中小企業にブログがおすすめな理由|Web集客を成功させるならSEOが肝

中小企業 ブログ

企業でのブログを任されたが、何から始めたらいいのかわからない!そもそも、企業でブログを運営するメリットとは?そんな疑問をもつ方もいるかと思います。

中小企業においてブログを開設するメリットは、インターネットを使用してユーザーとの接点を作ることにあります。

ユーザーにとって、有益な情報を提供することで会社のファンになってもらう機会になりますね。

実際に、ブログを開設することによって採用ページを大幅に拡大したり、会社の商品PRに成功している企業もあります。

インターネットが普及する現代では、広く顧客獲得をできる可能性があるのが企業ブログです。

SEO対策など、専門的な対策も多くありますが、ユーザーの利便性を考えた記事の執筆をすることで大きな価値を生み出すことができます。

そこでこの記事では、中小企業で行うブログ運営のやり方やメリットについてお伝えしていきますね。

ブログ運営を通して、会社のPRに繋げたい!という方は、この記事をチェックしてください!

社長必見!中小企業にブログが必要な理由

現代では、スマホやインターネットでの情報検索が一般的になっています。
たくさんの方の目に触れる場としても、中小企業のブログ運営は必要な時代です。

  1. 新規の見込み客を集められる
  2. 見込み客とのコミュニケーションを図れる
  3. 雇用につなげることも可能

新規の見込み客を集められる

ブログを運営することで、世間一般にも広く認知されることが期待できます。

要するに、広告としてCM効果があるということです。

テレビとは違い、勝手に目にはいる広告ではありませんが、インターネットを使用した広告効果としては、十分と言えます。

その理由は、以下の2つが挙げられます。

  • ターゲットが明確
  • テレビCMに比較し費用が少なく済む

1.ターゲットが明確になる

ブログマーケティングでは、テレビCMのように勝手に目に入ってくる広告とは違い、顧客が自身で検索し探し求めていた商品の提供ができます。

現代では、欲しいものや情報はインターネットで検索して購入する時代です。

ブログのアクセス数や離脱率などを分析することで、新規見込み客の解析やデータ収集を行うことができます。

2.テレビCMに比較し費用が少なく済む

テレビ広告は爆発的な認知度をあげる分、多額のコストがかかります。

それに比べ、ブログ運営ではコストを少額に抑えることができます。

本格的にはじめても、ブログ開設に必要なコストも月額2900円ほどで開始できるのも魅力といえます。

見込み客とのコミュニケーションを図れる

自社で提供している商品の詳細な使い方や、消費者の口コミを掲載し商品アピールをすることも可能です。

インターネット上での口コミ効果は絶大です。

口コミの一部をブログにて紹介し、購買意欲をあげたり、消費者からの疑問に答えるなど読者との接点を増やすことで安心して情報を信頼することができます。

現に、私も初めて購入する商品は口コミや、その口コミに対する会社の返答をみてから購入しています。

「こういう場面で役に立った」「他の商品と比較し、ここがよかった」という口コミを何件もみると安心して購入できます。

また、消費者からの質問や疑問にブログで回答することもできます。

消費者との接点を増やし、親身に回答を載せていくことで企業としての信頼感もあがります。

こうして、見込み客とのコミュニケーションをはかり、自社商品のPRに繋げることができます。

雇用につなげることも可能

採用オウンドメディアを構築することで、採用ページだけではみえない、社内の一面をアピールする場にもなります。

※採用オウンドメディアとは?
オウンドメディアとは、企業が消費者に向けて発信する媒体をさし、自社所有のWEBサイト、ブログ、カタログなどのことを指します。採用情報に特化した、自社所有の媒体のことを採用オウンドメディアといいます。

