Webライターの仕事内容と年収は?未経験OKの求人でお仕事を掴め!

ライター 仕事

ライターにはどんな仕事があるの?

あなたが『ライター』をはじめるとき、このように感じたことはありませんか?

取り組む以上は、仕事の『種類』や『特徴』についてしっかりと理解してから、仕事を受注したいですよね。

そんなときはこの記事がおすすめ。

ライターの仕事は『正社員』だけではなく、『アルバイト・パート』や『副業』からでも始められるため、人気を博しています!

この記事では、『仕事の種類』や『実際の案件』まで紹介しており、これからライターとして活動する方には、とてもお役に立てるでしょう。

このことから『ライターの仕事』で迷っている状況のときには、この記事をチェックしてくださいね。

Webライターの仕事内容と役割を解説

この項目では『ライター』の仕事について紹介いたします。

  1. Webライターとは?
  2. Webライターの具体的な仕事内容
  3. ライターが果たすべき役割

Webライターとは?

Webライターとは、主にWeb上で掲載されるコンテンツを執筆する仕事です。

一般的に『ライター』というと、書籍・雑誌・フリーペーパー・自社メディア運営などを想像しますが、Webライターは『web』に特化しています。

そのため、ブログ記事執筆・LP作成・電子書籍作成などの仕事が多く、皆様が想像するライターとは異なった印象うけるかもしれません。

しかし『Webライター』の数は、年々増加しています。

なぜなら最近は『副業ブーム』に火がつき、副業として始める方が増えているからです。

さらに、クラウドソーシングサイトの普及により『案件数』も大幅に増えているので、
誰でも『ライター』になれる可能性を秘めていますよ!

※クラウドソーシングサイトとは様々な案件が集まるサイトのこと。

ちなみに、クラウドソースで有名な2つのサイト(ランサーズ、クラウドワークス)を調べてみると、ライティング案件だけで『3,000件』ほどの募集がありました。

まさにWebライターは、人気急上昇中の『Hotな仕事』といえるでしょう。

なお、Webライターに関する詳細情報は『【未経験でもできる副業】Webライターとは?仕事内容・年収・求人例・SEOライティングなど必要なスキルを解説』で紹介しています。

Webライターの具体的な仕事内容

Webライターの具体的な仕事内容は、以下の3つです。

  • 情報収集
  • 執筆
  • 修正

順番に紹介しますね!

情報収集

まずは『情報収集』です。

そもそも記事には人を納得させられるだけの質(根拠になるデータの提示など)が重要。

質が伴っていなければ、誰もその記事を信用しないもしくは読まないからです。

事実、人から熱烈な支持を受ける記事は数字や科学的根拠を使って、丁寧に執筆されています。

このことから、記事を書く上で質を確保するのは絶対条件と断言できます。

そしてその質を確保するには、丁寧な情報収集が必要不可欠。
情報なくして、数字や科学的根拠を使うことは不可能だからです。

それにもかかわらず情報収集がイマイチだと『記事の質』が低下してしまい、クライアントからの評価も下がってしまいます。

これでは記事を作成する意味がありませんよね。

こういった事態を防ぐためにも、Webライターはキチンとした情報収集をおこなう必要があります。

情報収集を怠ると高確率で記事の質が下がります

情報収集を適当におこなうと、検索エンジン(GoogleやYahooなど)からの評価も低下してしまう可能性も。

Googleは検索順位を決定するとき、E-A-T(その記事のおける専門性・権威性・信頼性の総称)をとても重要視しているからです。

情報収集を怠れば怠るほど、E-A-Tにとって重要な数字や科学的根拠を使うことがどんどん難しくなります。

そのため検索順位のことを踏まえても、情報収集をキッチリおこなうことは大事なのです。

つまりはWebライターにとって『情報収集』は、とても重要な要素ということですね!

しかしそうはいっても「情報収集ってどうやってすればいいんだ?」と疑問に思う人もいるハズ。

1つアドバイスを送るとすれば、それは『信頼できる情報源』を選ぶことが重要です。

例えば国の公式ホームページや国立の研究機関や大学の研究施設、企業の公式サイトがこれに該当します。

こういった場所で公表されている情報は、E-A-Tのレベルが非常に高いです。

そのためここで扱われている情報を記事に挿入することで、あなたが執筆する記事の質も高くなるわけです。

執筆

次に『執筆』です。

執筆はライターの『生命線』です。

なぜならライターは『執筆』を通して、価値を提供するお仕事だからです。

『執筆』について、正しく理解することができれば、満足できる『価値提供』ができるようになりますよ。

ちなみに、ひとくくりに『執筆』といっても、執筆対象によって書き方がかわります。

具体的には以下のようなイメージです。

【執筆対象別の仕事内容】

執筆対象仕事内容必要なライティングスキル
電子小説クライアントが執筆した原稿をもとに清書もしくは仕上げる仕事シナリオライティング
エンパシーライティング
LP(Landing page)LPのCVR(成約率)もしくはCV件数の向上を目的とした仕事セールスライティング
NLPを応用した文章術
ブログ記事(メディア記事)読みやすい記事の執筆もしくは検索順位を上に押し上げる仕事Webライティング
seoライティング

