Webコンテンツとは?制作目的・種類・マーケティング方法を解説

Webコンテンツ

「Webコンテンツって何? 制作目的は?」

「Webマーケティングに必要な理由(メリット)がイマイチわからない」

Webコンテンツという言葉を聞くと、このように疑問に思う企業担当者さんもいらっしゃるハズ。

詳細は本文にて解説いたしますが、Webコンテンツとは簡単に言うとWeb上にて制作され、公開されている記事や動画を指します。

Webコンテンツの目的は記事や動画などといった掲載することで、自社商品・サービスを知らない人を自サイトに集客および成約することにあります。

通常であれば商品名やサービス名を知らなければ、その存在を知ることができません。

そして存在を知らないがために仮に自分に最適な商品・サービスであったとしても、購入することができないのです。

しかしWebコンテンツをきっかけに自社商品・サービスを知ってもらうことで、それまで存在すら知られていなかったものを購入してもらえる可能性が生まれます。

これがWebコンテンツの最大のメリットと言えます。

しかしそうなると「Webコンテンツの目的やメリットはわかったけど、Webマーケティングに落とし込む方法が全くわからない」といった方もいるハズ。

そこでこの記事ではWebコンテンツの目的やメリットはもちろん、種類・Webコンテンツマーケティングの実施方法を解説致します。

この記事を読めばWebマーケティングに疎い方でも、Webコンテンツの必要性や活用方法がわかりますよ。

Webコンテンツとは?目的や必要性を解説

Webコンテンツとはネット上に掲載されている情報全般を指します。

当たり前のように目にしているものですが、Webコンテンツを掲載することには明確な理由が存在します。

そこで、今回はWebコンテンツの目的と、これを使ったコンテンツマーケティングについて見ていきましょう。

  1. Webコンテンツって何?
  2. Webコンテンツを作成する目的
  3. そもそもコンテンツマーケティングって何?

Webコンテンツって何?

Webコンテンツとはサイトで表示されている文章、動画や画像などのユーザーが閲覧できる情報を指します。

weblio辞書によりますと、このように記載されています。

ウェブコンテンツとは、Web上で提供・配信されているコンテンツの総称である。Webサイト上で公開された文書やマルチメディア、またはWebサイトそのもの、などを指すことが多い。

weblio辞書|ウェブコンテンツとはなに?(2022/3/7)

具体的に言いますと、以下のようなものをWebコンテンツと言います。

【Webコンテンツの種類と具体例】

Webコンテンツの種類具体例
【SEO】ビッグキーワード「東京」など検索Vol.が多いキーワード
【SEO】ロングテール「東京観光 名物 食べ物」など 2つ以上の単語で検索するキーワード
連載型「健康」をテーマにして 1回目は「食事法」2回目は「運動量」など 1つのテーマに絞り複数回掲載を続ける事
更新型紹介している商品などの新要素や変更点などを付け加えたり訂正すること
時事型「桜の名所」など季節の事柄や 旬の話題を紹介するもの
インタビュー型機器やソフトなど製品を実際に購入した人に使用感や導入の経緯を聞き、まとめたもの
ホワイトペーパー商品などのノウハウや資料を 個人情報を対価に提供するもの
【SNS】投稿TwitterやFacebookなどのSNSを利用した情報発信
動画映像を通じて商品紹介や仕様などを説明、解説するもの
音声音のみで情報提供するもの

例えば、更新型というのは、以前に提供した情報に変更があった場合に、加筆や修正を加えることで情報の信憑性を上げます。

常に最新情報を提供することで、ユーザーの信用度や満足感を高めることができるため、コンテンツの価値を上げることができる手法です。

また、youtubeでよく見かける解説動画や広告動画などは、動画を使用したWebコンテンツにあてはまります。

これらは動画を使用して、情報提供や宣伝を行っているからです。

この他に、Twitterなどで「新商品が〇日から発売」と投稿することは、SNSを使って不特定多数のユーザーに情報を発信しています。

そのため、SNS投稿を利用したWebコンテンツとなります。

このように、ネット上のサイトに掲載されている全ての情報を総称して「Webコンテンツ
」となるのです。

Webコンテンツを作成する目的

Webコンテンツを作る目的は以下3つが挙げられます。

  • 認知度や信用性を上げる
  • 見込み客を獲得する(リードジェネレーション)
  • 見込み客の購買意欲の向上と継続(リードナーチャリング)

