コンテンツビジネスとは?必要な理由・ビジネスモデル・成功事例を解説

コンテンツビジネス

「コンテンツビジネスってなに?」

「コンテンツビジネスの必要性がわからないな。成功事例ってあるのかな? 」

Webマーケティングが隆盛を迎えつつある昨今、コンテンツビジネスに対してこのように思う人もいるハズ。

詳細は本文にて解説いたしますが、コンテンツビジネスとは以下のものを使って収益を上げるビジネスモデルを指します。

  1. 記事
  2. 動画
  3. 音声
  4. 漫画
  5. 書籍
  6. メールマガジン
  7. アプリ
  8. ゲーム
    など

上記のようなコンテンツを使ったビジネスが優れている理由はいくつかあるのですが、その中でも最たる利点は『他の媒体で使えるためレバレッジが利く』です。

例えば記事を作ったときに、その記事に書かれていることをそのまま動画にしてしまえばブログだけでなくYouTubeでも集客できるようになります。

このようにコンテンツビジネスはあらゆる媒体にて商材を使い回しができるために、レバレッジの最大化が可能です。

そのためコンテンツビジネスはオフラインビジネスに比べて費用対効果を高くできる傾向にあり、Webマーケティングの成功に欠かせない存在と言えます。

そうなるとコンテンツビジネスの成功事例が気になりますよね。

そこでこの記事ではコンテンツビジネスの基本情報だけでなく、メリット・成功事例・10ステップの実行方法を解説いたします。

この記事を読み終える頃にはコンテンツビジネスの必要性や実行方法がわかり、今すぐに取り組めるようになりますよ。

コンテンツビジネスとは?具体例で解説

コンテンツビジネスについて、以下の3項目を解説しました。

  1. コンテンツビジネスとは?
  2. コンテンツビジネスの現状
  3. 【課題は?】コンテンツビジネスの今後の展望

コンテンツビジネスの基礎知識の整理に役立てて下さいね。

コンテンツビジネスとは?

コンテンツビジネスとは次のように明記されています。

コンテンツビジネスとは「コンテンツという知的財産をベースにした収益の実現」である。

UNIJAPAN|コンテンツビジネスのデザイン(2022年3月23日)

実際のコンテンツビジネスの例は表のとおりです。

【コンテンツビジネスの種類と具体例】

コンテンツの種類コンテンツビジネスの具体例
動画Netflix
hulu
U-NEXT
Amazonプライムビデオ
音声ApplePodcast
Spotify
Voicy
漫画ブック放題
めちゃコミック
スキマ
書籍Kindle
ebookjapan
メールマガジン堀江貴文のブログでは言えない話
アプリスタディサプリ
マネーフォワードME
ゲームDMMGAMES
AppleArcade

上記をみますと、コンテンツの種類毎に多くのコンテンツビジネスが展開されているのがわかります。

一例として動画をみましても多くのサービスがありますが、サービス毎で視聴できるジャンルは異なっており特徴があります。

例えばNetflixではオリジナル作品が多く、国内ドラマやアニメの取り扱いは少ないです。

それに対してhuluでは、海外ドラマ・邦画・アニメに強いという特徴があります。

そのためユーザーは、よく見たり興味のあるジャンルが視聴できるサービスを選択することが可能となっています。

このように同じ動画コンテンツであっても、取り扱う内容に違いを持たせることによって収益化を実現しているのです。

したがってコンテンツ内容の差別化は、ビジネスとして成立させるのに大切な要素といえるでしょう。

コンテンツビジネスの現状

コンテンツビジネスの現状は、資金や手間のかからないものへと変化しています。

主な種類と特徴は表のとおりです。

【コンテンツビジネスの種類と特徴】

コンテンツの種類配信方法特徴
記事・資料の公開WordPressなどのプラットフォームから記事や資料(ハウツーや導入事例)を公開する。低コスト
記事や資料作成の時間と手間がかかる
動画の配信Youtubeや動画配信アプリを使って動画を配信する。情報をわかりやすく正確に伝えやすい
動画を作る時間と手間がかかる
音声の配信ポッドキャストや音声配信アプリを使って音声を配信する。情報がダイレクトに伝わりやすい
音声だけで伝わるコンテンツにする必要がある
メールマガジンの配信まぐまぐ等などのメールマガジン配信システムを使ってメールマガジンを一斉配信する。過去のユーザーや見込み度の高い人からの反応を得やすく成果につながりやすい
内容によっては開封してもらえない

