は、ぜひ読んでみてくださいね。

Webライター募集
法人化・事業拡大に伴いWebライター積極採用中
  1. Webライター職は副業向き!初心者もOK
    1. 副業Webライターとは?
    2. 渡された構成で執筆を行うのが基本
    3. ライターの種類
    4. Webライティングの執筆ジャンル
    5. 初心者案件も!副業OKなライターの募集例
  2. 副業希望者必見!Webライターの業務内容
    1. 執筆
    2. KW選定
    3. 編集
    4. 校正・校閲
    5. WordPressへの入稿
    6. 競合の調査
  3. Webライターを副業に選ぶべき理由9選
    1. 未経験でも仕事を獲得できる
    2. 在宅で仕事ができる
    3. 隙間時間に働ける
    4. PC1つで働ける
    5. 仕事が簡単に見つかる
    6. リスクなしで始められる
    7. 書けば書くほども儲かる
    8. ライティングスキルが身に付く
    9. ビジネススキルが身に付く
  4. 未経験は注意!副業Webライターのデメリット
    1. 最初は稼げない
    2. 執筆に時間がかかる
    3. プライベートの時間が減るかもしれない
    4. スケジュール管理が大変である
    5. 実績がないと受注が難しい
    6. 継続依頼がないと収入が安定しにくい
    7. 納期に追われるかもしれない
  5. 初心者は必見!Webライターを副業で始める方法
    1. 仕事環境を整える
    2. 勉強する
    3. ブログを開設
    4. ポートフォリオ用記事を作成
    5. クラウドソーシングに登録
    6. 案件に応募する
    7. 執筆
    8. 修正
  6. 副業Webライターが仕事を獲得するコツ
    1. 応募数を増やす
    2. 実績を増やす
    3. 営業活動を行う
    4. 直接企業に応募する
    5. ブログやSNSでスカウトを待つ
  7. Webライターは副業でも稼げる?収入を検証
    1. Webライターの平均年収
    2. 1記事・1文字の相場
    3. シミュレーション
  8. 副業Webライターが収入を増やす方法
    1. 得意分野の仕事を受ける
    2. SEOスキルを身につける
    3. WordPress知識を身につける
    4. 単価UPを目指す
  9. Webライター職を副業に選ぶ際の注意点
    1. 自分が書きたいように書かない
    2. 本業に支障が出るかもしれない
    3. 質(文章のレベル)よりも量(文字数)を優先させない
  10. Webライターを副業に選ぶときによくある質問
    1. 確定申告は必要なのか?
    2. どんなパソコンがおすすめなの?
    3. スマホでもできるのか?
    4. バレないように副業をする方法はあるか?
    5. 年齢が問題になることはあるか?
  11. まとめ|Webライター職は副業におすすめ!

Webライター職は副業向き!初心者もOK

ここでは副業Webライターの定義から、副業Webライターがおこなう日々の業務までを以下4段階にわけて説明いたします。

副業Webライターの基本情報
  • 副業Webライターとは?
  • 渡された構成で執筆を行うのが基本
  • ライターの種類
  • Webライティングの執筆ジャンル
  • 初心者案件も!副業OKなライターの募集例

副業Webライターとは?

本業として別の仕事をこなしながら、副業としてWebライターをしている人を副業Webライターといいます。

生活するための資金を得る、本業としてのWebライターと区別するために、副業の2文字を付けて副業Webライターとよぶのですね。

実は、副業者数は近年増加傾向を示しています。

副業・兼業ワーカーの数も急増し、800万人を超えた。

引用元:ランサーズ|フリーランス実態調査2021(2022年8月19日時点)

副業者数増加のきっかけの1つが、政府による働き方改革です。

2019年に改訂されたモデル就業規則では、副業について以下のように定めています。

労働者は、勤務時間外において、他の会社等の業務に従事することができる。

引用元:厚生労働省|モデル就業規則(2022年8月19日時点)

政府による実質的な副業解禁の動きが、労働者に副業をはじめる後押しをしたといえるでしょう。

副業の中でも人気なのがWebライターです。

Webライターはクラウドソーシングにて初心者向けの案件が用意されており、専門知識がなくてもはじめやすいためです。

実際に、大手クラウドソーシングのクラウドワークスにて、初心者向けと記載のある案件を以下にまとめました。

案件名報酬額(1記事あたり)
【未経験、初心者歓迎】シナリオ作成10,000円 〜 50,000円
【初心者歓迎】【経験不問】FXのライティング〜 5,000円
ゆっくり動画の原稿執筆【初心者でもOK】2,200円
2022年8月19日時点

副業をはじめる流れができている中、初心者でも参入しやすいWebライターを副業に選ぶ人がでてくるのは納得ですね。

以上より、本業として別の仕事をこなしながら、副業としてWebライターをおこなう副業Webライターは今後増えていくと予想できます。

渡された構成で執筆を行うのが基本

副業Webライターは基本的に与えられた構成※で執筆をおこないます。

※構成とは記事全体のゴールを策定し、各見出しやタイトルを確定すること。ライティング案件には、構成から考えて書くものと、決まった構成に沿って書くものがある。

副業Webライターは本業との掛け持ちという性質上、構成を1から考えて作成する時間がないためです。

既に決まった構成に沿って書けばよいライティング案件を以下にまとめました。

案件名構成について
人気ラノベ作品の劇場版に関するブログ記事執筆記事の構成や見出し・内容はこちらで用意
様々な商品やサービスを紹介するメディアで執筆構成案などをまとめた指示書あり
「賃貸・引っ越し・仮住まい」に関する記事執筆当方の指定するキーワード・見出しに沿って作成
2022年8月19日時点

構成が既に決まったライティング案件を選ぶことで、構成や見出しづくりに時間を割く必要がなくなりますね。

まとめますと、副業Webライターは渡された構成で執筆をおこなうことで効率的にライティング業務をこなせるといえますね。

ライターの種類

そもそもライターにはさまざまな種類があり、その中の1つとしてWebライターが存在しています。

主なライターの種類と、書く内容を以下にまとめました。

ライターの種類書く内容
Webライター多ジャンルの記事を執筆
グルメライター食べものやレストランについて執筆
トラベルライター旅行や地域について執筆
コピーライター商品や企画のキャッチフレーズを考案
シナリオライター劇やドラマのストーリーを考案
ルポライター社会問題や時事問題について取材した内容を執筆
ゴーストライター著名人の代理としてエッセイや実用書を執筆
スポーツライタースポーツ記事を専門に執筆
ファッションライタートレンドや着回しなどファッションについて執筆
ノンフィクションライター事件や出来事に関するノンフィクションの取材、執筆

グルメライターやコピーライターが何か1つの分野に特化した書き手であるのに対し、Webライターは幅広いジャンルを手掛けるマルチプレイヤーであるといえます。

また、ノンフィクションライターやルポライターは取材の経験や長期の調査が必要となるため、副業には不向きです。

Webライターは取り組めるジャンルが広く、自分に合った分野のライティングで稼ぎたいという副業希望者にぴったりの職業だといえますね。

Webライティングの執筆ジャンル

Webライティングの執筆ジャンルはかなり幅広いといえます。

実際に、大手クラウドソーシングのクラウドワークスにある「ライティング・記事作成」カテゴリに分類されるジャンルは13種類にもおよびます。

キャッチフレーズ・コピーライティング
名前募集
オウンドメディア・ブログ記事作成
レビュー・口コミ
記事・Webコンテンツ作成
文章作成
編集・校正・リライト
セールスコピー・セールスリライト
シナリオ作成・脚本作成・小説作成
インタビュー・取材記事作成
書籍編集・雑誌編集
メルマガ・DM作成
その他(ライティング)

引用元:クラウドワークス|ライティング・記事作成(2022年8月19日時点)

副業Webライターであれば、オウンドメディアや記事・Webコンテンツ作成がおすすめです。

案件を選ぶ際には、得意な分野や本業に関わる案件を選べばやりやすいでしょう。

副業Webライターがやるべきでないのは、キャッチフレーズ・コピーライティングの作成です。

1つの採用案を考えるまでにかける時間と、採用される確率を考えると収入の効率が悪いためです。

実際にキャッチフレーズ・コピーライティングの案件の応募数をみてみましょう。

案件名報酬額応募数
ボルダリングジムのキャッチコピー22,000円101人
アパレルブランドのショップ名のネーミング募集2,200円103 人
新規設立予定の会社名の募集11,000円231人
2022年8月19日時点

採用されるには100人以上の応募者の中から選ばれる必要があります。

何時間かけて考えても選ばれなければ0円になってしまうことから、時間の余裕がない副業Webライターには不向きだといえますね。

つまり、副業Webライターを目指すのであれば、執筆ジャンルを絞って取り組みやすい案件からはじめることが成功のコツといえます。

初心者案件も!副業OKなライターの募集例

実際のライター求人例をご紹介しますね。

副業OKのWebライター求人例
  1. Webライター募集案件の例|その1
  2. Webライター募集案件の例|その2
  3. Webライター募集案件の例|その3

Webライター募集案件の例|その1

1つ目にご紹介するのは、社内報を作る事業部の記事を作成するお仕事です。

概要詳細
仕事内容・1,500〜2,000字程度の記事を執筆
・完全在宅勤務
・副業OK
必須スキルネット環境やWordが使える
納期約1週間
報酬1記事2,000円
indeed|求人検索(最終閲覧日2021年8月9日)

こちらは必須スキルなしで、納期も1週間あるため初心者の方もチャレンジしやすい案件ですね。

Webライター募集案件の例|その2

2つ目は地域ニュースサイトにて地元情報の記事を作成する内容です。

概要詳細
仕事内容・地元のイベントや災害情報などを執筆
初心者・副業OK
必須スキル特になし
納期1日1記事執筆
報酬月15,000円
indeed|求人検索(最終閲覧日2021年8月9日)

こちらのお仕事も初心者から応募することができます。

記事の内容は地域情報であれば様々なジャンルについて執筆することができるため、得意分野を探したい方にもおすすめですね!