まず、見込み客を獲得するためには認知してもらわなければいけません。

どんなに良い商品でも認知されていなければ、いつまで経っても売れることはないからです。

そのため、Webコンテンツを制作して認知度を向上させるのです。

コンテンツを多く作れば、それだけユーザーの目に触れる機会が多くなります。

更にコンテンツが充実していることで、企業としての信用性も増す効果が生まれるのです。

このように認知度が高まると、ユーザーが多く閲覧するため、興味を持つ人が一定数出てきます。

興味が出れば資料請求や問い合わせなど、商品を購入してくれる可能性を持った顧客が現れます。

これが見込み客の獲得(リードジェネレーション)です。

Webコンテンツを持っていない場合、見込み客の獲得をするためには人を使って宣伝をするしかありません。

例えば、展示会に参加して名刺交換をしたり、電話営業をかけることがあてはまります。

しかし、人員を割くことにも限界があります。

その点、Webコンテンツは24時間無休で宣伝を続けてくれるので、見込み客の獲得するチャンスが多く巡ってくるという利点があるのです。

そして、見込み客を獲得したら、実際に商品を購入して顧客になってもらうために、段階を踏み、商品をアピールしていきます。

この時、見込み客の欲している情報を適切なタイミングで提供することで、購入意欲を高めてもらいます。

一般的にはリードナーチャリングと呼ばれている、マーケティング手法の一つです。

このようにWebコンテンツを作成すると、認知度の向上から見込み客の獲得に繋がり、更に顧客になるという一連の流れを作ることができます。

この流れを作ることができるというメリットが、Webコンテンツを作る大きな目的となるでしょう。

そもそもコンテンツマーケティングって何?

コンテンツマーケティングとはWebコンテンツを用いて、ターゲットに利のある情報を提供するマーケティングを指します。

認知度の向上やどのような企業なのかをターゲットに理解してもらい、そうすることで、リピーターを獲得して売上向上を図るマーケティング手法です。

例えば、自社製品を使った料理のレシピ紹介をすることでユーザーの購入意欲を高めたいとします。

この場合、以下の手法と効果が考えられます。

【レシピ紹介の時の手法】

コンテンツの種類効果
動画視覚的でわかりやすい
記事動画よりわかりづらい

例えば「焼目がついたら出来上がり」という表現があったとします。

文章であった場合、ほんのり色づく程度なのか、それともしっかりと焦げ目がつくほどなのか人によって捉え方が違うでしょう。

しかし、動画ならば焼き上がりも映像に映っているので、適切な焼き加減がわかります。

他にも煮込み料理で「ひたひたに水を入れます」などと書かれていることが多くあります。

「ひたひた」という言葉だけでは、どの程度の水量なのか初心者にはわかりません。

本来は材料の上の部分が水面から出るか出ないかくらいの量が正解です。

しかし、文章だけ見ると少し浸ればいいのか中間まで浸せばいいのか、選択肢は多くあります。

料理に慣れている人にとっては当たり前なことかもしれませんが、全ての人が知識を持っているわけではありません。

したがって、文章ではなく動画であれば視覚的に「これくらいの水量」と、誰でも認識できるので初心者でも取り組みやすいというメリットがあります。

レシピアプリでもデリッシュキッチンなどの、動画レシピアプリが好まれているのはこのように実際の調理過程を見ることができる為です。

調理過程を映像で見る事で、正しい調理法を真似ることができるので、失敗してしまうリスクを下げる事ができます。

このように記事だけでなく、実際の動画を使う事でより正確な情報を得る事ができ、再現性が高くなることがわかります。

そのため、コンテンツマーケティングをしない場合よりも、ユーザーからの信用度が上がりるということです。

より具体的で正確な情報をユーザーに提供することによって、製品に対する興味が高まり購入率の上昇に繋がります。

このように同じ内容を紹介するにしても、コンテンツマーケティングの種類によって宣伝効果は増減するのです。

そのため、どのコンテンツを使うことが一番効果的であるかを、考察することで情報の価値やコンテンツの他にサイト自体の価値も高くなります。

コンテンツの役割や構成をしっかりと考える事で、ユーザーにとっても理解しやすくなり、リピート率や定着率も上昇します。

したがって、適切なコンテンツマーケティングを使用することが、自社製品の購入に繋がるということです。 

Webコンテンツを分類すると10種類ある

先ほど簡単に触れましたが、WEBコンテンツの種類には10個のタイプがあります。

  1. 【SEO】ビッグキーワード
  2. 【SEO】ロングテール
  3. 連載型
  4. 更新型
  5. 時事型
  6. インタビュー型
  7. ホワイトペーパー
  8. 【SNS】投稿
  9. 動画
  10. 音声