上記のように、どのコンテンツの種類であっても低コストで配信できるプラットフォームが用意されています。

例えばYoutubeで動画を配信するという手法を使えば、個人が簡単に全世界に向けて動画コンテンツの配信が可能です。

従来の主な動画コンテンツであるテレビや映画と比較すると、はるかに携わる人手が少なく制作費用は抑えられるものと考えられます。

つまり資金や手間をかけずに配信できるようになったことで、誰もがコンテンツビジネスに挑戦できる環境にあるのが現状といえます。

ちなみにコンテンツの評価は制作費とは比例せず、アイデアや的確なマーケティングが重要ともいわれています。

要するにコンテンツを使って収益を上げるためには、求められるコンテンツを作成すると同時に見つけてもらう流れを作ることが重要なのです。

具体的な流れはつぎのとおり。

  • 効果的な集客を行う
  • 集まった人に興味を持たせる
  • 興味を持った人に販売する

つまり集まった人のうち、強く興味を持った人に対して販売をするという流れです。

ちなみに集まった人に興味を持ってもらうには、無料コンテンツが役に立ちます。

無料コンテンツは、将来の見込み客との信頼関係を築きやすくするメリットがあります。

制作の際はユーザーが求める情報をリサーチし、問題解決や悩みを解決する情報を与えるようなコンテンツ制作を心がけましょう。

【課題は?】コンテンツビジネスの今後の展望

コンテンツビジネスの今後の展望は、ネット動画の価値が上がってくるといわれています。

ネット動画はNetflixのような動画配信サービスやYoutubeのような動画共有サイトへの投稿動画をいいます。

前者の動画配信サービスと後者の動画共有サイトを単純に比較してもわかるように、コンテンツの質は大きく異なっていますね。

つまり誰でもが手軽に多くの情報を手に入れることができるようになった一方で、より質が求められるようになったのです。

したがってコンテンツの質を高めていくことは課題の一つといえます。

例えば、優れたコンテンツは国内だけでなく海外においても評価されるものです。

すでに知られた例としては日本のアニメ・漫画・ゲーム等は世界で楽しまれています。

このような場合は優れたコンテンツを生み出すだけでなく、知的財産としてビジネス展開することが大切となります。

注意すべき点は次の項目です。

【コンテンツ作成時の注意点】

項目留意点
コンテンツ適切なコンテンツ制作と管理
ライツ配信先・放映先の管理
財務売上・コストの可視化や管理からくる収益

このように様々な視点から管理し展開していく必要性があります。

コンテンツは知的財産です。

今後は著作権の侵害や保護の視点を持った制作をし、より質を高める意識が大切となるでしょう。

コンテンツビジネスにおける5つのメリット

コンテンツビジネスのメリットは次の5つの点があります。

  1. 誰でも低コストで作成できる
  2. 作ったコンテンツが資産として残りやすい
  3. 他の媒体で使えるためレバレッジが利く
  4. 集客効果が高い
  5. WebメディアやSNSとの相性が良い

それぞれについて解説をしましたので参考にしてくださいね。

誰でも低コストで作成できる

コンテンツは誰でも低コストで作成することができます。

コンテンツの配信では、どの種類でも低コストで配信できるプラットホームが準備されているからです。

例えばnoteやYoutubeでは無料で配信することができますよね。

これまでで自分が身に着けたことを一度ふり返ってみて、コンテンツ作成をしてみてください。

作ったコンテンツが資産として残りやすい

作ったコンテンツは資産として残りやすいです。

どういうことかといいますと、作ったコンテンツがお金を生み続ける限り、資産といえるということです。

例えば一度作ったコンテンツがWeb検索でヒットして閲覧され続ける限り、作成から時間が経過したとしても、価値のあるコンテンツとして残ります。

このように長く求められるコンテンツを作ることができれば、お金を生みだし続けることが可能となります。

しかもWeb上のデータの場合、維持費もかからないのが魅力です。

資産となるコンテンツを目指して作成していきましょう。

他の媒体で使えるためレバレッジが利く

コンテンツは他の媒体で使えるためレバレッジが利きます。

例えば自社サイト用に作った記事コンテンツを他の媒体でも使った場合、他からもユーザーが流入するため、1つのコンテンツからのリターンは大きくなります。

複数の媒体を使った記事公開の例を表にしました。

媒体例】

公開媒体公開方法例
自社Webサイト記事コンテンツの掲載
記事コンテンツのpdf配布
メルマガ配信記事コンテンツの掲載
記事コンテンツのpdf配布
note記事コンテンツの掲載
Twitter自社サイト記事リンクの共有
記事コンテンツを分割してツイート

