seoライティングとは検索エンジンで上位表示させる書き方のこと

seoライティング

「SEO対策をして自分のサイトを検索結果の上位に表示したい」

「副業でライティングをしたいけど、SEOライティングを知らないと仕事の受注が難しいかも」とお悩みの方もいるかもしれません。

そんなときはSEOライティングの方法を一度しっかりと学んでみることをおすすめします。

SEOライティングを学ぶと、自分のサイトが検索結果の上位に表示されたり、副業でライティングしたりする際の仕事幅も広がります。

実際にSEOライティングを学んでいる人が作成したサイトは検索結果の上位に表示されています。

現在のGoogle上では、SEOライティングを使わなければ上位表示をさせることが難しいのです。

このことからSEOライティングは学んでおくべきと言えます。

そこでこの記事ではSEOライティングがどういうものかわかりやすく解説しています。

初めてSEOライティングを学ぶ人も、改めて学びなおしたいという人もぜひこの記事をチェックしてくださいね。

SEOライティングとは上位表示させる書き方のこと

SEOとはSearch Engine Optimization(検索エンジン最適化)の略です。

SEOライティングはGoogle、Yahoo!などの検索エンジンで上位表示させるライティング方法のことをいいます。

現代seoではコンテンツにこのseoライティングを施すことが主流となっています。

Webライティングとの違いは?

SEOライティングと似たような言葉にWebライティングというものがあります。

WebライティングとはユーザーがPCやタブレット端末、スマートフォンなどを用いて検索した結果、表示された文章を読みやすくする手法のこと。

SEOライティングが検索エンジンに対するライティング方法であるのに対し、Webライティングは検索エンジンを用いて検索したユーザーに対するライティング方法といえます。
 