今までは、他社に依頼し求人募集をすることが主流でした。

しかし、近年ではインターネットが発達し、求職者が自身で会社を調べることができます。

求職者は、「自分に合う職場なのか」「仕事内容は求めているものと一致するのか」リアルな現場の声を求めています。

そこでブログなどの媒体を通して、求職者に社員の雰囲気や仕事内容、社風を知ってもらい採用に繋げることができます。

実際に、フリマアプリで有名な株式会社メルカリの「メルカン」は、現役社員の声やインタビューを掲載することで、人事採用にて成果を出しています

このように、社内の雰囲気や社員の働き方を発信することで雇用の獲得にも大きく貢献できるのです。

中小企業がブログをするメリット

中小企業だからこそ、ブログを開設するメリットがあります。

  1. ターゲットに情報をダイレクトに発信できる
  2. ブログはseoで評価されやすい
  3. 無料でできる

ターゲットに情報をダイレクトに発信できる

自社でブログを運営することで、ターゲットに有益な情報や商品を効果的にPRできます。

読者は知りたい情報を、キーワードを使い検索します。

検索結果には、当然ブログの内容もヒットします。

読者が求めている情報をしぼり、提供できるのは、中小企業にとって大きなメリットともいえます。

例えば、「オーガニック お菓子」というキーワード検索で自社商品がヒットした場合、会社や商品のことをまだ知らない顧客にピンポイントにアプローチできるのです。

同じような商品を紹介したり、ターゲットの客層や志向に合わせて情報発信することで効率的にブログ活用ができます。

ブログはseoで評価されやすい

専門性にたけており、わかりやすく内容が整理されているブログは、SEOで評価されやすく多くひとの目に止まります。

※SEOとは?
日本語で「検索エンジン最適化」といいます。よりわかりやすく信頼性のあるWEBサイトを検索上位にすることで、多くのひとの目に触れるようにする仕組みです。

企業ブログは、信頼性があり、顧客のニーズに答える商品が多いためSEO評価されやすい構造となってます。

SEO評価される仕組みについて

Googleでは、検索する方の利便性を第一に考え、一定のアルゴリズムをもとに検索に反映させる仕組みになっています。

「ユーザーに質の高いコンテンツを提供しているか」「所有するウェブサイトは安全か」等、条件をもとに、評価がされています。

「Google|検索エンジン最適化スターターガイド(最終閲覧2021年8月2日)

企業ブログにおいては、自社の商品アピールや会社PRに使用できるため専門性は高く、尚且つ確実な情報提供ができるためSEO評価では有利といえます。

無料でできる

広告費や求人広告費がかかるところを、ブログなら無料で開設できます。

なぜなら無料のブログサービスが数多くあるからです。

例えば、「ライブドアブログ」「アメーバオウンド」などは無料で開設できます。

まずは、低コストで開始し、のちに有料へ切り替えることもできます。

無料ブログのメリットとしては、すぐに簡単に執筆ができることや管理に手間がかからないことが挙げられます。

しかし、その反面、自由にカスタマイズできないことやSEOに弱いことも挙げられるので注意が必要です。

中小企業に捧ぐ!成功するブログのやり方

ただ記事を書くだけでなく、SEOや顧客を意識した執筆が必要になります。

  1. ブログをやる目的をはっきりさせる
  2. 記事を書く前にペルソナ設定をする
  3. ターゲットが興味あることを書く

ブログをやる目的をはっきりさせる

目的がはっきりしていないと、ブログで成果を出すことは難しいといえます。

企業にとって、ブログを始める最大の目的は、顧客との接点をつくるところにあります。

中小企業がブログを始めることには、いくつかの目的があげられます。

1.自社製品の紹介

ユーザーが求めている情報を、自社製品やサービスを駆使して解決できるようなコンテンツを提供することがブログでの成果に繋がります。

2.業界や会社自体をクライアントに知ってもらう

市場の広い業界では、大企業に埋もれてしまう企業でも、ブログやインターネットを通して取引先に認知してもらえる可能性があります。

3.新規雇用、求人広告としてPR

求人広告だけでは伝わらない、社員の雰囲気や仕事内容について知ってもらえる機会になります。

どの事例にしても、たくさんのひとに知って貰う機会には変わりありません。

ブログを行うメリットや目的をはっきりとさせて、効率よくブログ運営を行いましょう。

記事を書く前にペルソナ設定をする

ペルソナ設定を行うことで、記事の内容が読者に刺さりやすくなります。

※ペルソナ設定とは?
商品やサービスを利用する架空のユーザー設定のことをいいます。
架空ユーザーの性格や価値観、行動パターンなど細かく分析し設定を設けたものをペルソナ設定といいます。