このように記事コンテンツで記載した内容は、同様に文字を扱う媒体を使って公開することで、大きな手間をかけずに広く知らせることが可能となります。

一度手をかけて作ったコンテンツは、他の媒体を活用してリターンを大きくするようにしましょう。

集客効果が高い

コンテンツは集客効果が高いです。

色々な情報が無料で手に入る今、多くの人がWeb上で情報を探しています。

つまり、人は目的を持ってWeb上にあるコンテンツへアクセスしているということです。

その中で、Web上で検索にヒットするコンテンツがあれば集客効果は高くなります。

そのためにはユーザーが求める情報をリサーチすることです。

その際は、ユーザーが求めていることや悩んでいることを考えながらリサーチするようにします。

そうすることで、ユーザーの検索目的を解決するコンテンツ提供に繋がっていくでしょう。

例えば占い師のしいたけ.さんは、noteのプラットフォームを使って占い記事公開のコンテンツビジネスをしています。

しいたけ占いにおけるユーザーが求める情報と公開記事は次のとおりです。

【ユーザーが求める情報に対して公開している記事の例】

ユーザーが求める情報公開記事
自分に起こることはどのようなことか?
自分はどのように過ごしていけばいいか?
・星座別に今月の予測と過ごし方記事の公開
悩みを受け付けて、その回答を記事に含める

このようにユーザーが求める情報をリサーチし適切に提供をすることで、ユーザーから評価を得ることができるのです。

したがって集客効果の高いコンテンツ作成には、リサーチが大切となります。

WebメディアやSNSとの相性が良い

コンテンツビジネスは、WebメディアやSNSとの相性が良いといわれています。

その理由は、WebメディアとSNSでの集客に違いがあるからだと考えられます。

WebメディアとSNSでの集客の違いを表にしました。

【WebメディアとSNSとの違い】

媒体アプローチできる人求められる情報の特徴
Webメディア興味のある人
得たい情報を求めて目的をもって検索をしている
信頼と安心
信頼できる情報
運営会社の情報
商品やサービスの詳細
詳しい価格設定
商品購入への安心できる導入口
SNS検索をしない受動的な人興味と共感
自分の興味に近い情報
共感できるような情報
現状を良くするサービス情報

このようにWebメディアでは検索エンジンが中心の集客となる一方で、SNSでは検索までには至っていない層にもアプローチすることが可能となります。

そして求められる情報の違いを考慮した情報提供をすることで、購買へと繋げることができるでしょう。

具体的には、前者のWebメディアでは購入の決断ができるよう信頼と安心を含んだ情報を提供し、後者のSNSでは興味関心を軸としたものにします。

つまりSNSでは認知度を上げたり購買意欲を高めたりしながら、Webメディアへの導線を作るような流れです。

このように2つの媒体の特徴を活かすことによって、より広い層へのアプローチや購入へと繋げていきましょう。

ビジネスモデルは?コンテンツビジネスの成功事例

ここではコンテンツビジネスの成功事例を解説いたします。

  1. ブログコンテンツ
  2. 漫画
  3. 動画
  4. 音声
  5. ユーチューバー

ブログコンテンツ

ブログコンテンツの成功事例の1つに、「北欧、暮らしの道具店(株式会社クラシコム)」が挙げられます。

「北欧、暮らしの道具店」は、北欧風の家具や雑貨などの販売や、暮らしにまつわる情報発信を行っているECサイトです。

そんな「北欧、暮らしの道具店」の月間PV数はなんと約1,600万にも及びます。(2022/1月時点)

月間PV数1,600万に至る成功の理由の1つに、ユーザーが読みたいブログコンテンツ作成を行っていることが挙げられるでしょう。

例えば、「北欧、暮らしの道具店」の記事の一部をみてみましょう。

「台所の布巾って、どんなに気をつけていても、生乾きのようなイヤな臭いがしてきてしまうのが悩みでした。

でも、この蚊帳ふきんに変えたら、ほんとうにぜんぜん臭わなくて。グレーの面に消臭効果のある炭が練り込まれているそうです。洗濯機でふつうに洗っているだけなのに、まったく臭いがしてきません。

