【口コミ紹介】Webライティングの添削おすすめ講座8選|初心者ライターこそ書き方をオンラインで学ぶべし

Webライティング 添削

「Webライターとして働き始めたものの、なかなかクライアントから継続依頼がもらえない……」

「副業でWebライターに挑戦してみたいけど、こんな我流の書き方でいいのかな?」

Webライター初心者の中には、このような方が多いのではないでしょうか。

誰かに自分の文章を読んでもらい、客観的なアドバイスがもらえたらなと思いますよね。

そんなときは、Webライティングの添削を受けてみましょう!

経験者からのフィードバックを受けることで正しいWebライティングが身につき、今後のWebライターとしての仕事に役立ちますよ。

実際にWebライティングには独特のルールがあり、それを知らないといつまでも上達しないことも。

このことから、Webライターとしてスキルアップを目指すならプロの添削を受けることが近道です。

そこでこの記事では、おすすめの添削サービスやWebライティング講座をご紹介します。

添削を受ける前に見直すべきポイントについても解説しているので、ぜひ最後まで目を通してくださいね。

ココナラならWebライティングの添削を受けられる

Webライティングの添削サービスで、代表的なものを以下の2つ紹介します。

  1. ランサーズ スキルパッケージ
  2. ココナラ

ランサーズ|スキルパッケージ

ランサーズのスキルパッケージとは、クラウドソーシングサイトのランサーズが提供しているサービス。

ランサーの『得意なこと』や『スキル』を商品としてパッケージ化したもので、このパッケージから欲しい商品を選んで購入できます。

サービス内容

多くの実績を持つ現役ライターや、プロの編集者による添削が受けられます。

Webライターとしての記事の書き方や表現のアドバイス、SEOを意識したリライトなど、Webライティングに関する様々な依頼が可能。

添削に加えてランサーズで稼ぐためのアドバイスが受けられるものもあります。

ランサーズ上での相場価格

実際の案件を例に、スキルパッケージの相場価格を割り出してみました。

【ランサーズ スキルパッケージ|添削案件の例】

内容スキルパッケージ価格文字単価
SEO最適化・リライト・添削1,250円1円〜
SEO・文書作成・添削1,250円2円〜
プロ校正士によるリライト・校閲2,250円1.2円
編集者による文章添削1,850円1.8円
文章添削2,500円1円
2021年6月29日時点

これらのスキルパッケージの相場価格は以下です。

  • スキルパッケージ価格:2,275円
  • 文字単価:1.4円

スキルパッケージの価格で数千円、文字単価で1円台と、Webライティングに悩んでいる人にとって試しやすい価格と言えますね。

利用者の声

ランサーズのサイトから利用者の声をご紹介します。

ブログ文のリライトと、どうしたら改善できるかご指導頂きました。
自分のイメージだけで書いてしまい、読む人のことを考えきれていませんでした。
そこを丁寧にリライトして頂き、さらに伝えたいことを膨らませてもらえ、とても勉強になりました。

ランサーズ|添削に関するライティング・ネーミングの出品中のスキルパッケージ(最終閲覧日2021年6月29日)

ブログのリライトでスキルパッケージを利用したようですね。

つい主観的になってしまうことでも、このような客観的なアドバイスをもらえることで新しい発見があることがわかります。

ココナラ

ココナラは、個人の知識・経験・スキルを売り買いできるオンラインスキルマーケットです。

ランサーズのスキルパッケージ同様、出品されているサービスから気に入ったものを購入できます。

サービス内容

専門家による校正や添削・編集が受けられるものから、記事の感想や総評をもらえるものまで様々なサービスがあります。

中には現役Webライターに悩みの相談ができるというサービスも。

文章の添削・フィードバックだけでなく、Webライターとして活動するためのアドバイスがもらえるのは、初心者Webライターとしては心強いですね。

ココナラ上での相場価格

実際の案件を例に、ココナラでの相場価格を割り出してみました。

【ココナラ|添削案件の例】

内容価格文字単価
文章のアドバイス3,000円1.5円
専門家による校正・添削1,500円1.5円
校正・添削2,000円1.5円
添削・校正1,000円0.7円
校正・添削・編集1,500円2円
2021年6月29日時点

