ブログライティングのコツ|Webや副業初心者におすすめな文章構成や書く方法を解説

ブログ ライティング

「なかなか上手な文章が書けないんだよな」

「自分には文章を書く才能がないのかな」

あなたが誰かに文章を読んでもらいたいとき、このように感じたことはありませんか?

どうせなら、共感をよぶ、あるいは納得させることのできる文章が書きたいものですよね。

実は文章には『書き方の手順』や『伝え方のテンプレート』があります。

この書き方を実践することで、読みたいと思われる文章が書けるようになるのです。

検索上位サイトのブログなどは、そういった手順やテンプレートで書かれています。

だから魅力的な文章で人気もあるのです。

ですから、文章を上達させるには『書き方の手順』や『伝え方のテンプレート』を知ることが先決です。

そこでこの記事では、手順やテンプレートに加え、文章を効率的に上達させる方法をご紹介します。

「文章を上手に書けるようになりたい」という場合のコツとテクニックをしっかりと説明していきますので、ぜひ読んでくださいね。

ブログの基本構成【Webライティング初心者必見】

ブログなどのコンテンツは次の3つを基本として構成されています。

  1. トップコピー
  2. ボディコピー
  3. ボトムコピー
ブログ 構成

それぞれ解説していきますね。

トップコピー

『タイトル』と『導入』がトップコピーです。

タイトルは記事の顔、導入は文章の前置きです。

読者はタイトルで期待をふくらませ、導入で希望をいだきます。

ここで読者の心をガッチリつかむことで先も読み続けてもらえます。

それではどういう仕組みなのか、それぞれご説明しますね。

タイトル

タイトルはミツバチを誘う花のように『惹きつけたいところ』です。

そうすることで、相手の目にとまりやすくなるからです

たとえば、書店に並んでいる本のタイトルを見たとします。

気になる本は手に取っても、興味がなければ見向きもされませんよね。

記事タイトルも同じです。

ですから惹きつけるタイトルで導入まで読んでもらえるようにしましょう。

タイトルの作り方は後述しますね!

導入

導入は『この記事で望みが叶いますよ』という内容を伝えましょう。

望みが叶うと思うことで、先まで読みたい気持ちになるからです。

「この記事が自分に利益をもたらしそうだ」と感じれば、読みたくなります。

ですから導入は希望を抱かせる内容にしましょう。

そうすれば読者の滞在時間が延び、SEOにも好影響がありますよ。

また、魅力的な導入文の書き方は後程ご紹介しますね!

