コンテンツの意味・種類・作成方法を解説|良質なマーケティングに必須!

コンテンツ

「ブログなどのコンテンツ作成に挑戦して収益をだしたい」こう思ったことはありませんか?

取り組む以上は手順をふんで、しっかりと収益を出せるコンテンツを作れるようになりたいですよね。

そんなときはまず、『良質で気に入られるコンテンツとは何か』を知りましょう!

それがコンテンツ作成の参考になるからです!

良質で気に入られるコンテンツであれば、アクセス数がアップする可能性が高まりますよね!

実際にこの手順でコンテンツ作りを始めたという人は、Google検索上位にあがり成果が出ています。

先に正しい手順を踏んで準備することで、あなたもこのような結果を得られます!

そこでこの記事ではコンテンツの種類、コンテンツ作成方法、良質なコンテンツを作成することのメリットなどをご紹介します。

上位検索をされるコンテンツを作りたいという人は、ぜひこの記事をチェックしてくださいね。

コンテンツの意味|Webにあるホームページなどのこと

「コンテンツって何?」と思われる方も多いのではないでしょうか?

コンテンツとは基本的には英語由来の言葉で『内容』『中身』を意味します。

一般的に言うと、文章、画像、音声、音楽、動画などのなかでも、娯楽や教養などの価値がある情報のことを『コンテンツ』としています。

そしてこのコンテンツ、じつはアナログとデジタルに分けられます。

例として次のようになります。

種類内容
アナログ生で観る演劇や演奏、映画館での鑑賞作品、ライブ、紙媒体の書物、雑誌など
デジタル■ Webコンテンツ
インターネットでアクセスして利用できる情報全般
具体的にはホームページなど
■ モバイルコンテンツ
携帯電話などのモバイル端末によってアクセスして利用できる情報
■ デジタルコンテンツ
インターネット上で利用するためデジタル化した映像や音楽、音声、文章など。
(データを劣化させずに複製できるという特徴あり)

コンテンツとして利用者が多く、よく知られているものは、映画や音楽、電子書籍、コンピューターゲームなどエンターテイメント性が高いものでしょうか。

他にもTwitterやFacebookなどのSNS、ニュースサイト、企業のホームページ、個人ブログなど、情報発信の場のようなものもありますね。

本当にコンテンツって、よく利用されている身近なものばかりですよね!

コンテンツseoとの違い

コンテンツSEOというものがあります。

コンテンツを作成してインターネットのサイトに載せるだけでは、検索上位にするのはなかなか困難ですよね。

そこでコンテンツSEOという手法を使うことによって、検索上位にもっていくことが可能になってきます。

コンテンツを作成したら、アクセス数をアップさせるために、コンテンツSEOで対策をすることは必要ですし、とても注目されています。

良質なコンテンツを制作するメリットは?

