おすすめのライティング代行サービス業者20選|記事の制作を依頼した時のメリットとデメリットも解説

ライティング 代行

「会社でコンテンツマーケティングを始めることになったけど、記事がなかなか増やせない」

「ライティングは外部に依頼して、コア業務に専念したいのだけど……」

コンテンツ作成について、このように悩む人や企業は多いのではないでしょうか。

確かなライティングスキルを持った人を社内で確保するのは難しいですよね。

そんなときは、ライティング代行サービスの利用がおすすめ!

ライティング代行サービスへ依頼することで、自社の負担を減らして高品質な記事を量産することが可能です。

実際に多くの企業で導入されており、売り上げUPや問い合わせ増といった大きな実績をあげています。

このことから、コンテンツライティングに迷ったときはライティング代行サービスへの依頼がおすすめですよ。

そこでこの記事では、おすすめのライティング代行サービスについてご紹介します。

ぜひ参考にしてくださいね。

ライティング代行サービスおすすめの業者20選

おすすめのライティング代行サービスを一覧にまとめます。

【おすすめのライティング代行サービス一覧】

業者名最低発注数とその料金1記事あたりの料金文字単価※
Bridge15本〜/月構成+執筆+画像:25,000円 執筆+画像:15,000構成+執筆+画像:5円
執筆+画像:3円
アイランドマーケティング明記なし要問い合わせ要問い合わせ
grooo300,000円/10記事30,000円6円
HELP YOU明記なし6,500円約1.3円
Buildup50,000円〜/1記事50,000円〜約10円
ランサーズ要相談/1記事〜要相談要相談
クラウドワークス要相談/1記事〜要相談要相談
Shinobiライティング1記事〜5,000円1円
ココナラ要相談/1記事〜要相談要相談
サグーワークスオンライン発注プラン:1記事〜 オーダーメイドプラン:30万円〜オンライン発注プラン:3,750円〜 オーダーメイドプラン:6,000円〜オンライン発注プラン:0.75円〜 オーダーメイドプラン:1.2円〜
コンテンツウォーカー1記事〜こだわりコース:5,750円 プレミアムコース:10,000円こだわりコース:1.15円 プレミアムコース:2円
記事作成代行ドットコム明記なしおまかせコース:5,000円 こだわりコース:15,000円おまかせコース:1円 こだわりコース:3円〜
グリーゼ明記なし要問い合わせ要問い合わせ
エストリンクス明記なし要問い合わせ要問い合わせ
YOSCA明記なし基本プラン:30,000円 PROプラン:40,000円基本プラン:6円 PROプラン:8円
記事作成代行Pro明記なしシンプルプラン:17,500円 ブロンズプラン:22,500円 シルバープラン:27,500円 ゴールドプラン:32,500円 プラチナプラン:37,500円シンプルプラン:3.5円 ブロンズプラン:4.5円 シルバープラン:5.5円 ゴールドプラン:6.5円 プラチナプラン:7.5円
かくたま明記なし22,500円4.5円〜
SEO HACKS明記なし要問い合わせ要問い合わせ
キャパネットワークス明記なし要問い合わせ要問い合わせ
イーナチュラル明記なし100,000円〜要問い合わせ
※1記事あたりの文字数は5,000文字とする
2021年6月3日時点