ボディコピー

『見出し』と『本文』がボディコピーです。

見出しは目次でもあり、本文の要点を並べたもので成り立っています。

ですから、読者は見出しで本文の内容を予測するのです。

見出し

タイトルが親なら、見出しは子のようなものです。

どちらも読者を惹きつける役目があります。

見出しというものは本文の要点をところどころに並べているようなもの。

つまり読者がその記事を読み続けるかどうかの判断材料となります。

ですからタイトルと同様に見出しも魅力のあるものにしましょう。

惹きつける見出しの書き方もあとでご説明しますね。

本文

本文は有益な情報や解決策など、読者が求めているものを伝えるところです。

根拠のある正しい内容によって信頼へとつながります。

この信頼へつながる文章はSEO対策としても効果的です。

ですから本文は読者の信頼を裏切らないようしっかり書きましょう。

本文の書き方も後述いたします。

ボトムコピー

『まとめ』と『CTA』がボトムコピーです。

トップコピー、ボトムコピーを読んでもらい、ここで読者に行動してもらいます。

それぞれ説明しますね。

まとめ

まとめは、記事の最後に書く部分です。

記事内容を再確認してもらうには最後がいいからですね。

なぜかというと、人は読み続けているうちに記事の内容を忘れるものです。

ですから最後にまとめてサラッとおさらいしてもらうのです。

そして、記事の内容を再確認することで次の行動へとうながしやすくなります。

読みたくなる『まとめの書き方』に関しても後程ご紹介します。

CTA

CTAとはコール・トゥ・アクションの略となります。

テキストや画像などで作られたボタンのようなものです。

『申し込み』『問い合わせ』『資料請求』などをする際にクリックします。

これを『まとめ』のあとに設置するのです。

なぜなら、読者が思わずクリックしたくなるには、『まとめ』のあとが適しているからです。

記事の冒頭でいきなりこのボタンを設置してもクリックしようと思う人はほとんどいません。

順序どおりに読んで誘導された読者が最後にこのボタンを見てクリックします。

ですから、『まとめ』のあとに設置となります。

CTAの書き方も、もう少し先でご説明します。

魅力的なタイトルを初心者でも作れるコツ

読みたいタイトルを作るコツがあります。

以下の3点です。

  1. 記事内容と関係があるタイトルにする
  2. 全角32文字前後にする
  3. 検索されたいキーワードを入れる

それぞれ説明しますね。

記事の内容と関係があるタイトルにする

記事内容とタイトルに関係があることは必須条件です。

なぜなら読者はタイトルを見て読みに来るからですね。

せっかく興味をもって読みにきたらタイトルと関係のない内容だった、ということになれば信用を失います。

そして信用されないことはGoogleの評価を下げることにもつながるのです。

ですから記事内容とタイトルは関連を持たせましょう。

全角32文字前後にする

タイトルは全角32文字前後にしましょう。

なぜなら、検索上位の記事を調べてみるとそのほとんどが全角32文字前後だからです。

記事の内容をいかに魅力的かつ簡潔にあらわすかを考えると32文字前後となります。

以下は実際に、あるキーワードで検索した上位7位までのタイトルです。

  • 33文字『たった〇〇〇で〇万人に読まれる〇〇を書けるようになる〇〇〇〇〇〇術』
  • 40文字『〇億越えの〇〇直伝の〇〇〇〇〇〇|〇〇〇〇〇〇〇・〇〇〇で稼ぐために必須の考え方』
  • 31文字『読まれるブログ〇〇〇〇〇のコツ21個【〇%の初心者が出来てない】』
  • 30文字『【Web〇〇〇〇〇〇基本】初心者のための〇〇〇記事の書き方まとめ』
  • 34文字『ブログ〇〇〇〇〇〇の読まれる構成とは?事例と〇〇〇〇〇〇付きで解説!』
  • 29文字『Web〇〇〇〇〇〇で120%読まれる〇〇とは?稼ぐ〇〇〇〇〇を伝授』
  • 30文字『〇〇〇初心者必見!〇〇〇〇が伝授する5つの〇〇〇〇〇〇の秘訣』

このタイトル文字数の平均が32文字です。

みごとに魅力的に凝縮されたタイトルとなっています。

ですからタイトルは長すぎず短すぎず、32文字前後で設定しましょう。

検索されたいキーワードを入れる

タイトルには検索されたいキーワードを入れましょう。

タイトルは記事の内容を凝縮したようなものです。
これは先に述べた『記事の内容と関係のあるタイトルにする』こととつながります。

ですから読んでもらいたい記事内容をタイトルに込めるようにキーワードを入れましょう。

導入の文章でユーザーを惹きつける方法

読者はタイトルに惹かれて読みに来ます。

どんなことが書かれているのか多少の緊張感とワクワクがあるでしょう。

ここでグッと惹きつける導入文を書いて心をつかみます。

書き方のコツは以下の2点です。

  • 共感から書く
  • 直帰率を意識する

共感から書く

共感がどれだけ重要な役割を担っているかご説明しますね。

下の例文を見てくさい。

項目例文
1.読者の『問題』「せっかくアクセスされても数秒しか読まれないんだよな・・・」
「読者の反応がイマイチなんだよな・・・」
このようにブログを書く際、共感を引き出せずに困ることはありませんか?
2.解決方法の提案そんなときは、共感を引き出す『正しい文章』を用いましょう。
3.問題を引き起こしている『理由』そもそも、読者から共感を引き出せないのは間違った書き方をしているからです。
このままの状況が続くのはマズイですよね。
4.得られる『魅力的なメリット』しかし、これからご紹介する文章を書けば読者からの共感を、誰でも引き出すことができます。
5.魅力的な結果に至る『根拠』事実、これからご紹介する方法により私はファンが1,000人も増えました。
6.最後にもう一度提案するしたがってブログで共感を引き出したいのであれば、この記事で紹介する『共感における正しい文章』を書いてくださいね。