これらの添削案件の相場価格は以下です。

  • サービス価格:1,800円
  • 文字単価:1.5円

こちらもサービス価格で数千円、1文字あたりに換算しても1.5円と利用しやすい価格と言えますね。

利用者の声

ココナラのサイトから利用者の声をご紹介します。

必要だと思っていたアドバイスを受けることができました。
解説も丁寧で、素晴らしいと思いました。

ココナラ|文章校正・編集・リライト(最終閲覧日2021年6月29日)

こちらも適切なアドバイスが受けられた様子。

丁寧に解説してもらうことで、より理解も深まると言えますね。 

おすすめのWebライティング添削講座を紹介

ここからは、Webライティングの添削を受けたい方におすすめのWebライティング講座をご紹介します。

もちろんどの講座も講師による添削が受けられますよ。

【添削つきのWebライティング講座一覧】

講座名料金添削の有無
Writer Gymモニター価格:150,000円
(定価250,000円)
有/2ヶ月間回数無限  
仕事につながるWEBライティング講座5,500円有/1回  
HayakawaのWebライター養成講座 198,000円有/8回
ライターカレッジ24,800円有/4回
WEBライターdeおうちワーク認定講座19,800円有/1回
ライティングハックス69,800円有/3回
副業の学校|Webライター講座69,800円+月額2,980円  有/明記なし
Oaad Creation300,000円有/明記なし
2021年6月28日時点
※レビューの掲載を条件とする特別価格

添削付きのWebライティング講座は多数あり、料金や特典もさまざまです。

なかには全額返金保証の特典がつく驚きの講座も。

これなら受講を迷っている方でも挑戦しやすいですね。

また受講料金も低いもので5,500円〜、高価な講座では300,000円というものまでさまざま。

月額制の講座もありますね。

このような添削付きのWebライティング講座では、実績多数の現役WebライターやWebディレクターの添削が受けられます。

有名ブロガーやYouTuberが主宰する講座もありますよ。

このような講師に添削を受けると、ライティング能力は確実に伸びていくでしょう。

プロの視点から、客観的なフィードバックを受けられるからです。

しかし実際には、どの講座を選べばよいか迷ってしまいますよね。

そこでここからは、それぞれのWebライティング講座についてご紹介しますね。

【初心者ライター向け】Writer Gym

Writer Gymは、『1日3時間の労働で月100,000円』を目標とするWebライティング講座です。

高単価Webライターに必須のSEOライティングスキルの習得や、高品質なポートフォリオ作成で採用率UPを目指します。

特徴

2019年プロクラウドワーカーの実績を持つ講師が、1対1で徹底的に文章力を鍛えます。

講座受講中の2ヶ月間は、なんと回数無制限の添削サポート付き。

さらに講座開始から30日以内は全額返金保証付きなので、安心して受講できるところもポイントです。

このサービスの対象者

Webライター初心者や、Webライティング未経験者を対象とする講座です。

添削を通して実践的な文章力を鍛えたい方、SEOライティングを身につけ高単価案件での受注を目指す方におすすめです。

受講者の声

実際にWriter Gymを受講した方の声をご紹介しますね。

やる前は気持ち的に「私でも大丈夫かな?」と不安でした。しかし講座が後半になってくると、読まれる記事と読まれない記事の差を体感でき、それによって課題が明確に。正直添削してもらうと、まだまだ修正箇所が多いことも事実です。ですが、今後はその差を埋めるだけかなと思います。
今では、「早くライターの仕事を受注したいな〜」とワクワクしています。

Writer Gym|受講生からの声(最終閲覧日2021年6月30日)