ただし1日1記事の執筆が必要なので、毎日安定して時間を確保しなければなりません。

日々の生活の中で時間を作り、しっかりと納期を守れるかも見極めが必要ですね。

Webライター募集案件の例|その3

3つ目は特定ジャンルの商品をランキングで紹介する記事の執筆です。

概要詳細
仕事内容特定ジャンルの人気商品をランキング形式で紹介
必須スキル週25時間以上確保できること
納期記載なし
報酬仮採用期間1,000円
indeed|求人検索(最終閲覧日2021年8月9日)

こちらの案件は週25時間以上確保が必要なため、1日に4時間は執筆時間を作れる方向けですね。

ですが、執筆時間さえ確保すればWebライターとしてのスキルやSEOライティングを学ぶことができるので、実績作りにはもってこいの案件です!

以上3つの求人をご紹介しました。

様々な募集があるので、自分の生活やスキルに合う仕事を見極めて選びましょう!

副業希望者必見!Webライターの業務内容

Webライターの基本業務は以下のようになっています。

Webライターの基本業務
  • 執筆
  • KW選定
  • 編集
  • 校正・校閲
  • WordPressへの入稿
  • 競合の調査

執筆

Webライターの執筆業務には以下のものがあります。

求人内容業務内容
企業の社内報(社内新聞)の記事作成・インタビュー録音の文字起こし
・記事化するための構成作成
・構成に沿った文章の組み立て(執筆)
2022年9月3日

上記の求人の場合は、インタビュー録音を元に記事を執筆します。

インタビューなどの話し言葉は、その場で聞いている場合は意味や意図が伝わりますが、そのままを文章にしても読みづらいものになってしまいます。

そのため文字起こしの段階から以下のような作業をします。

文字起こしの例
  • 「あのー」「えっと」など、内容に関係ない言葉は削除する
  • 「あっちの」「こんな」などの話し言葉を書き言葉に置き換える
  • 語尾を「です」「ます」調に整える

さらに、文字起こしした内容から、インタビューの内容が伝わりやすいように、全体の構成を考え、ようやく記事の執筆の開始となります。

このように、Webライターの執筆業務は、ただ単に文章を書くだけではなく、文字起こしや構成作成にも対応する必要があります。

KW選定

Webライターの業務には、以下のようにKW選定が含まれることがあります。

求人内容業務内容
自社Webメディアのコンテンツディレクター・記事執筆
・KW選定
・外部ライター/インターン生の管理育成
・記事の校閲
・ワードプレスへの入稿
・リライト
2022年9月3日

上記のように、記事執筆だけでなくKW選定を含む、Webメディアの運営に携わる関連業務を任されることもあります。

しかしながら、コンテンツ運営で1番大切なことは、たくさんの読者に記事を読んでもらうことです。

特に現代では、知りたい情報を得るためにはGoogleで検索することが一般的です。

Googleの検索結果で、自分が書いた記事が上位に表示されるためには、KW選定とKWを意識した記事の執筆はセットといえます。

このような理由から、Webライター業務にはKW選定が含まれることが多いのです。

編集

Webライターの業務には、以下のように編集者としての役割があります。

求人内容業務内容
Webメディアの編集部を盛り上げてくれるライター&編集者・Webメディアの企画立案
・インタビュー対応
・イベントの取材
・ライティング
2022年9月3日

上記の求人のように、Webメディアの編集業務には幅広い業務に対応するスキルが求められます。

その中でも1番重要なのは、Webメディアの企画立案です。

Webメディアを運営するには、読者にとって魅力的なコンテンツであることが求められます。

そのためには、ターゲットとなる読者がどんな情報を求めているかなどのリサーチ力が必要です。

さらに、ターゲットとなる読者を集めるためにはどうしたらよいか、などマーケティングの知識も求められます。

また、インタビュー対応やイベントの取材では、コミュニケーション能力も必要不可欠です。

このように、編集の業務というものは、対応する業務の幅が広いことが特徴です。

校正・校閲

Webライターの求人には、以下のように校正・校閲の業務もあります。

求人内容業務内容
恋愛・占いメディア】WEBライター・恋愛や占い関連がテーマの記事執筆
・校正、校閲担当としての採用枠あり
2022年9月3日

校正・校閲の違いは以下の通りです。

【校正
誤字や脱字がないか、指定した表記原則に従っているかをチェックする

校閲
記事の内容に矛盾がないか、事実に基づいて記載されているかをチェックする

Webライターとして執筆した記事に対し、指摘や修正依頼が少なくなってきたら、校正や校閲といった業務へチャレンジすることも可能です。

Webライターの業務だけでなく、校正や校閲の業務を任されるようになれば、仕事の幅も広がります。

WordPressへの入稿

Webライターの業務には、以下の求人のように、執筆した記事をWordpressで入稿することが求められます。

求人内容業務内容
Webライター(男性向けWebマガジン)WordPress・SEOライティング
・Wordpressでの入稿
2022年9月3日

最近のWebメディアは、Wordpressを使って制作されているものが多いです。

そのため、Webライターの業務も、ただ単にテキストを納品するだけでなく、Wordpressへの入稿を頼まれることが多いのです。

WordPressで最低限覚えておきたい点は以下の通りです。

WordPress操作で覚えておきたいこと
  • アイキャッチ画像の設定
  • 見出しごとの画像挿入方法
  • 見出しタグ(H2、H3)の設定
  • 文字の装飾方法(太文字や色付けなど)

これらの操作ができれば、「Wordpressへの入稿」という条件はほぼクリアできます。

このように、Webライターの業務をするのであれば、Wordpressの基本的な操作は覚えておいた方がよいでしょう。

競合の調査

Webライターの業務には、以下のように競合サイトの調査があります。

求人内容業務内容
Webライター/クリエイティブ系・競合サイトの調査
・サイト改善の施策立案
2022年9月3日

この求人では、競合サイトの調査とともに、サイト改善の施策立案も含まれています。

Webメディアの運営において、Googleでの検索順位で上位に入ることが重要なポイントです。

そのためには、記事を書く前に、指定されたKWで上位に出てくる競合先の調査が必要となります。

競合先の調査ポイントは以下の通りです。

調査ポイント
  • コンテンツの内容
  • コンテンツのボリューム(見出しの数や文字数)

少なくとも、指定されたKWで実際にGoogleで検索結果を見て、上位10位の記事は一通り目を通しておきましょう。

競合先を調査した結果、競合先に不足している情報や、なんとなくわかりづらい点を洗い出します。

それを補うように記事を改善していくことで、競合先よりも充実した内容に仕上げることが可能です。

このように、記事の執筆前に競合の調査をすることは、Webライターの業務には必要不可欠です。

Webライターを副業に選ぶべき理由9選

Webライターを副業に選ぶべきといえるメリット9つあります。

副業Webライターのメリット
  • 未経験でも仕事を獲得できる
  • 在宅で仕事ができる
  • 隙間時間に働ける
  • PC1つで働ける
  • 仕事が簡単に見つかる
  • リスクなしで始められる
  • 書けば書くほども儲かる
  • ライティングスキルが身に付く
  • ビジネススキルが身に付く

未経験でも仕事を獲得できる

Webライターの仕事は、未経験でも仕事を獲得することができます。

最近は、クラウドソーシングサービスが充実しています。

まったくの未経験者でも、クラウドソーシングサービスを使って、仕事を獲得できるチャンスは十分あります。

仕事内容文字数単価
【簡単!未経験者歓迎!】電子書籍コミックの記事作成募集【マニュアル完備】500文字〜0.4円
初心者・未経験者OK!ご自身のアルバイトの体験談をお願いします!マニュアルありで非常に簡単!1,500文字〜0.1円
【主婦歓迎】小説まとめブログの記事作成♪マニュアル完備で初心者でも安心です2,000文字〜0.1円
2022年8月25日