この文章で読者の心がどのように動くか説明します。

まず①の問題提起で、読者は「そうそう!そうなんだよ!」と続きが気になるでしょう。

つづけて②~④で『問題を引き起こしている理由』『この記事を読むことの魅力的な結果』『根拠』と示すことで読者は心をつかまれます。

「やってみたい!この記事を読んでみよう!」という心境になるでしょう。

このように共感を引き出す文章は、記事を読んでもらうための重要な役割を果たします。

ですから単なる前置きとは考えず、しっかりとチカラを入れて書きましょう。

直帰率を意識する

直帰率とは、初訪問のサイトに来て他ページも見る行動はせず、そのまま離れることです。

もし導入で共感を得られなければ、この直帰率が高くなります。

共感を得られなければ「この記事から得られるものはなさそうだな」と読者に判断されるからです。

つまり、導入が読者の心にひびかなかったということですね。

ですから、直帰されたくなければ、導入でしっかり読者の心をつかみましょう。

Googleアナリティクスで確認しよう

Googleアナリティクスとは、Google提供のアクセス解析ツールです。

ぜひこのツールを利用してみましょう。

サイトの訪問数、どこから来た訪問者か、滞在時間はどのくらいか、といった計測データを確認することができるからです。

計測データを分析材料として活かすことができます。

見出しの作る方法を2ステップで解説

見出しの作り方として気を付けるのは以下の2点です。

  1. 検索意図を見抜く
  2. 指示の形にする

検索意図を見抜く

検索意図とは『読者の知りたい情報』です。

読者の知りたいことが何かをしっかり見抜きましょう。

なぜなら見抜くことで、読者に的確な情報を伝えることができます。

たとえば「あの店の料理はおいしいのかな?」と読者が知りたくて検索したとしましょう。

それなのに「あの店の内装は料理がおいしく映えるよう設計されています」と、ズレたことを伝えてしまうようなものです。

これでは読者を満足させることは難しいですよね。

その結果読者の滞在時間が短くなり、SEOにマイナス評価となります。

こんな事態を避けるためにも、読者の検索意図はキチンと見抜かなければなりません。

では検索意図はどのように見抜くのでしょうか。

それは、読者が検索するキーワードからです。

検索記事の上位10記事を参考にします。

それぞれの見出しを抽出すると検索意図がわかります。

では次に、抽出した見出しで検索意図を推定していくやり方として、エックスマインドというツールを使った方法をご紹介しますね。

エックスマインドを使うと理解しやすい

マインドマップツールというものがあります。

頭の思考を整理するものです。

連想しながら枝分かれしていく思考をマップにすることで、考える作業がラクになります。

マインドマップツールを使いたいときは、『エックスマインド』がおすすめ!

