【文字単価1.2~3円】ライターへの外注にかかる相場費用|記事の発注に失敗しない方法も解説

ライター 外注

「効率よく集客したいけど、記事を毎回自分で書くのはキツイな」

「そろそろ外注でも試してみようかな」

「でも相場費用ってどのぐらいなんだろ?」

このように疑問に思う人も多いはず。

当サイトが独自の調査をした結果、外注にかかる費用相場は以下のようになりました。

【外注先別の相場費用】

外注先文字単価
クラウドワークス1.2円
ランサーズ1.6円
ライティング代行業者約3.0円
2021年6月5日時点

つまりクラウドソーシングの方がコスパは良いわけですね。

しかし、クラウドソーシングは初心者Webライターであふれかえっているために、品質はおろか納期すら守ってくれないおそれがあります(実話)。

そのため記事のクオリティや納期を重視するのであれば、業者への発注が無難です。

そこでこの記事では相場費用の詳細・外注のメリット・外注で失敗しない方法を解説します。

外注先選びの参考にしてくださいね。

クラウドソーシングでライターに外注する際の相場費用

外注におすすめの2つのクラウドソーシングについて解説します。

  1. クラウドワークス
  2. ランサーズ

クラウドソーシングの相場費用

まずは、外注費用の相場について解説します。

各サイトに掲載されている『ランキング上位10位のライター』から、希望する依頼費用をピックアップし、費用の相場を算出します。

【クラウドワークス相場費用】             

ライター名時給文字単価※
A900円0.7円
B1,200円0.9円
C500円0.4円
D1,000円0.8円
E2,000円1.6円
F2,500円2円
G1,200円0.9円
H1,500円1.2円
I3,500円2.8円
J1,700円1.3円
相場費用1,600円1.2円
※5,000文字/1記事とする
※1時間当たりの執筆速度は1,250文字(作成時間4時間)とする
2021年5月31日時点

【ランサーズ相場費用】

ライター時給文字単価※
a5,000円4円
b2,000円1.6円
c3,500円2.8円
d1,500円1.2円
e1,500円1.2円
f1,000円0.8円
g1,000円0.8円
h1,200円0.9円
i2,000円1.6円
j2,000円1.6円
相場費用2,070円1.6円
※5,000文字/1記事とする
※1時間当たりの執筆速度は1,250文字(作成時間4時間)とする
2021年5月31日時点

クラウドワークスでは1,600円、ランサーズでは2,070円がライターの希望する依頼費用の相場となりました。

それでは、ライターの希望する費用相場から実際に外注する際の費用を計算してみましょう。

今回の計算では、ライターの執筆速度を1時間あたり1,250文字と仮定します。

クラウドワークスで5,000文字の記事を発注する場合
・1.2円(文字単価)×5,000(文字数)=6,000円

ランサーズで5,000文字の記事を発注する場合
・1.6円(文字単価)×5,000(文字数)=8,000円

上記2つの計算から、クラウドソーシングで『3,000文字の記事1本』を外注する費用の相場は5,000円弱から6,000円強であるといえます。

さらに文字数が多い場合や、画像選定などの作業をあわせて発注する場合は、作業時間が長くなります。

その場合は、さらに費用がかかると考えてくださいね。

クラウドワークスにいるのはどんなライター?

クラウドソーシングで外注する費用の相場がわかっても、どんなライターがいるのか不安に感じる方もいるでしょう。

実際にクラウドワークスに登録している3名のライターをピックアップし、特徴を表にまとめました。

【クラウドワークスに登録しているライター】

ライター名受注実績数執筆ジャンル経歴
A2,467件ドラマ・映画・芸能ライター歴5年以上
B1,430件美容・恋愛・転職などアパレルショップ勤務
C1,275件不動産・投資・ペットライター歴7年以上
2021年5月31日時点

クラウドワークスには、実績数が1,000件を超える経験豊富なライターが多く存在しています。

また、執筆ジャンルはライターによって多種多様です。

そのため、自分の発注したい記事のジャンルに対応できるライターをスグに見つけられるでしょう。

ランサーズにいるのはどんなライター?