コンテンツというものは、今では人々の生活に深く入り込んでいて、切り離すのは難しいほどになっていますね。

そのコンテンツである情報量も膨大なわけですが、良質なものほど検索、閲覧され、Googleの検索上位になるというメリットがあります。

良質なコンテンツはその情報により、人生や生活の向上に役立てられるなどの理由により、人々に好まれるのです。

それぞれの価値観によりそった情報をタイムリーに得られることの満足感や、楽しさや癒しなどのプラスの感情を与えることもあります。

ときには緊急時に必要な情報を得ることで、解決のヒントになることもあるでしょう。

読者の悩みを解決するコンテンツは有益であるため、良質なコンテンツといえますね。

ですからリピーターも増えますし、ますます発展していくのですね。

その反対に低品質で悪質なコンテンツは、検索されることがなくなります。

ほとんど誰に知られることもなく、埋もれていく可能性が高いでしょう。

低品質で悪質なコンテンツは、ウソや間違った情報、不快でマイナスな影響を及ぼしたりしますよね。

とはいえ、コンテンツの質をどう判断するかは、読者の感性に左右されます。

ですので、被害にあわないよう、しっかり見極めて注意することが必要ですよね。

ですが以前と違って今では、低品質、悪質なコンテンツはGoogleの検索上位に出にくい傾向にあります。

そういった被害にあうかどうかといった面では、少しは安心といったところかもしれません。

ということは、コンテンツを作る側としてはどうでしょうか。

このような低品質で悪質なものを作ってしまうと、時間がもったいないことになってしまいますよね。

ここはなんとか良質な気に入ってもらえるコンテンツを作成したいところです。

良質なWebコンテンツの作成方法を解説

現代は国家や大企業から個人に至るまで、様々な業界・分野でコンテンツが作成されています。

そしてターゲットに気づいてもらえるよう、情報発信をしています。

つまり大人から子どもまで、誰でもコンテンツの発信と受信ができるということ。

現代社会はまさに『コンテンツ時代』とも言えますね。

そうなると、疑問に思うことが1つあります。

それは『コンテンツの作り方』。

有益な、信頼のおける、あるいは魅力的な、そんなコンテンツはどうやって作るのでしょうか。

ここでは一つの例としてまとめてみました。

基本的には以下4つのポイントがあります。

  1. 目的を考える
  2. 内容を考える
  3. ターゲットを考える
  4. どう伝えるか考える

目的を考える

最終的にどういった効果、成果を望むのかをここで決めておく。

そうすることでことにより結論がぶれないブレずにしっかりしたコンテンツができる。

内容を考える

何の情報を伝えるかを決める。

情報の特徴、魅力をなどを活かしながら説得力のある伝え方をする。

なぜその情報を伝えることにしたのかも明確にしておく。

ターゲットを考える

どういう人物に対して伝えるかを決める。

どのような悩みがあるかなどターゲットの思考や人物像をはっきりさせる。

カスタマージャーニーをするとなお良い。

どう伝えるか考える

文章か、、イラスト、か、動画など、か、表現方法などを決める。

このようにコンテンツを作る際は様々な角度で考えることが大事です。

そうすることで多くの人にウケるコンテンツを作れますよ。

そしてこのときに大事になるのが、情報の中身ですね。

なぜ重要かというと、先にも述べましたように良質なものほど検索上位になるからですね。

検索上位にならなければ、誰に知られることなく埋もれていくだけです。

せっかくコンテンツを作っても気が付いてもらえないなんて、悲しいですよね。

ですから情報の中身、質をよく練るようにしましょうね。

さらに情報を気に入ってもらえれば、リピーターになってもらえる可能性が高くなります。

そして第二に、コンテンツ作成を継続し、ホームページのブログにアップし続けること。

そうすることでアクセス数の安定的な増加を見込めます。

逆に情報を毎日ホームページに追加しない場合、アクセス数の増加は望めないと考えたほうがいいでしょう。

なぜかというと、なかなか更新されないブログの内容をチェックしたいとは思わなくなりますよね。

良質なWebコンテンツを作るポイント

では価値あるコンテンツを作るにはどうしたらいいでしょう。

それには事前調査、事前準備をおこなうことで、価値あるコンテンツを提供できるようになります。

具体的にはどのような調査をするといいでしょうか。

例えば、インターネットのアクセス数や、物販での売上数などを、調査し、分析するのもよいでしょう。

それによって、求められる、価値のあるコンテンツがどのようなものかがわかりますよね。

どうせ発信するからには「毎日チェックするのが楽しみだ」とか「お金を払う価値がある」と思われたいものですよね。

実際にそのような価値あるコンテンツは、かなりしっかりとした事前調査や準備がおこなわれていることがうかがえます。

そのときの流行など話題性のあるものや時事問題、経済、世界情勢についても常にアンテナをはり情報収集がされているから価値が認められるのですよね。

ある程度の時間を要することになりますが、価値あるものを作るにはこのように準備は必要です。

利用者の目線で、興味をひくもの、喜ばれるものなど、調査をていねいにおこないましょう。

成果も出やすくなりますので、手間を惜しまずにできることはしっかり行っておくのがいいでしょう。

急がば回れ、ですね!

企業のコンテンツマーケティング事例を解説

ここではコンテンツの活用事例をご紹介しますね。

具体的には以下3つです。

  1. 動画
  2. Web記事
  3. 音楽配信

1.動画

動画といえばYouTubeなどはその代表例ですね。

動画の制作には技術も必要ですし手間がかかります。

しかし、視聴者の心を惹きつけるものを作れば、効率的に印象付けることができ、一気にファンが増えます。

今もっとも注目されているコンテンツの一つではないでしょうか。

2.Web記事

Web記事というと誰でも一番始めやすいのはブログなどがありますね。

お役立ち情報や体験談など、さまざまな記事がありますね。

読者にとって有益な内容であれば、どんどんアクセス数が伸びていきます。

3.音楽配信

音楽配信サービスで有名なものは、プライムミュージック(Amazon)や、アップルミュージック(Apple)などがありますね。

音楽そのもののファンだったり、また特定のアーティストのファンであるなど、音楽をきく理由もさまざまですね。

一昔前、音楽はレコードやCDを購入して聞くのが一般的でした。

現在は音楽配信サイトと契約することにより、聞き放題で音楽が聞けるサービスもあり、大変便利になりました。

活用事例の総評

こういったコンテンツの活用事例からみると、コンテンツを利用してもらいながら、ファンになってリピーターになってもらうという仕組みがうかがえると思います。

実際にインターネットの世界ではこのようなことが10年以上も前から行われていて、これがコンテンツマーケティングといわれるものの一例ですね。

価値あるコンテンツを提供し続けることで集客し、それを維持しながらさまざまな方法で収益を出します。

よく知るところでは広告収入が多いですね。

広告収入というと昔は大金をかけて作られたテレビCMや新聞広告など限られた世界のものというイメージでした。

しかし今ではテレビや新聞などでなくても、インターネットをうまく利用することにより広告収入を得られます。

子どもから大人まで自宅にいながらであっても誰でもそれができるようになっていますね。

コンテンツは内容と使い方次第でいろいろな可能性があるといえるでしょう。

まとめ|良質なコンテンツを製作しよう

この記事を読んでコンテンツには多くの種類があることや、コンテンツは誰でも発信することができることもわかりましたね。

自分にもできる!と思われたでしょうか。

もしもコンテンツを作成するのであれば、適当に当てずっぽうなやり方をするのではなく、しっかり準備して価値あるものにすることがおすすめです。

人々に好まれる良質なコンテンツを作成することが大切です。

記事で解説したように良質なコンテンツこそがGoogleの検索上位になりやすいといったメリットがあるからです。

実際に良質で価値のあるコンテンツこそが長くGoogle上位を維持しているという事実があり、結果が出ていますね。

このことからコンテンツを作成する場合はしっかり準備をしてからコンテンツ作成にのぞむというのがおすすめですよ。

ぜひ参考にしてくださいね。