効果実証済み!Webライティングの練習方法6選|経験が少ない初心者でもできる勉強の仕方を紹介

Webライティング 練習

「Webライティングの練習をしたいけど、何から始めればいいの?」

「Webライティングを効果的に習得するには何が一番大切なのだろう……」

あなたがWebライティングの練習をしたいとき、このようなことで悩んでいませんか。

そんなときは、とにかく記事を書いて誰かに読んでもらうことがおすすめ!

他人に記事を読んでもらうことで、自分ができていることや自分に足りないことがわかるからです。

実際に、Webサイトを運営している多くの会社が記事をチェックする人(校正担当)を設けています。

ライター本人ではなく、別の担当者が記事をチェックするシステムを設けているのです。

このことからWebライティングのスキルを身に付けたいときは、記事を書いて他人に読んでもらうことがおすすめですよ。

そこでこの記事では、Webライティングの練習法を紹介。

Webライティングの特徴から記事をたくさん書くコツまで詳しく解説します。

Webライティングのスキルをいち早く習得してWebライターとして仕事をしていきたいという人は、この記事をチェックしてくださいね。

なお、Webライティングそのものに関する詳細情報は『Webライティングはライターの基本!初心者でも使えるseo効果アリの構成を紹介』で解説しています。

Webライティングを練習する前に特徴を勉強!

Webライティングと紙媒体などの通常のライティングには違いがあります。

練習を始める前に、Webライティングの特徴を理解しましょう。

次の4つの項目で解説します。

  1. 検索キーワードに対する回答となる文章にする
  2. 『結論』を先に書く
  3. Webライティングの基本的な書き方をマスターする
  4. Webライティングでは『わかりやすい』が大切

検索キーワードに対する回答となる文章にする

Webライティングは、『検索キーワードに対する回答』となる文章を書かなくてはいけません。

理由は、Web記事のユーザーは『知りたい情報』をキーワードとして検索し記事を探しているからです。

逆にいうと、『検索キーワードに対する回答』を記事に書かなければ、ユーザーに読んでもらえないということになります。

そもそもユーザーに読んでもらえない記事は、アクセスされないので収益どころか情報の提供すらできないですよね。

ユーザーに記事を読んでもらうためにも、『検索キーワードに対する答え』を記事にする必要があるのです。

『検索キーワードの選び方』について次の2つで解説します。

  • 検索されやすいキーワードの記事を書く
  • 検索キーワード選びのおすすめツール

検索されやすいキーワードの記事を書く

Web記事を書くときのキーワード選びは、検索されやすいキーワードを選びましょう。

なぜなら、どれだけ良質な記事が書けたとしても検索されなければ読んでもらえないからです。

事実、検索キーワードの『ボリュームの差』は存在しています。

どんなキーワードでも同じ頻度で検索されるわけではないということですね。

このように、検索キーワードを選ぶときは検索されやすいキーワードを選んでくださいね。

なお、キーワードの選び方に関しては『SEO初心者必見!キーワード選定を無料で行う方法|便利なツールもご紹介』で紹介しています。

検索キーワード選びのおすすめツール

検索キーワードを選ぶときのおすすめツールを紹介します。

それは、『Googleキーワードプランナー』です。

『Googleキーワードプランナー』なら、検索キーワードの検索ボリュームがわかります。

次の方法で検索ボリュームを調べられますよ。

  1. Google広告にログイン
  2. アカウントを作成
  3. 画面上部右の方『ツールと設定』クリック
  4. プランニングの『キーワードプランナー』を選択
  5. 『新しいキーワードを見つける』を選択
  6. 『虫眼鏡マーク』の欄に調べたいキーワードを入力
  7. 『結果を表示』をクリック