有効な記事執筆には、このペルソナ設定ができているかが重要となります。

例えば、ベビー用品の広告を10代~60代の男女にむやみに送っても時間の無駄です。

20代後半~30代女性の既婚女性に絞って、広告を打ち出した方が効果的なのは明らかです。

ペルソナ設定の方法

設定や活用方法は、以下のとおりです。

1.ペルソナのデータ収集

インタビューやアンケート結果をもとに分析をします。

営業担当者の声をもとに作成したりと、ユーザーの生の声をもとにデータ収集を行います。

データが集まったら、情報の整理を行います。

2.ペルソナ人物像を作る

基本的には、10項目を設定し人物像を想定する必要があります。

  1. 基本情報(性別、年齢、住んでいる地域など)
  2. 職業(主婦、学生、会社員等)
  3. 生活パターン(通勤時間、勤務時間、休日等)
  4. 人格(価値感、考え方)
  5. 人間関係(既婚、未婚)
  6. 収入(年収など)
  7. 趣味や志向(インドア、アウトドア)
  8. インターネット利用時間(通勤時間、夜20時以降など)
  9. 使用するデバイス(PC、スマホ)
  10. 流行にどれだけ敏感か

上記を踏まえて具体的な人物像を構築します。

ここでの注意点は、企業にとって理想の人物像にしないことです。

あくまで、リアルな顧客の設定を行うことが、目的です。

以上を参考に、ペルソナ設定にチャレンジしてみてください。

ターゲットが興味あることを書く

顧客が興味あること、つまり求めている商品や情報を継続的に提供することが重要となります。

自社商品を紹介するだけや、自己満足なブログ記事では、そもそもアクセスがあったとしてもユーザーの目に止まることがないからです。

例えば、「化粧水」というワードで検索をしたとします。

多くのユーザーは「美白化粧水」を求めているにも関わらず、自社の売りである、「容器がかわいい化粧水」をいくらアピールしても、ターゲットの興味が引かれることはありません。

なぜなら、求めているのは、「美白」という効能であり、「容器のかわいさ」ではないからです。

ターゲットの興味があることを書くには、ペルソナ設定した人物像や顧客の求めている情報は何かをしっかり分析する必要があります。

集客の基本!seoで評価される記事を書くコツ

SEOを意識して記事を書くことで、多くのユーザーの目に触れることができます。

  1. サジェストツールでニーズを知る
  2. 1記事1キーワードを徹底する
  3. 記事のタイトルにキーワードを入れる
  4. 週1回は記事を投稿する

サジェストツールでニーズを知る

サジェスト機能を使用することで、ユーザーのニーズを引き出すとともに、記事の質を一気に高めることができます。

※サジェストツールとは?
検索エンジンで、キーワード検索をした際に、一緒に検索されやすいワードを自動的に表示させる機能のことです。

例えば、「ブログ」と入力すると、「ブログ 一般人」「ブログ 人気」など、こちらの意思とは別に、一緒に検索されているキーワードを表示してくれます。

検索キーワードに関連した、どのような情報を知りたいのか、ユーザーの需要を把握することができます。

ユーザーに需要のあるキーワードをもとに、ユーザーが知りたいコンテンツを提供ができれば、SEOにおいて高い評価を得ることができるのです。

Googleにおいても、キーワードについて下記のように述べています。

ユーザーがコンテンツを探すときに、検索しそうなキーワードを考えてみましょう

Google公式|SearchConsoleヘルプ(最終閲覧2021年8月2日)

