【年収を上げたい!】セールスコピーライターで起業直後から稼ぐには?仕事の収入を上げたいなら市場選びが重要

セールスコピーライター 年収

「セールスコピーライターの年収ってどれぐらい?」

「これからセールスコピーライターとして活動したいんだけど、収入はどうやって上げていけばいいんだ?」

このように気になっている人もいるはず。

まず、提言するのが「クラウドワークスやランサーズで働くのはやめたほうがいい」です。

時間対報酬が悪すぎるからです。

「では、どうやって稼ぐのか?」 それをこの記事でご紹介していきます。

また、この記事では年収をアップさせていく方法を「ファーストキャッシュ~年収180万円」「年収181万円~500万円」「年収501万円~1000万円」「年収1,001万円~」と段階別でご紹介しています。

セールスコピーライターの年収をアップさせたいときに、この記事が参考になるはずですよ。

【収入はおいくら万円?】資格なしのセールスコピーライターの年収

結論からいうと、セールスコピーライターの収入にはかなりの格差があります。

年収200万の人がいれば、月収200万・日給が200万の人もいるからです(さすがに、時給が200万の人にはまだお会いしたことがありません。アメリカにはいるらしいのですが……。うらやましい限り)

このような現象はなぜ発生するのか?

その理由は、セールスコピーライターはサラリーマンとは違い、「成果=収入」となっているからです。

つまり、セールスコピーライターは成果を多く出せば出すほど、収入が「うなぎのぼり」になる素敵な職業なのです。

しかし、成果を長期間出せずにいると……。

収入を上げることもむずかしいかもしれません。

そういった意味では、セールスコピーライターはサラリーマンというよりも、自分の成果・実績がそのまま年棒に反映される「プロ野球選手」に近い職業といえますね。

そうなると、「じゃあ、セールスコピーライターで稼ぐのってハードル高い感じ?」と思う人もいるはず。

ですが、そのご判断は少々お待ちを。というのも、セールスコピーライターで稼ぐのは簡単ではありませんが、誰でも可能だからです。

その理由は以下の通り。

  1. セールスコピーライターに資格など必要なく初心者でもなれるから
  2. パソコン1つあれば引きこもりでも今この瞬間に起業できるから
  3. 正しい手順、正しい方法でチャレンジすれば例外なく収入がアップしているから
  4. 売れるライティングスキルはセンスや才能ではなく「誰でも再現できる科学」だから
  5. ネットの普及で「文字の持つ力」が圧倒的に強まったから
  6. メーリングリストの作成ハードルがビックリするぐらい下がったから
  7. 「ライティングスキル×メーリングリスト」の化学反応を誰でも使えるから

このようにセールスコピーライターは、冗談抜きで、誰でも簡単に起業できます。

そしてなにより、手順とやり方次第では、年収1億円も夢ではありません。

「セールスコピーライターは稼げる職業である」という事案は、実際にそれを体現している人たちが多くいますので、「実証済みの事実である」といえるでしょう。 

もしもあなたがこの話を聞いて、「マジかよ? やる気出てきたぁーっ!」というのであれば、読み進めてくださいね。

ファーストキャッシュ~年収180万円|ライティングスキルを収入に換える方法

ここです! 最初にして最大の難関がこの「ファーストキャッシュを手にする」です。

多くの人は、「文章でお金を稼ぐには何をすればいいんだ?」と悩みます。

ですが、ファーストキャッシュを手に入れることは、実はそれほど難しいことではありません。

そこで、ここではファーストキャッシュを手に入れるための具体的な方法をご紹介します。

その方法とはおもに以下の4つです。

  1. 企業に直接メール営業をかける
  2. 「ココナラ」などで代筆業を始める
  3. セールスコピーライター求人に応募する
  4. クラウドワークスなどで受注する
ワークスタイル副業経験報酬
メール営業
アルバイト所属企業による
ココナラ
クラウドワークス××

それぞれを解説していきますね。

企業に直接営業を書ける

一番のおすすめがこの方法です。その理由は「ライバルが少ない」からです。自分から進んで企業に営業をおこなう人は少ないので、意外とトントン拍子に話が進むことも多いです。

今の時点で文章力に自信がある人は、この方法でチャレンジしてみてください。

セールスコピーライター求人に応募する

2番目におすすめなのがこの方法です。

お金を稼ぎながら経験をバリバリに積むことができます。

ボクのセールスコピーライターのキャリアも、アルバイトからスタートしました。

ただし、副業でもアルバイトとして雇ってもらえるかは企業によります。

また、条件がいいところほど応募者数も多いです。

そのため、雇ってもらえるかどうかは、運次第となります。

「ココナラ」などで代筆業を始める

ココナラやストリートアカデミーなどといったサイトで、スキルを売るのも1つの手です。

ただ、実績・経験・スキルがないうちは仕事を受注すること自体が難しいかもしれません。

そのため、ココナラなどで活動を始めるのは、ある程度の経験を積んでからがおすすめです。

クラウドワークスなどで受注する

実行難易度が一番低いのはこの方法です。ただ、実行ハードルが低いことにより、ライバルが非常に多く、報酬も低いです。

ボクも一時期クラウドワークスで仕事を受注していましたが、2カ月ほどで辞めました。あまりにも「時間対報酬」が割に合わなかったからです(笑)。

正直、クラウドワークスやランサーズなどはメリットを探すのが難しいぐらい、おすすめできません。

経験を積むのであれば「副業がOKな企業でのアルバイト」が現実的です。

もしもあなたが「0→100」でセールスコピーライターを目指すのであれば、「アルバイトしながらココナラで経験・実績を積む→企業への直接メール営業をかける」が王道と言えます。