それぞれのタイプについて特徴を解説していますので参考にしてくださいね。

【SEO】ビッグキーワード

ビッグキーワードとは、検索エンジンにおいて検索回数が多いキーワードのことをいいます。

具体的に言いますと検索ボリューム※が10,000以上のものがビッグキーワードに該当します。

※検索ボリュームとは、Googleを代表する検索エンジンにおいて月間で検索された回数のこと。

ビッグキーワードの場合は莫大な流入が見込めるものの、上位表示は難しいのが特徴です。

なぜなら需要が高い分ライバルも多く存在するからです。

しかし、長期的に対策することで上位表示は可能となります。

具体的にはビッグキーワードは、カテゴリーページに用います。

つまりカテゴリーページがビッグキーワードと関連するようにしておくのです。

その上でカテゴリーページ内の記事を増やしていきます。

実際にWEBサイトでは階層構造で評価される仕組みになっています。

つまり記事の評価が上がれば、カテゴリーページの評価も上がるということです。

したがって長期的に考えることによって、上位表示の対策は可能となります。

【SEO】ロングテール

ロングテールSEOとは、ビッグキーワードにいくつかのキーワードを加えたもので、検索ボリュームが1,000以下のものをいいます。

【同ジャンルにおけるビッグキーワードとスモールキーワードの比較】

KW例KW種類検索ボリューム※
焼肉ビッグキーワード1,220,000
焼肉 フライパン 焼き方スモールキーワード260
Keyword Surferで算出したもの