最初は不安があったようですが、講座終了後は仕事が楽しみになるほどの実力がついていることがわかりますね。

仕事につながるWEBライティング講座

教えたいと学びたいをつなぐ学びのマーケット、ストアカで開催されている講座。

基本はオンラインでの受講ですが、開催リクエストをすることで対面での開催や夜間の開催にも対応してもらえます。

特徴

Zoomを使ったマンツーマンでの受講形式で、所要時間は120分程度。

講義だけでなく、記事の構成案やタイトル案のワークなど、個人の悩みに合わせたワークも行います。

さらに講義後の1記事添削サービスにより、実践につながる学びを得ることができます。

このサービスの対象者

我流の文章で「書けない」と困っている人、ライティング経験のない初心者など、 Webライティングに悩む全ての人が対象者です。

また講師の海老原政子さんは、ファイナンシャルプランナー・住宅ローンアドバイザーなどの資格を活かし、金融情報を発信している先生。

そのため行政書士など士業の方や企業準備中の方にもおすすめの講座です。

受講者の声

実際に『【オンライン】仕事につながるWEBライティング講座 個別添削付き』を受講した方の声をご紹介します。

こちらの話を真摯に聞いてくださり、曖昧だった部分が明確になりました。
マンツーマンならではの自分専用の講座なので、修了後すぐに実践できますし、今まで書いた文を一緒に添削していくので、自分に足りないところや改善すべき点がはっきりと浮き彫りになります。

【オンライン】仕事につながるWEBライティング講座 個別添削付き|レビュー(最終閲覧日2021年6月30日)

こちらはマンツーマン形式の特性を活かし、『自分専用の講座』が受講できた様子。

リアルタイムで記事を共有しながら添削を受けられることは、大きな強みと言えますね。 

HayakawaのWebライター養成講座

School×Workは、 Web制作会社Hayakawaが開催している Webライター養成講座。

受講期間は約6ヶ月です。

特徴

カリキュラムは6つに分かれており、それぞれのレッスンごとに課題を提出。

プロ Webライターのマンツーマン指導のもと、計8回の添削を受けます。

またレッスン終了後は卒業制作として1記事発注されるため、仕事に向き合う経験もできます。

このサービスの対象者

レッスンは基礎から学習するため、 Webライター初心者や未経験者もOK。

受講生それぞれの特徴・文章のクセに合わせたアドバイスが受けられます。

そのため高単価で受注できる Webライターを目指す方におすすめです。

【初心者におすすめな講座】ライターカレッジ

実践 Webライター講座 短期集中コースは、オンライン大学のライターカレッジで開催されている講座。

約40日間で、 Webライティングの基本を集中して学ぶコースです。

特徴

講座内容はテキスト4回+添削4回で構成されています。

各回で課題を提出し、経験豊富なプロの講師が添削。

アドバイスに沿って書き直すことで、グンと実力をあげることができます。

また優秀作品はライターカレッジや関連団体の Webメディアに掲載され、受講者の実績に。

次の仕事を獲得する際のポートフォリオとして利用できます。

このサービスの対象者

Webライターとして記事を書くための基礎を学べることから、初心者や未経験者におすすめの講座です。

また短期間で集中して取り組むため、普段忙しい方や副業で Webライティングを考えている方にもおすすめです。

受講者の声

実践 Webライター講座 短期集中コースを受講した方の声をご紹介します。

最初のスタートとして、どう始めるかのヒントが書かれてある点がよかったです。
「 Webライターになるには、どうしたらいいの?」と悩んでいる人にとって、「最初の一歩の踏み出し方」がわかる講座だと思います。

実践 Webライター講座 短期集中コース|受講生の声(最終閲覧日2021年6月30日)