ライティング代行サービスには多くの種類があり、依頼できる内容もさまざまです。

高品質な記事を約束されているものから、低コストで手軽に発注できるものまで多種多様。

なかには一概に「文字単価◯円です」とはいえず、要問い合わせになっているサイトも。

こういったサイトは専用の問い合わせフォームが設置してあり、簡単に相談ができる仕組みになっています。

コンテンツライティングに悩んでいる場合には、うれしいサービスですね。

また契約の形もさまざまで、記事数で依頼するものから、月額サービス制といったものも。

単発の依頼かそれとも継続的な依頼なのか、それぞれのサイトに合ったプランを探せるのがいいですね。

とはいえこのようにライティング代行サービスが多いと、結局どのサービスを選べばいいのか迷ってしまいますよね。

そこでここからはおすすめのライティング代行サービスを、ライティング専門会社とクラウドソーシングサービスとに分けてご紹介します。

それぞれのメリット・デメリットについても解説しているので、ぜひ最後まで目を通してくださいね。

依頼すべきおすすめのライティング記事制作会社

おすすめのライティング専門会社を5つ紹介します。

  1. Bridge
  2. アイランドマーケティング
  3. grooo
  4. HELP YOU
  5. Buildup

Bridge

ライティング専門の記事制作代行サービス。

総勢300名のライターが在籍しています。

強み

記事のキーワードやテーマのみの提示で、あとは納品まで丸ごと代行が可能です。

また本契約の前にテストとしてお試し記事を制作。

お試し記事で内容を確認、納得してから契約を決められることが強みの1つです。

依頼できる記事のタイプ

各ジャンルに精通したライターが在籍しており、顧客ごとに専属ライターチームを編成。

そのため幅広いジャンルのライティングに対応できます。

seo記事から取材、レビュー、監修記事も対応可能です。

実績

導入実績は以下のように公開されています。

  • 株式会社晋遊舎
  • 株式会社ZUU
  • 株式会社オウチーノ
  • じゃらんニュース

有名企業との取引実績があることから、信頼できる記事制作代行サービスといえますね。

アイランドマーケティング

小規模事業者向けのWEBサイト制作を支援している会社。

記事作成代行はもちろん、WEBサイトの運営サポートも行います。

強み

アイランドマーケティングのサイトでは、以下の理念からWEBサイト制作を行なっているとしています。

小さな会社ほどWEBサイト制作に手間をかけず自社のプロダクトを磨いて欲しいのです。

アイランドマーケティング コンサルティングプランの紹介(最終閲覧日2021年6月4日)