上記の操作で検索ボリュームが表示されます。

また、関連するキーワードも同時に表示されるのでキーワード選びの参考になりますよ。

なお、そのほかのツールに関しては『無料・有料で使えるSEOツール|内部や外部対策・競合の調査に使えるものを紹介』で解説していますので、チェックしてみてください。

『結論』を先に書く

Webライティングは基本的に『結論』を先に書きます。

その理由を3つご紹介しますね。

・ユーザーにとって都合がいい
・縦長の記事が多い

ユーザーにとって都合がいい

結論を先に書く方法は、Web記事のユーザーにとって都合のいい文章になるといえます。

なぜかというと、Web記事のユーザーはいち早く『知りたい情報の答え』を見つけたいと思っているからです。

先ほど解説しましたが、検索エンジンで情報を探しているユーザーは『知りたい情報の答え』を見つけるために検索しています。

ある記事にたどりつき「この記事に知りたい情報の答えがない」とわかれば、すぐに別の記事を探しますよね。

結論が先に書いてあれば「この記事に知りたい情報の答えがあるかどうか」を記事の最後まで読まなくてもわかります。

このように、『結論から書かれた記事』はユーザーにとって『知りたい情報の答え』を見つけやすい記事となるのです。

縦長の記事が多い

Web記事は、縦長の記事が多いです。

そのため、記事の上から下にスクロールさせながら読みます。

仮に、結論が先に書かれていない場合、結論が書かれているところを探すためにスクロールし続けることになりますよね。

この『スクロールし続ける行為』がユーザーにとっては面倒な動作になります。

しかも、探すことに疲れて途中で離脱される可能性が高いです。

このように、縦長の記事が多いWeb記事では『結論』を後回しにすると最後まで読んでもらえなくなります。

『結論』を先に書くことが、ユーザーにストレスを与えない書き方といえますね。

Webライティングの基本的な書き方をマスターする

Webライティングは、基本的に『PREP法』で書くことが多いです。

この『PREP法』とは、次のような順序で書きます。

  1. P(Point)=結論
  2. R(Reason)=理由
  3. E(Example)=具体例(根拠)
  4. P(Point)=結論

〈例文〉
・はじめに、『結論』を書いて「何が書かれているか」を提示
・次に、その結論の『理由』を書き、「なぜその結論になるのか」を解説
・その後、その理由の『具体例や根拠』を示すことで「理由の裏付け」をして読み手に納得してもらう
・そして、再度『結論』を書き読み手の理解を深める

『PREP法』は上記のように書きます。

『PREP法』で文章を書くことで、わかりやすくて読みやすい文章が書けますよ。

PREP法に関しては『【ブログの文章力100%向上】WebライティングならPREP法!読者が理解しやすい書き方・構成をテンプレートと例文でご紹介』で解説していますので、参考にしてください。

Webライティングでは『わかりやすい』が大切

Webライティングにおいて大切なことは『わかりやすい』文章であること。

なぜ『わかりやすい』が大切なのかというと、『わかりにくい=読みにくい』になりユーザーに読んでもらえなくなるからです。

ここでは『わかりやすい』文章にするためのポイントを4つ解説します。

  1. わかりやすい簡単な言葉を使う
  2. 一文を短くする
  3. 一文ずつ改行する
  4. 見出しで概要を掴めるようにする

ちなみにこれら以外のコツは『【再現率100%】わかりやすい文章の書き方7原則と構成で悪文から即卒業|文章力アップのポイントとなるコツを紹介』で解説していますので、参考にしてください。

わかりやすい簡単な言葉を使う

Webライティングは、わかりやすい簡単な言葉を使いましょう。

その訳は、理解できない言葉が出てくると「なんか、面倒くさいなあ」と感じ離脱する可能性はあるからです。

私の場合、Web記事を読んでいて読めない漢字が出てきたとき辞書で調べて読み直すことはしません。

「なんて読むのかなあ?」

「読めないから文章の意味がわからない……」

「考えてもわからないし、別の記事を読もう」

このような感じで、離脱して別の記事に移動した経験ありますよね。

Web記事のユーザーは、いち早く情報の答えを知りたくて読んでいます。

そのため、自分で調べなくてはいけない文章をわざわざ時間をかけて読もうとはしないのです。

Webライティングは、小学生でも読める言葉を使ってわかりやすく書く必要があるのです。

一文を短くする

Webライティングは、一文一意で短い文章にしましょう。

なぜかというと、Web記事では読みにくくてわかりづらい文章は読んでもらえないからです。

たとえば以下の例文を見比べてみてください。

〈例文A〉
文章は一文が長いと意味を理解しづらいので、長くなりすぎないように注意するほうが良いと、Webライティングの本にも書いてありました。

〈例文B〉
文章は一文が長いと読みづらいです。そのため、一文が長くならないように注意しましょう。このことはWebライティングの本にも書いてありました。

例文Bは、句読点を使って文を区切っています。

例文Aと比較すると、読みやすいですよね。

さらに、文を短くして一文一意にしたので急に理解しやすい文になりました。

Web記事では、読みやすくてわかりやすい文章が好まれます。

そのため、Webライティングでは一文を短くして読みやすくてわかりやすい文章にする必要があるのです。

一文ずつ改行する

Webライティングでは、一文ずつ改行しましょう。

改行することで、見た目にも読みやすくなるからです。

次の例文を読み比べてください。

〈例文A〉
Webライティングのポイントは、わかりやすい文章を書くことです。わかりやすい文章はユーザーに好まれます。なぜかというと、知りたい情報が探しやすくなるからです。

