【初心者向け!Webライター養成講座21選】オンラインや無料コースなど様々なライティング講義を一挙紹介

「ライターの講座ってどんなものがいいのかな」

あなたが『ライター講座を選ぶとき』このように感じたことかありませんか?

受講する以上は『自分にマッチした講座』を選びたいですよね。

そんなときは『この記事』をおすすめします!

実際にこの記事では『21』の講座を一覧表で紹介しており、各講座のポイントを掴むことができますよ。

さらに21の講座の中から、おすすめの講座を4つ厳選しています。

このことから「どのようなライター講座がいいのかな」と考えている状況のときには、このやり方がおすすめですよ。

ぜひ参考にしてくださいね。

Webライターにおすすめな21講座を一覧化

以下におすすめの『ライター講座』を21個まとめました。

どの講座にもそれぞれの個性があり、魅力的な内容が多い印象です。

詳しくは以下の通り。

【Webライターにおすすめな講座21選】

講座名料金(税込み)期間と回数
たのまなWebライティング技能検定講座32,000円6ヶ月
Schoo 初心者向けWebライター講座無料または980円月更新
デジハリオンライン Web文章41,800円2ヶ月
ライティングハックス69,800円無制限
JMWA WEBライター入門講座無料無制限
ストアカ講座ごと講座ごと
Udemy講座ごと講座ごと
副業の学校69,800円+月額 2,980円月更新
SHElikes162,800円(入会金)
月額10,780円〜
プランごと
日本おうちワーク協会 Webライターdeおうちワーク講座32,780円1年間
宣伝会議「Webライティング実践講座」86,900円2回
(1週間ほどのオンデマンド配信)
宣伝会議「編集・ライター養成講座 総合コース」176,000円毎週土曜
(6ヶ月)40回
田舎フリーランス養成講座330,000円1ヶ月の合宿
卒業後も講座は受け放題
株式会社Hayakawa「School×Work」198,000円6回(6ヶ月)
ライターカレッジ「実践Webライター講座初級コース」24,800円4回(3ヶ月)
しんがり 月に25万円稼ぐWEBライターになるための「文章の書き方ベーシック講座」39,800円卒業まで
(2ヶ月〜3ヶ月)
Oaad Creation Webライター養成コース330,000円卒業試験合格まで
フラウネッツ22,000円3ヶ月(12回)
ゴウライティング無料無制限
コトバ大88,000円16回(5ヶ月)
Yosca スタンダートコース99,800円1年間
2021年5月9日時点

いかがでしょうか。

『料金』や『受講期間(回数)』については『サービス内容』次第で大きく変わるので、自分の状況にマッチした講座を選ぶ必要がありそうですね。

表からも確認できる通り、料金は『無料〜300,000円ほど』、受講期間は『2回〜無制限』と大きな幅があるからです。

例えば、以下のようなイメージです。

  • 『長期学習が苦手』な方は、『短期間』かつ『内容が濃い』タイプがおすすめ
  • 『リーズナブルに済ませたい』方は、1講座から購入できるタイプがおすすめ
  • ある程度まとまった期間でガッツリ学習したい方は、『高額』で『オフライン』のタイプがおすすめ

以上のように『21』もの講座があれば、必ずご自身にマッチしたタイプの講座が見つかります。

マッチした講座を見つけて、効率的な学習を目指しましょう。

そこで以下からは『有名どころかつ異なるタイプの講座』を4つご紹介しますね。

講座選びの参考にしてください。

  1. 宣伝会議 ライティング実践講座(ライブ配信)
  2. 宣伝会議(編集・ライター養成講座 総合コース)
  3. WEBライティング技能検定講座
  4. Udemy

宣伝会議 ライティング実践講座(ライブ配信)

最初に宣伝会議のWebライティング実践講座を紹介いたします。

こちらは『オフライン』ではなく、『オンライン限定』の講座ですので注意してくださいね。

  1. 宣伝会議 ライティング実践講座(ライブ配信)の内容
  2. 宣伝会議 ライティング実践講座(ライブ配信)のストロングポイント

宣伝会議 ライティング実践講座(ライブ配信)の内容

Webライティング実践講座は、2日間分の講義がライブ配信で提供される講座です。

実際の講義内容は以下の通り。

1日目【オンデマンド配信】

時間講義内容
120分今求められるWeb集客施策と検索エンジン対応の基礎
120分WEBメディアに求められる空気感とは
120分ライティングに先立つ情報の収集と整理
2021年5月9日時点