無料で使えますので、ぜひ活用してみてください。

指示の形にする

見出しを指示の形にしましょう。

見出しが『何を指し示しているのか』をはっきりさせるため具体的に書きます。

具体的に書くことで「求めている情報はここにありますよ」と示すのです。

ですから、見出しは指示の形で書きましょう。

ブログライティングに必須な本文の書き方

本文は読者にもっとも伝えたいところですから、しっかり書きましょう。

以下が書き方のコツ2点です。

  1. 結論から書く
  2. 滞在時間を意識する

結論から書く

結論から先に書きましょう。

なぜなら読者は結果を早く求めるからです。

できることなら全文を読まずに必要な部分だけ読めるのが理想と思っているでしょう。

実際、結論が後になっているブログは読者から好まれません。

そして、結論がわからないままダラダラと文が続くことで離脱率が高くなります。

本文は見出しごとに結論から始めましょう。

滞在時間を意識する

滞在時間が長くなるように意識して文章を書きましょう。

なぜならGoogleの評価が上がり、検索順位にも影響するからです。

つまり、滞在時間が長いということは、読者が興味をもって読んでいると判断されます。

そのためには今までも説明したとおり、文章を書くコツが重要です。

ですから、読みたい、飽きない、理解しやすい文章を書いて、滞在時間が長くなる工夫をしましょう。

Webブログを引き締めるまとめの書き方

まとめは簡潔に書きましょう。

なぜなら読者は内容を知ったあとで、これ以上は読みたくないからです。

情報をゲットしたあとで、最後のまとめが長いと、その場で離脱されてしまいます。

最後まで読んでもらえるまとめを書くには本文の『結果』の部分をもってくると良いでしょう。

また一例として、箇条書きなど目で追うだけでサラッと読めるのも良いです。

ですから、次のCTAへ誘導するには、簡潔な『まとめ』を15~20行以内で書きましょう。

アフィリエイト初心者におすすめ!CTAのコツ

CTRのクリック率を上げるにもちょっとしたコツがあります。

以下の2点です。

  1. CTRのクリック率を上げる書き方
  2. 結局ブログで稼ぐにはどうすればよいのか

CTRのクリック率を上げる書き方

CTRのクリック率を上げるテクニックはたくさんありますが、中でも『書き方』についてまとめると以下の4点となります。

  • 今の悩みが解決するという利点を書く
  • 絶対に欲しいと思うキャッチコピーを書く
  • 今の悩みが無くなりワクワクを連想させる未来を書く
  • どのような望む未来が得られるか連想させることを書く