このように、ひとくくりにライティングといっても、執筆対象により、ガラッと変わります。

執筆の際には、自分のジャンルに合ったライティングをこころがけましょうね!

修正

最後に修正です。

書き上げたら「はい終了!」というわけにはいきません。

依頼者のチェックを受けて、『修正』する必要があります。

修正というと、面倒くさそうに感じますが、決してそうではありあません。

修正は、『さらに質の高い記事に仕上げる機会』と『ライターとして成長する機会』2つを、同時に提供してくれるポジティブなことなのです。

そのため前向きな気持ちで臨みましょう!

ちなみに修正する際のポイントは『同じ指摘は2度とされないようにする』です。

お互い人間ですので、『認識の違い』は必ず発生します。

しかし同じ指摘を何度もしていると、だんだんイヤになってきますよね。

依頼者との良好な関係のためにも、『同じ指摘』をされないように注意しましょう!

なお、Webライターの仕事内容に関する情報は『Webライターの仕事内容と年収は?未経験OKの求人でお仕事を掴め!』でも解説しています。

ライターが果たすべき役割

ライターが果たすべき役割、それは『依頼に沿ったコンテンツ』を作りあげることです。

先ほども『執筆』の項目でお伝えしましたが、執筆対象によって作成方法が変わりましたよね。

さらに、依頼者によっては『ライティングマニュアル』があり、『語尾』や『使用NGワード』など細かく規定されている場合も。

そのため、依頼に沿ったコンテンツとは『多種多様』であるため、案件ごとの決まりを守ることが大切です。

そのためには、依頼者と『コミュニケーション』をしっかりとることをおすすめします。

コミュニケーションをしっかりとることで、『不明点』や『方向性』を確認することができ、『依頼に沿ったコンテンツ』を作ることができるからです。

ぜひコミュケーションを大切にして、依頼に沿ったコンテンツを作成してくださいね!

未経験OKの求人|ライターになる方法と年収

ライターになる方法を紹介いたします!

先ほども紹介したように、『ライター』の案件は年々増加しており、誰にでもライターの道は開かれています。

実際の求人をサイトごとに紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね!

  1. 求人ボックスにて応募する
  2. クラウドソージングで活動する

求人ボックスにて応募する

コチラでは『求人ボックス』から以下の求人を紹介いたします。

  • 正社員になる
  • アルバイト・パート契約をする
  • 派遣社員になる

正社員になる

最初に正社員の案件を紹介いたします。

【求人ボックスでの正社員求人】

項目詳細
職種シナリオライター
年収300~800万円
応募条件ゲームに対する熱意

未経験から『正社員ライター』にはなれないと思っている方も多いのではないでしょうか。

ご安心ください。

未経験OKの募集も多くあります

例えば今回の求人の場合、『300万〜800万』と給料に大きな開きがありますよね。

この開きは、「未経験OKだけど、実力を給料に反映しますよ」ということなのです。

そのため未経験者でも、いきなり『正社員』になることは可能!

こまめに求人をチェックして、自分に合った案件を見つけましょう。

アルバイト・パート契約をする

次にアルバイト・パートの案件です。

【未経験者OKなアルバイト求人】

項目詳細
仕事内容自社メディア編集・執筆
時給1,050円 以上
応募条件とくになし。未経験歓迎

自社メディアの編集・執筆業務のお仕事です。

未経験から『自社メディア』の運営に携われるなんて、非常に魅力的ですよね!

まさに正社員さながらの経験を積むことができます。

いきなり『正社員』はハードルが高そうという方は、『アルバイト・パート』から始めるのも一案ですよ!

派遣社員になる

次に派遣社員の求人です。

【未経験者OKな派遣社員の求人】

項目詳細
職種IT企業のUXライター
時給1,600円〜1,800円
応募条件未経験歓迎

UXライターとはWeb系分野に多い求人で『体験的価値』を提供するライターのこと。

簡単にいうと、『顧客の利便性を分析し、コンテンツやデザインをアップデートする』お仕事です。

あなたもWebサービスを利用した時に、「カタカナばかりでわかりづらい」そんな体験はありませんか?