上記のように、初心者・未経験者を対象とした求人は数多くあります。

そして初心者・未経験者向けの求人は、ほとんどがマニュアルが用意されていることも特徴です。

マニュアルが用意されていれば、Webライター未経験者でも、安心して仕事に取り組むことができますね。

このように、Webライターは初心者・未経験者でも仕事を獲得できる点がよいところです。

在宅で仕事ができる

場所を選ばず、在宅で仕事ができる点はWebライターのよいところです。

まず通勤する必要がなくなるため、時間に余裕ができる点は見逃せないメリットです。

時間が自由になる分、家事や育児などと両立しやすくなりますね。

特に、まだ小さいお子さんがいる場合は、在宅で仕事ができる点は合理的といえます。

子育て時のメリット
  • 子供の成長を見逃すことなく、子育てができる
  • 子供の急な発熱などでも仕事を休む必要がない
  • 保育園にかかる費用がなくなるので経済的な負担が減る

子育てしている人以外でも、在宅で仕事をするメリットはまだまだあります。

子育て以外のメリット
  • 人によっては職場の人間関係で悩む必要がなくなる
  • 通勤着に気を遣う必要がないので服飾費が減る
  • 好きな時間に起きるなど、自分のペースで仕事ができる

このように、在宅で仕事ができるWebライターには、自由度が高いなどよい点がたくさんあります。

隙間時間に働ける

ライターは隙間時間に働けます。

なぜなら納期さえ守れば、働く時間を自由に決めることができるからです。

たとえば、3日後が納期の案件を受けたとします。

Aさんは仕事終わりの時間を使い、3日かけて記事を完成させました。

Bさんは休日の1日を使って記事を完成させました。

どちらも自由な時間配分で作業をしていますが、納期には間に合っているため問題ありません。

このようにライターは隙間時間を使って自由に仕事をできるため、副業におすすめです。

PC1つで働ける

ライターはPCがあれば働けるため、場所を選ばずに仕事ができます。

記事を書く環境さえあれば、オフィスや特別な道具は必要ないからです。

実際にPCがあれば記事を書けるので、自宅やカフェでも仕事ができますよね。

さらに仕事の依頼主との連絡もチャットを使うことが多いため、電話も必要ありません。

このように、PCさえあればどこでもライターができるのです。

場所を選ばない分、とっても始めやすいですよね!

仕事が簡単に見つかる

仕事を見つけやすいのもライターのメリットです。

在宅ワークの増加と同時に、ライターの求人も増えているからです。

実際に求人サイトの『indeed』にて『ライター』と検索してみると、約1,500件の求人がヒットしました。

このように求人が豊富なだけでなく、勤務地が絞られないこともあり仕事を見つけやすいのですね。

リスクなしで始められる

Webライターの仕事は、リスクなしで始められるところもメリットの1つです。

パソコンとインターネット環境さえ整えれば、それだけで仕事ができるからです。

例えば自分で飲食店を経営しようした場合、店舗を借りる費用が必要になりますし、材料費などの仕入れコストも発生します。

場合によっては従業員を雇う必要もあるかもしれません。

しかしそれだけのコストをかけても、経営が成功するとは限りません。

昨今のコロナ禍などの影響で、自分ではコントロールできない状況になることも考えられますね。

その点、Webライターの仕事を始めるのには、コストはほとんどかかりません。

強いていえば、パソコンの購入費用とインターネットの通信費程度です。
このように、Webライターの仕事はノーリスクで始められるといっても過言ではないでしょう。

書けば書くほども儲かる

Webライターは、書けば書くほど儲けることができる仕事です。

なぜなら、Webライターの仕事は、ほとんどが出来高制の報酬となっているからです。

Webライターの報酬形態は以下の3つのタイプに分かれます。

報酬形態内容
記事単価「1記事2,000文字で2,000円」というように、すでに支払い金額が決まっている。
文字単価文字単価の場合は、1文字いくらというように、実際に書いた文字数で報酬が決まる。
時間単価会社員やパート・アルバイトとしてWebライターをしている場合の報酬形態。

クラウドソーシングサイトでは、ほとんどが記事単価か文字単価です。

そのため、仕事をした量に応じた報酬を得ることができます。

しかし初心者の場合は、実績がないため、単価のよい仕事を受注することは難しいのが現実です。

文字単価も0.5円から1円未満という案件がほとんどです。

しかしWebライターとして実績が積み上がれば、条件のよい仕事を獲得することができます。

そして効率よく文章をかくコツをつかめば、執筆スピードも上がり、仕事量を増やすことができるようになります。

例えば、文字単価1円で5,000文字の記事を4時間程度で執筆できるようになったとします。

この条件で月に10本を納品できれば、5万円の報酬を得ることができるのです。

実際にクラウドソーシングサイトの案件をいくつか見てみましょう。

仕事内容文字数文字単価
保険全般(主に生命保険)に関する記事執筆をしていただける人募集【SEOライティング】5,000文字1円
ライフスタイルの記事から自動車記事まで幅広く様々なジャンルの記事の執筆をお願いします。5,000文字1円
月5本以上執筆できるライターさん募集してます!5,000文字1円
2022年8月27日

上記のように、文字数5,000文字・文字単価1円以上の案件は、いくつも見つかります。

月5万円を稼ぐのは、決して高いハードルではありません。

さらに、もっとWebライターとしての仕事時間を作れるようになれば、それに応じてどんどん稼ぐこともできるのです。

このように、Webライターの仕事は、書けば書くほど報酬が増え、儲けることができるようになるのです。

ライティングスキルが身に付く

Webライターは、ライティングスキルを身につけることができます。

具体的に言いますと、以下のスキルを身につけられます。

副業Webライターになることで身に付く能力
  • クライアントの要望にそった記事にするための構成力
  • 各種マニュアルを読み解き遵守するための理解力
  • 必要な情報を収集する行動力
  • 誰でもわかる内容にするための文章力
  • 納期に間に合うように物事を進めるタイムマネジメント力

上記のスキルが身に付くのはWebライティングを実行する際に、各スキルが必要になることが多いからです。

例えば、Webライターの仕事の経験がない人でも、受注できた案件のマニュアルを読むだけでも勉強になるものです。

またクライアントから修正依頼があった場合も、同じミスをしないように丁寧に対応していくことで、ライティングスキルは磨かれていきますね。

このように、Webライターは仕事をこなしていくうちに、必要なライティング力が身についていくのです。

ビジネススキルが身に付く

Webライターの仕事は、ビジネススキルも身につけることができます。

仕事をしている際にクライアントと直接やり取りすることが多く、イヤでも覚えなければいけないからです。

まず必ず必要なものはコミュニケーションスキルでしょう。

クライアントとのやりとりは、基本的にはメールやチャットなどになります。

メールやチャットでのコミュニケーションで気をつけたい点をいくつか挙げます。

やり取りをする際に気を付けること
  • 要点をおさえた無駄のない文章力
  • クライアントからの連絡はできるだけ早く回答する
  • 安易な質問は控え自分で調べる努力をする
  • クライアントに判断を仰ぎたいときは「Yes・No」で答えられるように工夫する

上記のように、クライアントの立場にたったコミュニケーションを取れるようになれば、少しづつ信頼関係も築くことも可能です。

そうすることで、継続して仕事を発注してもらえる可能性も出てきます。

あるいは自分から営業をかけることで、新しい案件を任せてもらうこともできるかもしれません。

このように、Webライターの仕事はライティングスキルだけでなく、ビジネススキルも身につけることができるのです。

未経験は注意!副業Webライターのデメリット

副業Webライターになるデメリットは主に5つあります。

副業Webライターのデメリット
  • 最初は稼げない
  • 執筆に時間がかかる
  • プライベートの時間が減るかもしれない
  • スケジュール管理が大変である
  • 実績がないと受注が難しい
  • 継続依頼がないと収入が安定しにくい
  • 納期に追われるかもしれない

最初は稼げない

初心者からライターを始めた場合、稼げるまでに時間がかかります。

なぜならスキルや実績がないと、単価の高い仕事は受注しにくいからです。

たとえば複数のライターから応募があった場合を考えてみましょう。

実績の全くないライターよりもすでに実績のあるライターの方が安心して仕事を任せられるため、どうしても後者が選ばれやすくなります。

単価の高い仕事は倍率が高いため、初心者のうちは必然的に安い仕事を選ばなくてはいけません。

このように実績のないうちは単価の低い案件から始めるため、稼げないのです。

執筆に時間がかかる

記事を書くには時間がかかります。

なぜなら、以下の手順があるからです。

  • キーワードの情報収集をする
  • 記事の構成を考える
  • 本文を執筆する
  • 推敲をする(記事を見返して修正を加えること)