ビッグキーワードと比較して、スモールキーワードには次のような特徴があります。

  • 検索者の意図がわかりやすい
  • 具体的なニーズを持った人が集まる
  • 購入といった行動に繋がりやすい

例えば「ダイエット おすすめ おやつ」といったキーワードの組み合わせの場合、検索者は「ダイエットにおすすめのおやつ」が知りたかったり、買いたかったりするのです。

したがってこの場合「ダイエットにおすすめのおやつ」の説明や販売サイトを紹介することが、価値が高い記事ということになります。

つまり検索者が望むことを予測し記事にすることが大切なのです。

そうすることで検索エンジンからもWEBコンテンツの価値が高いと判断されることになるでしょう。

ロングテールSEO対策によってコンテンツ価値を上げてみてくださいね。

連載型

連載型のWEBコンテンツとは、一つのテーマに対して数回に分けて発信していくタイプのものです。

例えば漫画で言いますと、以下のようなコンテンツが連載型と言えます。

【連載型のWEBコンテンツの例】

話数内容
1話師との出会い
2話修行
3話旅立ち
4話強敵との遭遇

このように、主人公が師と出会ってから強敵と対峙していくといった成長の過程をストーリーにします。

ストーリー性を持たせることによって、読み手を飽きさせずに続けて読んでもらえる可能性が高くなります。

つまりサイトへの再訪が望めるということです。

したがって連載型のWEBコンテンツでは、リピーターの獲得やファン創出が期待できます。

連載型を利用して、愛されるコンテンツづくりをしてみてくださいね。

更新型

更新型とは、ブログ記事に代表されるようなWEBコンテンツのことをいいます。

更新型で発信する利点は、テーマを限定する必要がないことです。

そのため自由度が高く、臨機応変に記事の作成ができます。

つまり数を増やしやすいWEBコンテンツのタイプとなります。

したがって更新型を利用することで、楽に発信を続けることができるでしょう。

ちなみに次のように考えると続けやすいです。

内容を考えるときには、関連するテーマの話題を選ぶようにしてください。

そうすることでコンテンツ同士が無理なく広がっていくようにすることができます。

つまりスッキリした印象を与えることができるのです。

コンテンツの数を増やしたい場合は、上手に利用してくださいね。

時事型

時事型では、旬なニュースを取り上げます。

関心を集めやすい時期に合わせて、タイムリーな話題を提供することができるのが特徴です。

例えば、次のような話題があります。

【自自がWebコンテンツの例】

季節具体例
桜が美しいお花見穴場スポット
夏休みのおすすめお出かけスポット
秋に読みたいおすすめの本10選
ゆったり過ごせる温泉宿特集

このように季節に応じたタイミングでコンテンツを提供することによって、人に役に立つ記事にすることができます。

その場合は、コンテンツを作る時期に注意するようにしましょう。

WEB検索では発信してすぐにヒットするわけではありません。

そのため、2か月前を目安として掲載するようにしましょう。

そうすることで多くの人が検索を始めたときに、検索順位を上げておくことが可能となります。

インタビュー型

インタビュー型とは、話を聞き内容をまとめたWebコンテンツをいいます。

具体的に言いますと、以下のようなWebコンテンツがインタビュー型に分類されます。

【インタビュー型コンテンツの例】

種類具体例
対談型現場責任者とその上司など
一人称型開発者エピソードや見解
ルポ型商品・サービスを実際に利用してリポート

上記のようなインタビュー型のWebコンテンツの特徴は、利用者目線でのコンテンツにできることです。

例えば質問には次のことを入れます。

  • 率直な感想
  • 利用者からみたメリット・デメリット
  • どのようにプロジェクトを進めたのか
  • 実際に期待通りの効果は上がっているのか

このように見込み客が知りたいと予測される内容を質問して、利用者の声として提供します。

そうすることで、見込み客が事前に気になる点をまとめた情報にすることができます。

つまり製品やサービスへの関心を高めることができるのです。

ちなみにインタビューの対象者として次の人たちも効果的です。

  • 業界の著名人
  • 分野の権威
  • 技術開発者

このようにインタビューの対象者を変えることで、権威性や専門性を持たせることが可能です。

インタビュー型を上手く利用して、利用者にとって価値あるコンテンツにしてくださいね。

ホワイトペーパー

ホワイトペーパーとは、製品やサービスに関連した役に立つ情報をまとめた資料のことをいいます。

【ホワイトペーパー型Webコンテンツの例】

種類具体例
サービス資料・カタログサービス概要資料
導入事例製品・サービスの導入企業の事例
レポート・アンケート調査サービス関連分野の実態調査・意識調査
診断・チェックシート現状把握の診断やチェックシート
ノウハウ資料テーマに特化し知識をノウハウを詳しく解説

上記のように、製品やサービスのノウハウ情報やデータが解説されているのが一般的です。

ホワイトペーパーでは、見込み客が気軽にアクションしやすいという特徴があります。

例えば、Webサイト上で氏名やメールアドレスなどの個人情報を登録した人に、pdf資料がダウンロードできるURLをメール送信するという流れで提供します。

このように資料提供という形にすることで、購入と比較して心理的ハードルを低くすることが可能です。

つまり無料で詳細な資料を提供することによって、引き換えに見込み客の個人情報を収集することができるのです。

ホワイトペーパーを活用して、より関心のあるユーザーに情報を届けるようにしましょう。

【SNS】投稿

【SNS】投稿とはソーシャルネットワーキングサービスを使った発信のことをいいます。

SNSの種類には、Twitter・Facebook・Instagramなどがあります。

以下に、各SNSの投稿のスタイルと特徴について表にまとめました。

【SNSの名称と特徴】

名称投稿の種類特徴
Twitter文章140字までのテキスト投稿。
情報の拡散性に優れる。
匿名登録可。
Facebook文章・画像・動画実名登録が義務。
知人とのコミュニケーションやコミュニティの形成。
Instagram画像・文章画像の投稿。
キャプションと呼ばれる補足説明の文章を入力可。
流行に敏感な層の利用が多い。

SNS投稿での特徴は、生の声をチェックできることです。

上記のようなSNSアカウントを使って、ユーザーは自分の意見を発信できるようになりました。

そのため、例えばユーザーが商品やサービスを利用している場面を知ることができますし、感想を知ることもできます。

つまりリアルタイムで本音の反応を知ることができるのです。

よって、投稿の内容がポジティブな意見の場合は強みとして活かすことができますし、反対にネガティブな意見の場合は問題点として改善に利用することができます。

このようにSNS投稿は、リアルタイムに生の声を知るのに優れています。

動画

映像を用いて配信されるものを動画コンテンツといいます。

具体的には以下の通り。

【動画型Webコンテンツの例】

種類具体例掲載サイト
求人動画バイト先を動画で紹介バイトル
ブランド紹介動画ブランドについて動画で紹介自社Webサイト
動画広告製品・サービスを動画で紹介自社SNSアカウント
商品・サービス紹介商品・サービスを動画で紹介自社SNSアカウント
社内向け映像自社向けの研修用動画社内向けチャンネルなど