布巾ってどれも同じだろうと思っていたけど、こんなに違うのかと驚いたから、ぜひとも紹介したくて。洗うたびにふわふわの手触りになるのもいいですし、新生活をはじめる方はもちろん、布巾迷子の方にもオススメです

北欧、暮らしの道具店【新生活にほしいもの】前編:一人暮らしにもおすすめ。バイヤーが一押しするキッチン道具たち

上記をみてみますと、ユーザーが新生活で直面する悩みから話が始まり、その解決商品の紹介と使用感や商品に対する思いがつづられています。

ユーザーの悩みに沿ってストーリー形式で商品紹介することで、ユーザーが惹きつけられる内容になっているわけですね。

また、実際に使用している人の使用感や思いを書くことで、商品の良さだけでなく思い入れのある商品なのだとユーザーに訴えかけているようにも捉えることが出来ます。

つまり、ユーザーが知りたいことや読みたくなる内容が、わかりやすく書かれているわけです。

このように、「北欧、暮らしの道具店」のブログコンテンツ成功の秘訣は、「ユーザーが読みたくなる内容にストーリーを添えて伝えている」ことと言えるでしょう。

漫画

成功している漫画コンテンツの1つに、「ジャンププラス」があります。

ジャンププラスは、集英社が発行する「週刊少年ジャンプ」の歴代作品や「ウルトラジャンプ」などの雑誌をサブスクリプション※で定期購読できるサービスです。

※月または年単位で料金を支払うことでサービスを利用できるビジネスモデル

ジャンププラスは、アプリの累計ダウンロード数1,900万を誇る人気漫画コンテンツです。(2022年4月14日時点)

ジャンププラスが成功した理由の1つに、数々の作品が一部無料で読めることが挙げられます。

例えば、以下のようなタイトルの漫画が一部無料で読めます。

  • ドラゴンボール
  • ワンピース
  • 左利きのエレン
  • 怪獣8号など
    (2022/3/22時点)

上記のように、全世界にファンの多い「ドラゴンボール」や「ワンピース」などは、動画広告の視聴で1話、さらに週に1話無料で公開されます。

また、ドラマ化で話題になった「左利きのエレン」や、ジャンププラス史上最速で累計100万部突破した「怪獣8号」は、初回無料で最新話まで読むことが可能です。

このようにファンの多い漫画や、ジャンププラスだけのオリジナル人気漫画が無料で読むことが出来ます。

さらに、「無料で読める」というキャッチコピーによって、読んでいなかった名作や話題の漫画を読んでみようという新規ユーザーの流入にも一役買っています。

つまり、ジャンププラスは数々の漫画の一部が無料で読めることで、漫画コンテンツとして成功を納めていると言えるでしょう。

動画

動画配信コンテンツで成功している1つに、「Amazonプライム・ビデオ」があります。

「Amazonプライム・ビデオ」は、大手ECサイトの「Amazon」が提供する有料サービス「Amazonプライム」に含まれる動画視聴コンテンツです。

「Amazonプライム」の有料会員数は全世界で2億人以上を誇ります。(2020/12月時点)

動画配信コンテンツとして成功を納めた理由の1つに、オリジナル動画コンテンツの豊富さが挙げられるでしょう。

例えば、オリジナルの動画コンテンツは以下の通り。

  • ドキュメンタル
  • バチェラー
  • マーベラス・ミセス・メイゼル
  • モンスター・ホテル 変身ビームで大パニック!
    2022年3月22日時点