このようにただ文章を書くのではなく、情報収集から推敲まで丁寧に行う必要があります。

だからこそ記事の執筆には時間がかかるのです。

プライベートの時間が減るかもしれない

副業Webライターになると、プライベートの時間が減る可能性があります。

本業がある場合、副業ができるのはプライベートの時間のみだからです。

例えば、1文字1円で執筆をおこなう副業Webライターが、ひと月に50,000円稼ぐとしましょう。

1日2時間作業できると仮定して、1時間あたり1,000文字執筆できるとします。

計算しますと、目標額の50,000円に到達するには50,000円÷(2時間×1,000文字)=約25日間は2時間きっちり作業する必要があるとわかりますね。

1か月を31日と仮定すると、ライティング作業を完全に休めるのは残りの6日間だけです。

その月に体調不良になったり、急な予定でライティング作業が遅れたりするとさらにプライベートの時間は減ってしまいます。

副業Webライターとして稼ぐには、プライベートの時間を犠牲にしなくてはならない場合があることを知っておきましょう。

スケジュール管理が大変である

副業Webライターのスケジュール管理は想像以上に大変です。

ライティング案件では納期や執筆本数が指定されてしまい、本業やプライベートとのスケジュール調整が難しいためです。

副業Webライターが急なスケジュール調整を求められる例を以下に挙げました。

【副業Webライターが急にスケジュール調整を求められる例】
1.本業によるもの
・来月開催予定だった会議が今月に変わり、資料を作成する時間が必要になった
・残業が多く、家に帰る時間が遅くなってしまった
2.プライベートによるもの
・風邪をひいてしまい、執筆作業に取りかかれなかった
・大雨により停電が起き、予定していた時間に執筆ができなかった

いくら副業でWebライティングを手がけているとはいえ、「本業が忙しく納期に間に合いませんでした」といってもクライアントは許してくれません。

どれだけ本業が忙しくても、受けてしまったライティング業務は予定通りこなす必要があるからですね。

また、ライティング案件を引き受けた以上は体調が悪くても天候により執筆できなくてもすべては自分の責任です。

副業Webライターに求められるのは、「本業に支障が出ず、プライベートで何かあっても対応できるほどの余裕のあるスケジュール」だといえます。

スケジュール調整に自信がない人にとって、副業Webライターは険しい道のりといえるでしょう。

実績がないと受注が難しい

ライティング案件は実績がないとなかなか受注できません。

過去の実績がわからないWebライターに案件を頼むのはリスクが高く、クライアントに避けられるためです。

例えばあなたが記事を発注する側だとします。

以下2人のライターのプロフィールを読んで、どちらに依頼したいと思いますか?

【ライターA】
副業Webライター1年目のAと申します。手がけた記事は20を超え、検索1位を獲得したことがあります。詳しくはポートフォリオをご覧ください。

【ライターB】
副業Webライター1年目のBと申します。銀行に勤めており、投資や貯蓄といったジャンルに強いです。ライティングスキルを伸ばしていきたいと思います。

Aさんは専門分野の有無や職種を明かしていませんが、20記事書き上げており、検索1位を獲得したことがあるという実績をもっています。

対するBさんは銀行系であり、金融系の専門知識があるということがわかりますが、これまでのライティングの実績がありません。

納期に間に合うのか、どのレベルの記事が書けるのかわからないので、クライアントはBさんに依頼するのはためらってしまうでしょう。

以上より、実績のないライターは案件を取得しづらいといえます。

加えて、副業Webライターとしての実績を積むのは簡単ではありません。

実際に大手クラウドソーシングサイトのクラウドワークスにて、「ライティング・記事作成」ジャンルのうち実績なしで応募できる案件数を調査しました。

条件案件数
条件なし(未経験不可の案件含む)3,018件
未経験可のみ839件
2022年9月2日時点

未経験で応募できる案件は「ライティング・記事作成」ジャンルのうちたった3割程度しかありません。

「ライティング・記事作成」ジャンルの7割は実績があることが前提、もしくは実績があることが採用に有利にはたらくようになっているということです。

Webライターは実績がなければ案件獲得が難しく、1から実績を積むにも応募できる案件数が少ないことがデメリットといえますね。

継続依頼がないと収入が安定しにくい

ライティング案件をこなして収入を安定させるには継続依頼を獲得しなくてはいけません。

単発依頼でどれだけ大きな収入を得ても、「1回きり」では安定した収入を見込むことはできないためです。

ひと月に同じ額を稼ぐとして、単発依頼ばかりのAさんと継続依頼のあるBさんにわけて考えてみましょう。

Aさんの案件内容報酬額件数報酬額合計
インタビュー記事執筆(単発)5,000円2件10,000円
ブログ記事執筆(単発)2,000円1件2,000円
記事作成(単発)1,500円4件6,000円
Bさんの案件内容報酬額件数報酬額合計
インタビュー記事執筆(継続)5,000円3件15,000円
メルマガ作成(継続)500円4件2,000円
記事の構成づくり(単発)1,000円1件1,000円

AさんとBさんは、案件の性質は違いますがひと月に稼いだ額は18,000円と同額です。

Aさんの受けた案件はすべて単発なので、来月も同じ仕事があって同額を稼げる保証はありません。

対してBさんが受けた案件のうち、継続依頼のものは来月も同じ仕事ができる保証がありますよね。

Aさんは来月の案件を獲得するために、改めて営業をかけたり応募する必要があります。

件数が変動するとしても、取りかかる仕事が保証されているBさんの方がより安定しているといえるでしょう。

以上より、Webライターのデメリットとして、継続依頼がないと収入が安定しないままになるということがわかりました。

納期に追われるかもしれない

副業Webライターは思った以上に納期に追われるかもしれません。

副業Webライターは本業Webライターと比べてライティングに割ける時間が少ないためです。

本業Webライターと副業Webライターについて、ライティングに割ける時間をはじめとした違いを大まかにまとめました。

内容本業Webライター副業Webライター
1日でライティングに割ける時間8時間ほど早朝と帰宅後の2~3時間ほど
作業の遅れを取り戻すのに使える日毎日土曜日・日曜日
ライティング以外の作業 (営業、業務連絡)に割ける時間見つけやすい見つけにくい

本業Webライターは、副業Webライターに比べてかなり時間に余裕があります。

万一作業に遅れが生じても、毎日の作業時間から少しずつ時間を融通できます。

余裕があるときにはライティング以外の作業にも取りかかれますね。

対して副業Webライターは平日は本業があり、ライティングに割けるのはせいぜい2、3時間ほどしかありません。

作業の遅れを取り戻して納期に間に合わせるには1日のうちの2、3時間では足りないでしょうから、必然的に土日を犠牲にすることになります。

いったん作業に遅れが生じると、納期に間に合わせるのに必死で営業や業務連絡をする暇を見つけるのも難しくなってしまうでしょう。

このように、副業Webライターは時間の余裕があまりなく、一度作業に遅れが出ると納期に間に合わせるために休日返上で働く必要がでてきます。

クライアントは納期に間に合わないWebライターに仕事を振らないので、何が何でも納期に間に合わせなくてはいけません。

よって、副業Webライターになる人は納期に追われる覚悟をしておくべきでしょう。

初心者は必見!Webライターを副業で始める方法

Webライターを始める際は、以下の8手順を十個すればOKです。

Webライターを副業として始める方法
  1. 仕事環境を整える
  2. 勉強する
  3. ブログを開設
  4. ポートフォリオ用記事を作成
  5. クラウドソーシングに登録
  6. 案件に応募する
  7. 執筆
  8. 修正

仕事環境を整える

Webライターの仕事環境として最低限準備する必要があるのは、「パソコン」「インターネット環境」の2つです。

パソコンをオンラインで使える環境があれば、世界中どこにいてもWebライターとして仕事ができるからです。

自宅はもちろんカフェや図書館、あるいはリゾート地などで仕事をするライターもいるほどなので、場所を選ばないという意味でとても魅力的ですよね。

また、Webライターは人気の副業の中でも比較的初期費用を抑えることができます。

例えば、気軽にできる副業のひとつに「ネットオークション」がありますが、まずは出品するアイテムを買い付ける際の費用が発生します。

しかも、それらのアイテムがすぐに全て販売できる保障があるわけでもありません。

それに比べると、何かを買い足す必要が特にないWebライターは、比較的気軽に始めやすい仕事であるといえるでしょう。

勉強する

Webライターとして安定してお金を稼いでいくためには、どのような記事が求められていて高い評価を得られるのかを勉強する必要があります。

Webライターについて勉強するには、以下のような方法があります。

勉強方法
  • 既にWebライターとして活動している人のブログやSNSをチェックする
  • 書籍を読む
  • WebライターがYouTubeにアップしている動画を見る
  • セミナーに参加する