俯瞰した視点でのWEBサイト制作、良質なコンテンツライティングを通じて、顧客のマーケティングを支援します。

依頼できる記事のタイプ

詳細は要問い合わせとされていますが、各種メディアに執筆するプロのライターが記事執筆を行います。

そのため幅広いジャンルでのライティング代行が可能であることが実績からもわかります。

『アイランドマーケティング|お問い合わせフォーム』から簡単に質問ができるので、コンテンツライティングに悩んだときは問い合わせてみるとよいですね。

実績

制作実績は以下のように公開されています。

grooo

groooはWEBシステム開発とマーケティング・コンテンツ制作代行会社。

難易度が高い案件・継続契約の多さが特徴です。

強み

キーワード分析などのseo対策に力を入れており、サイト設計の専門知識やノウハウを持っている点が強みです。

またオリジナルのツールでコピペチェックも行い、徹底的にミスをチェック。

さらにプロの編集者による校正・校閲で、記事の品質を厳密に管理しています。

依頼できる記事のタイプ

自社ライティングスクールにて鍛えられた計400名の専属ライターが高品質な記事を執筆。

そのため専門性が高いジャンルのコンテンツ制作にも対応できます。

監修記事・取材記事の執筆も可能です。

実績

これまでに15,000本以上のライティング実績を持ちます。

また導入企業は以下のとおり。

  • 食べログ
  • USEN Media
  • All About
  • ぐるなび

有名Webサイトへの導入実績もあり、まさにseoに強いコンテンツ制作会社であることがわかりますね。

HELP YOU

HELP YOUは、株式会社ニットが運営するオンラインアシスタントサービス。

優秀なオンラインアシスタントが業務をサポートします。

強み

専門のスキルや経験を持ったオンラインアシスタントが、チームを組んで依頼主の業務をサポートします。

費用は月額定額料金制で、月30時間9万円〜。

そのため契約時間内であれば、ライティング以外の業務も請け負ってもらえるところが強みです。

依頼できる記事のタイプ

在籍するアシスタントは採用率1%という優秀さ。

ライターも経験豊富で、専門的なジャンルにも精通しています。

そのため依頼できる記事のジャンルもさまざま。

詳しくは『HELP YOU|お問い合わせフォーム』から相談可能です。
※ただしサービスの申し込みは法人に限ります。

実績

平均継続利用率は98%。

以下の企業との取引実績があります。

  • AEON MOBILE
  • Gaiax
  • 三井不動産
  • 楽天

またこのほかにも300社以上の企業との取引もあり、実績のあるライティング代行サービスといえますね。

Buildup

seoコンサルティング会社が提供するライティング代行サービスです。

Seoライティング代行を専門としています。

強み

seoコンサルティング会社だからこそ実現できる、seoに効果的な記事制作が強み。

所属する編集者はライターとしての経験が豊富で、seoの専門知識を持っているからです。

そのためseoコンサルの視点からライティングが可能。

記事の品質が保証できるとされています。

依頼できる記事のタイプ

基本的にはどのようなジャンルでも対応可能。

ただしジャンルによっては取材が必要な場合もあり、要問い合わせとなっています。

サイト下部の『お問い合わせフォーム』から問い合わせができます。

実績

これまでに提供した記事数は10,000記事以上。

さらにサイトの平均アクセス数は450%アップ、顧客満足度は98.4%です。

また成果として、以下が公開されています。

  • 『Web集客』で1位
  • 『住宅ローン 審査』で2位

キーワード単体での実績も多くあり、seoに強い記事作成代行サービスといえますね。

おすすめのクラウドソーシングサービス

クラウドソーシングサービスから、おすすめの5つを紹介します。

  1. ランサーズ
  2. クラウドワークス
  3. Shinobiライティング
  4. ココナラ
  5. サグーワークス

ランサーズ

日本初のクラウドソーシングサービス。

ライター登録者数は10万人以上です。(2021年6月現在)

強み

初めて発注する際には、専門のアドバイザーに相談ができます。

また多くのライターの中から依頼先を迷ってしまう場合は、ランサーズが相手探しを代行してくれるサービスも。

ランサーズ|無料の相談フォーム』から、サービスについて相談が可能です。

依頼できる記事のタイプ

スキルはライターによってさまざまですが、ランサーではライターの実績に応じてランク制度を設けています。

その中でも、一定の基準をクリアしたライターは『認定ランサー』として活躍しています。

ランク別にライターを検索できる機能を使い、予算やスキルに応じてライターを選ぶとよいでしょう。

実績

大手企業からベンチャーまで、35万社以上との取引実績があります。

また導入事例は以下のように公開されています。

株式会社マネーフォワード
株式会社インテリジェンス(現社名・パーソナルキャリア株式会社)
株式会社朝日新聞社

このほかにも多数の導入実績があり、企業からの信頼が厚いクラウドソーシングサービスといえますね。

クラウドワークス

日本最大級のクラウドソーシングサービス。

ライター登録者は20万人以上です。(2021年6月現在)

強み

ランサーズと同様に、発注の際にはCWコンシェルジュに相談ができます。

迷いがちな依頼文面についても作成代行が可能なため、発注ボタンひとつで簡単に発注できることが強みのひとつ。

クラウドワークス|お申し込みフォーム』から、無料で相談ができます。
※ただしCWコンシェルジュの利用は法人・個人事業主が対象です。

依頼できる記事のタイプ

クラウドワークスに登録しているライターもランサーズ同様、スキルはライターによってばらつきがあります。

そのため依頼する記事のタイプによりライターを選ぶ必要も。

こちらも一定の基準クリアを条件とする『プロクラウドワーカー』に認定された人から選ぶと安心でしょう。

クラウドワーカーを絞り込んで検索する機能を使えばプロクラウドワーカーのみの検索が可能です。

実績

取引実績は70万社以上。

導入実績は以下のように公開されています。

また経済産業省やYahoo! JAPANといった政府や大手企業との取引もあり、実績のあるクラウドソーシングサイトといえますね。

Shinobiライティング

ライティング代行を専門とするクラウドソーシングサイト。

登録ライター数は31万人以上と業界最大手です。(2021年6月現在)

強み

業界最高水準のコピペチェックシステムにより、記事を厳しく精査。

そのためオリジナリティの高い記事を作成できます。

また登録ライター数が多いため、大量発注も可能。

100記事を最短3日で納品とスピーディーな対応も強みです。

依頼できる記事のタイプ

幅広いジャンルから記事の執筆が可能。
(公序良俗に反するもの、対立やトラブルに発展しやすいものを除く)

Shinobiライティング|Web完結の自動発注システム』から、手軽に相談ができます。

実績

1ヶ月間で納品されている記事数はなんと291万記事超。

記事発注シェアは業界トップクラスです。

ココナラ

個人の得意を売り買いできるクラウドソーシングサイト。

ライター登録者数は約1万8千人です。(2021年6月現在)