1日目は『ライティング前の基礎となる』部分を強化する講義。

ライターになるからには『ライティングスキル』の他にも『情報収集』や『検索エンジンの仕組み(SEO)』の理解が必要になります。

なぜなら、情報収集やSEOを磨くことで、『文章』に付加価値をつけることができ、単価アップにも繋がるからです。

実際にクラウドソーシングサイトでは『SEOスキル』があることで、単価がグンとアップする案件が多くあります。

1日目ではこの『ライティング前の基礎』が学べるのです。

さらに『WEBメディアに求められる空気感』など、独学では学習しづらい現場の臨場感も学習することができるので、とてもいいですね。

2日目【ライブ配信】

時間講義内容
120分見出しと文構造から改善する
120分見出しと文構造から改善する
120分現場で生きる技術を身につける
2021年5月9日時点

2日目は『ライティング』に特化した講義内容です。

文章の『構成要素』から『現場で使えるスキル』まで幅広く学習できます。

まさにライティングスキルを『0から実践レベル』まで引き上げることのできる内容ではないでしょうか。

特に『現場で生きる技術』は必見ですね。

これからライターを志す方にとっては、『現場』に関する学びは大変貴重。

リアルな現場を知ることで、『注意のポイント』や『求められているスキル』を肌感覚で理解することができるからです。

現場未経験の方には、特におすすめできる内容ですね。

宣伝会議 ライティング実践講座(ライブ配信)のストロングポイント

『宣伝会議 ライティング実践講座』のストロングポイントは『0から実践レベル』まで学習ができることです。

1〜2日の講義を終えた後には、『文章の書き方がわからない』状態から『SEOライティングができる』状態になっているはず。

なぜなら講義の中に『基礎〜実践』までの内容が詰め込まれており、すべて受講すれば、その知識が身につくように組まれているからです。

まさに大手の『宣伝会議』ならではの講義内容といえるでしょう。

以上よりストロングポイントは、『0から実践レベル』のライターになれること。

決して安い値段ではないですが、受講する価値ありです!

是非ご検討くださいね。

宣伝会議 ライティング実践講座(ライブ配信)は初心者向けか否か

この講座は『初心者向け』です。

ライティングをする前の『基礎』から学習することができるので、初心者におすすめできるでしょう。

さらに『2日間』という短期間で『実践レベル』まで成長することができます。

そのため『長期間の勉強』が苦手な方や、『過去に挫折』した方にもおすすめですよ。

ぜひご検討くださいね

初心者向け!WEBライティング技能検定講座

次は、たのまなヒューマンアカデミーのWEBライティング技能検定講座です。

こちらの講座を受講し、テストに合格することで『WEBライティング実務士』の資格を獲得することができます。

資格の取得者には、以下のクラウドソーシングサイトで特典があるようです。

  • CROWD
  • Lancers
  • サグーワークス
  • チョビリッチ
  • Typing_Base

特に『Lancers』は大手のクラウドソーシングサイトなので非常に魅力的。

ちなみに、特典の内容は『おすすめの人材』として紹介してもらえるとのこと。

大手サイトで『おすすめの人材』として紹介していただければ、案件難民になることはなさそうですね笑

資格をGetするためにも積極的に受けたい講座です。

  1. WEBライティング技能検定講座の内容
  2. WEBライティング技能検定講座のストロングポイント
  3. WEBライティング技能検定講座は初心者向けか否か

WEBライティング技能検定講座の内容

主にテキストを使用した、以下8つの『STEP UP方式』で学習していきます。

ライティングの『基礎〜実践』程度のスキルを身につけることができますよ。

【WEBライティング技能検定講座の段階別講義内容】

段階講座内容
STEP1テキスト:WEBライティング技能検定基礎編
STEP2テキスト:WEBライティング技能検定基礎編
STEP3テキスト:WEBライティング技能検定 実践編
STEP4テキスト:WEBライティング技能検定 実践編
STEP5WEB模擬試験
STEP6別冊 案件の手引き
STEP7合格証明書及び認定カード
STEP8スキルアップ実習や副業セミナー受講(自由参加)
2021年5月9日時点

