コンテンツseoでブログを成功させる!メリットや基本的な作成方法を解説

コンテンツseo

「コンテンツ作成をしてみたけど、検索エンジンに上位表示されない」

あなたがコンテンツ作成をするとき、このように感じたことはありませんか?

取り組む以上はしっかりと上位表示を勝ち取りたいところ。

できることなら1ページ目に入れたいですよね。

そんな時はコンテンツseoがおすすめ!

コンテンツseoに取り込むことで、上位表示を量産させることも可能になります。

それだけではなく、一般的なマーケティングよりも費用をかけずに済みます!

実際に検索エンジンに上位表示されているサイトではコンテンツseoが使用されています。

このことからコンテンツ作成をするときには、コンテンツseoを使ってのコンテンツ作成がおすすめですよ。

そこでこの記事ではコンテンツseoの作成法方・メリットなどをご紹介します。

検索エンジン上位表示を達成したい・効率的にしたいという人は、この記事をチェックしてくださいね。

なお、Webライティングそのものに関する詳細情報は『Webライティングはライターの基本!初心者でも使えるseo効果アリの構成を紹介』で解説しています。

コンテンツSEOとはブログを上位表示させる手法

コンテンツSEOとは、検索ユーザーにとって良質なコンテンツを定期的に発信することで、Yahoo!やGoogleなどの検索エンジンの上位に表示し、集客を目指す手法です。

そのためにはユーザーが本当に必要としている情報を発信し、ユーザーと検索エンジンから良い評価を受ける必要があります。

コンテンツは一度発信しておしまいではありません。

検索順位の上位をキープし続けるには、継続的に情報を発信しながらコンテンツの見直しをして、更新することが重要になってきます。

コンテンツseoとコンテンツマーケティングの違い

項目コンテンツseoコンテンツマーケティング
目的集客の最大化
CVの発生
次の購買行動を促す
対象コンテンツテキストが中心
※近年は動画でも可
あらゆるもの
集客手段検索エンジン
youtube
検索エンジン
youtube
SNS
Discover
オフラインでの活動など

コンテンツSEOとコンテンツマーケティングは言葉が似ているため、混同されることがよくありますが別物です。

コンテンツseoは、コンテンツマーケティングの手法の一つで、検索エンジン上位にコンテンツを表示します。

そうしてユーザーに自社の商品やサービスを認知してもらい集客を目指すことです。

最終的にはCV(成約)を上げることが目的となります。

つまり、コンテンツマーケティングでは『次の購買行動を促すこと』が、コンテンツseoでは『集客してCVを発生させること』が最終目標となるのです。

【コンテンツseoの流れ】

Seo対策を施したテキストを作成

Google検索で1ページ目に入れる

集客の最大化

CVを発生させ利益を上げる

そのいっぽうでコンテンツマーケティングは、ユーザーにとって良質なコンテンツを発信し、集客して利益につなげます。

【コンテンツマーケティングの流れ】

良質な(相手の欲求を満たす)コンテンツ作成

見込み客の購買意欲を刺激

利器はもちろん心もつかむ

次の購買行動につなげる

その手段として、コンテンツの発信は自社のホームページやブログ、メルマガ、動画など様々な方法があります。

ゴールは利益アップと見込み客をリピート客に育てること。

そして最終的には次の購買行動を促すことが重要です!