そのような『体験』に対して、新たな価値(わかりやすい)を付加するライターなのです。

ちなみに世界的に有名な『Google』でも『UXライター』は活躍しているようです。

そんな価値の高いお仕事が『未経験』からできるなんて、とても魅力的ですよね!

クラウドソージングで活動する

次にクラウドソーシング案件の紹介です。

クラウドソーシングを活用する方は、主に『フリーランス』が多いのではないでしょうか。

今回は『フリーランスは登録必見』の以下2つのサイトから案件を紹介します。

  • ランサーズ
  • クラウドワークス

フリーランス(予定でもOK!)でまだ登録していない方は、登録することをおすすめしますよ!

ランサーズ

最初に『ランサーズ』から案件を紹介いたします。

【ランサーズで未経験者OKの求人例】

項目詳細
仕事内容ウサギに関する記事執筆
年収1,500円(3,500文字)
応募条件とくになし。未経験歓迎

3,500文字で、1,500円の案件ですので、文字単価0.43円です。

初心者の文字単価は0.5円〜0.8円程度と言われているので、安い案件に入るでしょう。

ただ、この案件は『継続依頼』の可能性があるようです。

低単価の案件の場合には『継続依頼』を意識して仕事に臨むことをおすすめしますよ!

ランサーズの始め方は『副業初心者でも1分でわかる!ランサーズの始め方|登録の流れや仕事を獲る方法を解説』を参考にしてくださいね。

クラウドワークス

次にクラウドワークスの案件を紹介いたします。

【クラウドワークスでの求人例】

項目詳細
職種副業に関するWEBライター
年収7,500円(3,000文字)
応募条件SEOライティングの執筆経験

こちらは『経験者』の案件です。

募集条件が経験者ということもあり、文字単価2.5円と非常に魅力的ですよね。

ランサーズで紹介した案件と『文字単価』を比較すると、『約6倍』の差があります。

未経験のうちは低単価ですが、実力がついてくるとドンドン報酬も増え、やりがいのある仕事といえるでしょう!

実力をつけて、ぜひいろいろな案件にチャレンジしてくださいね。

クラウドワークスの始め方は『【初心者ライターと未経験者におすすめ】クラウドワークスの始め方|登録後は仕事内容や納品などの確認が必要です』で解説していますので、参考にしてください。

文章力など|ライターが仕事に求められるスキル

ライターに求められるスキルは以下の4つです。

  1. 情報収集スキル
  2. SEOライティングスキル
  3. 構成スキル
  4. ロジカルな文章力

この4つのスキルを高めることで、報酬UPにも繋がります。

しっかりモノにして優良ライターを目指しましょう!

情報収集スキル

情報収集スキルは非常に大切です。

なぜなら、評価されるWebライターになるためには、『検索エンジン』からも評価される必要があるからです。

検索エンジンの9割以上が『Googleのしくみ』で成り立っています。

そのためGoogleに評価してもらうことが非常に大切なのですね!

ちなみに『Google』上では、毎日チェックが行われており、虚偽の情報については評価が下げられてしまいます。

あなたはこの記事に書かれている情報を信頼するか?
コンテンツはきちんと品質管理されているか?

Google ウェブマスター向けブログ|良質なサイトを作るためのアドバイス(最終閲覧日5月2日)

このように『Google公式』では、情報の重要性をにおわせる事項を掲載しています。

この文章から言って情報を扱うことの重要性、つまりは『情報収集スキル』が大切になってくるのです。

SEOライティングスキル

次にSEOライティングスキル。

SEOライティングスキルを身につけることで、『上位記事』の作成ができるようになります。

※SEOとは『Search Engine optimization』の略称で、Webサイトがより上位に表示させるための施策のこと。

つまり『SEOライティング』は、検索エンジンから評価されるライティング方法ということになりますね!

SEOライティングは非常に奥が深く、体系的に学習する必要があるため、努力は必須でしょう。

ただし、このスキルがあることで、『報酬のUP』や『受注可能案件のUP』といった多くのメリットがありますので、勉強の価値アリです!