既存のライターの活動内容は、ライティング技術においても働き方においてもとても勉強になりますよね。

また、効率よく稼いでいるライターの活動を参考にすることで、スムーズに収入を得るための計画を立てやすくもなります。

セミナーに参加して実際にライターに会うのも刺激になるので、適宜活用するとよいでしょう。

ブログを開設

スキルアップや勉強を兼ねて自分でブログを運営してみるのも手です。

ブログを書くことで読者の動きや心情がわかるようになり、必要とされる記事を書くスキルが上がる……というのが理由です。

要は、「読みたい」と思われるような、質の高い文章作成のスキルが上がっていくということです。

また、ブログを書く際はWordPressの使用がおすすめです。

クラウドソーシングの案件の中には「WordPressに直接入力をお願いします」という依頼もあるので、仕事の幅が広がります。

さらに、WoedPressを使用するのであれば広告を貼ることができるので、広告収入を得るのも狙えるようになるわけです。

このようにWordPressでのブログ運営にはいろいろなメリットがあるので、ライターとしてのスキルアップを考える方はぜひ挑戦してみてください。

ポートフォリオ用記事を作成

Webライターとして活動していくならば、ポートフォリオとしての記事をいくつか作っておくのをおすすめします。

どのような記事を書くのかをクライアントが把握できるので、依頼につながる可能性がより高くなるからです。

クライアント側からすると、そのライターの文章力や構成力をすぐに把握するのは難しいですが、ポートフォリオがあればイメージがつきやすくなりますよね。

「私が書く文書はこのような感じです」とアピールできるのがポートフォリオというわけです。

また、「ポートフォリオの登録がある」ということで、クライアントにプラスのイメージを持ってもらえる可能性も高くなります。

ライターとして自分を売り込む上でポートフォリオがあるとかなり有利なので、積極的に作成するようにしましょう。

クラウドソーシングに登録

クラウドソーシングに登録することで、初心者であっても取り組みやすい案件などから気軽にライティングの仕事を始めることができます。

なぜなら、気軽なタスク系の仕事から本格的なライティングであるプロジェクトまで多岐に渡るので、自分に合う仕事を探しやすいのが特徴だからです。

例えば、登録者数の多い「クラウドワークス」であれば、以下のような依頼があるようです。

案件分類金額
【簡単アンケート】 京都の一押しグルメ/スイーツについてタスク5円
竹内涼真さんに関するアンケートタスク5円
【簡単作業】 「注文住宅」に関するアンケート回答募集タスク33円
【主婦限定!】 スキマ時間で楽しくライティング作業!サポート・マニュアルあり!プロジェクト0.3円/1文字
【ホワイトニング失敗談を募集!】皆さんのホワイトニング失敗談を記事にしてみませんか?プロジェクト0.5円/1文字
2022年8月28日

例え単価が低い仕事であっても実績や評価としてサイトに残りますし、ライターとしての仕事がお金になるという達成感も味わうことができますよね。

最初は複数のサイトに登録をしてみて、自分が対応できそうな依頼が多いのはどこなのかをぜひ探してみてください。

クラウドワークスの使い方

ここではクラウドワークスの使い方をご紹介しますね。

  1. 会員登録ボタンをクリック。(無料)
  2. メールアドレスを入力する。
  3. クラウドワークスから届いたメールのURLをクリック。
  4. 基本情報を入力し、本登録を完了する。
  5. ホームページに戻り『仕事を探す』からキーワードを入力する。
  6. 気になる仕事を見つけたら、応募する。

クラウドワークスの使い方は以上です。

簡単に使えるので、ぜひ利用してみてくださいね!

案件に応募する

始めは簡単な依頼や文字単価の低い案件からでもよいので、実際に応募して実績を増やすことが大切です。

それなりに実績のあるライターの方がクライアントからの信用を得やすく、応募後に合格できる確率が高くなるという理由からです。

依頼をするクライアント側からすれば、実績がゼロよりも最低限の経験があるライターの方が信頼できますよね。

案件に合格する⇒実績が増える⇒また別の依頼につながるというサイクルができあがれば、安定した仕事につながっていきます。

慣れてきたら単価の高い案件にも挑戦してみて、より稼げる体制を作っていきましょう。

執筆

始めの内は、とにかく文章を書くということに慣れていく作業をすることをおすすめします。

Webライターとはそもそも簡単にすぐ稼げるわけではなく、根気強くライティングを続けられる人が最終的に安定して収入を得られるようになるからです。

基本的なライティングスキルが身に付いたら次はSEOスキル……というようなキャリアアップを想定することで、より高単価な案件も狙えるようになります。

例えばクラウドソーシングを利用するのであれば、以下のような手順で執筆の経験を積むのもよいでしょう。

経験を積むのに適している案件の例
  • 1件あたり5円~50円程度のタスクを対応する
  • 1件あたり100円以上のタスクを対応する
  • 1件あたり300円以上のタスクを対応する
  • 文字単価0.1円~0.3円程度の記事執筆に挑戦してみる
  • 文字単価0.5円~1円程度の記事執筆に挑戦してみる

慣れるまでは執筆に時間がかかりますが、繰り返し書いていくことで文章力とタイピングスキルも自ずと上がっていきます。

また、最初は低い金額からの練習なので「思っていたよりも稼げない」と感じるかもしれません。

しかし、コツコツと実績と経験を積んでいけば、単価の高い案件にも挑戦できるようになります。

よい記事を書けるようになるには執筆を繰り返すことが不可欠なので、ぜひチャレンジしてみましょう。

修正

記事の質を上げるには、執筆終了後にきちんと修正をして誤字脱字、表現をチェックすることが大切です。

そうすることで、その記事や掲載予定のサイトの印象低下を防ぐのにもつながるからです。

逆にいえば、修正をしっかりすることで記事の価値は高くなります。

さらに、記事の質が上がればクライアントからの信頼もアップしますよね。

クライアントからの信用を得たら、文字単価を上げてもらえたり継続的に仕事をもらえたりなども期待できるようになります。

無料の校正ツールもあるので、うまく活用しながら良質な記事を書くようにしましょう。

副業Webライターが仕事を獲得するコツ

Webライターを副業に選んだ際、仕事を効率的に獲得する方法は以下の通りです。

副業Webライターが仕事を獲得するコツ
  1. 応募数を増やす
  2. 実績を増やす
  3. 営業活動を行う

応募数を増やす

効率的に仕事を得るには、応募数を増やしましょう。

採用される確率を少しでも上げるためです。

ライター初心者のうちはライティングに慣れておらず、提案文を書くということがうまくいきません。

ところが、採用の判断基準はこの提案文に大きく左右されます。

結果として、クライアントの基準を満たす提案文を提出できず、仕事に採用される確率は10%程度です。

そのため、はじめは10件の案件に応募しても1件の採用がやっとです。

それでも採用された仕事において、クライアントの要望に丁寧に応えていけば、採用率の高い提案文を書く力は身に付きます。

ただし1件でも多く仕事を獲得しなければ、クライアントの要望に応える機会も得られませんよね。

したがって効率的に仕事を得るには仕事の応募数を増やし、採用率を少しでも上げる努力が必須になります。

それでは初心者のうちは、どのような仕事に応募すれば良いのでしょうか。

クラウドワークスやランサーズといったクラウドソーシングサイトにて、タスク案件や「初心者歓迎」のプロジェクト案件に応募するのがおすすめです。

仕事内容応募条件文字単価・報酬
マンガの感想や口コミ予想記事の作成ライティング初心者歓迎
コミックや漫画が好きな人
99円/件
健康・病気の記事作成初心者大歓迎、男性優遇1文字1.2円
ビジネス記事の作成初心者歓迎1文字0.33円
2022年8月27日

多種多様な仕事がクラウドソーシングでは掲載されていますね。

まずは自分の得意なジャンルで500文字~1,000文字程度の仕事を始めてみましょう。

いきなり知らないジャンルに挑戦すると、その分調べる手間が多くかかり、挫折のもとになるためです。

そのうえ3,000文字~5,000文字の執筆量では、頭がパンクしてしまいますよね。

その点、得意なジャンルであれば、あなたの強みつまり知識やスキルを存分に発揮できます。

例えば以下のような知識やスキルがあります。

必要なスキルの例
  • 法務の仕事で得たビジネス関連の法律知識
  • IT業界で得たプログラミング言語の知識
  • 育児経験や節約術

得意なジャンルの知識やスキルを活用できるのもライターの魅力です。

実績を増やす

実績を増やす意識が重要です。

ライターとしての実績を積むことで、信頼される確率が高まるからです。

どういうことかと言いますとクライアントは仕事を依頼する際に、リスクを抱えていることがその理由です。

クライアントは、大半のライターの実力が乏しい現状を知っています。

そのため、時には期日までに記事が納品されないリスクを背負っています。

さらには途中で仕事を投げ出し、音信不通になるライターも残念ながら珍しいことではありません。

このような実情を踏まえると、少しでも信頼の置けるライターを採用し、リスクの回避を図るのは当たり前ですよね。
クライアントは、着実に納品を果たしてきた証拠である実績を重視しているのです。