Webライターの誰もが最初に浮かぶ疑問、『始め方』について学習できる点がいいですね。

このことから、Webライティング未経験者には特におすすめだといえます。 

WEBライターdeおうちワーク認定講座

日本おうちワーク協会が開催する Webライティング講座。

受講後の検定試験に合格すると『一般社団法人日本おうちワーク協会認定 Webライター』の認定資格が取得できます。

特徴

動画コンテンツでSEOライティングやWordPressの操作方法を学習。

その後 Webライティングの実践として実際に1記事執筆、プロライターの先生に添削してもらいます。

添削された記事は日本おうちワーク協会が運営するメディアに名前入りで掲載。

0からの実績づくりに役立ちます。

このサービスの対象者

Webライティング初心者や未経験者の方が対象です。

未経験から月50,000円の獲得を目標とし、小さなお子さんのいる主婦の方や隙間時間での仕事を探している人におすすめです。

またWordPressの操作方法も学べることから、ブログやオウンドメディアの立ち上を考えている人にもおすすめできる講座です。

受講者の声

実際にWEBライターdeおうちワーク認定講座を受講した方の声をご紹介しますね。

ライター経験0、ネットビジネススキルが0の人が初めて手にするのにぴったり。
初心者さんにこそ手に取ってもらいたい教材です。

日本おうちワーク協会公式サイト|先輩ライターさんに頂いた声を紹介!(最終閲覧日2021年6月30日)