ぜひ身につけましょう。

SEOライティングに関しては『SEOライティングのコツ24選!初心者でも書き方次第で上位表示可能です』の記事で20,000字以上にわたって解説しています。

構成スキル

次に構成スキル。

構成スキルとは文章を組み立てる力のことです。

このスキルがあることで、以下2つのことができるようになりますよ。

・読者がその記事1つで悩みを解決できるようになる
・SEO評価を高めることができる

この2つができれば、記事の質が大幅にUPするので、依頼者からも感謝されるハズ。

さらに、ライターとしても評価されるのでWin-Winですよね。

では順番にみていきましょう。

読者がその記事1つで悩みを解決できるようになる

構成スキルがあると、『記事1つで悩みを解決』できるようになります。

なぜなら読者の『疑問』に対して、踏み込んだ『アプローチ』ができるようになるからです。

例えば『初心者 ライター』を検索キーワードとした記事を作成する場合。

『初心者 ライター』で検索する方は、『初心者でライターになれるのかな?』と疑問があり、検索したと考えられますよね。

だから「初心者でライターになれるという趣旨の記事を書こう」となるハズです。

普通であればココで思考が終了しますが、構成スキルを持っていれば、以下のように記事の幅を広げることができます。

「この検索kwの場合、仕事の探し方も知りたいはずだ。では探し方の項目も追加しよう。」とさらに踏み込んだアプローチをすることができるのです。

いかがでしょうか。

このように一歩先のアプローチをする能力が『構成スキル』。

構成スキルがあると『読者の利便性』につながり『より質の高い記事』をつくることができますよね。

ぜひ皆さんも意識しましょう!

SEO評価を高めることができる

構成スキルがあることで『SEO評価』を高めることができます。

なぜなら『Googleの公式』でも『構成が大切』だと以下のように明記されているからです。

記事が取り上げているトピックについて、しっかりと全体像がわかる説明がなされているか?

Google ウェブマスター向けブログ|良質なサイトを作るためのアドバイス(最終閲覧日5月2日)

『全体像がわかる説明』を言い換えると『わかりやすい構成』ということですよね。

ちなみに、ウェブマスター向けブログでは『良質なサイト』を作る上で、大切なことが『25項目』も明記されています。

『良質なサイト』を目指すことで、『SEO評価』UPにつながります。

他の項目にも目を通しておくことをおすすめしますよ。

なお、SEOを意識した記事構成の書き方は『競合をブチぬくSEOに強い記事構成の作り方|ユーザーのニーズを見抜くことが上位表示のコツ』で解説しています。

ロジカルな文章力

最後にロジカルな文章です。

ロジカルな文章が執筆できることで『SEO』の向上に繋がり、記事の評価もUPしますよ。

なぜなら先ほども登場した『ウェブマスター向けブログ』へ、以下のように明記されているからです。

記事が短い、内容が薄い、または役立つ具体的な内容がない、といったものではないか?

Google ウェブマスター向けブログ|良質なサイトを作るためのアドバイス(最終閲覧日5月2日)

すこし遠回しではありますが、Google公式でも説得力のある『ロジカルな文章』を推奨しているということですよね。

ちなみにロジカルな文章を作るためには、フレームワークを活用しましょう。

それは『PREP』法です。

『PREP』とは構成要素の頭文字を取っており、以下のように定義されています。

  • P:Point (結論)
  • R : Reason (理由)
  • E : Evidence (根拠)
  • P : Point (結論)

つまりPREP法とはP→R→E→Pの順番で文章を記載する技術のことなのです。

実際に上位記事を分析すると、ほぼ全ての記事でPREPの流れで書かれているはず。

それくらいPREP法は使われています。

そんな強力な『PREP法』を身につけて、『ロジカルな文章』を執筆できるようにしましょうね!

ちなみに、PREP法に関しては『【ブログの文章力100%向上】WebライティングならPREP法!読者が理解しやすい書き方・構成をテンプレートと例文でご紹介』で解説しています。

資格不要!Wewライターを必要としている業界

ライターを必要としている業界は多くあります。

なぜなら、現代は『情報社会』といわれており、情報発信の需要が非常に多いためです。

そんな情報社会で活躍する業界を3つピックアップしました。

さっそく順番に紹介していきます!

  1. 書籍・雑誌の執筆
  2. ブログ・webメディアの記事作成
  3. LP・広告記事の執筆

書籍・雑誌の執筆

まずは『出版業界』です。

ライターといえば、出版業界を思いつくのではないでしょうか。

実際の仕事としては『書籍』や『雑誌』の執筆がメインの仕事になるため、初心者向けの仕事ではありません。

出版業界で仕事をするためには、ある程度のスキルが必要です。

そのため、いきなり出版業界に飛び込むのではなく『ブログ』や『webメディア』で経験を積んだ後に、挑戦することをおすすめします。

ブログ・webメディアの記事作成

次に『Web業界』です。

最近流行の『Webライター』はここに該当します。

Web業界は、クラウドソース案件が非常に多いため『初心者〜上級者』のどのレベルでも活躍することができます。

しかし、報酬は『経験者優遇』の傾向が強いため、最初のうちは『低報酬の修行期間』があります。

ただし経験を積むにつれ、報酬が『2倍、3倍』と倍々になる、夢のような業界でもありますので、修行期間は苦にならないかもしれません。

ぜひ最初の修行期間を突破して『高報酬ライター』になりましょう!