このように読者は、自分の悩みが解決し、その先には明るい未来が待っていると思えることでCTRのクリックという行動をします。

結局ブログで稼ぐにはどうすればよいのか

ブログで稼ぐためのテクニックはたくさんあります。

ですが結局は地道にひとつずつ改善していくことが必要です。

中でも次の4点は大事です。

  • キャッチコピーを磨く
  • クリックされる単語を把握する
  • 簡易性を伝える
  • メリットとベネフィットを伝える

それぞれ説明していきますね。

キャッチコピーを磨く

タイトルや見出しはキャッチコピーと同じ役割があると覚えておきましょう。

なぜなら、キャッチコピー(タイトル・見出し)は集客率に影響します。

魅力的なキャッチコピーであるほど「読んでみたい」と思われるからです。

インパクトを与える書き方や、数値を入れることも伝わりやすいでしょう。

たとえばと次のタイトルがあるとします。

改良前
『使うだけでバナナの収穫量が増える方法』

それを次の通り改良してみます。

改良後
『使うだけでバナナの収穫量が3倍に! クチコミで広まったある肥料成分〇〇とは!?』

インパクトを与える書き方に変えて、更に数値も入れてみました。

これだけでも好奇心をくすぐる魅力的なタイトルに近づきましたね。

このように工夫することでキャッチコピーに磨きがかかり、魅力のあるものになるでしょう。

クリックされる単語を把握する

自分のブログでクリックされやすい単語を把握しておきましょう。

なぜなら、読者の興味や関心がわかるからです。

またどこで離脱したかがわかれば改善につなげることもできます。

ですから、クリックされる単語は把握しておきましょう。

次にヒートマップというアクセス解析ツールをご紹介しますね。。

・ヒートマップで確認しよう

ヒートマップ』はアクセス解析ツールのひとつです。

たとえば次のような情報が得られます。

・読者はブログのどこに興味を持ちクリックしたか
・ページのどこで離脱したか
・どの部分がよく読まれているのか

この情報はブログ改善に非常に役立ちます。

ぜひ活用してみましょう。

簡易性を伝える

簡易性を伝えましょう。

なぜなら読者は面倒なことよりも、カンタンで便利なことを好むからです。

インターネットで手っ取り早く情報をもらい、サッサと悩みを解決したいと思っています。

読むことに時間をかけたくないですし、説明が簡単に伝わってこない文章は避けたいのです。

ですから、情報を簡潔に伝え、解決方法も簡単に理解できるように伝えましょう。

メリットとベネフィットを伝える

メリットとは商品の強みや特徴のことです。

それに対し、ベネフィットは商品によりもたらされる結果となります。

たとえば『肥料を使った結果、バナナの糖度と収穫量が増加した』がメリットであるとしましょう。

それに対し『糖度と収穫量が増えた結果、売り上げが数倍に上昇した』がベネフィットです。

メリットとベネフィット、特にベネフィットを読者に知らせることで、クリック上昇を期待できます。

読者はメリットではなくベネフィットを欲しがっているからです。

ですからメリットとベネフィットはしっかりと分け、わかりやすいようダイレクトに伝えましょう。

ブログに役立つ!Webライティングを磨く方法

ライティングを磨く方法は以下のとおり、たくさんあります。

  • ロジカルライティングをする
  • エモーショナルライティングをする
  • 箇条書きを使う
  • 誤字脱字をなくす
  • 一文一意を徹底する
  • 専門用語は使わない
  • 引用などで根拠を明示する
  • リズムがあって読みやすい
  • ブログを始める
  • SNSを始める
  • いい文章を写系する
  • 本や講座で知識を身に着ける
  • 校正ツールを使う
  • 校正を受ける
  • 情報を具体的にする
  • 一文は75文字以内にする

これらを実践するほど文章は洗練され磨かれていくでしょう。

それぞれ説明していきますね。

ロジカルライティング

ロジカルライティングとは順序立てて納得や理解をしてもらう文章の書き方です。

『結論→本文での説明→まとめ』の構成となります。

「そのような方法があるのか・・・実証もされていて、これならできそうだからやってみよう」とじわじわと納得させていく書き方です。

たとえば次のようになります。

構成例文
結論トレーニングしても筋肉が増えず停滞していませんか。

今回、簡単に筋肉が増えるトレーニングマシーンを開発しました。
本文での説明このトレーニングマシーンは誰でも簡単に使うことができて最速で筋肉が増えていきます。

日本筋トレ大学でこのマシーンを使いながら1週間、50名で実験したところ、全員に3倍以上の筋肉増量が認められました。
まとめ最短1週間で筋肉が3倍の増量となるトレーニングマシーンをぜひ使ってみてください。

このように、興味をそそられて根拠で納得してしまう、といった書き方をします。

効率よく納得や理解をしてもらうにはロジカルライティングがいいですね。 

エモーショナルライティング

エモーショナルライティングとは読者の悩みなどに対する感情にうったえていく書き方です。

構成は『感情にうったえる→本文での説明→結論』となります。

たとえば以下のようになります。

構成例文
感情にうったえる「なかなか筋肉が増えない」、「何をしても変わらない」・・・と悩んでいませんか?
本文での説明筋肉増量にはトレーニングマシーンが効果的です。

日本筋トレ大学が開発したこのマシーンは50名中50名が筋肉増量に成功したという結果が出ています。
結論最短1週間で誰でも3倍の筋肉増量ができるトレーニングマシーンです。

ぜひ試してみてください。

こういった文章で、悩みを持っている読者は「これなら何とかなるかも!」と考えます。

読者の感情にうったえて納得させる書き方はエモーショナルライティングがいいですね。

箇条書きを使う

文章を箇条書きにすることで読者の読むストレスを減らせます。

なぜなら、目で追うだけでサッと理解しやすくなるからです。

たとえば次のようになります。

項目例文
箇条書きなし日本キントレ大学が推奨のトレーニングマシーンには、上半身のキンニク増量専用、下半身のキンニク増量専用、ダイエット専用、と目的によって種類がわかれています。
箇条書き有り箇条書き 日本キントレ大学が推奨する目的別トレーニングマシーン3種

