Google analytics not providedの意味と分析方法|not setとの違いも解説

Google analytics not provided

『Googleアナリティクス』を見ているときに『not providedという文字がでてきた
』こんな経験はありませんか?

Googleアナリティクスを使うからには、『not provided』の意味をしっかりと理解しておきたいところですよね。

そんなときは今回の記事がおすすめ。

なぜならこの記事では『not provided』の発生原因から、解決策までを網羅しているからです。

実際に記事中では、本日からできる『具体的な3つの解決策』を紹介しており、あなたの疑問解決に役立つはずです。

このことから「not providedってなんだろう?」、「解決策」が知りたい、そんな状況の方にはこの記事がおすすめですよ。

ぜひ参考にしてくださいね。

Google analytics not providedの意味

not providedは『提供されない』と直訳され、『検索エンジン』がGoogleアナリティクスに対して『情報提供ができない』状態を指す用語です。

つまり何らかの理由で、利用ユーザーからの情報が阻まれているというワケですね。

実際にGoogleアナリティクスで『オーガニック検索キーワード』を調べてみると、結果のほとんどが『not provided』なんてこともザラにあります。

※このように表示されています。

なぜnot providedになってしまうのでしょうか。

次の項目で解説しますので、しっかりと原因を理解してしまいましょう。

原因を理解することでnot provided の解決につながります。

ちなみに『オーガニック検索キーワード』はトップ画面の『集客』の項目から確認することができますよ。

気になる方は確認してみてくださいね。

not providedの原因

not providedの原因はズバリ、検索エンジンの『SSL化』です。

検索エンジンのSSL化とは、『http〜』から『https〜』に変化することで、サイトを暗号化し、『セキュリティ』を強化する技術のことを指します。

このSSL化のセキュリティ強化により、Googleアナリティクスでキーワードデータの取得ができなくなってしまうワケですね。

以上よりnot providedと表示されてしまう原因は、SSL化により『キーワードが取得できない』状況と理解していただいてOKです。

ただしちょっとしたコツを知っていれば『not provided』が解決できる可能性もあります。

次に解決方法を紹介しますのでぜひチェックしてください。

not providedを解決する方法

not providedは、『中身』を知ることで解決できる場合があります。

なぜならSSL化によって『not provided』と表記されているだけであり、ユーザーは『正しい検索結果』にたどり着いているからです。

つまり『ユーザーアクセスの形跡』から『not provided』の中身を推測してしまおうということですね。

そのため、ここではその『中身』のリサーチ方法をお伝えいたしますので、ぜひやってみてくださいね。

ランディングページから予測する

1つ目は『ランディングページから予測する』です。

ここでいうランディングページとは『Googleアナリティクス』の『オーガニック検索のランディングページ』のことを指します。

オーガニック検索のランディングページを確認すると『not provided』だったユーザーが、どのページへアクセスしたのかを確認ができるのです。

つまり『具体的なkw』まではわからないけど、『not providedユーザー』の軌跡を辿ることができるイメージですね。

例、『サンマの食べ方』のランディングページが表示されていた場合、「サンマ 食べ方と検索されたかな?」と推測するイメージです。

ちなみに確認方法は以下の手順

  1. Googleアナリティクスの『集客』、『キャンペーン』と選択して『オーガニック検索』をクリック
  2. セカンダリディメンションから『行動』、『ランディングページ』の順で選択
  3. 選択すると『ランディングページ欄』が出現し、そこにアクセス先が表示される

以上3STEPで『not provided』の中身を推測することができますよ。

ぜひお試しくださいね。

Google Search Consoleで確認する

次に『Google Search Consoleで確認をする』です。

使用方法はいたって簡単。

Google Search Consoleにアクセスし、『検索パフォーマンス』をクリックして、『クエリ』を表示させてください。

クエリを表示させると、以下3つの情報を確認することができますよ。

  • 検索されたkw
  • kw毎の表示回数
  • クリック回数

以上よりGoogleアナリティクスでnot providedとなっていた検索kwを確認することができます。

簡単なのでぜひお試しください。

自分と競合のアクセス状況から予測する(Similar Web)

最後に『Similar web』の活用です。

Similar webは、自分や競合のアクセス情報を確認することができるツールで、検索窓にサイトのURLを貼り付けるだけで解析することができます。

つまりGoogleで『not provided』と表示されていた内容が明らかになるため、自分のサイトを育てる上で大きな武器になるでしょう。

さらに競合のアクセス状況を知ることで、上位表示の手がかりが見つかるなんてことも多く、まさに一石二鳥。

ちなみに『無料版』と『有料版』がありますが、無料版で解析できることは、ざっと以下の通り。

  • サイトのランキングチェック
  • サイトアクセス国のチェック
  • 参照トラフィックと流出トラフィックのチェック
  • アクセス分析
  • 利用者のセッション内での動き
  • 類似サイトチェック
  • 競合サイトチェック