強み

スキルをサービスとして出品する『スキルマーケット』の形式になっているのが特徴。

そのためさまざまなサービスから比較検討、購入が可能です。

ライターを探す手間はかかりますが、企業を通さず好みのライターを選べるのが強みです。

依頼できる記事のタイプ

アフィリエイトやオウンドメディアのコンテンツだけでなく、seoを狙った記事の依頼も可能。

また、リライトや校正の依頼も人気です。

実績

ライティング代行の取引実績は未公開ですが、サイト全体の取引実績時は200万件以上あります。

またライターによっては、個人で2,000件を超える実績を持つ人も。

こうした高いスキルを持つ人には『PRO認定制度』により認定ラベルが表示されます。

ビジネス利用など、クオリティを重視する際にはPRO認定を受けたライターを探すとよいでしょう。

サグーワークス

ライティングを専門とするクラウドソーシングサイト。

運営元は、10年以上のseoコンサルティング歴を持つ株式会社ウィルゲートです。

強み

サグーワークスでは、以下の3種類からライターレベルの選定ができます。

  • レギュラーライター:基本的な品質は担保しているライター
  • ゴールドライター:ルールが厳しい記事に対応できる厳選ライター
  • プラチナライター:文章テストに合格したライター

それぞれのレベル別に承認基準があり、その承認基準を通過した記事のみ納品。

そのため希望する記事のレベルや予算に応じてライティング代行の依頼が可能です。

依頼できる記事のタイプ

サグワークスでは、依頼できる記事のタイプも以下の2つに分かれています。

オンライン発注プラン

発注者が記事詳細を指定するプラン。

キーワードや構成、見出し、画像の有無など自由に発注可能。

サグーワークス|オンライン見積もりフォーム』から指定できます。

オーダーメイドプラン

SEOコンテンツディレクターと相談しながら依頼できるプラン

キーワード選定や記事企画、専門家監修記事など、さまざまな記事に対応可能。

サグーワークス|オーダーメイドプランお問い合わせ・相談フォーム』から相談ができます。

実績

総作成記事数は360万。

運営元の株式会社ウィルゲートは3,600社のコンテンツ提供実績があり、SEOに強い記事を生み出すノウハウがあります。

代行サービスに依頼するメリット・デメリット

ライティング代行を依頼する際には、それぞれのサービスの長所・短所も気になるところ。

以下2つのサービスについて解説します。

  1. クラウドソーシングサービス
  2. ライティング代行会社

クラウドソーシングサービス

まずはクラウドソーシングサービスのメリット・デメリットについて解説します。

メリット

クラウドソーシングサービスの一番の特徴は、ライター登録者数の多さにあります。

そのため一度の依頼で数十名の応募があることも。

ニッチなジャンルの依頼でも、ピッタリなライターを見つけられる可能性が高いのがメリットです。

また外注にかかる費用についても、クラウドソーシングなら低コストで依頼できる場合が多いのも特徴。

ライター数の多さから、スキルによって単価もさまざまだからです。

実際に文字単価1円未満の依頼も珍しくなく、予算を抑えたい場合にはおすすめです。

デメリット

いっぽうでクラウドソーシングのライター数の多さが、デメリットとなりうることもあります。

それはライターによってクオリティにバラつきがあるという点。

低コストで依頼できるぶん初心者ライターも多いため、求めていたクオリティとかけ離れた記事が納品される可能性も。

外注記事にある程度の質を求める場合、ライターのプロフィールやテスト記事でスキルをよく確認する必要があります。

ライティング代行会社

ライティング代行会社にもメリット・デメリットがあります。

以下で解説しますね。

メリット

ライティング代行会社に依頼するメリットは、高品質な記事が期待できることです。

専属ライターが在籍していたり、経験豊富なライターに依頼したりするため、記事のクオリティは高い場合がほとんど。

またライティング代行会社が校正やコピペチェックなどのディレクションまで行ってくれるため、依頼するだけでOKというメリットも。

また中には記事作成だけでなく、サイト運営のアドバイスやseo対策についても相談できるところもあり、ライティング以外にも頼りになります。

デメリット

デメリットについて大きな点は、費用が高額になるということ。

記事のクオリティについては安心できるものの、その分かかる費用も大きくなります。

当然といえば当然ですが、良質なコンテンツを求めるのであれば必要な出費ともいえますね。

まとめ|ライティング代行サービスを使おう!

この記事では、ライティング代行サービスについて解説しました。

もしも記事作成で悩んでいるときは、ご紹介してきたサービスを参考にライティング代行サービスを選んでくださいね。

記事で解説したように、それぞれに特徴があり、メリットやデメリットもさまざまだからです。

自身のメディアにピッタリの記事代行サービスを選べば、きっと大きな力になってくれますよ。

実際にほとんどのサービスで、取引実績や導入事例といった業績が多数ありましたよね。

このことからコンテンツライティングに悩んでいるときは、ライティング代行サービスへの依頼がオススメですよ。

ぜひ参考にしてくださいね。