・上半身のキンニク増量専用
・下半身のキンニク増量専用
・ダイエット専用

このように、ダラダラとした文章がいいか、箇条書きがいいか、実際に読んでみると明らかですね。 

箇条書きでまとめられそうな場合には積極的に使ってみましょう。

誤字脱字をなくす

誤字脱字を無くすようにしましょう。

なぜなら、記事の内容が正しく伝わらないからです。

読者は可能なかぎり読むことでストレスを感じたくありません。

ささいなストレスでも離脱率の上昇へとつながります。

サラッと読める引っかかりの無い文章を心がけましょう。

ですから、誤字脱字がないかは何度も読み返して確認することが大切です。

一文一意を徹底する

一文に対し意味をひとつにしましょう。

なぜなら、読者はくどくて読みにくい文章を好まないからです。

読みづらさを感じるとすぐ離脱されてしまいます。

ですから、一文一意により簡潔な文章を心がけましょう。

専門用語は使わない

専門用語は使わないようにしましょう。

専門用語では読者に内容が伝わらないからです。

そもそも読者は読んだらすぐに理解できることを望んでいます。

それにもかかわらず専門用語が並んでいると、その文章をすぐには理解できないですよね。

すると読者はその文章に対してストレスをためてしまい、離脱率が高くなります。

ですから専門用語は使わず、誰でも理解できる文章にしましょう。

ただし、どうしても専門用語が必要な場合は必ず用語解説をつけましょう。

引用などで根拠を明示する

文章や統計、写真などの引用で根拠を明示しましょう。

なぜなら信頼性がアップするからです。

特に、国や公的機関の情報は妥当性や信頼性があるので良いですね。

また引用するときは次の5点を守りましょう。

  • 自分の文章と関連性があり、必要な場合に、必要な部分だけを引用する
  • 自分の文章が主体であること
  • 引用部分は変更しない
  • 自分の文章と引用部分はカギ括弧などで区別する
  • 出所を明示する

このように、根拠を明示するときは引用ルールを守りましょう。

リズムがあって読みやすい

一文をそれぞれ短かめに書くようにしましょう。

なぜなら、リズム感が出て読みやすくなるからです。

たとえば、次を見てください。

項目例文
一文が長い文章晴れの日にお弁当を持って公園に行くのは、青い空が大好きだからであるのと、青い空の下で食べるお弁当はおいしいので、晴れのお昼はいつも公園にいます。
短文晴れの日はお弁当を持って公園に行きます。
それは青い空が大好きだからです。
そして青い空の下で食べるお弁当はおいしいです。
ですから晴れのお昼はいつも公園にいます。

前者はダラダラと長いだけで読みたくないですが、リズム感もなくなります。

そのいっぽうで後者は短文によりリズム感があり、サッと読めます。

ぼくの経験上、リズム感のある文章の方が読者の滞在時間は長くなります。

おそらく文章が見やすくなったことで、スイスイと読めるようになるからでしょう。

そのため文章を書くときは、簡潔な短い文でリズム感を生み出しましょう。

ブログを始める

ブログを始めてみましょう。

なぜなら、文章力を磨くにはとにかく書くことが一番だからです。

知識やテクニックを学ぶことも、もちろん大切ではあります。

ですが、詰め込むだけで実践がないと上達はきびしいです。

ですから、ブログでたくさん文章を書いてみましょう。

アウトプットを続けることで、文章力が間違いなく向上します。

SNSを始める

ブログのハードルが高い場合は、SNSを始めましょう!