上記をみてみますと、「ドキュメンタル」や「バチェラー」のように、地上波では出来ないような過激な内容の動画視聴が可能です。

両作品ともCMでも見るほど大変人気のある動画コンテンツとしても有名ですが、Amazonプライム会員なら無料で視聴出来ます。

また、海外制作のドラマ「マーベラス・ミセス・メイゼル」や、子供向け映画の「モンスター・ホテル」など、幅広い年齢層に合わせたオリジナル動画コンテンツがあります。

日本で制作された作品だけでなく、海外で制作された動画コンテンツも吹き替えや字幕で楽しめることが、Amazonプライム・ビデオが人気のポイントと言えるでしょう。

このように、Amazonプライム・ビデオでしか視聴できないオリジナル動画コンテンツが豊富にあることが、成功に大きく貢献している要因です。

音声

音声配信コンテンツでは、「Spotify」が成功事例として挙げられます。

「Spotify」は、世界中のクリエイターによる音楽やポッドキャスト※、ビデオなどが楽しめるデジタル配信サービスです。

※音声や動画データをインターネット上で公開する方法の1つ

ポッドキャストには、数分から数時間まで、トーク・コメディ・教育などさまざまなジャンルが用意されているのが特徴です。

Spotifyが音声配信サービスで成功を納めた理由の1つに、ユーザー満足度の高い多様性に富んだコンテンツが用意されていることが挙げられます。

例えば、以下のようなコンテンツがあります。

  • 日テレNEWSaudio
  • 続・秋山第一ビルヂング
  • 呪術廻戦 じゅじゅとーく
  • 英語脳になるリスニング聞き流しなど
    2022年4月14日時点

上記をみてみますと、忙しくて時間がない中でも24時間ニュースを聞き流しできる「日テレNEWSaudio」は人気のコンテンツです。

また「続・秋山第一ビルヂング」は、音声だけでコントを再現できるかがテーマになっているコメディコンテンツです。

その他にも、より多くの人に知ってもらうためエンタメ部門にも力を入れており、「呪術廻戦」と連動した「呪術廻戦 じゅじゅとーく」などがあります。

さらに、「英語脳になるリスニング聞き流し」による聞き流しで英語を学べる教育系の音声コンテンツも充実しています。

このように、ニュース・お笑い・エンタメ・教育など、幅広いユーザーのニーズをくみ取った多様性の高い音声コンテンツが用意されていることがわかりますね。

忙しい現代人が、聞き流しでさまざまなジャンルの音声コンテンツに触れられることが、Spotifyの成功に大きく影響したと言えるでしょう。

ユーチューバー

ユーチューバーとして成功している人は多くいますが、その中でも今回は「エガチャンネル」をご紹介します。

エガチャンネルは、お笑い芸人である「江頭2:50」が手がける登録者292万人の大人気Youtubeチャンネルです。(2022年3月22日時点)

かつては「嫌いな芸人ランキング」で常に上位にいた江頭ですが、現在では「好きなyoutuberランキング」第1位という快挙を成し遂げています。(2021年)

そんなエガチャンネルが成功した理由の1つに、江頭が何事にも全力で取り組む姿勢に感動できることが挙げられるでしょう。

例えば、エガチャンネルで最も再生回数の高い動画に【カメラの前で初めて歌う!THE BLUE HEARTS「人にやさしく」】があります。(2022/3/22時点)

上記の動画は、江頭がカラオケでブルーハーツの「人にやさしく」を歌うだけの動画です。

人に優しくしてもらえない人に「ガンバレ」とエールを送る歌詞は、まさにかつての江頭自身に送っているようでもあり、視聴者に向けて勇気を届けているようにも見えますね。

動画の中でも、「歌は上手下手じゃない。ココ(気持ち)なんだよ!」と熱い気持ちを伝えた上で、歌が始まります。

その言葉の通り、気持ちのこもった本気の歌いっぷりを披露していて、江頭の真っ直ぐな人間性や愛情が感じ取れる動画に仕上がっています。

このように江頭が全力で取り組む姿勢に、感動した視聴者が多いようです。

コメント欄でも「涙が自然と出てきた」「心を打たれて頑張れます」といった前向きなコメントが多く寄せられています。

つまり、江頭が何事にも真っ直ぐに全力で取り組む姿勢に視聴者が感動したことで、youtuberとして成功できたと言えるでしょう。

コンテンツマーケティングの実行方法

ここではコンテンツマーケティングの実行方法を10ステップで解説いたします。

  1. ターゲットを明確にする
  2. ユーザーの悩みをリサーチする
  3. アイデアを練る
  4. 無料コンテンツを作成
  5. 見込み客を集客する
  6. 見込み客を教育する
  7. 販売商品を作成する
  8. 販売する
  9. 配布・販売コンテンツを更新する
  10. セミナー等で情報収集する

ターゲットを明確にする

コンテンツマーケティングに関わらず、どのマーケティングにおいてもターゲットを明確にすることは重要です。

見込み客が望む情報を集めて発信することにより、結果として集客へ繋がるためです。

例えば、花粉が流行する時期にマスクの購入を考える人がいるとします。

そこに以下のような商品紹介がされたパッケージがあります。

  • 会話や咳による飛沫の飛散や吸い込みを防ぐマスク
  • 花粉を99%防ぐマスク

どちらが注意をひかれやすいでしょう?

