【優先案件&単価向上】プロクラウドワーカーになるメリットと5つの認定基準

プロクラウドワーカー

プロクラウドワーカーと呼ばれる人たちをご存知でしょうか。

プロクラウドワーカーになると様々なメリットがあります。

なぜなら、プロクラウドワーカーはクラウドワークスによって仕事能力が認められているからです。

実際、仕事能力を評価するために5つの基準が設けられています。プロクラウドワーカーはこの基準を満たしているため、仕事能力が認められているということができます。

そして、高い仕事能力に合ったメリットが提供されます。

このように、プロクラウドワーカーになると様々なメリットを得ることができます。

この記事ではプロクラウドワーカーについてメリットと認定基準を中心に説明していきます。

この記事を読んでプロクラウドワーカーについて知り、クラウドワークスを効果的に利用しましょう。

クラウドワークスのプロクラウドワーカーとは?

クラウドワークスには「プロクラウドワーカー」と呼ばれている人たちがいます。

ここでは、どのような人たちが「プロクラウドワーカー」と呼ばれているのか紹介します。

  1. プロクラウドワーカーって何?
  2. 認定審査は3か月ごと

プロクラウドワーカーって何?

プロクラウドワーカーとは、クラウドワークスにおいてある基準を満たしている仕事能力の高い人たちのことです。

プロクラウドワーカーになると、仕事が集まりやすく、高額な報酬が期待できます。

なぜなら、プロクラウドワーカーマークが表示されるからです。

例えば、自分が募集した仕事にプロクラウドワーカーマークのある人とない人の二人が応募してきたとします。

どちらの方を採用するでしょうか?

まずは二人それぞれの自己PRや仕事の経歴を調べますよね。

ここで、二人を比較する際にプロクラウドワーカーマークが目に付くのではないでしょうか。

また、「この人はプロクラウドワーカーだから」と採用を決めるクライアントがいることが考えられます。

つまり、プロクラウドワーカーマークで自らをアピールすることができるのです。

したがってプロクラウドワーカーは仕事を集めやすいのです。

認定審査は3か月ごと

プロクラウドワーカーになるためには基準を満たす必要があります。(基準についてはこの後説明します。)

この基準を満たしているかの審査は3ヶ月に1度行われています。

なぜかというと、基準を満たすことができなくなった人がプロクラウドワーカーのままになってしまうことがあるからです。

もし、認定審査がなかったら、1度認定された人はその後仕事をしなくてもプロクラウドワーカーになってしまいます。

そのような人に仕事を頼んでしまった場合、 認定されたときに比べ、仕事のレベルが下がってしまっています。

このようなことを防ぐために、3ヶ月に1度の認定審査が必要なのです。

なお、プロクラウドワーカーになる条件は後述しますね。

プロクラウドワーカーになるメリット

プロクラウドワーカーになると、様々なメリットを得ることができます。

ここでは、そのメリットについて説明します。

  1. 専用ページを用意される
  2. 案件を優先的に紹介される
  3. 月間契約額が向上しやすい
  4. 契約単価が上昇しやすい
  5. クラウドワークスのメルマガなどで紹介される