次はランサーズにいるライターを3名ピックアップし、紹介していきますね。

【ランサーズに登録しているライター】

ライター受注実績数執筆ジャンル経歴
a311件旅行・育児・美容ライター歴15年
b505件経済・スポーツ・レジャーライター歴6年(ブログ運営中)
c454件脚本・恋愛・占いゲーム会社でクリエイターとして勤務
2021年5月31日時点

ランサーズでは、自身でブログを運営しているライターや、これまでの経験を生かして執筆をしているライターが多く目立ちました。

そのため、ブログ運営の知識を活かしたSEOに強い記事や専門性の高い記事の外注も可能だといえます。

ライティング業者に記事を発注した際の相場費用

外注におすすめの業者について解説していきます。

  1. 費用相場
  2. おすすめの業者3選

費用相場

数多くある業者のなかから、12社の最低依頼料金をピックアップし、費用の相場を算出します。

詳しくは以下の通り。

【ライティング業者と文字単価一覧】

外注業者料金/1記事文字単価換算※
株式会社grooo3,000円※2約1.6円
記事作成代行ドットコム5,000円※31円
Buildup50,000円10円
記事作成センター10,000円※42円
WITH TEAM 記事作成5,000円※51円
ZETTON3,500円0.7円
記事制作代行Pro17,500円※63.5円
株式会社PLAN-B30,000円6円
アダライズライティング5,000円1円
WeiV記事作成代行6,000円※71.2円
CROCO30,000円6円
文字数/1記事当たりを5,000文字とする
※2:10記事から発注可能
※3記事作成プラン
※4おまかせコース
※5基本プラン
※6スタンダードなプラン
※7シンプルプラン
2021年6月5日時点

外注業者に5,000文字の記事を発注する場合の費用相場は、約15,000円となりました。

文字単価に換算しますと約3円です。

クラウドワークスが1.2円、ランサーズが1.6円であることを考えますと、かなり割高になっていますね。

しかしその分、クラウドソーシングで外注した場合に比べて高品質な記事を納品してくれる確率が高いです。

こういったライティング代行会社が抱えているライターは知識とスキルが豊富だからです。

そのため初心者が多いクラウドソーシングよりもクオリティが高くなる確率がとても高いです。

以上のことからコスパを意識するのであればクラウドソーシング、クオリティにこだわるのであればライティング代行業者に外注するとよいでしょう。

おすすめの業者3選

上記でピックアップした業者のなかから、おすすめ3選を詳しく解説します。

株式会社grooo (グロー)