動画コンテンツでは、テキストでのコンテンツと比較して、直感的に理解してもらえるメリットがあります。

例えば製品の解説動画を作成した場合には、実際の製品イメージや使用方法が視覚的にわかるため伝わりやすいものになります。

このようにテキストを読み込まなくても情報を伝えることができるため、幅広い年齢層に有効です。

同時に使用している雰囲気も伝わるため記憶に残りやすいものとなります。

したがって伝えられる情報量が多く、製品やサービスの認知を高めるといった使い方が可能です。

音声

音声のコンテンツは、音声を聞くタイプのものです。

具体的に言いますと、以下のようなモノを音声コンテンツと呼びます。

【音声型Webコンテンツの例】

種類具体例
講座型ボイスセミナー
読書(傾聴)型有名人による音声朗読
音声ブログ型ブログを音声で配信
リラクゼーション型マインドフルネス・ガイド音声

例えばオーディオブックのように、聞くだけで内容が理解できるものを用意することで、いつでも新しい情報を得るコンテンツを提供することが可能です。

つまりユーザーは音声を利用することで、時間を節約することができるのです。

したがって音声コンテンツは気軽に利用してもらいやすいコンテンツといえます。

ぜひ「ながら」利用をイメージして音声コンテンツを作ってみてください。

Webコンテンツを制作するメリット

Webコンテンツのメリットは以下が考えられます

  1. Webコンテンツを通じて自社サイトに見込み客がアクセスする
  2. 会社名・サイト名・商品名を知らない潜在顧客を集客できる
  3. 顧客育成効果がある
  4. 会社の優良財産になりやすい
  5. Webコンテンツは他媒体での使いまわしができる

Webコンテンツを通じて自社サイトに見込み客がアクセスする

Webコンテンツを充実させることで、訪問者の流入が増えて見込み客のアクセスに期待ができます。

見込み客とは、自社のサービスや商品に興味を示している人や企業のことで「リード」とも呼ばれます。

見込み客の悩みや不満を解決できるようなコンテンツを充実させることで、見込み客のアクセスを増やすことができますよ。

例えば、悩みや不満がある人が、オンラインで解決策を検索したとしましょう。

悩みや不満がある人は、悩みや不満が解決できそうなコンテンツやサイトにアクセスするはずです。

そのため、課題を解決できる充実したコンテンツを提供する事で、自社サイトやコンテンツの訪問者が増える効果に期待できます。

訪問者が増えることで、課題を解決できる商品やサービスに興味を持つ割合も増えていくでしょう。

つまり、自社のサービスや商品に興味を示す見込み客が増えるというわけです。

見込み客の悩みや不満を解決できるコンテンツを作成するためには、見込み客がどのような悩みを持っているかを把握することが大切です。

もしも顧客が何に悩んでいるのかがわからないのであれば、アンケートをとるのが効果的ですよ。

なぜなら、悩みや不満を事前に知ることで、見込み客にあったコンテンツを作成することができるからです。

新しくコンテンツを作成する他にも、既存のコンテンツをブラッシュアップすることもできます。

悩みや不満をダイレクトに解決できるコンテンツを充実させることで、同じ悩みをもった訪問者のアクセス増加にも期待できますよね。

そのため、さらに見込み客のアクセスを増やすことができるでしょう。

このように、コンテンツを通じて自社サイトに見込み客のアクセスしてもらえることが、Webコンテンツのメリットといえるでしょう。

会社名・サイト名・商品名を知らない潜在顧客を集客できる

Webコンテンツで役に立つ情報やサービスを提供することで、会社名・サイト名・商品名を知らない潜在顧客を集客することができます。

なぜなら、潜在顧客がオンラインでKW検索する事で、自社のコンテンツに訪問してもらえるきっかけになるからです。

そもそもオフライン世界であれば自社サービスを利用してもらうためには、まず自店舗に訪れてもらう必要があります。

しかし自社名や商品等を知っていなければ、その店舗を訪れることはほぼあり得ません。

下手をするとその会社の存在すら知らない可能性があるからです。

自分の知らない企業・店舗に意図的に訪問することは、どう考えても無理ですよね。


うどんを食べたいと思ったとき『丸亀製麺』のことを知っていなければ、丸亀うどんを自発的に食べに行くことは難しい。
この場合だと、この人がこの時点で知っているうどん店(はなまるうどんなど)に行く方が、丸亀うどんに訪れる確率よりも圧倒的に高い。