自己学習というと『テキストの入手』から『受験』までを、一人で頑張らなければいけないイメージですが本講座は違います。

ご覧の通り、ロードマップ(STEP)に沿った『テキストによる自己学習』がメインです。

そのため自己学習によくある「まずはどこからやればいい?」という悩みがないので、非常に進行しやすいでしょう。

さらに万が一合格できなかった場合は、無料で『サポート期間延長』のサービスがあるようです。

以上より自己学習に不安がある方でも安心で、誰にでもおすすめできる講座ですね。

WEBライティング技能検定講座のストロングポイント

WEBライティング技能検定講座のストロングポイントは、なんといっても『WEBライティング実務士』の資格が取得できること。

ライティングスキルを担保した『資格』があることで、ライターとして活動がしやすくなるからです。

以下2名の『初心者ライター』のどちらかに依頼をする場合、どちらがよいでしょうか。

  • 完全初心者ライター
  • WEBライティング実務士持ちの初心者ライター

間違いなく『2』を選びますよね。

「なんらかのWebライティングを習得してそうだな」と期待させることが可能だからです。

これくらい『資格』のインパクトは絶大なのです。

以上の理由から『資格取得』が本講座のストロングポイントというワケですね。

ぜひご検討くださいね。

WEBライティング技能検定講座は初心者向けか否か

本講座は『初心者向け』です。

『内容』で紹介した通り、ロードマップに沿った『STEP UP形式』を採用しています。

そのため『基礎から順番』に学習することができるので、知識ゼロの初心者にもおすすめできますよ。

さらに、ライターとして活動する際には必ず『未経験』からスタートですよね。

通常『未経験』の場合は、案件の受注率がイマイチですが、『資格』を持っていれば受注率もUPします。

このような理由からも『初心者向け』と言えるでしょう。

宣伝会議(編集・ライター養成講座 総合コース)

宣伝会議【編集・ライター養成講座 総合コース】です。

この講座は『オフラインの講座(オンライン可)』となっており、毎週オフラインorオンラインを選択して受講することができます。
※場所は東京会場(表参道周辺)

ちなみに、本講座には『今活躍する一流の方』から学ぶというコンセプトがあるので、より実践的な『編集・ライティング』テクニックを学ぶことができるでしょう。

現場で働いている『一流』の方から、直接学べる機会は大変貴重です。

一流のライター・編集者から直接学びたい方は、ぜひチェックしてくださいね。

  1. 宣伝会議(編集・ライター養成講座 総合コース)の内容
  2. 宣伝会議(編集・ライター養成講座 総合コース)のストロングポイント
  3. 宣伝会議(編集・ライター養成講座 総合コース)は初心者向けか否か

宣伝会議(編集・ライター養成講座 総合コース)の内容

講義内容は以下の通りです。

  • 編集・ライティングの基礎
  • ヒットするアイデア・企画の発想法
  • 取材テクニックの取得
  • ライティング技術の取得
  • メディア理解
  • 課題演習
  • 卒業制作

ご覧のように『基礎〜実際の制作』までを通しで行うことができ、より実践的な講座となっております。

そのため『受講におすすめの方』は以下の通り、レベルが高め。

  • マスコミ、出版界への就職を希望する方
  • メディア関連の仕事をされている方
  • 出版界の若手編集者・ライター
  • 企業で宣伝・広報の仕事に携わる方
  • 自分の本を出版したいとお考えの方
  • ジャーナリスト志望の方