無料版でも『上位5件・1ヶ月分』までの情報を確認することができるので、十分活用することができるでしょう。

ただし、有料版では『順位無制限・最大37ヶ月』までの情報を確認することができるので非常に魅力的。

無料版を使用して、少し物足りないという方は『有料版』への切り替えを検討しても一案です。

ぜひご自身の状況に合わせて選択してくださいね。

分析できた検索キーワードの使い方

検索kwがわかったときは、以下3つの内容で活用することをおすすめします。

  1. コンテンツの見直しに役立てる
  2. クリック率UPに活用する
  3. kwが適格に狙えているかチェックに活用する

コンテンツの見直しに活用する

検索kwが判明すれば、『どんなkwで、どれくらい流入しているか』を確認することができます。

つまり流入が発生していないkwの記事は『ユーザーのニーズ』に答えられていない可能性が高く、リライトの必要があるというワケです。

そのため流入数が低いkwがあれば、ユーザーニーズの再分析を実施の上、リライトを行いましょう。

リライトにより、グンと流入数UPなんてこともあります。

ぜひ確認してくださいね。

クリック率UPに活用する

検索kwが判明すれば、『表示回数』の他に『CTR(クリック率)』も把握することができるのです。

そのため『クリックされやすい記事』はどんな条件があるのか分析するのに役立ちますね。

特に集客を目的とする記事の場合には、クリックをしてもらわなければ始まらないので 、CTRの値が非常に重要になりますよね。

ちなみに『表示回数』はそこそこだけど、『CTR』がイマイチなときは、ディスクリプションやタイトルの『検索段階で見えている部分』に問題がある可能性があります。

CTRをより伸ばしたい場合は『ディスクリプション』と『タイトル』を見直してみることをおすすめしますよ。

意図通りのkwで流入しているかを確認する

『検索kw』と『狙いkw』を照らし合わせて、意図通りのkwで流入が発生しているかの確認で活用することができます。

照らし合わせがなぜ重要かというと、『コンテンツ内容』とkwがマッチしていない可能性があるからです。

コンテンツ内容とkwがマッチしていないということは『ユーザーニーズ』に適切に答えられていない可能性が高いので、順位への影響が懸念されます。

そのため『検索kw』と『狙いkw』に乖離がある場合には、『コンテンツ内容』の見直しをおすすめしますよ。

not providedとnot setの違い

Googleアナリティクスで値が取得できないパターンには、『not provided』と『not set』の2つがありますが、意味は大きく異なります。

not providedは前述した通り、検索エンジンのHTTPS化により『情報が提供されない』状態のことを指します。

一方、not setは『情報がうまく取得できない』状態のことを指すためHTTPS化とは関係がありません。

一般的にnot setは『リファラースパム』により増加する傾向が ある様です。
※リファラースパムとはスパムサイトへの誘導を目的として、故意にアナリティクスへ参照元の情報(スパムサイト情報)を残す仕組みのこと。

次の項目で『リファラースパム』を除外して、not setにならない方法をお伝えしますので、ぜひチェックしてくださいね。

not setを解決するためには『リファラースパム』を除外しよう

先ほどもお伝えしたようにリファラースパムの影響でnot setが増加となります。

ここでは、そんなリファラースパムの除外方法を紹介します。

ボットのフィルタリング設定をONにする

STEP1『Googleアナリティクスに接続し、左下の管理ボタン(歯車)』をクリック。

STEP2『ビューの設定をクリック』

STEP3『ボットのフィルタリングにチェックを入れ、画面下部にある完了をクリック』

以上で完了です!

言語が (not set) をフィルターする

次にフィルターの手順を紹介いたします。

STEP1『先ほどと同様に、左下の管理ボタン(歯車)』をクリック。

STEP2『フィルタをクリック』

STEP3『フィルタを追加 ボタンをクリック』

STEP4『フィルタの設定を実施』

  • フィルタ名:なんでもOK(ただしわかりやすい名前がおすすめ)
  • フィルタの種類:カスタム
  • フィルタフィールド:参照
  • フィルタパターン:除外したいURLを添付(入力)

以上を入力したら『保存』を押して完了です。

「not provided」今後の展望は?

not providedに対する今後の展望は、検索の内『90%以上』がnot providedになる可能性が考えられます。

その理由というのも日本人の90%以上が『yahoo』と『Google』を利用しており、両方の検索エンジンがSSL化対策を推進しているからです。

実際に利用者が多いモバイル端末(スマートフォン)では『yahoo』と『Google』で約99%を占めるとのデータも。

さらに今後は、より便利なスマートフォンの台頭により、PC利用率の低下も推察されるので、よりnot providedの割合は上がっていくことと予想されます。

セキュリティの観点からは、非常に重要なことではありますが、分析する立場からするとなかなか厳しい流れになりそうですね。

ただし先ほど紹介した、以下の対処法を実施することで、分析に役立つデータをGetすることができます。

  • ランディングページから予測する
  • Google Search Consoleで確認する
  • 自分と競合のアクセス状況から予測する(Similar Web)

今できる対策を講じながら、より効率的なメディア運営をしていきましょうね。

まとめ|Google analytics not providedの意味はシンプル

この記事を読んで『not provided』についてわかりましたね。

もしも『not provided』にお困りの方は、今回の記事を参考にしてください。

記事で解説したようにnot providedには『解決策』があるからです。

実際に以下3つの方法で解決ができるのでしたね。

  • ランディングページから予測する
  • Google Search Consoleで確認する
  • 自分と競合のアクセス状況から予測する(Similar Web)

このことから『not provided』に困っている状況のときには、今回の記事がお役に立てますよ。

ぜひ参考にしてくださいね。