【年収500万円】本格的に起業・独立して本業へと切り替えよう

月に15万円以上安定的に手に入るようになったら、セールスコピーライターを本業に切り替えましょう。

ただ、これぐらいの収入で起業することは、人によっては不安かもしれません。

しかし大丈夫です。日本なら、月収15万円あれば生活できます(笑)。

それよりも、この時期はセールスコピーライターとして活動できる時間を確保してください。そして経験をどんどん積んでいきましょう。

また、このタイミングで本業へと切り替えることで、自分の中の「セールスコピーライターへの意識」がガラッと変わります。ようするに「プロ意識」が芽生えるわけです。

プロ意識が芽生えれば、言動が変わります。

言動が変われば、人々はあなたに注目し始めます。

そうすれば、顧客はどんどん集まってきますよ。

そして、寄って来たお客さんはすべてさばきましょう。どんどん経験を積んでください。

収入501万円~1,000万円|顧客リストの質が年収に直結します

この時期になると、「寄ってくるお客さんをすべてさばくことが難しくなる」ハズです。なので、客単価を上げてお客さんをふるいにかけましょう(笑)。

「そんなことしたらお客さんが減っちゃうよ」と心配になるかもしれませんが、大丈夫です。

減った以上にお客さんが寄ってきます。

世の中とは不思議なもので、「安いモノしか買わない!」という人がいれば「高いモノしか買わない!」という人もいます。

「ある程度の価格でなければ依頼をしない!」という人もいるぐらいです。

それに、顧客があまり集まらないときは、お得意さんに紹介をお願いすればよいのです。

この時期であれば、実績・経験・スキルが申し分ないはずですので、快く紹介してくれるはずですよ。

客単価アップ・お得意さんからの紹介。この2つの方法で顧客リストをアップデートしましょう。

1,001万円~|収入あげたきゃセールスコピーライティングの方向性をチェンジ!

年収が1,000万円を超えれば、あなたも1流セールスコピーライターの仲間入りです。

ですが、満足するのはまだまだ早いです。目指すは年収1億、月収1億、です。

そうなると、「効率よく稼ぐことが重要」となります。そのためには何をすべきか? 

答えは単純明快。

セールスコピーライティングの対象を変えましょう。

具体的にいうと、市場を変えてください。

同じ文章量でセールスコピーライティングしたとしても、その商品の販売額が違えば、あなたの懐に入る金額も当然異なるからです。

「市場なんか変えちゃって大丈夫なの?」と心配する人がいるかもしれませんが、心配ご無用。なぜなら、「モノを売る本質に市場は関係ない」からです。

セールスコピーライティングに使う単語やターゲット・商品は異なりますが、商品を売るうえで重要となる以下のことは、どんな市場へ鞍替えしようとも、同じことなのです。

  • ターゲットの悩み・欲求のリサーチ方法
  • 売れるキャッチコピー・ボディコピーの書き方
  • 顧客の感情の揺さぶり方
  • 成果の予測のさせ方
  • 商品の購入、実行をメンドクサイと思わせない文章の書き方
  • 抗えないオファーの書き方
  • 衝撃を受けるストーリーの書き方

いかなる市場であっても、これらは1ミリたりとも、絶対に変わりません。

よく考えてみてほしいのですが、コンサルタント会社っていくつもの業界を相手に商売をしていますよね。

あれがなぜ可能なのかは「どの業界もモノの売り方は基本的に同じだから」です。

そのため、1つの会社で数多くの業界を相手にコンサルティングができるのです。

セールスコピーライティングもそれと同じことです。

使う単語は違えども、売れるキャッチコピーの書き方や読み手の感情を揺さぶる方法は、どの業界もみな等しく同じなのです。

そうなると、「じゃあ、どこの業界を相手にセールスコピーライティングをすればいいの?」と思う人もいるはず。

そこで、鞍替え先としておすすめの業界を以下に記載しました。業界をチェンジする際の参考にしてみてください。

  • 不動産
  • 起業
  • マーケティング
  • 教育
  • 性生活
  • 離婚
  • 借金

これら7つは単価が高い商品を扱う傾向にあります。単価が高いセールスコピーライティングをしたいときは、この中から選んでみてくださいね。

まとめ

ここまでで、セールスコピーライターとしてファーストキャッシュを手にする方法~業界の鞍替え先までをご紹介しました。

理想を言えば、「企業に最初からイケイケドンドンでメール営業をかけまくる!」のが一番良い方法です。

しかし、経験と自信がないうちは、なかなか実行できないかもしれません。

そんなときは、ライターのアルバイトをして経験を積んでください。

そして、アルバイトをしながらフリーランスとして働くのがよいでしょう。

人間は自信と行動力が比例する生き物です。なかなか実行に移せないとき、この方法で自信を深めてくださいね。応援しています。