実際に、キーワード選定は以下のように行います。

色々なツールがありますが、今回は「ラッコキーワード」と「Googleプランナー」を活用した方法をお伝えします。

1.検索窓にキーワードを入力

ラッコキーワードにて「ブログ」というワードを入力すると、「ブログ ランキング」「ブログ 始め方」「ブログ収益化」などのブログに関するキーワードが表示されます。

2.関連キーワードを検索意図ごとにまとめる

キーワードの中でも、同じようなキーワードについては、まとめることができます。

「ブログ 初めて」「ブログ 初心者」などの似たキーワードをまとめます。

3.実際に検索されているか、検索数の確認

選定したキーワードが、どのくらい検索されているかを実際に検索してみます。

可能であれば、「Googleプランナー」などのツールを使用し、アクセス数の分析を行いましょう。

検索上位にあるキーワードは、多くの方が欲している情報であると言えます。

ユーザーのニーズを正しく理解し、欲している情報の提供に役立ててくださいね。

1記事1キーワードを徹底する

1つのキーワードに絞った記事を作成することで、SEO対策をすることができます。

その理由は、検索エンジンの評価の仕組みにあります。

Googleでは、WEBページの関連性について以下のように述べています。
「情報の関連性を評価するための最も基本的な要因は、検索クエリと同じキーワードがウェブページに含まれているかどうかです。キーワードがページに出現する(特に見出しやページに含まれていれる)場合、そのページの情報は関連性が高い可能性があります。」

Google公式|検索のしくみ(最終閲覧2021年8月2日)

要するに、Googleでは1つのキーワードについての文の繋がりや、前後の説明文、十分な解説があるかなどを評価するしくみとなっています。

Googleが掲げている、ユーザーに最適な情報を提供するために、わかりやく専門的なページが評価されるようになっているのです。

そのため、1記事にたくさんのキーワードや内容を詰め込むのではなく、1記事1キーワードを心掛けることが重要です。

記事のタイトルにキーワードを入れる

記事のタイトルにはキーワードを入れましょう。

そうすることで検索KWとの関連性を向上させることが可能になり、上位表示が期待できます。

そもそも記事を評価するクローラーは、タイトルタグを重要視して訪問と評価を行っています。

サイトや記事が評価されるには、クローラーというプログラムがインターネット内を巡回し、対象キーワードにふさわしいサイトかどうかを判断します。

クローラーは、サイトを評価する際に重要視する項目のひとつに、タイトルタグの情報があります。

※タイトルタグとは?
タイトルを付けるためのHTMLタグのこと。~の間にある情報のことです。

実際に、Googleでは以下のように述べています。

タイトルは、検索結果のコンテンツをユーザーが一目でわかるように表示し、クリエとの関連性が高い理由をはっきりと伝えるうえで不可欠です。どのサイトをクリックするかは、タイトルで決定することが多いため、ウェブページには質の高いタイトルをつけることが重要です。

Google公式|検索セントラル(最終閲覧2021年8月2日)