SNSなら短文でも問題ありません。

文を短く簡潔にまとめる練習にもなるでしょう。

ですから手始めにTwitterなどのSNSを利用してみるのもいいでしょう。

いい文章を写経する

いい文章を書き写して練習しましょう。

なぜなら、書き写すことで手に覚えさせることができるからです。

これは実際に試すとわかります。

写しているうちに文章の作成が上達しているのを実感するでしょう。

ですからぜひ、いい文章を写して練習することをおすすめします。

本や講座で知識を身に着ける

ライティングについての本や講座で知識を身に着けるのもいいでしょう。

なぜなら、正確な知識が学べるからです。

特に講座で文章の添削を行ってもらえる場合、自分では気づけないことも指摘してもらえます。

また、知識を身に着けることも良い文章を書くには効果的です

ぜひ利用してみましょう。

校正ツールを使う

Wordの校正ツールを使いましょう。

なぜなら、誤字脱字を減らすことができるからです。

文章に誤りがあると引っかかりが生じて離脱率が高まります。

ですから、誤字脱字を確認することは文章を書く上で必要なことです。

便利なツールは使いこなせるようにしましょう。

校正を受ける

可能であれば他の人に読んでもらいましょう。

なぜなら、自分の文章の間違いは気づかないことがあるからです。

文章自体が間違っている場合もあれば、常識が違っていることもあります。

自分では当たり前に知っている言葉や常識と思えることも、他人にはまったく通用しない場合もあるものです。

ですから、他の人に校正を頼んで指摘してもらいましょう。

情報を具体的にする

情報は具体的にしましょう。

抽象的なぼんやりした情報は理解しにくいものです。

文章を読んだあとに「何?」「どうして?」と疑問をいだきそうな部分を放置するのは、不親切ですね。

不親切な文章は、離脱率を高めることにもなります。

ですから、しっかりと説明と理由をつけて情報を具体的にしましょう。

一文は75文字以内にする

一文は75文字以内にしましょう。

なぜなら、長い文章は一文に意味が複数ふくまれていることが多く、たいへん読みづらいからです。

これは先にご説明した『一文一意』にすることとつながります。

短く簡潔な文章にするため、一文75文字以内を目安に書きましょう。

ブログライティングにおすすめな文章テンプレート

効率的に伝えることができるライティングの型があります。

ぜひ覚えていただきたいテンプレートです。

次の2点です。

  • PREP法
  • SDS法

PREP法

PREP法は簡潔な文章でわかりやすく伝える方法です。。

そして説得力もあります。

『結論→理由→具体例→結論』の構成です。

  • 結論:バナナを食べるときは、皮をむきましょう。
  • 理由:なぜなら、農薬や防腐剤も付いていて体に悪いからです。
  • 具体例:実際、私はバナナの皮を食べ続けて体調をくずしました。
  • 結論:ですから、バナナの皮はむいてから食べましょう。

このように書けば、読者は「なるほど、書いてあるとおりにしよう」と納得するでしょう。

ですから、わかりやすく納得させたいときにはPREP法を使うのが効果的です。 

SDS法

SDS法は言い方を変えながら同じことを3回伝えるものです。

主張がしっかり伝わります。

『全体の要約→詳細→全体のまとめ』の構成です。

  • 全体の要約 :今回お届けするオーガニックバナナを安全に召しあがっていただく方法をご紹介しています。
  • 詳細:オーガニックバナナではありますが、輸送段階で防腐剤、防カビ材、殺虫剤が付くことがあります。
  • まとめ:ですからそのまま食べないようご注意ください。

このように読者には主張がしっかり伝わります。

しっかり念を押して伝えたいことはSDS法で書きましょう。

ブログ副業者に捧ぐ!魅力的なブログにする方法

読みやすく伝わりやすい文章が書けるようになったら、その次は魅力的なブログにしていきたいですね。

もう少しコツをつかむことで魅力的なブログにすることができます。

次の6点を説明します。

  1. 書く順番を徹底する
  2. 画像も使う
  3. 目次を使う
  4. 1次情報を入れる
  5. 独自コンテンツを入れる
  6. 改行を入れて見やすくす