おそらく後者が、花粉で悩むユーザーにとって適したマスクでしょう。

このように、マスクが必要な人の中で、どのような理由でマスクが必要かに焦点を合わせた商品展開が必要となります。

具体的には以下のように顧客を分類すると良いです。

【ペルソナの具体例】

ペルソナ項目具体例
顧客の属性年齢
性別
職業
家族構成
所得
顧客の地域住所
地域の天候や規模
顧客の特徴商品の購入基準(価格・質・量)
ネット通販に対する抵抗の有無
新しいものへの反応
商品の選択にかける時間
使用頻度

ペルソナとは、サービスや商品の典型的なユーザー層を意味します。

上表のような内容をまとめて、ターゲットを明確にしましょう。

これにより、商品や販促などの戦略が明確になります。

また、自身のコンテンツの特徴が明確になり、アピールしたい魅力を高める効果が期待できるでしょう。

ユーザーにとってわかりやすいものにもなります。

そして、限られた経営資源を集中させることにより、市場内での競争力も高まります。

これらのため、ターゲットを明確にすることは集客へ繋がるプロセスといえます。

ユーザーの悩みをリサーチする

ユーザーがどのような悩みを持つか知ることは、新しいアイデアや自身のコンテンツの方向性を決める上で大切です。

ユーザーが望むものを作らなければ、収益には繋がらないためです。

前述の例に沿って考えてみましょう。

ユーザーが望むものが花粉を防ぐマスクの場合、会話や咳による飛沫の飛散や吸い込みを防ぐと紹介されたマスクはユーザーの望むものでしょうか?

花粉を99%防ぐマスクの方がより、ユーザーの希望に沿っているでしょう。

このように、ユーザーの悩みをより具体的に解決する商品に需要があります。

しかし、どのような方法で悩みをリサーチするのでしょうか?

ユーザー調査の方法は定量調査と定性調査の2つです。

【ユーザーの悩みを調査する方法と特徴】

調査方法特徴具体例
定量調査数値や量で可視化される調査 
スコアリング方式で構成
明確な数字でデータを表す
顧客満足度調査
消費者の意識調査
使用実態調査
購入履歴の調査
NPS
定性調査記述形式での調査方
インタビュー
調査対象者の声を抽出
一部層の意見収集
問題点の抽出
消費者の実態調査

上表より、2つの調査をそれぞれ行うことにより、ターゲットが何を望んでいるかを具体的に知れるといえます。

それをもとに、よりターゲットのためとなる商品を考えることもできるでしょう。

以上のことより、ユーザーの悩みを知ることは収益へと繋がるといえます。

アイデアを練る

アイデアは成功を左右します。

既存のものを組み合わせ、独自のものを作り出すことはWebコンテンツマーケティングに限らずビジネスにおいて有効なためです。

ここでいうアイデアとは、ビジネスモデルのことです。

ここ数年で再びキャンプにスポットが当たりました。

キャンプという既存のものと、1人で行うキャンプが組み合わされた、ソロキャンプが確立されたことで脚光を浴びています。

ソロキャンプへの需要の高まりに伴い、以下のような動きがありました。

  • 専用のキャンプ用品の拡大
  • ひとりで楽しめるキャンプスペースの拡大
  • キャンプの醍醐味を紹介する動画

これは一例にすぎませんが、既存の組み合わせにより市場が活発になることもあります。

ソロキャンプはレジャーコンテンツとなります。

その他にも多くのコンテンツがあるので、下表で簡単に紹介します。

【キャンプにおけるコンテンツの種類と具体例】

コンテンツの種類具体例
ガイドコンテンツ用語集のように説明や教える
テンプレートコンテンツテンプレートや素材集を販売する
キャリアアップコンテンツ自分のスキルを講座や教材にする
ネタコンテンツクリエイティブスキルを発信する
レジャーコンテンツキャンプや旅行などについて発信する
悩み解決コンテンツユーザーの悩みを解決する
社会の裏側コンテンツ通常は知り得ない情報をGetできるもの
レビューコンテンツ商品購入時に参考にできる情報
海外コンテンツ海外の情報を国内に発信する
特定分野コンテンツある特定の分野を異なる分野に取り入れる