LP・広告記事の執筆

最後に『広告業界』です。

広告業界は『セールスライティング』と呼ばれる『売るためのライティングスキル』が必要になるので、初心者向きではありません。

ある程度の『知識』や『ライティング経験』が必要になります。

しかし、『広告業界』は『高単価案件』の多さが特徴。

実際に『LPの作成案件』を見ると、一件『10万円』を超える依頼がほとんどです。

まずはWebライターとしてライティングの基礎を学び、その後『広告業界』にチャレンジするのもいいですね!

お仕事の依頼が殺到するWebライターになろう

ライターとして仕事をこなすのであれば、発注は多くいただきたいですよね!

ここでは発注が殺到するライターの特徴を『4つ』紹介いたします。

  1. 品質の高い記事を安定したスピードで書く
  2. 指摘を素直にうけ入れる
  3. ぱっと見で理解できる文章を書く
  4. 取材ができる

この4つを意識して、発注が殺到するライターを目指しましょう!

品質の高い記事を安定したスピードで書く

まずは『スピードとクオリティのバランス』です。

依頼者としては「1日でも早く記事がほしい」と思っているはず。

そんな中、執筆スピードが遅ければどうでしょうか。

納期に間に合わない可能性が高く、依頼をしたくないですよね。

そのため『スピード』は重要なのです。

さらにはクオリティも重要。

記事を依頼する目的は、『よい結果をだすため』ですよね。

つまり、どんなに素早く執筆できたとしても、『クオリティ』がイマイチでは、依頼した意味がなくなってしまいます。

このような理由から『よい記事を安定したスピードで書く』ことが必要なのです。

ちなみにスピードを上げるためのコツは『タイピング速度』を上げること。

タイピング速度そのものを上げることで、完成までの時間を短縮することができます。

ちなみに、タイピングはゲームでも練習できますよ。

おすすめは『寿司打』です。

無料でプレイできますので、ぜひやってくださいね!

なお、Webライティングスピードの詳細に関しては『Webライティングのスピードを上げる8つの方法|早い執筆には必ずコツがある』で解説しています。

指摘を素直にうけ入れる

次に『指摘を素直にうけ入れる』ことです。

あなたが作成した記事は、あくまでも『依頼者』のためのモノですよね。

そのため、いくら『自分流のライティング』が優れていても、依頼に沿っていなければ『無価値』になってしまいます。

一流のライターは、依頼に沿って『七変化』できるライターです。

そのため『指摘』をしっかりとうけ入れ、修正するようにしましょうね。

ぱっと見で理解できる文章を書く

ぱっと見で理解できる文章を書くことも重要です。

なぜなら、わかりにくい文章の記事は離脱率が高い、つまりは読者が読むことを途中でやめてしまうからです。

そもそも昨今のWeb上には無数のコンテンツが存在します。

そのため、少しでもストレスを感じるようなことがあれば「別の記事をみよう」と思われてしまい、『離脱率』が高い記事になってしまいます。

離脱率の高い記事ではSEO的にも評価が下がってしまい、依頼が殺到するライターにはなれません。

そのため『ぱっと見で理解できる文章』が重要なのです。

取材ができる

最後に『取材』ができることです。

取材ができることで、他の記事と『差別化』をすることができるからです。

取材をすることで『現場の臨場感』など、『取材でしか手に入らない』情報を盛り込むことができますよね。

このような理由から『取材』も重要なのです。

案件によっては、取材費をいただける場合もあります。

取材をしつつ『プチ旅行』なんて、自由な働き方ができるかもしれませんね!

まとめ|未経験でもWebライターの仕事はある

この記事を読んで『ライターの仕事』についてわかりましたね!

もしもライターとして仕事をするのであれば、今回の内容がおすすめですよ。

記事で紹介したように、ライターにはいろいろな仕事があり、自分に合った『仕事』を見つけることが重要だからです。

実際に『出版系』・『Web系』・『広告系』など様々な分野の仕事があり、要求されるスキルも様々でしたよね。

ちなみに未経験の方は『Web系分野』の仕事がおすすめでした。

初回のお仕事は『実績を積み上げる』意味でも、『できる仕事』を選ぶことが重要です。

ご自身の『状況』にマッチしたジャンルを選ぶようにしましょう。

ぜひ参考にしてくださいね!