したがって効率的に仕事を獲得するには実績を増やし、クライアントの信頼を勝ち取ることが最重要課題となります。

効率よく実績を積み重ねるには以下の方法があります。

実績を作る方法
  • クラウドソーシングで仕事を受注し、実績やランクを上げる
  • 個人ブログを運営し、SEOの実績を上げる

例えばランサーズではランク制度が導入されています。

実績に応じて「レギュラー」→「ブロンズ」→「シルバー」→「認定ランサー」とランクが上がっていく仕組みです。

シルバーランク未満では、クライアントに提案自体を見てもらえない可能性があります。

そのためにどんどん仕事をこなし、実績を上げるように心掛けましょう。

仕事をやり遂げるうちに、執筆速度や文章力といったライティングスキルも自然と向上しますよ。

営業活動を行う

安定して仕事を増やしたいならば、自ら営業活動をおこなうべきと断言できます。

クラウドソーシングの案件は競争率が高すぎるからです。

まずクラウドソーシングで条件の良い案件を探してみると、応募者数は以下の通りでした。

仕事内容応募者数募集人数文字単価
VOD・電子書籍の記事作成19人3人2.0円
不動産や住宅ローンに関するSEO記事作成10人3人1.0円
求人サイトの『Workteria』の詳細記事の執筆16人5人2.0円
2022年8月27日

高単価で人気の案件になると、応募者数に対して募集人数が少ないということがわかります。

倍率で言えば、0.15から0.3倍と競争率の高い案件になります。

また応募者のプロフィールを覗いてみると、なかには受注実績が100件を超えるライターも数多く見受けられます。

競争率が高いうえ、圧倒的な実績を持つライターとの争いになり、高単価の仕事を効率的に受注するのは相当難しくなります。

そうなりますと、競争率の低い案件に向かわざるを得ません。

しかし、競争率の低い案件は単価が安いというデメリットがあります

これではクラウドソーシングでいくら仕事をこなしても、限界があります。

したがって効率よく仕事を獲得し収入を安定させるには、クラウドソーシング以外でも仕事を獲得する必要が出てくるのです。

その1つの方法が営業というわけです。

そうすればクラウドソーシングだけで働く場合に比べて、収入が安定しやすくなります。

なお営業活動を行う際のコツは以下の通りです。

営業活動を行う方法
  • 具体的な提案文でメリットを提示する
  • わかりやすいポートフォリオを作り込む

営業活動では、具体的な提案文であなたのメリットを提示することが重要です。

募集する企業にどのような貢献できるかを示すことが、企業の採用基準となるからです。
したがって企業の募集要項を読み込み、募集要項に沿った知識やスキルをしっかりと把握しましょう。

また募集に際して、ポートフォリオの提出を求める企業もあります。

自己紹介や経歴、仕事の実績などを充実させ、わかりやすいポートフォリオ作成を心掛けましょう。

直接企業に応募する

企業の中には自社サイトにてライターを募集しているケースもあり、直接応募することも可能です。

直接応募する時の手順は以下の通りです。

直接応募の際の手順
  1. 案件の内容や報酬を確認する
  2. 企業サイトから応募
  3. 企業によってはテストライティングを行う
  4. 採用される

仲介サイトを挟まず直接応募することで、手数料がかからないのが特徴です。

ただし、企業に直接応募する際は実績を引っ提げていないと相手にされないことが多いです。

実績がないためにスキルもないと判断されやすいからです。

そのため実績がまだない初心者はクラウドソーシングなどで実績づくりに励むのがよいでしょう。

ブログやSNSでスカウトを待つ

ブログやSNSからスカウトされる場合もあります。

ブログやSNSの記事にアクセスが増えるとクライアントの目に留まる場合があるからです。

とはいえスカウトされるには、地道なブログの運営やSNSがバズって注目される必要があり時間がかかります。

そのため初心者の方には、先ほどご紹介したクラウドソーシングや企業への応募から始めるのがおすすめです!

まずはコツコツと実績を積んでいきましょう。

Webライターは副業でも稼げる?収入を検証

ここではWebライターを副業に選んで、本当に稼げるのかどうかを検証します。

副業Webライターの収入における重要事項
  • Webライターの平均年収
  • 1記事・1文字の相場
  • シミュレーション

Webライターの平均年収

まず、ライターの平均年収は正社員で平均約442万円です。

Web関係職業の平均年収は以下のようになっています。

職業平均年収
Webライター442万円
Webエンジニア564万円
Webプログラマー453万円
Webデザイナー449万円
Webプロデュサー557万円
日本433万円
求人ボックス給料ナビ|ライターの仕事の年収・時給・給料 (2022年8月20日)
求人ボックス給料ナビ|人気職種の給料情報(2022年8月22日)

Webライターの平均年収は日本の平均年収約433万円とほぼ同じです。

他のWeb関係の職業と比べるとエンジニア、プログラマーやプロデュサーよりは安いですが、デザイナーとはほぼ同じです。

ちなみに、分野別のライターの仕事の平均年収は以下のようになっています。

ジャンルコスメECサイトトレンド雑誌
平均年収475万円462万円498万円460万円
求人ボックス給料ナビ|ライターの仕事の年収・時給・給料 (2022年8月20日)

この表から、ライティングする分野によっても平均年収に差があります。

いずれもライターの平均年収よりも高いですね。

得意な分野があるのであれば、分野を絞って案件を探し、経験を積んでいくのもよいですね。

ある分野を集中的にライティングすることで平均より高めの収入が得られますよ。

1記事・1文字の相場

1記事・1文字の相場は、以下のように知られています。

依頼業務報酬相場
記事作成2,000円〜/記事
Crowd Works|クラウドワークスの相場一覧表(2022年8月21日)
依頼業務報酬相場
記事作成・ブログ記事・体験談0.5 〜 5.0円 / 文字
Lancers | 制作物の種類・参考価格(2022年8月22日)

副業でライターをする場合の報酬は、主に記事単価か文字単価のどちらかです。

記事単価・文字単価ともに初心者、スキルあり、資格ありによって違います。

1記事3,000字(相場3,000円)の報酬を初心者、スキルあり、資格あり案件で比較すると以下のようになりました。

【1記事3,000字の報酬】

案件名報酬応募条件
コスメ系ブログ記事300円報告連絡相談がしっかりできる方
大人向けのVRブログ記事6,300円VRが好きでライター経験ある文章力豊富な方
MBAに関するWEBコンテンツ記事6,000円MBAを取得している方
2022年8月20日時点

1記事の場合は初心者が相場の10分の1、スキルあり、資格ありは約2倍でほぼ同じという結果でした。

初心者のうちは専門的な知識を必要としない記事でもしっかり書けないため、クライアントに負担がかかります。

そのため低い報酬になっています。

1文字の報酬を初心者、スキルあり、資格あり案件で比較すると以下のようになりました。

案件名報酬応募条件
エンタメ系ブログ記事0.3円 3,000字特に専門的知識は必要なし
健康食品販促LPコピーライティング60円 500字薬機法を深く理解している方
医療記事ライティング・監修3.3円 3,000字眼科医師
2022年8月20日時点

上記を見ますと、応募条件に「深く理解している方」とあるスキルありの案件の文字単価が最も高いですね。

その文字単価は初心者の200倍になっています。

この分野の記事を書けるライターの需要が多く、高単価でライターを獲得したいためにこのような現象が起きているのですね。

ある分野について深い知識があれば、このような案件にも応募できることになります。

作成経験を積むことで知識も深くなりますので、未経験可の案件で経験を積めば、このような案件にも応募できるようになりますね。

記事単価・文字単価のいずれにしても、初心者は相場よりかなり安く経験を積むにしたがって上がっていきます。

初心者のうちは相場より安くても該当するものに応募して、経験を積み、スキルアップをすることが稼げるようになる近道ですね。

シミュレーション

以下の条件で1か月の収入をシミュレーションしてみました。

項目詳細
文字単価1円
文字数3,000字
1記事当たりの作成時間5時間
1か月の労働時間160時間
1か月の収入96,000円
年収115万円

1か月96,000円では1人でも生活するのは難しいですね。

このなかで経験を積むことによって変化するのは、文字単価と1記事当たりの作成時間です。

1記事当たりの作成時間が短くなるのは、経験を積むと情報収集スピード・タイピングスキルがアップするからです。

仮に前出の『ライターの平均年収:442万円』を収入の目標とすると、以下のようであれば達成できます。

項目詳細
文字単価2.3円
文字数3,000字
1記事当たりの作成時間3時間
1か月の労働時間160時間
1か月の収入368,000円
年収442万円

上記を見ますと、1記事の作成時間が3時間となり、文字単価が2.3円になると1か月の収入は368,000円でライターの平均年収とほぼ同じ収入になります。

必要な生活費は人によって違うので参考にしかなりませんが、文字単価2.3円になれば、ライターとして稼げるといってもよいですね。

副業Webライターが収入を増やす方法

ここでは効率よく稼ぐおすすめの方法をご紹介しますね。

副業Webライターが収入を増やす方法
  1. 得意分野の仕事を受ける
  2. SEOスキルを身につける
  3. WordPress知識を身につける
  4. 単価UPを目指す