株式会社grooo は、『徹底的にSEO対策がされた高品質な記事』を作成してくれることが特徴の業者です。

活躍している400名のライター全員が、自社のSEOセミナーで知識を習得しているためSEOに強い記事が作成できるのだといいます。

さらに、kw選定においては独自メソッドを確立しており、さまざまな情報からCV※1獲得に適したものをピックアップしてくれます。

SEOに強く、高品質な記事を外注したい場合におすすめの業者です。

※1CVとはWeb上で獲得できる成果のこと

記事作成代行ドットコム

記事作成代行ドットコムは、2011年より記事作成サービスを開始している老舗です。

長年の経験を元に創られた独自の基準でライターを採用することにより、記事の品質を高く保っています。

さらに、納期厳守率が98.24%と高い水準であることも特徴の1つです。

歴史ある確かな業者に外注したいと考える方におすすめします。

株式会社PLAN-B

株式会社PLAN-Bは、SEOに強い記事作成はもちろんのこと、SNS拡散施策やネイティブ広告※2の配信運用などの提案をしてくれる業者です。

ライターに加えて、インフルエンサーや専門家を配置することで、コンテンツのPDCA※3を回すことを可能にしています。

SEOに強いだけでなく、成果をあげられる記事を外注したい方におすすめの業者です。

※2ネイティブ広告とは、コンテンツと違和感なく融合している広告のこと
※3PDCAとは、計画(P)・実行(D)・評価(C)・改善(A)の一連の流れのこと

ライターや業者へ外注するメリット・デメリット

記事作成を外注するメリットとデメリットについて解説していきます。

メリット

外部のライターに外注することで得られるメリットは以下の3つです。

  • コンテンツの専門性が高められる
  • 短期間に大量の記事が作成できる
  • 継続的に記事を作成できる

コンテンツの専門性が高められる

記事作成を外注することで、コンテンツの専門性が高められます。

なぜなら、業者やクラウドソーシングには医者やファイナンシャルプランナーなどの専門資格を有する人や、不動産や保険業などでの実務経験をもつライターがいるからです。

そのようなライターに外注することで、専門性の高い記事や経験に基づいた情報が記載されている良質な記事を作成することができます。

SEO対策において、コンテンツの専門性が重要であることはGoogleの『検索品質評価ガイドライン』に記載されています。

業者やライターに外注し、検索エンジンに評価される専門性の高い記事を作りましょう。

短期間に大量の記事が作成できる

記事作成を外注することで、短期間で大量の記事を作成することができます。

自分1人でコツコツ記事を作成するよりも、業者やライターに外注する方がコンテンツを充実させるうえで早いことは明らかですよね。

例えば3,000文字の記事を100本作成すると仮定して比較してみましょう。

執筆速度を1,000文字とします。

〈自分1人で作成する場合〉
・1,000文字×3時間×100本=300時間

〈1名のライターに外注し、自分を含めた2名で作成する場合〉
・1人あたり1,000文字×3時間×50本=150時間

当たり前ですが、1人で作成する場合に比べて2名で作成作業をする方が作業時間を半分にできました。

このように、ライターや業者に外注することで、自分1人で作成するよりも短期間で大量の記事が作成することができるのです。

継続的に記事を作成できる

記事作成を外注することで、記事を継続的に作成することができます。

自分の力だけで作業をしていると、いずれネタ切れに悩むようになります。

そうなると、記事の作成ペースがドンドン落ちていきますよね。

ですが業者やライターに外注すると、さまざまな分析や視点からkw選定や構成作成をおこない、記事を作成してもらえます。

このようなことから、外注することでネタ切れに悩むことなく、バラエティに富んだ記事を作成し続けることができるのです。

ちなみに先ほど紹介した記事代行ドットコムでは、依頼料金が10%オフになる『継続1年割』があります。

少しでもお得に記事を作成し続けたい方におすすめですよ。

デメリット

外注することのデメリットは以下のとおりです。

  • 外注コストがかかる
  • ライターを探す手間がかかる
  • 質の低い記事が納品される可能性がある

外注コストがかかる

これは考えるまでもないことですが、外注するとコストがかかります。

5,000文字の記事作成を1本外注する場合の費用相場は、クラウドソーシングでは6,000円から8,000円、業者では約15,000円でした。

なんと、クラウドソーシングと業者では、7,000円以上の料金差があるのです。

低コストであることは重要ですが、成果があげられる高クオリティな記事を求めると、費用がかさんでしまうのは仕方がありませんね。

ライターを探す手間がかかる

ライターを探すのに手間と時間がかかってしまうこともデメリットとなります。

クラウドソーシングでライターを探すとなると、以下の手順が必要です。

  1. クラウドソーシングサイトに登録する
  2. 記事作成の依頼内容を記載してライターを募集する
  3. 応募者のなかから契約するライターを選定する

募集内容によっては、30名以上ものライターから応募が集中することもあります。

多数のなかから1人(複数でもOK)のライターを選ぶことは、プロフィールの確認をするだけでも時間を要し、手間がかかります。

質の低い記事を納品される可能性がある

高品質をうたっている業者では起き得ないですが、クラウドソーシングでライターに外注する場合、質の低い記事が納品される可能性があります。

なぜなら、クラウドソーシングには経験豊富なベテランライターと、実績のない初心者ライターが混在しているからです。

そもそもクラウドソーシングは実績や経験がなくてもクラウドソーシングにライターとして登録ができます。

そのため実績はおろか、キチンとしたライティングすらできないWebライターがたくさんいるのです。

したがってクラウドソーシングで依頼した記事は、業者が作成した記事に比べて低品質になることが多いわけです。

余談になりますが低単価で募集をすると、初心者などの経験や実績の少ないライターからの応募が集中する可能性が高まり、記事の質も低いことも予想されます。

そのため難しいところではありますが、クラウドソーシングで記事を依頼する際は予算をあまり渋らないようにすることも、記事のクオリティを保つうえでポイントとなります。

注意点は5つ!外注に失敗しない方法

記事作成を外注する際、「思っていた記事と違う」「やり取りがスムーズに進まない」などの失敗をさけるために重要な方法を5つ解説します。

  1. 発注書は必ず準備する
  2. レギュレーション(執筆ルール)を用意する
  3. トラブル防止のため、ルールを明確にする
  4. ユーザー像を明確にし共有する
  5. ライターを見抜く