Webライター未経験に加え、ネットビジネスのスキルがない方にも最適であることがわかります。

こちらも初心者向けの講座であると言えますね。 

【オンライン講座】ライティングハックス

ライティングハックスは、高単価で仕事が取れるライターを目指す講座。

人気ブロガーの沖ケイタ氏が講師です。

特徴

買い切り型の講座で、計3回までの添削が受けられます。

さらにLINE@による無制限の質問サポート付きという心強い講座。

合計77本の動画でWebライティングの基礎から学習、さらにSEOの知識や高単価で受注する方法など、仕事の進め方についても学べます。

このサービスの対象者

すでにWebライターとして活動しているが、なかなか収益の上がらない方、ライティングスキルに不安を抱えている方が対象。

高単価で仕事が取れるスキル習得を目指します。

Webライターで月収100万円達成したい方など、まさに『プロ』を目指している人におすすめの講座です。

受講者の声

実際にライティングハックスを受講した方の声をご紹介します。

講座の内容はもちろん、講師の方の人柄にも満足だった様子。

このことからも、細かいサポートが受けられることがわかりますね。 

副業の学校|Webライター講座

副業の学校 Webライター講座は、女性ビジネス系YouTuber、KYOKO氏が主宰する講座。

Webライティングやブログなど、副業について幅広く学べます。

特徴

全コンテンツ120授業と、圧倒的なコンテンツ量でWebライティングについて総合的に学習。

添削は毎月追加される練習問題で行われ、SEOの意識やWebライティングの理解度に重点を浮いたフィードバックが受けられます。

またSlackと連携したサロンコミュニティにも参加できるため、受講生同士で切磋琢磨しながら学ぶことができます。

このサービスの対象者

パソコンが苦手な初心者や、Webライティング未経験者でも受講OK。

これからWebライターとして活動する人の最初のステップにおすすめです。

またオンラインサロンでは毎日の作業報告や悩みを共有しているため、Webライター仲間を作りたい方にもおすすめです。

受講者の声

実際に副業の学校 Webライター講座を受講した人の声をご紹介します。

こちらの講座では、まずパソコンの基礎動作から学ぶことがわかります。

パソコンが苦手な方でも受講しやすい講座だと言えますね。 

オンライン講座!Oaad Creation

Oaad Creationの『WEBライター養成プログラム』は、トップ1%のライターを目指す講座です。

公式サイトでは“うちで学んでもダメなら他で学んでも無理です”と断言されています。

特徴

講座は全8回の動画講義と、プロ講師の直接指導のもと課題作成を行います。

提出した課題は現役WEBディレクターの添削を受け、インプットとアウトプットをセットで実行。

最後の卒業試験では実際にオアードからの記事作成依頼を受け、報酬が支払われます。

このサービスの対象者

Webライターとしてのスキルに不安を感じている方、フリーランスとして独立を考えている方におすすめの講座。

『なんちゃってWebライター』から抜け出し、トップ1%の実力を持つ高単価Webライターを目指します。

卒業後はメンバー限定オンラインコミュニティーでの交流会もあるため、仲間と一緒にスキルアップを目指したい方にもおすすめです。

添削をしてもらう前に見直すべきポイント

添削をしてもらう前に、最低限自分で見直しをしておくことも大切。

ここでは以下の3つのポイントについて解説します。

  1. 誤字脱字はないか
  2. 主語と述語にねじれはないか
  3. 冗長な表現はないか

誤字脱字はないか

添削してもらう記事は、誤字脱字のないようにしておきましょう。

変換やタイピングのミスは、最低限自分でできる修正だからです。

この最低限防げるはずの誤字脱字があるまま添削をしてもらうと、余計な修正を受けることになります。

またビジネスにおいても、文書に誤字脱字がないことは基本的なマナーと言われますよね。

場合によっては相手に失礼な印象を与えてしまう可能性も。

このことからもライターとして文章の添削をお願いするなら、何度も見直すなど誤字脱字のチェックは済ませておきましょう。

なお、見直すだけでは心配な場合は、ツールを使うのがおすすめ。

Ennoを使えば、無料で変換ミスや誤字脱字を検出できます。

使い方も簡単で、チェックしたい文章をフォームに貼り付けるだけ。

自分だけでのチェックでは心配な場合には、ツールでダブルチェックをしてみてくださいね。

主語と述語にねじれはないか

ねじれ文とは、文章の骨組みである主語と述語が正しく対応していない状態のこと。

たとえば『犬が吠える』という文章では、『犬が』が主語、『吠える』が述語となります。

このような短い文章ではさほどねじれることはありませんが、複雑な文になるとねじれが発生することがあります。

たとえば次のような文章ですね。

私の夢は、サッカー選手になりたいです。

意味は通じますが、違和感がありますよね。

ここでの主語は『私の夢』、述語は『なりたいです』。

並べてみると『夢は/なりたいです』となり、文章として成り立ちません。

正しくは『私の夢は、サッカー選手になることです。』ですね。

このように、ねじれ文は意外と多いものです。

声に出して読んでみるなど、文章に違和感はないかチェックしましょう。

ポイントは、主語と述語の関係を意識しながら読むこと。

具体的には、上記のように主語と述語を近づけたときに文が成立するかチェックします。

こちらも添削をしてもらう前には必ず確認してくださいね。

冗長な表現はないか

冗長(じょうちょう)とは、文章や話に無駄が多くて不必要に長いことを指します。

とくにライター初心者に多い表現で、文字数が足りないときなどつい書いてしまいがち。

たとえば以下の文章です。

NG例:私は早く書くことができる。
OK例:私は早く書ける。

NG例:文章を書くときに意識したいのは、シンプルな文章を書くということです。
OK例:文章を書くときに意識したいのは、シンプルに書くことです。

どちらのNG例も意味は通じますが、まわりくどい印象を与えてしまいます。

OK例のように無駄を削ぎ落として端的に書く方が読み手にとって親切ですよね。

シンプルな文章を心がけましょう。

こちらも確認は声に出して読んでみるのがおすすめ。

また執筆直後ではなく、時間をおいてからの推敲も大切です。

ついやってしまいがちな冗長な表現も、添削前にシッカリとチェックしておきましょう。

まとめ|Webライティングの添削講座で書き方を学ぼう

この記事では、Webライティングの添削サービスの紹介とおすすめの講座、添削を受ける前にチェックすべきポイントについて解説しました。

もしも自分の文章に自信がなく、客観的な意見が欲しいときには参考にしてくださいね。

記事で解説したように添削を受けられるサービスや講座はさまざまあり、適切なフィードバックを受けることで文章力は格段に上がるからです。

実際にWebライティングの講座でも、「添削を受けることでライティング能力が上がった」という受講生の声が多数ありましたよね。

このことからも、Webライターとして文字単価を上げたり受注を増やしたりしたいときには添削を受けるのがおすすめですよ。

ぜひ参考にしてくださいね。