(参照:宣伝会議編集・ライター養成講座 総合コース

ただその分、講座の内容も非常に充実しています。

たとえば『課題演習』は『少人数』で行い、4回の添削があるようです。

『ライティング』や『編集』のスキルを高めるためには、プロから『フィードバック』をもらうことが最も近道です

そのため最前線で活躍している現役のプロから4回の添削を直接受けられることは非常に魅了的。

さらに『卒業制作』の優秀作品は『宣伝会議』のメディアに掲載されるようです。

この掲載がきっかけで『就職・転職』につながる事例も多々あるようなので、モチベーションも継続しやすい講座でしょう。

宣伝会議(編集・ライター養成講座 総合コース)のストロングポイント

宣伝会議(編集・ライター養成講座 総合コース)のストロングポイントは『今活躍する一流の方』から学べること。

一流の方から学ぶことで、以下2つのメリットがあるからです。

  • 一流の方との人脈ができる可能性を秘めている
  • プロ目線のアドバイスを受けることができる

『人脈』に関してはまさに『オフライン』のメリットではないでしょうか。

もし講座中に人脈ができてしまえば、『ライティングスキル』と『就職先』の両方が手に入ってしまうなんてコトもあるかもしれません。

以上の理由から、本講座のストロングポイントは『今活躍する一流の方から学べること』です。

ぜひご検討くださいね。

宣伝会議(編集・ライター養成講座 総合コース)は初心者向けか否か

本講座は『初心者向けではない』です。

確かに『基礎講義』はありますが、講座全体を通してみると『実践的』な内容が多く、すでにライターとして働いている方にフォーカスしている印象です。

ただしプロから学べる貴重な機会。

完全初心者の方でも『プロ』から学ぶ効果は絶大です。

そのため「どうしてもこの講座を受講して成長したい!」と思っている方は、あらかじめ『クラウドソーシング』で案件を受注してみることをおすすめします。

受講をするにしても、仕事経験の『有・無』で感じることが大幅に違うからです。

プロから学ぶからには全て吸収したいですよね!

以上より『初心者向けではない』が、講座を完走できれば『とても成長』できる環境というコトです。

プロから直接学べる機会は、早々ありません。

ぜひ検討してくださいね!

オンライン講座の定番!Udemy

最後にUdemyをご紹介いたします。

詳細は次の『内容』で説明しますのでぜひご覧ください。

  1. Udemyの内容
  2. Udemyのストロングポイント
  3. Udemyは初心者向けか否か

Udemyの内容

Udemyとはベネッセが運営しているオンライン学習プラットフォームで、『100,000以上』の学習動画から、1講座ごとに購入することができます。
※『料金』や『受講内容』は講座ごとに異なります。

そのため自由度が高く、気軽に受講することが可能。

ちなみに『ライティング』と入力すると『87件(2021/05/09時点)』の講座が確認できました。

87件というと、かなりの動画数なので、自分にマッチした講座を選ぶことができそうですよね!

ご参考までに『3つ』講座をピックアップしました。

講座名料金
エモーショナルSEOライティング講座|心を動かす文章術24,000円
WEBライティングで稼げるようになる!ゼロから始めるライティング講座|在宅副業&脱サラを目指すコース24,000円
1秒1文字!悩まず書ける ノンストップライティング5,400円
2021年5月9日時点

それぞれ『学ぶスキル』や『料金』が違うので、まさに今の自分に必要な内容を学ぶことができますね。

もちろん『ライティング』以外の講座も充実していますよ。

どんな方でも受講したい講座が見つかるので、一見の価値ありです。

Udemyのストロングポイント

Udemyのストロングポイントは、自分の状況にあった講座をチョイスできる『自由度の高さ』です。

学習したいスキルは個人ごとに違うので、自由にチョイスできるのは非常に魅力的。

例えば『ライティング』は少しできるけど、もっと売り方のコツをレベルアップしたいという方は、以下の組み合わせでも受講可能です。

・中級者向けライティング講座
・マーケティング講座

このように『オーダーメイド』で講座を選択できるので『どんな人』でも自分に合った講座が見つかるハズ。

以上より、Udemyは『自由度の高さ』がストロングポイントです。

1講座から購入ができるので、ぜひサイトを覗いてみてくださいね。

Udemyは初心者向けか否か

Udemyは『初心者向け』です。

先ほどもお伝えした通り、講座を自分で選ぶことができるからです。

実際に『初心者おすすめ』や『ゼロから始める〜』と書かれている講座を選択すれば、自分の実力に合った講座を受講可能ですよね。

このような理由から『初心者向け』というわけです。

ぜひUdemyの講座にチャレンジしてくださいね。

Webライターが講座を選ぶポイント

ライター講座を選ぶ際に重要なポイントは以下の4つです。

  1. 取得可能な資格を確認する
  2. 目的とマッチしているか確認する
  3. 予算と相談する
  4. 自分に合った種類を選択する

取得可能な資格を確認する

まずは取得可能な資格を確認しましょう。

資格を取得することで、ライター活動で有利になることがあるからです。

先ほど『たのまなヒューマンアカデミーのWEBライティング技能検定講座』で紹介した資格、『WEBライティング実務士』がありましたよね。

WEBライティング実務士を持っていることで、クラウドソーシングサイトの優遇措置がうけられたハズです。

このように『資格』が役に立つ場面があるので、確認することをおすすめしますよ。

もちろん『講座の受講目的』=『資格取得』が必ず成り立つわけではないで、ご自身の目的にあった講座を選択してくださいね。

目的とマッチしているか確認する

次に『目的とマッチしているか確認する』です。

ライターの講座を選択するときの、一番大事な判断基準なのではないでしょうか。

なぜなら『目指すべきところ』が違えば、選ぶべき講座も異なるからです。

もしあなたが『東京タワー』に行きたい場合、北海道には行きませんよね?