これらのように、多くのコンテンツが存在します。

さまざまコンテンツと既存のものを組み合わせることで、独自のコンテンツとして作りあげるのがアイデアです。

新しいビジネスモデルを確立することは成功を左右するといえます。

無料コンテンツを作成

無料コンテンツはコンテンツの告知や販売促進の観点からも有効なマーケティング手法です。

無料コンテンツを使用してもらうことにより、いかに有料コンテンツが便利で、幅が広がるかを実感してもらうことができるためです。

身近でわかりやすいものはソーシャルゲームアプリの課金となります。

課金することにより入手できる高性能のキャラクターやアイテムは、ゲームの難易度を下げたり、組み合わせの幅を広げることも可能です。

この課金の有用性や価値は、無料コンテンツを使用しているユーザーだからこそ実感できます。

これは、オンデマンド(ユーザーの要求にあったサービスを提供する)による動画配信サービスも同じとなります。

まずは基本機能を使用してもらうことにより、有料のコンテンツがいかに価値があり、有用かを広告しているのです。

以下の書籍はコンテンツビジネスの入門書として最適です。

【世界一簡単なコンテンツビジネスの始め方】

項目詳細
価格(kindel版電子書籍)0円
ページ数68ページ
評価3.7/5.0
amazonの売れ筋ランキング876位
amazon.co.jp|世界一簡単なコンテンツビジネスの始め方(2022年3月19日)

本書はコンテンツビジネスがどのようなものか、始め方の方法論が記載されています。

これを参考に改めて勉強してみましょう。

これまでのことより、無料コンテンツを作成することは有効なマーケティング手法といえます。

見込み客を集客する

見込み客を集客する方法は入り口を増やすことです。

入り口が少なければ集客は見込めません。

例えば、USJやディズニーランドなどのテーマパークの入場口を思い出してください。

多くの入場口があると思います。

これをひとつにするとどうでしょうか?

行列ができて、多くのユーザーが不満を持つと思います。

結果、ユーザーのアクセスは激減するでしょう。

このように、入り口を増やすことは見込み客を逃さずに集客するうえで、非常に大切なことです。

以下のような方法で集客のための入り口を増やすことができます。

  • 検索エンジン
  • Web広告
  • ソーシャルメディア(SNSやyoutubeなど)
  • 外部サイト(アフィリエイトやインフルエンサーからの紹介など)

ただし、どの分野においても運用や集客のための知識が必要となります。

学んだ知識を活かし、集客のための入り口を広げましょう。

見込み客を教育する

Webコンテンツマーケティングを実行するときは、見込み客を教育しましょう。

見込み客を教育することで、購買意欲の高い「顧客」となるからです。

例えば、単に見込み客と言っても、購買意欲の高い人から、商品にはほとんど興味の無いという人など、様々と言えるでしょう。

見込み客は以下のような4つの購買意欲で分類することができます。

見込み客の分類】

見込み客の分類特徴
いますぐ客商品を欲しいと思っている最も理想的な見込み客
おなやみ客商品の必要性は感じているが、何らかの理由により欲しいという気持ちになっていない見込み客
そのうち客商品に興味はあるが、絶対に必要とまでは言えない状態の見込み客
まだまだ客まだ必要性も欲しいという気持ちも感じていなく、商品のこともほとんど知識がない状態