専用ページを用意される

プロクラウドワーカーは専用のページに掲載されます。

その結果、クラシアントに見つけてもらいやすくなります

例えば、登録者数が何十万人もいる一般のページと、数千人もいないであろう専用ページであれば、どちらの方が見つけてもらいやすいでしょうか。

どう考えても後者ですよね。

しかもこれはトータルでの人数の話。

カテゴリーにもよりますが、母数の人数が数百人までに絞り込まれることも考えられます。

つまり、見つけてもらえる確率がもっと上昇するわけですね。

発見される=仕事をもらえる確率といっても過言ではありませんから、コレはかなりおいしい状況であるといえます。

以上のことから、「スカウトがあまり来ないな」と感じるのであれば、専用ページに掲載されることを目標にするとよいでしょう。

うまくいけば自分から仕事に応募しなくてもよいぐらいに、スカウトが来るようになるかもしれませんよ。

案件を優先的に紹介される

プロクラウドワーカーは案件を紹介されることが多くなります。

なぜなら、クラウドワークスの基準によって仕事能力が認められているからです。

基準を満たしたワーカーは仕事能力が高いためクライアントに重宝されます。

クラウドワークスはこのようなワーカーを信用し、優先的に案件を紹介しているのです。

月間契約額が向上しやすい

プロクラウドワーカーになると月間契約額が向上します。

なぜなら、多くの基準を満たしており、仕事の評価が高いからです。

実際、プロクラウドワーカーになると月間契約額が19%も上昇します。

このように、プロクラウドワーカーになると月間契約額が向上しやすくなります。

契約単価が上昇しやすい

プロクラウドワーカーになると契約単価も上昇します。

なぜなら、クラウドワークスによって仕事能力が高いと認められているからです。

実際、プロクラウドワーカーになると契約単価が42%も上昇します。

このように、プロクラウドワーカーになると契約単価も上昇しやすくなります。

クラウドワークスのメルマガなどで紹介される

クラウドワークスにメルマガやサイトで紹介され、多くのクライアントに注目されます。

なぜなら、メルマガやサイトは不特定多数の人が見ることができるからです。

不特定多数の人に見られることによって、クライアントに見つけてもらう機会を増やすことができます。
そして、ページへのアクセスやスカウトを増やすことができます。

このように、メルマガやサイトに掲載されるとクライアントに注目されることができます。

ライター必見!クラウドワーカーの認定基準は5つ

プロクラウドワーカーになるためには様々な基準を満たす必要があります。

  1. ここでは、認定基準について説明します。
  2. 累計評価が 4.8以上である
  3. 月間の獲得報酬額 が上位200位以内に入る
  4. 過去1年間のスカウト数が 5回以上である
  5. コミュニケーションの累計評価が4.8以上である
  6. プロフィール&自己PR 入力済である

累計評価が 4.8以上である

1つ目は評価が4.8以上あることです。

プロクラウドワーカーになるためにはクライアントに信頼されることが重要です。

そのために、まずは丁寧に仕事をする必要があります。

納期を守ったり指示に従ったりすることはもちろん、連絡をこまめにとることも重要です。

質の良い成果物を納品することも重要ですが、まずはクライアントの信頼を得ることから始めましょう。

クライアントと良好な関係を作ることで信頼され、高評価に繋がります。

月間の獲得報酬額 が上位200位以内に入る

2つ目は獲得報酬額が上位200位以内なことです。

クラウドワークスでは月ごとに獲得報酬を集計します。

しかし、報酬をいきなり増やすことは難しいですよね。

高単価の仕事は実績が必要な場合が多く、採用される人数も限られています。

そのため、少しずつ実績を増やし高単価の仕事に挑戦していくことをお勧めします。

初めは単価が十円〜百円のものに取り組み、徐々に作業に慣れていきましょう。

そして、少しずつ報酬を増やしていきましょう。

過去1年間のスカウト数が 5回以上である

3つ目は1年間に5回以上のスカウトを受けることです。

スカウトとはクライアントがワーカーに直接依頼をすることです。

自己PRを充実させよう

自己PRを充実させることがスカウトにつながります。

なぜなら、自分について知ってもらう機会が増え、スカウトの確率をあげることができるからです。

実際にプロクラウドワーカーの自己PRには以下のものが書かれています。

  1. 自分が受注している仕事
  2. 得意ジャンル
  3. 経歴や経験

したがって、自己PRを丁寧に書くことが重要です。

また、実績が増えてきたらポートフォリオを記入するのもおすすめです。

コミュニケーションの累計評価が4.8以上である

4つ目はコミュニケーションの評価が4.8以上あることです。

なぜなら、仕事においてコミュニケーション能力が重要だからです。

コミュニケーション能力には意思を伝えることと意思を受け取る事の2種類があります。

前者だけできる人は自己中心的になってしまうことがあります。

一方で後者だけできる人は意思の無い人だと思われてしまうことがあります。

両者をできるようになるとクライアントに不快感を与えることなく良好な関係を築くことができます。

そして、クライアントに信頼感や安心感をもたらすことにつながります。

このようにビジネスにおいて重要なコミュニケーション能力を図るために評価が4.8以上あることが必要なのです。

プロフィール&自己PR 入力済である

最後はプロフィールと自己PRが書いてあることです。

なぜなら、クライアントはプロフィールを見て採用を決定するからです。

自分が募集した仕事があり、プロフィール記入済みの人と未記入の人が応募したとします。

記入済みの人は情報が多く、クライアントが安心することができます。

このように、プロフィールと自己P Rを書くことが必要です。

まとめ|プロクラウドワーカーを目指そう

ここまで以下のことを解説していきました。

  • プロクラウドワーカーとは何か
  • プロクラウドワーカーのメリット
  • プロクラウドワーカーになるための基準

しかし、プロクラウドワーカーを目指すことが重要というわけではありません。

なぜなら、プロクラウドワーカーの基準は仕事に真剣に取り組むことで自然と満たせるようになるからです。

プロになるために特別な資格やスキルは必要ありません。

一つ一つの仕事に真剣に取り組むことが大切です。

まずは自分の仕事に真剣に取り組み、少しずつ基準に近づけるようにしましょう。

その結果、プロクラウドワーカーに選ばれた時はプロクラウドワーカーになったことに満足せず、継続できるようにがんばりましょう。