しかしながら、実際はWebライティングの中にSEOライティングの方法は含まれていることがほとんどなのです。

ユーザーだけに対策した文章だと検索結果の上位に表示されにくく、せっかく読みやすい文章でもユーザーに読まれる機会に恵まれない可能性があります。

検索エンジンだけに対策した文章だと検索結果の上位には表示される可能性はありますが、検索したユーザーが読むには分かりにくい文章になります。

SEOライティングでは検索エンジンだけでなく検索したユーザーのためになるような文章を書くことが重要といえるでしょう。

初心者が検索エンジンで上位表示させる書き方

SEOライティングの書き方として大切なのは次の3点です。

  1. キーワードで検索したユーザーが知りたい情報をまとめる
  2. 構成を作成する
  3. ユーザーが読みやすいように文章を作成する

1つずつ説明していきます。

キーワードで検索したユーザーが知りたい情報をまとめる

あるキーワードで検索したユーザーが何を知りたがっているのかを調べるには以下2つの方法が有効です。

  • 「キーワードを検索してみて上位に表示されたサイトを調べる」
  • 「関連キーワード検索」

「キーワードを検索してみて上位に表示されたサイトを調べる」

ユーザーの疑問を解決してくれるサイトは優良なサイトといえます。

キーワードを検索すると検索エンジンが優良サイトを上位表示してくれます。

検索して上位表示されたサイトを複数分析すると、各サイトで重複した情報がありますよね。

重複した内容はユーザーが知りたがっている可能性が高い情報です。

そういった情報を中心にライティングするとユーザーからはもちろんのこと、Googleからも評価されやすいコンテンツに仕上げられます。

Googleがそのような情報を上位に重複して表示させるということは、Googleがその情報を明らかに意識していることがわかるからです。

したがって重複している情報を中心に記事に組み込みましょう。

「関連キーワード検索」

関連キーワードとは検索したキーワードと一緒に検索されるキーワードのことです。

このキーワードは別名サジェストとも呼ばれています。

サジェストとは「名古屋 手羽先」のキーワードでたとえると「手羽先」に当たる部分です。

このことから何がいえるのかというと、この例でいえば「名古屋」を調べるとき、「手羽先」のこともリサーチする人が多いことを意味します。

つまり「名古屋」に関して記事を書くときは、「手羽先」に関しても言及することで、より多くのユーザーに応える確率が高まるわけです。

より多くのユーザーのニーズに応えるわけですから、当然Googleからの評価も高まります。

その結果、SEO順位が上がるのです。

SEOライティングするときはこの関連キーワードを必ず意識して書きましょう。

そしてこの関連キーワードの調べ方ですが、とても簡単です。

関連キーワード検索ツール(別名ラッコサジェスト)でキーワードを入力するだけ。

そうするだけで、入力したキーワードが1,000個近く出力されます。

『関連キーワード検索ツール』は無料で使えるため、利用すると検索キーワードを検索しているユーザーの知りたい情報をまとめるヒントになります。

構成を作成する

ライティングする内容が決まったら記事の構成を作成しましょう。

検索エンジンはクローラーと呼ばれるプログラムをもっています。

クローラーにより検索エンジンはサイト内の記事を評価し、検索結果の上位に表示するサイトを決定しているのです。

クローラーに記事の構成を理解させるために「タイトル→見出し(h〇)→本文」を意識した構成を作成すると、ユーザーにも検索エンジンにも読みやすい文章になります。

ユーザーが読みやすいように文章を作成する

記事を作成する際は、ユーザーに読まれやすい文章作成が重要です。

  • 同じ語尾が続かないような文章作成を意識する
  • 1つの文で伝える内容は1つにする

この2つを意識するだけでも読みやすい文章が書けます。

・同じ語尾が続かないような文章作成を意識する

以下の文章を比べてみましょう。

① 球場で野球観戦をするとみんなで盛り上がる雰囲気も楽しめます。球場には美味しいごはんを売っている出店もたくさんあります。ぜひ一度球場に直接野球を観に行くことをおすすめします。

② 球場で野球観戦をするとみんなで盛り上がる雰囲気も楽しめます。球場には美味しいごはんを売っている出店もたくさん!ぜひ一度球場に直接野球を観に行ってみてね!

①の文章と②の文章は内容が同じであるにもかかわらず、文章を読んだ時の印象に違いがあります。

①のように文章で同じ語尾が続くとどこか幼稚な印象を受けてしまいがちです。

②のよう文末に体言止めを用いることで印象は劇的に良い方向に変わります。

・1つの文で伝える内容は1つにする

先ほどの①の文章を区切らずに続けてみると次の➊になります。

➊球場で野球観戦をするとみんなで盛り上がる雰囲気も楽しめますし、さらには球場には美味しいごはんを売っている出店もたくさんあるので、ぜひ一度球場に直接野球を観に行くことをおすすめします。

どうでしょうか?

このように1つの文をダラダラと続けてしまうと、その文をユーザーが読んでも意味が伝わりにくくなってしまいます。

この2つはぜひ意識して記事を書いてみましょう!

初心者必見!検索エンジンで上位表示させるコツ

SEOライティングの際に検索エンジンに上位表示させるために意識すべきポイントは5つです。

  1. タイトルにキーワードを入れる
  2. 見出しにキーワードを入れる
  3. 共起語表現を意識する
  4. 代名詞を極力使用しない
  5. オリジナリティをだす
  6. 専門性をだす