得意分野の仕事を受ける

得意分野の仕事を受けるメリットは2つあります。

  • 早く記事を書ける
  • 仕事の受注率が上がる

早く記事を書ける

得意分野の記事は早く記事を書くことができます。

すでに得意分野の知識があるため、情報収集の時間を省くことができるからです。

当たり前ですが、1からキーワードを調べて記事を書くよりも、すでに持っている知識の中から記事を書くほうがスムーズですよね。

このように得意分野の記事を選ぶことで、早く記事を書くことができます。

仕事の受注率が上がる

得意分野や専門知識があると仕事の受注率が上がります。

なぜならクライアントは、記事テーマの専門知識を持つライターに仕事を依頼したいからです。

たとえば『ネイリスト』についての記事を作るとします。

ネイリストの経験や知識がないライターと現役ネイリストのライターがいた場合、もちろんですが後者に記事を書いてほしいですよね。

このように専門知識があることで、その分野に関する仕事を受注しやすくなるのです。

とはいえ、始めたばかりで得意分野がない方もいるでしょう。

得意分野を作るには以下の方法がおすすめです。

  • 趣味を生かす。(趣味を通して得た専門知識を使う)
  • 本や雑誌から学ぶ。(興味のある分野の本を読み、専門知識をつける)
  • 経験を使う。(過去の経験から学んだ知識を使う)

特に趣味や過去の経験はすぐにでも使える知識ですよね!

ぜひ自分の得意分野を作ってみてくださいね。

SEOスキルを身につける

SEO※の知識があるライターは仕事を受注しやすいです。

※SEO(検索エンジン最適化)とは検索エンジンの上位に記事を表示させる方法のこと。

なぜならSEOライティング案件の方が給与は高いからです。

実際にSEOライティングと通常のライティング案件を比較してみましょう。

概要詳細
案件内容WEB社内報ツール導入時についての記事を執筆する
応募条件SEOを意識したライティングできる方
文字単価3.3円
クラウドワークス|仕事を探す(最終閲覧日2021年8月12日)
概要詳細
案件内容スポーツ関連の記事を執筆する
応募条件未経験でも可能
文字単価0.4円
クラウドワークス|仕事を探す(最終閲覧日2021年8月12日)

このようにSEOの知識があるだけで文字単価が大きく変わり、応募できる案件の幅も広がります。

だからこそSEOの知識があるライターは仕事を受注しやすく、効率よく稼げるのです。

SEO対策の基本

ここではすぐに実践できるSEO対策をご紹介しますね。

  1. テーマになるキーワードをタイトルに入れる(キーワードで検索をかけたとき検索順位が高くなるから)
  2. キーワードを見出しに入れる (タイトルと同じく、記事が上位に表示されやすいから)
  3. コピペをしない(Googleからの評価が下がるから)

上記3点はすぐにでも活用できるSEO対策です!

記事を書く際は参考にしてくださいね。

WordPress知識を身につける

WordPressを扱うことができれば、単価UPに繋がります。

記事の執筆に加えて、WordPressの入稿もできるからです。

クライアントの立場から考えると、ライターから受け取った記事を入稿するにも手間がかかります。

そこで、記事の執筆から入稿までを一括で依頼することができれば非常に助かりますよね。

このようにWordPressを使って入稿までできれば、多少単価が上がっても仕事を依頼してもらえます。

きっと、ライターの経験を積みながらWordPressの知識も増やしたい方もいるでしょう。

そんな方のためにWordPressの使い方もご紹介します!

ぜひ参考にしてくださいね。

WordPressの使い方

WordPressの使い方は以下の通りです。

  1. WordPressをインストールする。
  2. ログインする。
  3. 画面左側のメニューから初期設定をする。
  4. メニュー内の『外観』からテーマを決める。(デザインを変更することができます)
  5. 記事を投稿する。

WordPressの使い方は以上です。

実際に使うことで感覚が掴みやすくなるので、気になる方は試してみてくださいね!

単価UPを目指す

単価UPを目指すのであれば、クライアントからの信頼を得ましょう!

なぜならクライアントから求められるライターでなければ、単価は上がらないからです。

たとえばクライアントの目線で考えてみましょう。

記事の品質が悪く信頼のないライターでは、単価UPどころか継続して仕事をしたいと思わないはずです。

だからこそクライアントから信頼を得て、単価UPしてでも一緒に仕事をしたいと思ってもらう必要があります。

信頼されるライターとは

クライアントから信頼されるライターになるために大切なことは以下の3つです。

  • 納期を守る
  • 記事の品質を保つ(雑な記事を書かない)
  • こまめに連絡をとる

どれも基本的なことばかりですね。

クライアントからの継続依頼を得るためにも、信頼関係を大切にしてくださいね。

Webライター職を副業に選ぶ際の注意点

Webライターを副業とする際の注意点は3つあります。

Webライターを副業に選ぶ際の注意点
  • 自分が書きたいように書かない
  • 本業に支障が出るかもしれない
  • 質(文章のレベル)よりも量(文字数)を優先させない

自分が書きたいように書かない

文章を書くときは、自分が書きたいように書かないようにしましょう。

読者がWeb記事に訪問する理由は『自分の悩みを解決したいから』と決まっているからです。

どういうことかと言いますと、そもそも読者には以下のような欲求があります。

知りたいことを把握するため
やってみたいことを自分で試してみたいため
特定の場所に行くため
商品を買うため

Think with Google|マーケターが知るべき4つの瞬間

これはGoogleの有名な考え方である『マーケターが知るべき4つの瞬間』というモノ。

実は、読者は上記いずれかの欲求がトリガーとなり、検索・情報収集・行動をすると考えられているのです。

つまりWeb記事を書くときは、読者の『知りたいこと・やってみたいこと・行くこと・買うこと』を意識して書かなければならないということ。

そのためWeb記事を書くときは、好き勝手に書いてはいけません。

読者目線になり、訪問者の悩みを解決できる知識・ノウハウを提供するような文章を書かなければならないのです。

本題はここからで、読者の悩みを解決する文章を書くことにより、読者の記事に対する満足感は必ず向上します。

読者は自分の悩みを解決したくて訪問しているわけですから、その欲求を満たしてあげれば満足度が上がるのは当然のことです。

そうなれば、その読者がリピーター・ファンになるのは目に見えていますよね。

ファンやリピーターになった読者は何度もクライアントのサイトに訪れるようになります。

何度も訪れるようになるわけですから、クライアントのサイトにお金を落とす確率も当然高まります。

つまりあなたの書いた記事が、クライアントの集客・利益向上に貢献しているということ。

そうなれば、あなたに対するクライアントの評価は必然的に上がります。

その結果、あなたのもとに継続依頼が舞い込むのです。

コレを繰り返すことにより、あなたの収入を安定させることができます。

したがって文章を書くときは好き勝手に書くのではなく、読者の悩みを解決する情報・ノウハウを提供するよう書かなければなりません。

そして読者の悩みを解決するような文章を書きたいのであれば、その悩みに関する情報を徹底的に調べて発信するのが大切です。

膨大な情報の中から、いかにして読者が求める回答を導き出すかがポイントだからです。

Googleは読者の利便性優先で記事を掲載しているので、検索結果を上から順に10ほど熟読すると有益な情報が得られます。

また、読者の悩みに寄り添うのであれば、SNSやYahoo!知恵袋でリアルな声を集めるのもよいでしょう。

そこで集めた情報から「読者ファースト」で記事を書くことで心を掴み、結果としてリピーター・ファンになってもらえるというわけです。

サイトの質を高めるには、情報収集と的確な発信スキルが大前提であるのを押さえておきましょう。

本業に支障が出るかもしれない

副業としてWebライティングをする場合、本業に支障が出る可能性があります。

本業と副業を並行する以上、自分の時間を削るのは避けられないからです。

趣味や睡眠に充てていた時間を副業に回してライティングの時間を確保するので、これまでとは生活のリズムも変わります。

睡眠時間を大幅に削って執筆の時間に充てるのは体調不良を引き起こしかねないため、おすすめできません。

生活をより豊かにするための副業が原因で本業に支障をきたしてしまっては元も子もありませんよね。

したがって、スケジュールを立てて無理のない執筆計画で進めるのがよいでしょう。

自分の生活スタイルに合わせて無理なく副業をすることで、本業が疎かになるリスクが低くなります。

空いた時間を有効活用して副収入を得られると自身のモチベーションアップにも繋がるし、ライティングを楽しむ余裕も生まれます。

また、本業と副業とを両立させると双方の収益をしっかり得られるので、生活そのものにも余裕が出て豊かになりますよね。

初めのうちは、平日、休日それぞれで無理なく稼働できるのは何時間なのかを計算し、それを元に記事を受注するようにするとよいでしょう。

あるいは、「1日に最低でも1時間は執筆の時間を確保する」などルール決めをするのもよいですね。

クラウドワークスなどのサイトにはたくさんの案件が出ているので、無理なく対応できそうな求人を探してみましょう。

質(文章のレベル)よりも量(文字数)を優先させない

Webライティングで最も大切なのは「記事の質」です。

記事にボリュームがある=読み手の求める情報が書かれている、とは限らないからです。

いくら一見読み応えがある記事に見えても、読み手にとって必要な情報でなければ途中で離脱されることもあります。

読者の悩みが解決されるような良質な記事をコンパクトに執筆するスキルが大切というわけです。

稼げるWebライターを目指すのであれば、「クライアントの求める質に仕上げる」のも重要です。

例えば、クライアントの指示を守りしっかり仕上がった記事を繰り返し納品すれば、信頼度が増してリピートで依頼をもらえるようにもなります。

また、記事の質が上がれば文字単価を上げてもらえる可能性もアップしますよね。

文字単価が上がることでより効率的に短時間で稼ぐことができるようになるわけです。

なお、クライアント側がライターへ求めるものとしては、主に以下のようなものが挙げられます。

Webライターとして求められるもの
  • 円滑にコミュニケーションをとるスキル、意識
  • 情報収集能力
  • 文章執筆スキル
  • ルールを遵守するモラル