ライターの講座も同じように『レベル』や『最終目的』によって、選択は異なるハズ。

もし「なんとなく受講しよう」と考えている方は、いま一度『目的』を確認して受講することをおすすめしますよ。

目的を定めることで、実りのある学習になること間違いなしです!

予算と相談する

どうしても切り離せないのが、予算との相談です。

好きな講座を好きなだけ受講できればよいのですが、そうはいきません笑

なぜなら値段がピンキリだからです。

実際に一覧から料金を確認すると『無料〜300,000円以上』とかなり値段の幅が広いことがわかります。

一番高い講座は300,000円を超えているので、ポンとすぐ出せる金額ではありませんよね。

ちなみに講座を選ぶときは、1つ前にお伝えした『目的とのマッチ度』を考慮して選択しましょう。

ライター講座はあくまでも目的を達成するための『ツール』です。

たとえば東京から埼玉に向かうとき、『飛行機』は使いませんよね?

最寄りの駅から電車を使うハズです。

つまり「なんでもかんでも高性能で料金が高ければよい」わけではないということ。

何事もTPO、強いては目的に合わせて選ぶことが重要なのです。

コストパフォーマンスを最大化するためにも、あなたの目的にマッチした講座を選択してくださいね。

自分に合った種類を選択する

最後に『講座の受講形式』です。

受講形式は大きく2つにわけられます。

  • オンライン講座
  • オフライン講座

オフライン、オンラインの双方にメリット・デメリットがあるので、選ぶときは、ご自身の『目的』や『生活スタイル』と相談が必要でしょう。

以下にそれぞれのメリット・デメリットを書きますので、ぜひ参考にしてください

オンライン講座

まずはオンライン講座です。

オンライン講座では、以下のメリット・デメリットが考えられます。

メリット
・移動時間がかからない
・自分が選んだ環境で受講できる
・値段が比較的安い
・受講日が選べる

デメリット
・臨場感に欠ける
・先生とコミュニケーションがとりづらい
・生徒同士のつながりがつりずらい

以上よりオンライン講座は、『効率よく知識を得たい』場合におすすめできるでしょう。

なぜならオンラインであれば知識(講義)以外のムダな時間(移動時間や休憩時間など)をすべてカットできるからです。

そのため「通学はできないけど、ライティングを学びたい」という方はオンラインを検討されてはいかがでしょうか。

オフライン講座

次にオフライン講座です。

オフライン講座では以下のメリット・デメリットが考えられます。

メリット
・先生とコミュニケーションがとりやすい(質問しやすい)
・人脈をつくれる可能性がある

デメリット
・移動の時間がかかる
・値段がやや高額
・受講日が選びづらい

おおよそ『オンライン』講座と反対のイメージですね。

オフラインの場合は、特に『人との交流』に重点をおく方におすすめできるでしょう。

人との交流が活発になることで、先生と仲良くなったり、生徒同士でグループがつくられたりと『同業種のつながり』ができるメリットがあるからです。

実際に交流に関しては、面と向かってコミュニケーションをとることが大切なので、オンラインでは難しい状況です。

このように『交流』に重点をおく方は、オフラインの検討をおすすめしますよ。

まとめ|Webライター向け講座はいっぱいある

この記事を読んで『ライター講座』の選び方がわかりましたね。

もしも『ライター講座』を検討している場合は、今回の選び方がおすすめですよ。

記事でも解説した通り『目的にマッチ』した講座を選ぶことで、コストパフォーマンスを最大化させることができるからです。

実際に『サービス内容』の違いで、『無料〜300,000万超え』と大きな幅がありましたよね。

無料で目的を達成できるのに、高額な料金を払うのは非常にもったいないです。

このことから『ライター講座』を選択する状況のときには、今回の方法を参考にしてくださいね。