タイトルにキーワードを入れる

タイトルは検索結果に表示される部分でもあるため、SEOライティングにおいて非常に重要です。

タイトルは32文字以内にすると、検索結果に全文が表示されます。

長すぎず、短すぎず、かつキーワードを入れたタイトルづくりを意識しましょう。

見出しにキーワードを入れる

見出しにもキーワードを入れます。

そうすると本文に重要な情報が記載されていることを明確にアピールできるためクローラーが記事をよりよく評価してくれます。

しかしながら不自然にキーワードを入れすぎると、かえってクローラーからスパムとして判定される可能性もあるため、注意しましょう。

共起語表現を意識する

共起語とは、あるキーワードと一緒に使われることのあるキーワードのことです。

簡単にいいますと、本文で使われる関連キーワードみたいなものです。

共起語はクローラーが文章を評価する際のポイントとなる部分です。

共起語検索ツールを用いてでてきた検索結果を本文に盛り込みましょう。

代名詞を極力使用しない

クローラーは代名詞と名詞を「=(イコール)」で結びつけることが苦手としています。

したがって、代名詞を連用してしまうとキーワードとなる名詞と関連付けることができずに、クローラーから評価してもらえない可能性も。

代名詞はなるべく使わないようにしましょう。

オリジナリティをだす

記事にオリジナリティをだすと、情報に限定性が付与されます。

しかしオリジナリティだけを追求するとユーザーの知りたい情報からずれていくことも。

オリジナリティを追加するときは、本筋からズレないよう気をつけましょう。

専門性をだす

キーワードに対する情報の専門家の話や情報を記事に取り込むとユーザーの満足度の上昇につながります。

ただし、専門性を出しすぎると、わかりにくい文章になる可能性もあるため注意が必要です。

専門性を出し、かつわかりやすい文章にする方法として注釈をつけるといいです。

そうすると、ユーザーが文章を読みにくいと感じることもなくなります。

専門的な情報や用語を出すときは、必ず注釈をつけましょう。

seoライティング後に意識すべき注意点

検索エンジンで上位表示させるため、seoライティング後に意識すべき注意点は以下の3つです。

  1. キーワードを検索したユーザーの疑問を解消できているか
  2. 情報が広がりすぎていないか
  3. 誤字・脱字がないか

キーワードを検索したユーザーの疑問を解消できているか

SEOライティングで書いた記事で1番重要なことは「ユーザーファースト」である点です。

検索してサイトに到達したユーザーの疑問をしっかりと解決している記事ができているのか、チェックしましょう。

情報が広がりすぎていないか

ユーザーの疑問を解決するために記事を書いていると、どうしても膨大な情報量をもつ記事になってしまいます。

そうするとユーザーが記事を読み終わった後に「結局何が大事だったのか」がわからなくなり、途中でユーザーが記事を読むのを辞めてしまう可能性も。

情報をコンパクトにまとめることも意識しましょう。

誤字・脱字がないか

誤字・脱字がある文章を読むと、ユーザーは誤字・脱字に気を取られてしまい「このサイトは適当に作られているな」と思われてしまう可能性もあります。

一度作成した記事は時間を置いてもう一度全体を読み直してみましょう。

そうすることで記事の誤字・脱字を極力防ぐことができます。

【上位表示の基礎】ライティング以外のコツ

ライティング以外で重要なポイントは次の2点です。

  1. キーワードを含めたURLにする
  2. 画像を使用してalt属性タグにキーワードを入れる

キーワードを含めたURLにする

作成した記事を載せるURLにキーワードのローマ字表記や英語表記(【野球】というキーワードであれば【yakyu】や【baseball】など)を含めるといいでしょう。

適当なURLよりも他サイトからリンクを取得できやすくなり、結果としてライティング以外の方法で様々なユーザーのサイトへの流入が見込めます。

画像を使用してalt属性タグにキーワードを入れる

文章だけの記事だと、どこか硬い記事になりユーザーにとって読みづらいという印象を持たれてしまいます。

文章だけでなく、キーワードに関連した画像を用いることでユーザーにとって読みやすい記事の作成が可能です。

また、検索エンジンのクローラー対策として画像を挿入する部分でalt属性というタグにキーワードを入れると検索エンジンが画像を認識できるようになります。

HTMLコードで画像を挿入するときは、以下のコードで使ってくださいね。

そうすればSEO的に高評価となります。

<img src="画像のURL" alt="画像タイトル" border="画像の枠線" height="画像の高さ" width="画像の幅" >

まとめ|seoライティングで上位表示させよう

今回の記事でSEOライティングというものが検索エンジンとユーザーのどちらにとってもわかりやすい文章の作成方法であることがわかりました。

SEOライティングの方法はたくさんありますが、重要なことは本記事で学んだSEOライティングの方法を用いて1度記事を作成してみることです。

実際に記事を読んだだけなのに学んだ気でいると、せっかく覚えたことがいつの間にか忘れてしまうことがあります。

学んだ知識を実践し続けると知識が自分に定着し、SEOライティングができるようになるでしょう。

実際に、「SEOライティング」で検索エンジンにて検索して上位表示された他サイトでもある程度同じような内容が載っています。

それぐらい「書いて書いて書き続けること=コンテンツを充実させること」がSEOライティングでは大切なのです。

このことから、SEOライティングを更に理解したいというときは記事で学んだことをひたすら実践することがおすすめです。参考にしてみてくださいね。