発注書は必ず準備する

外注する際、発注書は必ず準備しましょう。

発注書の準備をすることで、記事作成依頼の条件が明確化され、双方の認識の相違を防げるからです。

クラウドソーシングのランサーズで発行できる発注書※には、以下のような内容が記載できます。

※法人向けのEnterpriseEntryプランを利用中の方や、プロフィールにて法人として登録している場合に限り発行可能です。

  • 発注日
  • 受注者名
  • 発注内容
  • 納期
  • 納品場所・方法
  • 報酬金額
  • 支払日
  • 支払方法
  • 知的財産権について

これらの情報は、お互いが気持ちよく仕事をするうえで重要な情報ですから、ぜひ参考にして発注書を準備してくださいね。

レギュレーション(執筆ルール)を用意する

外注する際は、必ずレギュレーション(執筆ルール)を用意しましょう。

レギュレーションを用意することで、ライターは発注者が求めているのはどんな記事なのかを理解しやすく、スムーズに作業ができます。

そして発注者側にも、文章の修正などの工程を極力少なくできるメリットがあります。

用意するべきレギュレーションの内容は以下のとおりです。

  • メディアのターゲットに関する情報(どんな疑問を抱えているか・年齢層・性別など)
  • コンテンツの目的(ブランディングやWeb上での商品購入など)
  • 文字数(タイトル〇文字以内・見出し〇文字・本文〇文字以上など)
  • kwの指定(kwの記事への盛り込み回数や、複数kwがある場合の優先度など)
  • 文体の指定(ですます調・である調など)
  • 納品形態(Wordファイル・Googleドキュメント・メディアへの直接入稿など)
  • 表記のルール(半角・全角・漢数字・算用数字など)
  • そのほかの細かなルール(骨子作成時点で1度提出・画像の入手場所の指定など)

より理想に近い記事を納品してもらうために、詳細な内容のレギュレーションを用意しましょう。

トラブル防止のため、ルールを明確にする

記事作成の外注では、受注者と顔を合わすことなくオンラインで作業を進める場合がほとんどのため、さまざまなトラブルが起きやすいといえます。

トラブル防止のために、以下のルールを明確にしておきましょう。

  • 報酬に関すること
  • 納期・スケジュールに関すること
  • 修正に関すること

報酬に関すること

まずは報酬に関するルールを明確に示しましょう。

報酬に関することで、発注者と受注者との間に認識の相違がある場合、のちに大きなトラブルになってしまうからです。

実際にクラウドワークスの『みんなのお仕事相談所』では、ライターが報酬金額について悩んでいる以下のような声が多数あがっています。

報酬金額が1,500円と設定されている案件に応募する際、入力する希望報酬は1,500でよいのか?手数料を加えた金額入力すればよいのか?

みんなのお仕事相談所 報酬金額の設定について(引用2021/05/30)