上記のように『自分が知らないサービス・商品』を顧客が購入しに行くことは、かなり考えにくいです。

自社の商品やサービスが認知されていなければ、店舗選びの際に選択肢にすら入らないからです。

根本的な話しになりますが、人間は自分の知らないことを実行することは不可能な生き物。

そのため自分が知らないサービスや商品が、選択肢に入らないのは当然の成り行きです。

そのためオフライン世界にて集客をするには、『顧客に対する自社商品・自社サービスの認知力』が非常に重要でした。

しかしWebコンテンツであれば、そんなことはありません。

なぜならばKWの検索(「悩みを解決させたい!」などの欲求)をきっかけとし、自社Webコンテンツ、つまりは自社ホームページに訪問してもらえるからです。

つまりWebコンテンツであれば、自社のことを知らない人たち(現時点で自社に対する興味等があまり高くない人たち=潜在顧客)をできるということですね。

そしてその訪問時に自社・自社サービス・自社商品をPRすることで、潜在顧客に対してもアプローチをすることができるわけです。

これはオフライン世界においては実現できない現象ですから、Webコンテンツにおける大きなメリットと言えます。

顧客育成効果がある

Webコンテンツには、自社の商品やサービスの購買意欲を高める顧客育成効果があります。

顧客育成とは、見込み客や既存の顧客に対して情報提供する事で、自社の商品やサービスを購入する状態まで育成することをいいます。

顧客が知りたい情報や、興味を持つ可能性があるコンテンツを提供する事で、商品やサービスの購買意欲を刺激することができるからです。

例えば、商品を販売している会社なら「商品の選び方」のようなWebコンテンツは顧客育成効果に期待できるでしょう。

顧客が知りたい商品の特徴やメリット、デメリットの情報を提供する事で、商品に対する知識を深めることができます。

その上で、自社の商品を購入することで顧客がどのような効果や結果を手に入れることができるかを提示すると、商品を手にした後の姿を想像することができますよね。

そうすることで、自社の商品を手にする理由やメリットを理解してもらうことができるため、購買意欲を刺激することができます。

つまり、商品を販売している会社なら「商品の選び方」のWebコンテンツで顧客育成効果に期待できるというわけです。

なお、顧客育成効果を高めるためには、見込み客や既存の顧客のニーズを理解することが大切です。

そもそもニーズに沿っていないWebコンテンツですと、顧客育成どころかみてもらうことすら難しくなります。

顧客育成をするためには、事前にニーズをリサーチしてWebコンテンツを作成することが大切です。

顧客のニーズに沿ったWebコンテンツは、顧客育成効果によって自社の売上に貢献する大きなメリットになりますよ。

会社の優良財産になりやすい

Webコンテンツは、会社の優良財産になりやすいのが特徴です。

なぜなら、一度インターネットに公開すれば半永久的に残るからです。

例えば、長期的な集客に期待ができるコンテンツは会社の優良財産といえるでしょう。

SEO対策によって上位表示されているコンテンツならば、24時間インターネット上で集客が見込めます。

そのため、会社が運営していない時間帯でも商品やサービスの購入に期待ができるため、会社の利益につながりますよね。

つまり、Webコンテンツを作成することで、会社の利益につながる優良財産になりやすいということです。

また、顧客育成ができるコンテンツを追加したり、時事ネタのような集客に期待できるコンテンツを作成する事で情報を蓄積することができます。

コンテンツを蓄積することで、さらに充実した情報を提供できるため、より会社の収益アップに期待ができるでしょう。

このように、Webコンテンツを蓄積していくことで会社の財産になり、長期的に会社に利益をもたらしてくれます。

有益なコンテンツを作成して、会社の優良財産になりやすい情報を提供しましょう。

Webコンテンツは他媒体での使いまわしができる

Webコンテンツは、FacebookやTwitterといったSNSやyoutubeのような動画コンテンツなど、他媒体での使い回しができます。

ホームページに掲載した記事の一部をSNSで投稿したり、動画にまとめるなどをすることで、よりターゲットに伝わりやすくなりますよ。

例えば、猫を初めて飼う人に向けたペット用品の記事コンテンツを、他媒体で使いまわす例をみてみましょう。

【Twitterで使う場合】
140文字以内で、初めて猫を飼うときに必要なペット用品をツイートする

【youtubeで使う場合】
猫を初めて飼うときに必要なペット用品を動画で紹介する

Twitterで使いまわす例をみてみますと、ホームページに掲載した記事の一部を抜粋することで、Twitterでの投稿ができます。

SNSでコンテンツを使いまわすことで、認知拡大に期待ができますよ。

youtubeの例では、ペット用品を動画で紹介することで、よりわかりやすくペット用品の特徴を伝えることができそうですね。

このように、記事にしたコンテンツを他媒体で使いまわすことで、ターゲットにより伝えやすくなります。