書く順番を徹底する

文章を書く時の順番は徹底しましょう。

なぜなら、内容がぶれてしまい、一貫しないからです。

順番は次のとおりです。

①本文

②まとめ(おさらい。本文の要約でもある。)

③導入(読むことで得られることを書く。本文の要約でもある。)

④タイトル(惹きつけるように書く。導入の要約でもある。)

この順番で書くことで記事全体が一貫した文章になります。

ですから文章を書くときはこの順番を守って書きましょう。

画像も使う

画像を使うことで記事の内容を理解しやすくなります。

なぜなら、文章だけが続くよりも画像があることで、読み疲れをしにくい効果があるからです。

ほかに、文章を引き立たせる効果もあります。

ただし、他人の画像を使う場合は著作権がありますので『使用の許可』が必要です。

そして著作権フリー画像でも「フリーだから大丈夫だろう」と油断はできません。

いろいろとルールがありますのでよく調べる必要があります。

ですが、画像を使うことによる良い効果もありますのでぜひ活用しましょう。

目次を使う

目次を使いましょう。

なぜなら、読者にとってどのような良いことが書かれているのか、ということが一目でわかるからです。

そして、目次は見出しが並んでいてキャッチコピーのかたまりですから、惹きつける役割もあります。

ですから、目次を作ってしっかり見てもらいましょう。

1次情報を入れる

1次情報とは、体験談や調査などで自分自身が得た情報であり、独自の情報源です。

そういった1次情報を入れましょう。

そうすることでGoogleの評価が上がります。

誰かの情報ではなく、オリジナルの自分の情報を入れることはSEO対策にも有効。

そのため、1次情報を入れて説得力のある、そして読者を納得させられる文章を書きましょう。

独自コンテンツを入れる

自分だけの独創的なコンテンツを入れましょう。

なぜなら、検索上位にならないブログは、他と同じようなことが書かれていることも多いからです。

独自性のある記事を入れてGoogle評価を上げましょう。

たとえば次の5つのような内容です。

  • 事例・体験談
  • お客様の声、推薦者の声や口コミ
  • インタビュー
  • 最新情報
  • リサーチ結果を表と数字で提示する

それぞれ説明しますね。

事例・体験談

自分が実際に見聞きした、経験したことなどを書きます。

誰にもマネのできないオリジナル情報です。

お客様の声、推薦者の声や口コミ

実際のお客様や推薦者の声、口コミを集めて載せます。

たくさん集めるほどオリジナリティが出るかもしれません。

インタビュー

インタビューして集めた情報を書きます。

こちらもお客様の声と同様、たくさん集めるほどいいでしょう。

最新情報

最新情報はその通り、最新ですからまだ書いている人が少ないです。

早いほどオリジナルになる可能性もあります。

リサーチ結果を表と数字で提示する

リサーチ結果は表と数字であらわしてみましょう。

そのまま文章で伝えるよりも独自性があると捉えられます。

改行を入れて見やすくする

文章には改行を入れて読みやすくしましょう。

なぜなら、パソコンとスマホのどちらでも読みやすくする必要があります。

文字が詰まっているより、改行されているほうがスッキリしますね。

特にスマホの場合は改行されているほうが読みやすいです。

読みづらいと離脱されてしまうので注意します。

ですから必ず改行を入れましょう。

まとめ|ブログライティングは初心者でもできる

この記事を読んで、順序立てた記事の作り方、読者を誘導する方法、PREP法を使った読まれやすい文章の書き方、がわかりましたね。

魅力的な文章を書くには、この記事に書かれていることを実践していただくのがおすすめです。

記事で解説したように、共感をよぶ文章で読者の心をしっかりつかむことが可能になるからです。

実際に、検索上位サイトのブログを分析してみると、この記事で説明した内容と同じことが実践されています。

ぜひこの記事に書いてある文章の書き方を参考にしてください。

そうすれば、検索上位サイトと同じような喜んで読んでもらえる魅力的な文章やブログが書かけるようになります。