コンテンツマーケティングでは、seoに関係なくあらゆるモノが対象となります。

ブログやメルマガはもちろん、画像・写真・動画・PDF・セミナー・オフラインでの商品に関係のないモノもコンテンツマーケティングの一部として考えられます。

Seoにこだわらないために、集客手段も自由自在です。

SNS・Discover(俗にいうGoogle砲)・オフライン活動など様々な手段があります。

このようにコンテンツマーケティングとコンテンツseoでは少し違いがあるのです。

ちなみに、マーケティングには『デジタルマーケティング』という言葉があります。

新聞やチラシのようなアナログマーケティングにはない特徴がデジタルマーケティングにはあります。

Webを中心にして行うデジタルマーケティングは、ユーザーの行動やデータを数値化できることが大きな特徴です。

その中でもコンテンツseoは、数値化された情報をもとにして効果の検証をします。

結果をもとにコンテンツを改善することで、さらに集客力の向上が期待できるのです。

【効果は?】コンテンツseoを作成するメリット

コンテンツseoには検索結果で上位に表示させる以外にもいくつかメリットがあります。

  1. 予算をかけずに実施できる
  2. サイトが資産になる
  3. 拡散性が高い

予算をかけずに実施できる

サイト内に良質な記事を投稿することができればコンテンツseoは実施可能になります。

サイトの運営者自身が専門的な知見を持っている場合は、外部にライターを雇う必要がありません。

つまり、予算を使うことなく始めることができるのです。

また、コンテンツseoを実施するのに必要な、GoogleアナリティクスやGoogleサーチコンソールなどは、無料で導入することができます。

予算をかけて専門のライターやコンテンツマーケティングに詳しい業者に依頼する方もいます。

しかし誰でも手軽に始めることができるため、自分で試行錯誤しながら始める方も少なくありません。

サイトが資産になる

コンテンツseoもそれ以外のseo施策は半永久的にWeb上に残ります。

そのため長期間にわたって集客効果を期待できるのですね。

さらに、良質なコンテンツを1つずつ増やしていけば、Webサイトの評価が高くなっていき、seoの効果も連鎖的に上げることができるのです。

拡散性が高い

ユーザーが興味を持つ記事はSNSやブログなどを通して拡散される可能性があります。

Twitterなどで記事がシェアされていたから読んでみた、という経験がある方もいるのではないでしょうか。

さらに有益で分かりやすいコンテンツを作成することによって、SNSで拡散される可能性が上がります。

コンテンツseoのデメリットを解説

メリットだけを聞くと良いことだらけに思えるコンテンツseoですが、デメリットも存在します。

  1. 即効性がない
  2. 定期的なメンテナンスが必要
  3. コンテンツの作成に工数が必要

即効性がない

これはseo全般に言えることですが、施策をはじめてすぐに効果は出ません。

というのも、Googleがその記事を完全に理解するのに時間がかかるからです。

実際に私は2020年の6月にとあるサイトで1記事45000字もの記事を書いたのですが、アップした当初その記事が網羅しているkwは『129個』でした。

しかし、8ヵ月以上が経過した今では網羅するkwが『967個』にまで膨れ上がっています。

このように、Googleが記事の内容を完全に理解するには時間がかかるのです。

このことから自分が書いた記事が上位表示されるまでに時間がかかると断言できます。

特に始めたばかりのサイトになると効果が出始めるまでに半年から1年は見積もっておいた方がいいでしょう。

サイト自体がGoogleに認識されていないからです。

すぐに結果が欲しい場合はリスティングなどのWeb広告を利用し、アクセスを集めるなどの対策が必要になります。

SNSやDiscoverを使うのもアリです。

定期的なメンテナンスが必要

有益なコンテンツを作り続け、一度作成した記事を更新(seoライティングや情報内容の追加など)していく作業が必要になってきます。

検索結果は日々順位が変動しています。

上位化したからと記事を放置していれば、順位は低下してしまいます。

時代の流れに沿って、そのkwにおける重要なサジェスト(簡単に言うと情報の方向性)が変化していくからです。

たとえば「去年まではAga重要視されていたのに、今年からはBが重要視されているな」といったことがあるのです。

とくにトレンドの流行りすたりが早いファッション系や美容コスメ系ではこういった傾向が強いです。

そのため定期的に記事をチェックし、新しい情報があれば追記するなどして更新していかなければなりません。

なお、記事のメンテナンスを長期に渡って行うのであれば、コンテンツ作成の専任者を付ける必要が出てきますね。

しかしそれには人員を割く余裕がなければなりません。

ある程度のコストは覚悟しましょう。

コンテンツの作成に工数が必要

良質なコンテンツを作成するためには多くの手間と工数が必要になってきます。

文字数にもよりますが、1記事作るのにだいたい8~10時間(kw調査~アップ作業などすべての作業を自分でした場合)かかります。

記事を作るにはキーワードの設定、原稿の執筆など多くの時間やリソースが必要です。

ですが腰を据えてしっかり良質なコンテンツを配信することによって、長期的に安定した集客を実現できます。

地盤がしっかりとしたサイトは本当に集客効果が高くなりますよ。

とくに新規客の獲得に頭を悩ませているecサイトの関係の方は、今すぐにでもコンテンツseoに取り組むべきでしょう。