また、SNSや動画などで発信したコンテンツを、記事コンテンツにまとめることも可能です。

そのほかにも、セミナー資料やパンフレット、書籍など幅広い媒体で使いまわすことができますよ。

媒体によってユーザーの性質が異なるため、違いを踏まえた上で使い分けるようにしましょう。

Webコンテンツマーケティングの実施方法

もしもWebコンテンツマーケティングを行うのであれば、以下の手順で実行しましょう。

  1. LPページを用意する
  2. ペルソナ設定を行う
  3. カスタマージャーニ―を実施する
  4. 顧客の悩みを徹底して洗い出す
  5. 読みやすい文章でWebコンテンツを作成する

LPページを用意する

Webコンテンツマーケティングを行うなら、ユーザーにアクションを起こしてもらいやすいLP※を作成しましょう。

※LPとは「ランディングページ」とも呼ばれ、商品の購入やお問合せの誘導を目的とした1枚の縦長のページを指します。

LPであれば1枚のページに訪問者の知りたい情報をまとめて伝えることができます。

その結果、通常のWebコンテンツ(SEO記事など)に比べて申し込みや商品購入に繋がりやすいです。

通常の記事、例えばSEO記事などはサジェスト(指定のKWにて読者が知りたがる情報の傾向=執筆者が書くべき情報群)を意識して書きます

そのためSEO記事にて、1つの商品を徹底して解説することは難しいです。

そのような記事構成にしてしまうとサジェストの網羅性が低くなり、SEO順位が下がるおそれがあるからです。

しかしLPであればそのような心配は必要ありません。

LPであればSEO順位を気にせず構成および執筆できるからです。

そもそもLPは商品もしくはサービス販売を目的としたページですので、SEO順位は気にしなくてよいという特徴があります。

したがってLPであればSEO順位やサジェストを気にせず、商品説明に特化した情報構成にしても問題がないのです。

そして商品説明に特化したページにすることで、SEO記事に比べて商品やサービスを購入してもらいやすくなるわけです。

このように、LPを用意することで、申し込みや商品の購入が増えて会社の利益を上げることに繋がります。

効果的にWebコンテンツマーケティングを行うためにも、訪問者が知りたい情報が網羅されたLPページを用意しましょう。

ペルソナ設定を行う

Webコンテンツマーケティングにおいて、ターゲットを正確に理解するためにもペルソナ※設定を行いましょう。

※ペルソナとは、ターゲットの特徴や情報を詳細に設定した仮想ユーザーを意味します。

例えば、スキンケア販売会社のペルソナ設定の例をみていきましょう。

【ペルソナ設定の例】

項目詳細
名前小野由美子
性別女性
年齢30才
職業大手企業人事
収入世帯年収550万円
家族構成夫・子2人
居住地神奈川県横浜市
休日の過ごし方家で子供と過ごす時間が多い 月に2回程ママ友とおしゃれなお店でランチをする
SNS利用状況インスタグラムが好きでよく見る、子育てや育児の情報収集を行うために使う
現在の状況子育てや家事に時間を取られていて、自分のために使える時間やお金が少ない スキンケアが満足にできていないことが悩み

上記のように、ターゲットの具体的な人物像を設定することがペルソナ設定では大切です。

商品を購入するまでに至る背景や感情をイメージすることができるようになりますよ。

例えば上の例ですと、時間とお金がなく満足にスキンケアが満足にできていないことが悩みだということがわかります。

また、月に2回のママ友とのランチ会があるため、スキンケアは短時間でもしっかりしたいという背景や感情があることがわかりますね。

つまり、低価格で短時間でスキンケアできる商品なら、購入してくれる可能性が高そうです。

さらに、インスタグラムを使用していることから、インスタグラムで広告を掲載すると効果的ではないかと検討することができますね。

このように、ペルソナを詳細に設定することで、商品の購入に至るまでの背景や感情をイメージすることができるわけです。

ライフスタイルが多様化している現代では、ターゲットの価値観やニーズはさまざまな違いがあります。

そのため、ターゲットに的確に刺さるコンテンツを設計するためにも、ペルソナ設定は非常に重要です。

Webコンテンツマーケティングにおいて、ペルソナ設定は詳細に行うようにしましょう。

カスタマージャーニ―を実施する

コンテンツマーケティングを効果的に行うためにも、カスタマージャーニーを実施しましょう。

カスタマージャーニーとは、ペルソナが商品やサービスの購入に至るまでのアクションや心理状態などの課程を予測したものです。

例えば美容液販売会社でカスタマージャーニーを実施しますと、以下のようになります。

【美容液販売会社のカスタマージャーニーマップの例】

フェーズペルソナの行動ペルソナの感情
気付き肌が乾燥して荒れていることに気づいた肌荒れを改善したい
認知肌質改善には美容液が良いことを知った自分にあった美容液を知りたい
検討美容液の情報収集検討している美容液が自分に合うか知りたい
購買自分に合いそうな美容液が見つかり購入する自分の肌に効果があるか不安