明確なタイトルを付けることで、SEO評価を受けることができるため、キーワードを絞りわかりやすい記事作成に取り組みましょう。

週1回は記事を投稿する

定期的に新しい記事を更新することで、結果的にSEO評価やアクセス数をあげることができます。

Googleでは、サイト評価は、更新頻度と関係ないと公表しています。

しかし、Googleが一番重要視している、「ユーザーの利便性」に注目すると更新頻度はある程度保つことが必要だとわかります。

なぜなら、利便性の高いコンテンツというのは、常に更新や整備がされています。

例えば、店舗サイトの情報が5年前から更新されておらず、すでに閉店や移転をしている情報は利便性が低く情報としての価値は下がります。

ユーザーは常に、新しい情報を求めているので、記事は定期的に更新を行い見直しをすることで、質の高いコンテンツとなります。

成功したWebコンテンツの例

実際の事例をみながら、コンテンツ活用の具体的な方法をみていきましょう。

  1. 製品の使い方を開設
  2. 商品やツールの活用事例を紹介
  3. 専門家へのインタビュー記事

製品の使い方を開設

自社の製品を購入することで、ユーザーの生活にどういうメリットが与えられるか、悩みを解決できる記事を作成しましょう。

ユーザーが、商品を購入する目的は、悩みや問題を解決するためです。

商品やサービスを受けることで、どのようなよい未来が待っているのかを想像させるような記事作りに重きを置きましょう。

例えば、Apple社のApplewatchの広告を見てみましょう。

一番はじめに目にはいる内容は、この商品を手にすることで「健やかな毎日」が待っているという内容の広告です。

スペックや価格、新機能については二の次、三の次なのです。

まずは、自社製品を使って、どのようにユーザーに貢献できるかを考えた記事作りを行いましょう。

商品やツールの活用事例を紹介

ここでは、実際に企業ブログを活用している事例をご紹介していきます。

1.採用の事例

先ほども紹介しましたが、株式会社メルカリ「merucan(メルカン)」ではスタッフへのインタビューや密着、各々が大切にしていることを伝えるブログになっています。

また、会社としての取り組みや新たな挑戦、事業についてなど徹底して採用に向けたコンテンツが提供されています。

2.サービス紹介

第一三共ヘルスケア「健康美塾」では、美と健康についての情報を、漫画などを使用しわかりやすく解説しています。

スキンケアやお悩みについて、根本の原因解説と商品を使った解決策までを提案しています。

まさに、美容と健康に興味のあるユーザーには有益な情報を提供しています。

どちらのサイトも、採用や商品紹介に特化した記事内容になっており、ユーザーの興味や関心を誘う内容になっています。

専門家へのインタビュー記事

専門家がわかりやすく解説をすることで、記事や商品への信頼性がグッと高くなります。

商品のどのようなところにこだわったのか、商品が有効な根拠はどこにあるのか、詳細をしることができます。

ユーザーの悩みに対して、誠実に答えている記事が多く、質の高いコンテンツになることは間違えないでしょう。

実際の成功事例に、株式会社篠原化学の「快眠タイムズ」というブログがあります。

上級睡眠健康指導士の資格を持つ筆者が、睡眠の知識を踏まえながら、商品の提案をしています。

専門的な根拠を知りつつ、それに対応した商品紹介をすることで、ユーザーの悩みを解決できる非常に有効なコンテンツであると考えます。

インタビュー記事の種類

一口にインタビュー記事といっても、いくつかの形式があります。

1.対談形式

実際に取材をしているような、対話形式の記事になります。

取材する側と、取材を受ける側が交互に登場し会話形式で話しが進んでいく記事です。

比較的短い文章で構成され、会話文で書かれることが多いためリズムよく読みやすいのが特徴です。

2.一人称形式

取材をした側が、一方的に話しかける構成になっています。

対話形式ではないため、文章は長くなりますが、簡潔にまとめてり読みやすいのが特徴です。

3.三人称形式

取材内容の意見を反映しながら、インタビュアーが論評する形式です。

第三者の意見を取り入れながら、客観的に評価しているところが特徴です。

やや堅苦しい表現が多いですが、論理的に書かれていることが多く、信頼性にたける書き方になっています。

記事の内容や、ターゲットの層などを考慮して参考にしてみてください。

まとめ|中小企業はブログをやろう!

この記事を読んで、中小企業にブログが必要な理由とそのノウハウがについておわかりいただけたかと思います。

もしも、これからブログを始めるのであれば、この方法がおすすめです。

記事で解説をしたように、中小企業においてブログを開設するメリットは、ユーザーとの接点を作ることです。

そのためには、ユーザーにとって利便性のある情報発信をすること、SEO対策をすることが必要になります。

実際に、GoogleのSEO対策やユーザーの求めている情報を絞ってコンテンツを書き上げることが大切ということがわかりました。

ブログはこれからも、インターネット社会において需要のあるツールになることは間違いありません。

有効的にブログ運営ができれば、情報発信の場として大きく成果を出すことができます。

是非、今回の記事をブログ運営の参考にしてみてください。