1年後には集客で悩まないはずです。

コンテンツseoを成功させる基本的な方法

検索エンジンの上位に掲載させるため、コンテンツseoの作成方法にもいくつかの工夫が必要になってきます。

  1. 文字数について
  2. コンテンツに盛り込むkw(キーワード)の割合について

ここでは代表的な2つの手法をご紹介します。

文字数について

以前よりいわれていることでは文字数は大切な要素です。

ただ多ければいいというものではなく、サイトを訪れたユーザーの疑問を解決できるのに十分な文字数で書かれていれば問題はありません。

要するに、『その文字でどういった情報を伝えるのか?』が大事なわけです。

文字数は大事な要素ですが、多ければよいというものではないわけですね。

一般的にユーザーの疑問に答えた記事の文字数は2,000~5,000文字程度といわれています。

これぐらいの文字数をめどに作成すると良いでしょう。

なお余談になりますが、専門性の高い情報や固有代名詞などの単語を詰め込んだ方が検索上位を狙いやすくなります。

参考にしてみてください。

コンテンツに盛り込むkw(キーワード)の割合について

コンテンツ内に適切な割合でkw(キーワード)を自然な形で入れるのも大事になってきます。

そうすることで検索結果の上位に表示されやすくなるのです。

kwをいれるときに気を付けるのは以下の3つに気を付けると良いでしょう。

  • 本文の文字数の2%程度の割合でキーワードをいれること。
  • キーワードを入れ込みすぎず自然な文章を心がける。
  • 本文中にまんべんなくキーワードを配置する。

矛盾して聞こえますがkwに気を取られすぎると読みづらい文章になりがちになります。

そもそも検索エンジンはユーザーと同じような目線でコンテンツを認識しています。

前後の文脈に関係しないタイミングでkwが入っていたり、無駄に反復表現がある場合は評価されないケースもあることも。

読み返したときに不自然でない程度にkwが入っている状態にしましょう。

また、コンテンツの1カ所にkwが集中していると、検索エンジンはコンテンツ全体がキーワードと関連していると判断してくれません。

コンテンツ全体がkwに関連していると示すために、まんべんなくキーワードを配置するように心がけると良いでしょう。

コンテンツseoを成功させるポイントを解説

最後になりますがコンテンツseo成功のポイントも紹介します。

  1. kw(キーワード)選定
  2. スモールキーワードを狙おう!

kw(キーワード)選定

今さらですが、kw(キーワード)とは何かを知りたいと思っているユーザーが、検索エンジンで検索するために打ち込む言葉を指します。

kw例

『コンテンツseo』
『コンテンツseo 上位表示』
『コンテンツseo 上位表示 コツ』

そのほかにもたとえば、沖縄へ旅行に行こうとするとき、まずは情報収集をしますよね。

具体的にはGoogleで「沖縄 人気」といったキーワードで検索するかと思います。

キーワードを選定するときはこのように、『ユーザーは実際にどんなkwで検索をするのか?』をじっくり考えて、決めなければなりません。

どのようなkwであれば自社メディアに流入してくるかを熟考した上で、選定をしましょう。

もしもですね、kw選定を誤ってしまうとユーザーの流入が見込めないということにもつながってしまいます。

なんとなく、良さそうだからなどでキーワードを選定してしまわないようにしないと、記事を公開してもなかなか効果が出ない場合もあります。

気を付けてくださいね。

なお、キーワードの選び方に関しては『SEO初心者必見!キーワード選定を無料で行う方法|便利なツールもご紹介』で紹介しています。

スモールキーワードを狙おう!

そもそもkwは検索ボリュームによって3種類に分けられます。

  • 検索ボリュームが多いキーワード:ビッグキーワード
  • ビッグとスモールの間:ミドルキーワード
  • 月間1,000以下ほどの検索ボリュームのキーワード:スモールキーワード

ビッグキーワードは競合するコンテンツが多く強いです。

そのため上位表示の実現が難しくなるということですね。

一方のミドルやスモールキーワードは検索される回数は少なくなりますが、競合も少なくなるため上位に表示しやすい特徴があります。

スモールキーワードはミドルキーワードよりもさらに検索ボリュームが少ないもの。

サイトを立ち上げたばかりのころは、こういったkwを攻めていくのも一つの手です。

コンテンツseoを始める場合にはミドルやスモールといった、『競合が力を入れていない単語』で上位表示を狙うと良いでしょう。

検索ボリュームが小さく、月間1,000以下の競合他社が対策をしていないキーワードが特に狙い目でおすすめです。

まとめ|コンテンツseoでブログを成功させる

この記事を読んで以前よりもコンテンツseoのことについて理解が深くなりましたね。

もしもコンテンツ作成をしたいのなら、コンテンツseoを意識したやり方がおすすめですよ。

記事で解説したようにコンテンツseoには予算をかけずに、いずれは資産になるといったメリットがあるからです。

実際にコンテンツseoで集客効果を倍増させている企業はごまんといます。

それに付け加えて、コンテンツseoを積み重ねることで半永久的に集客が望めるということは記事で説明しました。

コレは本当に大きなメリットです。

このことからコンテンツ作成をしようという状況のときは、コンテンツseoがおすすめですよ。

さらにkw選定には検索ボリュームの少ないキーワードも狙い目になってます。

ぜひ参考にしてくださいね。