ライティングのスキルもですが、スムーズな連絡や社会人としてのモラルも必須です。

誠意と責任をもって執筆に取り組み、Webライターとしてのスキルアップに励んでいきましょう。

Webライターを副業に選ぶときによくある質問

Webライターを副業に選ぶ際に、よくある質問にお答えいたしますね。

Webライターを副業に選ぶ際によくある質問
  • 確定申告は必要なのか?
  • どんなパソコンがおすすめなの?
  • スマホでもできるのか?
  • ばれないように副業をする方法はあるか?
  • 年齢が問題になることはあるか?
  • おすすめのクラウドソーシングサイトは?

確定申告は必要なのか?

Webライターにも確定申告は必要です。

所得金額を20万円超えたら必要と法律で定められているからです。

事実、確定申告が必要な方の定義の中に以下の文言があります。

給与を2か所以上から受けていて、かつ、その給与の全部が源泉徴収の対象となる場合において、年末調整をされなかった給与の収入金額と、各種の所得金額(給与所得、退職所得を除く。)との合計額が20万円を超える

国税庁|確定申告が必要な方(2022年8月26日)

少額なら確定申告をしなくてもばれないかもしれないと思うかもしれません。

しかしあなたの仕事を発注しているクライアントは確定申告を行い、その際、税務署は誰にいくら支払ったのかのかなどの情報も把握することになります。

当然、あなたに支払った報酬も把握されます。

無申告が発覚した場合、延滞税や無申告加算税が加算されるので、普通より多い税金を支払わなければなりません。

該当する場合は必ず確定申告は行いましょう。

どんなパソコンがおすすめなの?

必要以上に高性能なパソコンでなく、一般的なパソコンで十分です。

文章執筆の際には文章を書きながら、ブラウザで検索する程度の作業で十分だからです。

おすすめパソコンを以下に2つ挙げてみました。

商品名New Inspiron 14 Intel 【即納】プレミアム(Office付)LAVIE Direct N15
メーカーDellNEC
デスクトップかノートかノートパソコンノートパソコン
ストレージ(読み込み速度や容量)SSD(保存量256GB)SSD(保存量約256GB)
CPU(情報処理速度やパワー)Core™ i5Core™ i5
メモリ(情報処理能力)8GB8GB
大きさ14型15.6型
Office ソフトMicrosoft Office Personal 2021Microsoft Office Personal 2021
セキュリティソフトマカフィー® リブセーフ™なし
価格99,205円(税込、配送料込)138,380円(税込)
メーカー保証5年まで延長可能5年まで延長可能
2022年8月28日時点

自分なりにカスタマイズしたい方やプリンタなどの同時購入をお考えの方は、NECで購入した方が合計でお得になるかもしれません。

以下に、ライティングに必要なパソコン機能を挙げてみました。

項目機能理由
デスクトップかノートかノートパソコン持ち運び便利かつ省スペース
ストレージ(読み込み速度や容量)SSD(保存量は一般向け256GB以上)読み書き速度が速く動作音静か
CPU(情報処理速度やパワー)Corei5またはRyzen5中程度
メモリ(情報処理能力)8GB大きなExcelやWord文書作成や数十個ほどのタブのネット閲覧が可能
大きさ14型(インチ)以上目の疲れが気にならない

CPUはパソコンの頭脳部分です。

頭の良いパソコンは処理能力も高いですが、値段も高いです。

処理能力が低すぎるものを選ぶと、イライラしてしまうかもしれないので、中程度のCorei5またはRyzen5を選ぶのがよいでしょう。

メーカーによるサポート体制や保証サービスもパソコン選択時に大切な要因です。

今のパソコンが機能を満たしていればそのまま使うもよし、既にお気に入りのメーカーがあればそこで機能を満たすパソコンを購入するもよしです。

スマホでもできるのか?

本格的なライティングはスマホでは無理です。

スマホでの文字入力はキーボードで入力した場合の75%と遅く、本格的なライティング案件はこなせないからです。

画面も小さいので眼も疲れます。

スマホでWebライティングができるアプリもありますが、記事作成は1,000文字以上のことが多く、現実的ではありません。

スマホでライティングを考えている方は、スマホで仕事をしたいのか、Webライティングをしたいのか考え直してみましょう。

バレないように副業をする方法はあるか?

バレずに副業する方法は一応あります。

副業していると所得が発生し、その額で税金、社会保険料を支払うことになっています。

以下の2点に気をつけていれば、これらの情報が人事にいかないのでばれません。

副業がバレない方法
  • 住民税を普通徴収にする
  • 現金手渡しまたは給料扱いでない副業を選ぶ

しかし、就業規則で禁止されている場合はやめておきましょう。

本業があっての副業なので、その本業を失うことになっては本末転倒だからです。

禁止されていなくて、ばれると居づらいという程度であれば、以下のことに気をつけて、行ってみてもよいでしょう。

バレない工夫
  • 実名顔写真をネットに公開しない
  • 確定申告の住民税は「自分で納付」を選ぶ

自宅で副業をするのは趣味で小説を書くのと同じで、好きなことをしているだけです。

法律だけではない社会の決まりを守って、自宅では堂々と副業を行いましょう。

年齢が問題になることはあるか?

18歳以上であれば年齢が問題になることはありません。

年齢指定の案件もありますが、ほとんどはその案件が書ければよく、むしろ今までの人生経験が役立つことが多いからです。

今までの人生経験が役に立ちそうな案件を以下に挙げてみました。

案件名応募条件
恋愛関連ネタコメント文章の作成恋愛関係の読み物に興味がある方
家庭不和などの実体験ベースの記事作成家庭不和などの記事が書ける方
産後うつの記事作成助産師・看護師で執筆経験のある方
2022年8月24日時点

仕事、育児や家庭生活、恋愛、夫婦や家族の経験が役立ちます。

あなたの人生経験をライター業で活かしましょう。

おすすめのクラウドソーシングサイトは?
以下におすすめのクラウドソーシングサイトを挙げてみました。

サイト名理由
Crowd Works最王手の登録サービス
サグ―ワークステストに合格すると高単価の案件を得ることもできる

Crowd Worksは無料で登録でき、自由に案件を探すことができます。

初心者でも少しずつ案件は獲得できます。

Lancersも同様の無料で登録できるサイトです。

自分のアピールポイントがハッキリしない場合や案件を積みながら考えたいという初心者の方は、プロフィールが気負わずに作成できるので、Crowd Worksの方をおすすめします。

少し実力がついたら、サワ―グースの試験に挑戦してみるのもありでしょう。

サワ―グース独自の試験に合格すると高単価の案件を得ることもできます。

初心者のうちはライティング業務のかたわら、案件探しも仕事としてしなければなりません。

案件探しに時間を取られていては肝心の業務ができません。

早めに自分が案件を探しやすい、自分が書きたい分野の案件が多いクラウドソーシングサイトを見つけるのをおすすめします。

医療、健康関係の案件が多いのもCrowd Worksの特徴です。

医療、健康関係の記事を執筆してみたい方に併せておすすめします。

まとめ|Webライター職は副業におすすめ!

この記事を読んで副業でライターをするメリットや実際の仕事の始め方、効率よく稼ぐ方法がわかりましたね。

もしも、副業をするのであればライターがおすすめです!

記事で解説したように、時間や場所を選ばす始めることができる上、初心者からでも仕事を見つけやすいからです。

実際に『クラウドワークス』では『ライター 初心者』の求人が約19,700件もありましたよね。

このことから、副業をするならライターがおすすめです!

「ライターを始めよう!」と思った方は、記事でご紹介した効率よく稼ぐ方法もぜひ参考にしてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました