コンテンツライターの仕事内容と募集案件|コンテンツマーケティングで必要とされるスキルを紹介

コンテンツライター

「検索上位に表示されるような記事を書いてみたいけど、どんなライターを目指せばいいの?」

「上司からWeb集客に役立つライターを探すように言われたけど、どんなライターがいいのだろう」

このように悩んでいませんか?

そんなときはコンテンツライターがおすすめですよ。

コンテンツライターならWeb集客に強い記事が書けるので、コンテンツマーケティングには欠かせない存在となっています。

実際に、コンテンツマーケティングは企業のブランディングや経営に必須の戦略と言えます。

また、コンテンツライターの求人は増加傾向にあるのです。

このことからコンテンツマーケティングに強い記事の依頼はコンテンツライターがおすすめですよ。

そこでこの記事では、コンテンツライターに必要なスキルや採用するときのポイントを解説します。

この記事を読んで必要なスキルを身につければあなたもコンテンツライターになれますよ。

また、質の高いコンテンツライターを見つけたいという人はこの記事をチェックしてくださいね。

コンテンツライターとコピーライターの違い

コンテンツライターとコピーライター、同じ『ライター』という名前が付いていますがいったいどのような違いがあるのでしょうか。

ここでは仕事内容と報酬の2つの視点から比較しますね

  1. コンテンツライターとコピーライターの仕事内容を比較
  2. コンテンツライターとコピーライターの報酬を比較

コンテンツライターとコピーライターの仕事内容を比較

ここではそれぞれの仕事内容を紹介します。

コンテンツライターの仕事

そもそもコンテンツとは、内容や中身を表す言葉です。

ここでいうコンテンツはWeb上の情報を提供する記事(ブログや商品ページ、キュレーションサイト)を指しますね。

コンテンツライターは、ユーザーにとって役に立つ記事を書くことが求められます。

その理由はユーザーの悩みを解決する情報やノウハウを提示することが、コンテンツライターの仕事だからです。

例えばカバンのブランドメーカーの場合、『使いやすいカバンを選ぶ3つのポイント』というカバン選びに役立つコンテンツを発信します。

カバン選びに悩んでいる人がこのコンテンツを見たとき、ユーザーはカバンに対する新しい知識を得ることで、疑問点を解決できますよね。

そうすることで、ユーザーとブランド間での理解や信頼という関係性を長期的に育むことが可能です。

直接的に商品の宣伝をするのではなく、ユーザーの利便性を追求した情報を発信する記事を書くことがコンテンツライターの仕事と言えるのです。

コピーライターの仕事

コピーライターのコピーとは、マーケティングやPRに使われるコピーのことです。

わかりやすい例をあげると、キャッチコピーのことですね。

コピーライターは、ユーザーの心に響く記事を書くことが求められます。

なぜなら、コピーライターはユーザーに商品を売ることが仕事だからです。

例えばカバンのブランドメーカーの場合、『大きいのに軽い!』というキャッチコピーを読むとそのカバンに惹かれて「買ってみようかな」と購買意欲が沸きますよね。

キャッチコピーというのは、一言で『買いたいな』と思わせる魔法の言葉です。

このように、瞬間的にユーザーの心を掴むような記事を書くことがコピーライターの仕事と言えるのです。

コンテンツライターとコピーライターの報酬を比較

実際にコンテンツライターとコピーライターは、どれくらいの報酬なのでしょうか。

コンテンツライターの報酬

コンテンツライターの報酬は、人気や実力によってピンキリといえます。

実際に、年収1,000万円以上の人もいれば年収100万円に満たない人もいるのが現状です。

コンテンツライターの報酬のもらい方は、文字単価や記事単価、月契約、正社員など様々。

一般的には文字単価で契約することが多いです。

仮に1文字1円で契約したとしましょう。

5,000文字の記事を書けば、1記事5,000円。

このような記事を1ヶ月に10記事書けば月収50,000円となり、単純に計算すると年収60万円となります。

記事の作成スピードが上がれば納品できる記事数が増えますし、記事の質が上がれば記事単価が上がったり記事執筆のオファーが増えたりします。

仮に文字単価が1文字2円になれば1記事10,000円となり年収は120万円となりますし、文字単価が1円でも1ヶ月に20記事書けば年収120万円となります。

このように、コンテンツライターは経験や知識を身に付けることで実力をあげ報酬を増やすことが可能です。

コピーライターの報酬

コピーライターの報酬はライティングの案件によって異なります。

一般的な金額例は次のとおりです。

  • DMやチラシ:30,000〜150,000円
  • メルマガ(1通):5,000〜30,000円
  • セールスレター:100,000〜500,000円

以上のように、案件やライターによって金額にばらつきがあります。

上記の金額は単発報酬の場合です。

コピーライターの報酬には成果報酬型というものもあります。

これは、ある商品に対してのセールスレターやキャッチコピーを作成する場合に売上の〇%を報酬としていただく方法です。

一般的には20%程度といわれています。

例えば、あるカバンのキャッチコピーを作成しました。

そのカバンの売上は合計で200万円。

すると、コピーライターの報酬は40万円になります。

仮に売上が20万円なら4万円、1,000万円なら200万円ということですね。

この成果報酬型は、クライアントにもライターにもメリットがあると言えます。

  • クライアント→多額の初期費用や売れなかったときの赤字リスクが軽減される
  • ライター→結果を出せば出すほど報酬が増えるのでモチベーションが上がる

このように、コピーライターはコンテンツライターに比べて記事単価が大きいです。

しかし、誰でも初めからこれだけの金額を稼げるわけではありませんし、実力がなければ仕事の依頼はないといえるでしょう。

コピーライターも報酬を上げるには、経験と実力が必要と言えます。

コンテンツライターの求人募集内容を解説

実際にコンテンツライターにはどのような求人があるのでしょうか。

求人ボックス

『求人ボックス』から2社紹介します。

A社

事項詳細
報酬時給2,840円
推定年収545万円
雇用形態派遣社員
勤務体系オフィスワーク
勤務日数週3勤務(フルタイム)
経験の有無記事作成および取材経験者は歓迎

募集している企業は派遣会社です。

金融メディアを運営する企業にてライティングの仕事となります。

長期契約を望んでおり、安定した収入が望めそうです。

B社

事項詳細
報酬月収19.1~34.6万円
推定年収250~415万円
雇用形態正社員
勤務体系オフィスワーク
休暇年間124日休暇
経験の有無編集経験などが必須

こちらの企業は自社プロジェクトでの記事作成をしてくれるライターを探しています。

正社員での募集なので安定した仕事といえるでしょう。

Indeed

『Indeed』から2社紹介します。

C社

事項詳細
報酬月給2~20万円
推定年収24~240万円
雇用形態業務委託
勤務体系在宅ワーク
勤務日数週2~3日勤務
経験の有無ライター経験1年以上

こちらの企業はSEO内部試作に詳しい人材を探しています。

月に何記事という詳細は書かれていませんが、毎月の報酬を固定で考えているようなので給料は安定しそうですね。

D社

事項詳細
報酬時給1,500円
推定年収216万円
雇用形態アルバイト・パート
勤務体系オフィスワーク
勤務日数週5日勤務(フルタイム)
経験の有無ライター経験が1年以上

募集企業の『自社ホームページの相続税に関するコンテンツの作成』の仕事です。

専門的な分野ですが、『知識がなくても大丈夫』との記載があります。

1日6時間以上と拘束されますが、安定した業務といえますね。

Lansers

『Lansers』から2社紹介します。

E社

事項詳細
報酬文字単価1円(月に6~8記事)
推定年収50万円
雇用形態業務委託
勤務体系在宅ワーク
勤務日数週3日勤務(ZOOMでのやり取りアリ)
経験の有無ライター経験が6か月以上

こちらの求人は文字単価で報酬が決まっています。

完全出来高制といえますね。

例えば、1記事5,000文字として1記事5,000円。

月に6記事を書いたとして、月に30,000円。

年収は36万円となります。

実力を付けて、文字単価や執筆記事数を増やしていかないと安定した収入にはなりません。

このような仕事を積み重ねてステップアップすることが望まれますね。

F社

事項詳細
報酬月収10~20万円
推定年収120~240万円
雇用形態業務委託
勤務体系在宅ワーク
勤務日数週3日勤務
経験の有無ライター経験が1年以上

この求人は、文字単価1円からとなっておりますが1ヶ月に何記事という指定はありません。

月間報酬が10万円からとなっているので、10,000文字程度を10記事ほど書くと予想できます。

業務委託なので安定しているとはいえませんが、月に10万円稼げるのなら報酬単価の良い仕事といえますね。

求人例のまとめ

求人例をまとめた結果、次のようなことがいえます。

  • 正社員よりも業務委託の方が求人数は多い
  • 安定した収入(月給)ではなく成果報酬型が主流
  • 長期契約は少ないが実力次第で契約延長もできる
  • 経験が無いと仕事を獲得するのはむずかしい

上記のとおり、大手企業の会社員や公務員のような安定した職業とは言えないのが現状です。

しかし、具体例は6社ですが実際には1,000件近くの求人数がありました。

たくさんの企業がコンテンツライターを求めているのは事実と言えますね。

コンテンツライターが仕事で求められるもの

コンテンツライターはいったい何を求められているのでしょうか。

  1. アイデアを生み出す発想力
  2. 物事に対する分析力
  3. 文章による表現力
  4. 専門分野の知識

アイデアを生み出す発想力

ユーザーの目を惹くコンテンツ作りにはアイデアが必要となります。

その理由は、独自性がSEOに有効だからです。

実際に、Googleはオリジナリティの高い記事を評価しますよね。

このことは、Googleが下記のように公式に発表しています。

『オリジナルで有用なコンテンツを持つ高品質なサイトが、より上位に表示されるようになります』

日本語検索の品質向上に向けて|Googleウェブマスター向け公式ブログ(最終閲覧日2021年4月22日)

このように、オリジナリティの高い記事を書くにはアイデアが必要となるのです。

そのためコンテンツライターにアイデア力は必須といえるでしょう。

物事に対する分析力

コンテンツライターは情報の取捨選択ができる必要があります。

なぜなら、コンテンツライターはWebの情報をもとに客観的に記事を書いて発信することが多いからです。

実際に、Webの情報は嘘や誤り、人を惑わす情報も多くありますよね。

そんな情報の中から真実に基づいた正確な情報を収集し発信していかなくてはいけません。

このように、ユーザーが信用できる情報を発信するために物事を分析する力が必要になるのです。

文章による表現力

コンテンツライターは、わかりやすい表現で文章を書くが必要があります。

なぜかというと、Web記事はわかりやすくて読みやすい文章が好まれるからです。

実際に、漢字がたくさん並んでいてとても長い文章は途中で読むのが嫌になりますよね。

ぼくも読みにくいことが理由で何回も離脱した経験があります。

このように、コンテンツライターは誰が読んでも理解できる表現力が必要になるのです。

専門分野の知識

専門分野の記事を書くときは、専門的で正確な情報を書かなくてはいけません。

理由は、専門分野の情報を求めているユーザーは具体的で根拠のある情報を欲しているからです。

例えば、Webサイトでその記事の専門家のコメントや調査結果などが書かれていると「この記事は安心」と思えますよね。

専門分野の記事には専門的な知識や根拠となるデータが必要です。

また、ユーザーだけではなく検索エンジンも専門性・権威性・信頼性を重視します。

信憑性のない記事は上位表示されにくいので、中途半端な情報を載せないようにしましょう。

コンテンツマーケティングに必要とされるスキル

コンテンンツマーケティングに必要なスキルはいったい何でしょうか。

  1. SEOを理解している
  2. ペルソナ分析ができる
  3. ユーザーファーストで記事を書ける

SEOを理解している

SEOとは検索エンジン最適化のことで、Googleなどの検索エンジンに評価されランキング上位に表示されるための施策のことです。

コンテンツマーケティングでは、SEOを理解してランキング上位に表示されることが大切です。

理由は、ランキング上位に表示されることでアクセス数が増えるからです。

例えば、検索エンジン(Google)で知りたいことを調べるとき検索結果の1位から順番にアクセスをしますよね。

このように、アクセスをしてもらうためには、検索エンジンで上位表示されることが重要になります。

上位表示されるためにはどうすればよいのか?

SEOで上位表示されるためにはどのような記事を書けば良いのでしょうか。

それはユーザーにとって有益な記事を書くことです。

なぜなら、Googleはユーザーの利便性を最優先に考えているからです。

実際に、検索上位に表示されている記事を読めば悩みが解決することが多いですよね。

逆に言えば、キーワードに対して適切な答えを書いている記事が上位表示されているということです。

このように、ユーザーにとって有益な記事を書くことがSEOで評価され検索上位に表示されることになるのです。

ペルソナ分析ができる

ペルソナ分析とは、商品やサービスをアピールする際にターゲットとして商品やサービスの典型的かつ重要なユーザー像を作るマーケティング手法のことです。

ユーザーにとって有益な記事を書くためにはペルソナ分析が必要になります。

なぜかというと、具体的なユーザー像を思い浮かべることでユーザーの視点から記事を書けるようになり明確な答えを提示できるからです。

例えば、コンテンツライターの記事を書くとします。

ペルソナはコンテンツライターを探している企業の人事担当としました。

すると、記事の内容はどのようなライターがコンテンツライターに適しているのかを書いたほうが役に立つと言えますよね。

このように、ペルソナ分析をすることでユーザーが必要としている情報を明確に書くことができるのです。

実際に、ペルソナ設定の例をあげてみましょう。

【ペルソナ前】
・東京都に住む40代の男性
・既婚、子供2人
・職業は会社員
・趣味はスマートフォンでのネットサーフィン

【ペルソナ後】
・東京都に住む43歳の男性
・既婚で娘が2人、年齢は10歳と7歳
・妻はパートで働いている
・会社員だが、コロナの影響で時短になった
・収入は減少
・家にいる時間が増えた
・スマートフォンで情報を集めることが好き
・Web記事をよく読んでいる

どうでしょうか。

『例1』に比べて『例2』のほうが特定の人物像が見えやすくなっていますよね。

「もしかすると副業を考えているかもしれない」ということまで見えてきます。

しかも、「副業でコンテンツライターをやってみたいと考えているのかも」ということまで想像できますよね。

このように、ペルソナ設定することでどのような内容の記事にするのかが明確になりユーザーにとってわかりやすい文章が書けるようになります。

また、ペルソナ分析をすることでユーザー目線のコンテンツを作ることができるのです。

ユーザーファーストで記事を書ける

コンテンツマーケティングではユーザーファーストな視点で書かれた記事が求められます。

その理由は、ユーザーの気持ちや悩みを想像しながら書く記事はユーザーと検索エンジンの評価を高めるからです。

例えば、自分の悩みに対して的確な答えが書いてある記事は「この記事に出会えてよかった」ととてもいい気分になりますよね。

また、検索エンジン(Google)はユーザーの利便性を第一に考えています。

ユーザーが『いい気分』になる記事はGoogleも評価をするということですね。

このように、コンテンツマーケティングではユーザーにとって有益で便利な記事を書く必要があるのです。

採用する側はテストライティングの実施が必須

テストライティングとは、実際にどのような記事が書けるのかテストをするために記事を書いてもらうことです。

コンテンツライターを採用するときはテストライティングを実施し、以下のことを確認してください。

  1. 記事の最終的なクオリティ
  2. ロジカルな文章構成
  3. 納期スピード
  4. 情報収集力

記事の最終的なクオリティ

記事の最終的なクオリティをテストライティングで確認しましょう。

担当者が欲するような『seo上位を確保できる記事』にはクオリティが必須だからです。

そして、記事のクオリティを大きく左右するのがオリジナリティです。

そもそもGoogleはオリジナリティの高い記事を評価します。

その理由は、同一キーワードにおいて同じ内容の記事がいくつも存在するということは、ユーザーにとって利便性が高いとはいえないからです。

実際に、GoogleはWeb上の同じような情報を載せている記事を2つ以上同時に検索結果に表示させないようにしています。

これは、検索ユーザーにできるだけ多くの情報を届けるためです。

このように、オリジナリティの高い記事がGoogleに評価されます。

しかし、どのサイトも信用性の高い情報を使いたいと考えるものです。

そのため、どうしても同じ情報を参考にしてしまい文章が似てしまう可能性があります。

そこで大切なのは、「オリジナリティのある文章を書くスキルがあるのか」です。

具体的にはボキャブラリーが豊富なのかということですね。

情報が似ていたとしても、ボキャブラリーが豊富であればコピーにはならないからです。

カバンを例に文を作ってみました。

・このカバンには収納スペースが2ヶ所あって機能的です。
・このカバンは2ヶ所にファスナーが付いているのでたくさん収納できて便利です。

このように同じ意味でも言葉を変化させるだけで違う文章になりますよね。

また、ボキャブラリーが豊富であれば表現力も豊かになるといえます。

コンテンツライターは、表現力が豊かでクオリティの高い記事を書けるのかがポイントになるのです。

ロジカルな文章構成

ロジカルとは、論理的なという意味で使われる言葉です。

論理的な文章構成で書かれているのかをチェックしましょう。

なぜなら、わかりにくい文章は読んでもらえない可能性が高いからです。

例えば、主語も述語もバラバラに書かれた文章を最後まで読んだとしても、「結局、何が言いたいの?」と頭が『はてな』になりますよね。

これは論理的な文章構成で書かれていないためです。

このように論理的でわかりやすい文章が書かれているかチェックをしましょう。

また、見出しが構造的であるかもポイントになります。

論理的な文章で構造的に見出しが組み立てられているかが読みやすさのカギとなるのです。

納期スピード

仮に記事の内容が優れていたとしても、納期が守られていなければ依頼はしないほうが良いです。

なぜかというと、スケジュール管理がおろそかなライターとでは円滑な取引ができないからです。

実際に、Webサイトに記事をアップするとき肝心の記事が納品されていなければWebサイトの更新もできないですよね。

しかも、約束を守れない人に大事なサイトのコンテンツを任せるわけにはいきません。

テストライティングをとおして、スケジュール管理能力のチェックをしましょう。

情報収集力

コンテンツライターには情報収集力が必要です。

なぜなら、コンテンツマーケティングとはユーザーが求めている情報は何かを考えるものだからです。

例えば、記事を作成するときに1つのサイトから情報を集めたとします。

その情報だけで作った記事は、どうしても参考サイトと同じ内容になりますよね。

そうなると、ユーザーは新しい情報を入手できなくなります。

いろいろなサイトや資料から情報を仕入れて上手にまとめることで、新しい情報を提供できるのです。

また、情報根拠が増えれば質の高いコンテンツに仕上がり、ユーザーや検索エンジンの評価も高くなるといえます。

テストライティングでは、記事のテーマや分野に応じた多角的なリサーチが行われているのかをチェックしましょう。

まとめ|コンテンツライターにスキルは必須!

この記事を読んでコンテンツライターになるために必要なスキルやコンテンツライターを採用するときのポイントがわかりましたね。

もしもコンテンツライターになりたいのなら、ユーザーファーストで記事を書けるようになりましょう。

また、コンテンツライターを採用するときはテストライティングを行いそのライターが適しているのかチェックすることがおすすめですよ。

記事で解説したようにユーザーファーストで記事を書くことでSEOに評価されるからです。

そして、テストライティングをすることでどのような記事が書けるのか採用する前にわかるからです。

実際にGoogleはユーザーの利便性を第一に考えていましたよね。

また、Lansersではライターの募集要項にテストライティングを義務づけている企業がほとんどです。

このことから、コンテンツライターになりたいのであればユーザーの気持ちになって悩みを解決できるような記事が書けるライターになりましょう。

また、コンテンツライターを採用するときはテストライティングを行い記事のクオリティや納期スピードなどをチェックすることがおすすめですよ。

参考にしてくださいね。