クラウドソーシングサイトでは、契約金額からシステム手数料が引かれた金額がライターの手取り報酬となります。

なお「思っていた報酬金額と違う」などのトラブルをさけるため、以下のことを明記するとよいでしょう。

  • 契約金額には、手数料が含まれています
  • 手取り報酬額は10,000円です

このように報酬に関する情報を明確に記載するとよいでしょう。

納期・スケジュールに関すること

納期およびスケジュールに関することも明確に示しておきましょう。

納期を正確に認識してもらえなければ、メディアへのアップが遅れてしまうなど、作業に遅れが生じてしまいます。

特にトラブルが起きやすいのは以下の点についてです。

  • 納期とは初稿の提出期限であるのか
  • 納期とは検品が済み、修正が完了した記事の提出期限であるのか

納期とひと言にいっても、認識の違いで記事の仕上がりペースに大きな遅れが生じますから、しっかりと納期ルールの詳細を提示しましょう。

修正に関すること

修正に関しても、ルールを提示しておくことが大切です。

ライターによっては修正を依頼しても対応してもらえないなどのトラブルが起きるからです。

以下のように明確なルールを示しましょう。

  • 修正の作業に別途報酬金は発生しません
  • 修正を依頼する場合は、別途報酬金を支払います

発注者がルールを明確に提示し、修正に関するトラブルを避けましょう。

ユーザー像を明確にし共有する

メディアの記事を読んでもらいたいユーザー像を明確にし共有しましょう。

そうすることで、メディアの方向性に合った記事が納品されるからです。

ユーザー像の提示例は以下のようになります。

・男性 30代 副業を始めたいと思っている→△
・独身男性 30代 月5万円稼げる副業を始めたいと思っている→◎

より具体的なユーザー像を提示し、ライターにメディアの方向性や、記事に組み込むべき情報を明確に理解してもらいましょう。

ライターを見抜く

記事作成を外注する際、失敗しないために1番重要であるといっても過言ではないのが『ライターを見抜く』ことです。

レギュレーションやルールを明確に提示しても、依頼するライターにスキルが備わっていなければ元も子もありませんよね。

ライターを見抜く4つのポイントを解説していきます。

  • 経歴と実績
  • 専門性
  • SEOに関する知識
  • テストライティングで文章力を確認

経歴と実績

まずは、ライターの経歴と実績を確認しましょう。

ライター歴数年以上の人と、始めたばかりの人では、スキルに違いがあるのはいうまでもありませんよね。

同じように、実績の多い人と少ない人では経験値が違います。

クオリティの高い記事を求めるならば、経歴や実績が豊富なライターに外注するべきです。

クラウドソーシングであれば、ライターのマイページをみれば経歴と実績の確認ができますから、しっかり確認しましょう。

専門性

ライターの専門性を確認しましょう。

運営するメディアの専門性を高めたい場合、その分野に詳しいライターに執筆してもらうことが必要不可欠であるからです。

実際にGoogleの『検索品質評価ガイドライン』では、医療や税金、法律などの専門的なコンテンツは、専門的知識を有する者の監修が必須であると言及されています。

外注業者では、メディアに合った専門家をアサインしてもらえますので心配ありません。

クラウドソーシングサイトで外注する場合は、ライターのマイページで保有資格や経歴を確認するなどして、専門性を確認しましょう。

SEOに関する知識

ライターがSEOに関する知識を身につけているか確認しましょう。

SEOに関する知識が乏しければ、SEOに強い記事が作れないからです。

記事を多数のユーザーに読んでもらうには、検索エンジンに評価され上位に表示される記事、すなわちSEOに強い記事であることが重要です。

コンテンツの上位表示を目指す場合は、必ずライターにSEOの知識が身についているか確認しましょう。

ライターの自己紹介欄で、過去に上位表示を成し得た実績やSEOの知識について記載されている場合が多いですよ。

テストライティングで文章力を確認

外注で失敗しないために有効なのが、テストライティングで文章力を確認する方法です。

ライターの本当のスキルを、契約前に知ることができるからです。

過去に作成したポートフォリオは、編集者などに修正が施されている完成形の記事である可能性がありますよね。

『予想よりレベルの低い記事が納品された』などの失敗をしないためには、契約の前にテストライティングをおこない文章力を確認しましょう。

まとめ|ライターへの外注も全然あり!

いかがでしたか?

この記事を読んで、『記事作成を外注する費用の相場』や『外注するメリット』を知っていただけたと思います。

5,000文字の記事を1本外注する場合、クラウドソーシングでは6,000円弱から8,000円が相場です。

業者に外注する場合は、約15,000円が相場となります。

外注することで得られるメリットには、コンテンツの専門性が高められることなどがあげられます。
なぜなら、業者やクラウドソーシングにはファイナンシャルプランナーや医師などの有資格ライターがいるからです。

専門知識や資格を有するライターに記事作成を依頼することで、専門性が高くGoogleに評価されやすいコンテンツを作成できます。

「外注で失敗したくない」とお悩みの方は、記事内で紹介した『失敗しない5つの方法』を参考にしてくださいね。

そうすることで、トラブルなく良質な記事を手に入れられますよ。