このように、4つに分類できます。

この中で、いますぐ客は、商品を欲しいと思っているため、クロージングまで持っていくことができるでしょう。

おなやみ客においては、競合商品と迷っていたり、価格に抵抗があったりなどの理由がありますね。

そのうち客は、無料サンプルの請求などで獲得できる段階の見込み客と言えます。

まだまだ客にいたっては、購買意欲を高めるためには少々ハードルが高いと言えるでしょう。

このような見込み客の分類を理解しておくことで、それぞれに適切なアプローチができるようになります。

いますぐ購入したいと思っている顧客に対しては、いかに購入までのプロセスを素早く的確に進めていけるかが重要となるでしょう。

しかし、他の分類の見込み客へは、本格的な購買検討に至るまで、中長期的な情報提供や関係の維持構築が重要です。

このような見込み客を教育することをリードナーチャリングと呼びます。

リードナーチャリングの手法の一部としては、以下のようなものです。

  • メールマーケティング
  • 自社セミナー
  • SNS

このような手法があります。

具体的なプロセスとしては、展示会などで見込み客を獲得し、自社セミナーへ誘導してフォローアップを行うといったものです。

自社セミナーなどでも検討までに至らなかった見込み客については、メールマーケティングなどを駆使して接点を作ります。

そして、自社サイトのコンテンツに触れてもらうなどで購買意欲を高めてもらい、検討プロセスを次に進めていただきます。

このことから、Webコンテンツマーケティングを実行するときは、見込み客を購買意欲の高い顧客へ教育することが大切です。

販売商品を作成する

Webコンテンツマーケティングを実行するときは、販売商品を作成します。

例えば、以下のようなものがあります。

  • 映画
  • アニメ
  • 小説
  • 動画教材
  • オンラインツール

上記などがコンテンツであり、販売商品の一例です。

Webコンテンツを作成するときのコツとしては、ターゲットの年齢や傾向に沿ったモノを作るとよいでしょう。

販売する

結論から言いますと、ユーザーが知りたい情報を提供するコンテンツマーケティングに力を入れることが良いでしょう。

なぜなら、売り込み型と呼ばれるマーケティングの限界とも言える時代だからです。

具体的に今までの売り込み型の流れを見てみましょう。

  1. テレビCMやネット広告、テレアポセールスやDMでの売り込みセールスを展開
  2. ユーザーが日々の生活の中で目にする広告のほとんどが商品を買わせたいという企業の狙いが全面に出ている
  3. ユーザーはCMをスキップ、バナー広告はノークリック、メルマガは未読でゴミ箱へ移すように、広告というだけで回避するような習慣が付く
  4. 結果、販売が低迷してしまう

このような悪い流れになってしまったため、企業側も時代の流れに沿っていかなくてはならないと言えるでしょう。

そのため、企業側が伝えたい情報やユーザーに知ってほしい情報を提供するのではなく、ユーザーが知りたい情報を提供するように時代と共に変化していったと言えます。

このことから、Webコンテンツマーケティングを実行するときは、ユーザーが知りたい情報を提供するコンテンツマーケティングが重要となるのです。

配布・販売コンテンツを更新する

Webコンテンツマーケティングを実行するときは、配布・販売コンテンツを更新することが大切です。

顧客の悩み・望みは年月とともに変化するモノだからです。

例えば、以下のような例で見てみましょう。

  • 季節商品情報を掲載している場合
  • トレンド情報を掲載している場合

上記のようなコンテンツだと、更新は非常に大事だと言えます。

仮に季節商品の情報であれば、春に必要な薄手のコートの情報は、夏や冬には必要性が薄れます。

トレンド情報においても同様のことが言えるでしょう。

例えば、2000年の最新トレンド情報を掲載したとしても、それが2020年では昔懐かしい情報となってしまいますよね。

このように、コンテンツを更新しないままでは、顧客の望むものでは無くなってしまうのです。

常に新しい情報に更新することで、顧客の望むコンテンツへと変化していくでしょう。

このことから、配布・販売コンテンツを更新することは、Webコンテンツマーケティングにおいて、大切なことと言えます。

セミナーなどで情報収集する

Webコンテンツマーケティングを実行する際には、セミナー等で情報収集することも大切と言えます。

なぜなら、Webコンテンツマーケティングは日々進化しているからです。

本やオンラインコンテンツ、セミナーやイベント、SNSなど様々な方法でWebコンテンツマーケティングは学習出来ます。

例えばコンテンツ作成時に役立つ情報を収集したいのであれば、以下のようなセミナーが参考になります。

【日本映像翻訳アカデミー主催のセミナー】

カテゴリー講師所属・役職
実践・ブランディング&ライセンスビジネス田中 香織 (一社)ライセンシングインターナショナルジャパン
ゼネラルマネージャー専務理事
世界水準の知財管理と法務柴田 純一郎米国弁護士(カリフォルニア州)
日本弁理士(特定侵害訴訟代理業務付記)
米国への企画ピッチ、ケーススタディ大西 美枝実写/アニメーション・プロデューサー
世界で結果を出す!ソーシャルメディア・マネージメント小川 卓HAPPY ANALYTICS 代表取締役
デジタルハリウッド大学院客員教授
PRTIMES|海外コンテンツビジネスのプロが集結!特別セミナー(2022年3月21日)

上記の他にもセミナーやイベントは数多く存在します。

ユーザーが求める有益な情報を提供するためにも、提供する側が情報収集することは当然のことですよね。

常に新しい情報を求めて努力することが、とても大切なことです。

ユーザーに満足していただくためにも、Webコンテンツマーケティングのセミナーに参加してみると良いでしょう。

コンテンツビジネス
TwitterにてWebライター募集中!