上記のようにカスタマージャーニーを実施することで、ペルソナの悩みや不安から、どのようなアプローチをすれば良いかの戦略が立てやすくなります。

上の例で言いますと、「気付き」のフェーズでは肌が乾燥して荒れているペルソナに対して、肌荒れを改善するためには何が必要か検討することができます。

「認知」のフェーズでは、肌荒れを改善したいペルソナが自分にあった美容液を検索できる仕組みを作ることも検討できますよね。

次に「検討」のフェーズでは、ペルソナの肌質に合う美容液を自社商品にうまく誘導する方法はあるか考えることができます。

「購買」フェーズでは、なぜペルソナの肌質に自社の美容液がなぜ合うかを証明することで、納得感を持って美容液を購入してくれそうですね。

このように、カスタマージャーニーマップを用いることで、フェーズごとにどのようなアプローチを行うべきか戦略を立てやすくなるわけです。

つまり、コンテンツマーケティングを行う上で、カスタマージャーニーは非常に有効であると考えられます。

効果的にコンテンツマーケティングを行うためにも、カスタマージャーニーを実施しましょう。

顧客の悩みを徹底して洗い出す

Webコンテンツマーケティングを行う上では、顧客がどのような悩みを持っているかを徹底的に洗い出すことが大切です。

なぜなら顧客の悩みを深く理解することで、コンテンツマーケティングの方向性や設計が明確になるからです。

例えば、先ほどの美容液を販売する会社を例にみていきましょう。

顧客は、肌が乾燥して荒れていることが悩みで、それを改善したいと考えています。

しかし肌荒れ改善をしたい感情の裏には、肌荒れを改善することで異性に振り向いて欲しかったり、周囲の人に肌を褒めて欲しいという感情があるかもしれません。

顧客の悩みは肌荒れですが、その裏には交友関係をよくしていきたいという感情が隠れている可能性があります。

つまり、肌荒れ改善をすることで異性に振り向いてもらえたり、周囲の人に褒めてもらえることを訴求できれば顧客に響くコンテンツになりそうですよね。

このように、顧客に対して有益な情報を発信するためには、顧客にはどのような悩みや課題があるのか理解することが必要です。

顧客の悩みを理解しないことには、顧客にとって悩みを解決できる有益なコンテンツが何かを知ることができませんよね。

つまり、コンテンツマーケティングの方向性を決めるためにも、顧客の悩みを徹底的に洗い出すことが大切になってくるわけです。

顧客の悩みを徹底的に洗い出すことで、顧客の課題やニーズを満たすWebコンテンツを作成する手がかりになります。

顧客の悩みを正しく理解して、Webコンテンツマーケティングの方向性を定めると良いでしょう。

読みやすい文章でWebコンテンツを作成する

Webコンテンツを作成する際には、読みやすい文章で書くことが大切です。

なぜなら、読みやすい文章で情報を提供することで、Webコンテンツから離脱されずに最後まで読んでもらうことができるからです。

例えば、わかりやすい文章を書く方法の一つに、専門用語を多用しないことが挙げられます。

【読みにくい文章の例】
SEO対策をすることで、Google検索広告のCVRをあげましょう

【読みやすい文章の例】
SEO対策によって検索結果を上位表示させることで、Googleで検索したときに表示される広告からの申し込みや商品購入の件数をあげましょう

読みにくい文章の例をみてみますと、「SEO対策」や「CVR」などの専門用語が多用されていて、わかる人にしかわからない文章になっています。

Webマーケターやライターならこのままでも伝わるかもしれませんが、言葉を知らない人にとっては非常に不親切な文章ですよね。

これでは、文章の内容がわからず読みにくいため、Webコンテンツから離脱されてしまう可能性があります。

一方で読みやすい文章ですと、「SEO対策」の説明や「CVR」を噛み砕いて説明しているため、言葉の意味がわからない人でもスムーズに理解ができそうです。

つまり、専門用語を多用しないことで読みやすい文章になるということです。

専門用語を使わざるを得ない場合は、きちんと専門用語の意味を説明するように心がけましょう。

なお、ターゲットが専門家である場合はこの限りではありません。

むしろ、専門用語が使われることで端的に文章を伝えることができるため、専門家にとってはわかりやすい文章になります。

つまり、ターゲットやペルソナににあった言葉選びをすることで、読みやすい文章になるというわけです。

ターゲットやペルソナにとってわかりやすい言葉を使って、読みやすいWebコンテンツを作成しましょう。

Webコンテンツ
TwitterにてWebライター募集中!