〈例文B〉
Webライティングのポイントは、わかりやすい文章を書くことです。
わかりやすい文章はユーザーに好まれます。
なぜかというと、知りたい情報が探しやすくなるからです。

例文Aと例文Bを比べると、例文Bのほうが一文のはじめと終わりがはっきりとわかるので視覚的に読みやすくなっていますよね。

このように、一文ずつ改行するだけで格段に読みやすくなります。

ちなみに、この記事は全ての文を一文ずつ改行していますよ。

また、現代ではスマートフォンでWeb記事を読んでいるユーザーが多くなっています。

スマートフォンの場合、横のスペースが狭いので一文が1行で収まらないことが多いです。

そのため、より読みやすくするために一文ずつ改行することがおすすめですよ。

見出しで概要を掴めるようにする

Webライティングは、見出しを見ただけで「この記事に何が書いてあるのか」わかるようにする必要があります。

『結論を先に書く』と同じように、「知りたい情報がどこに書いてあるのか」がわかりやすくなるからです。

例えば、見出しだけで何が書いてあるのかがわかるとユーザーからすれば『とても便利』といえますよね。

このように、見出しで概要を掴めるようにすることでユーザーの利便性が上がります。

この『ユーザーの利便性の向上』はSEOでも評価されることです。

『ユーザーの利便性』を考えて、読むだけで記事の内容がわかる見出しを付けましょう。

初心者Webライターはまず基本をインプット

ここからは、Webライティングの練習法について解説していきます。

まずは、Webライティングの基本をインプットしなければいけません。

特に初心者は、『基本的な文章力』を学びましょう。

ここでは、インプットの方法を2つ紹介します。

  • 本で学ぶ
  • Web記事を読む

本で学ぶ

Webライティングを上達させるためには、Webライティングの本を読むことがおすすめです。

ライティングに関する本には、『論理展開』『言葉のルール』『表現方法』などWebライターに必要なことがひととおり書かれているからです。

本を読んでWebライティングの知識を深めましょう。

おすすめの本を2冊紹介します。

  • 新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング
  • 「うまく」「はやく」書ける文章術

ちなみに、ライティングに役立つ本は『【初心者に人気】おすすめのライティング本|ブログや文章に役立つWebライティングを学ぼう』でも解説していますので、チェックしてみてください。

新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング

新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング

著者価格評価(Amazon)
唐木 元¥1,4304.3
2021年8月5日時点

新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニングは、ニュースサイト『ナタリー』の元編集者である著者「唐木 元」が新人記者のためのトレーニング方法をまとめた本です。

文章づくりの基本を誰でも実践できる方法として解説されています。

ライティングの基本を学ぶにはもってこいの一冊ですよ。

「うまく」「はやく」書ける文章術

うまく」「はやく」書ける文章術

著者価格評価(Amazon)
山口 拓郎¥1,5404.1
2021年8月5日時点

『うまく』『はやく』書ける文章術」は、ビジネスシーンで使う文章から、学生の論文・履歴書まで、文章がうまく書けない人のために『うまく』『はやく』書くコツを解説しています。

「そもそも何を書けばいいの?」そんな人のために情報整理の仕方から推敲の仕方まで丁寧に教えてくれますよ。

文章を書くのが苦手な人におすすめの一冊です。

Web記事を読む

Webライティングを身につけるために、Web記事をたくさん読みましょう。

実際に書こうとしているWeb記事は「いったいどういうものなのか」理解することが必要だからです。

Webライティングの方法は本に書いてあります。

しかし、実際に検索ランキングで表示されている記事がどういうものなのかは、Web記事を読んだほうがわかりやすいですよね。

Web記事を読んで『Web独特の文章に慣れる』ということです。

『Web独特の文章に慣れる』ために、Web記事をたくさん読みましょう。

おすすめの独学方法!記事を『写経』する

先ほど、「Web記事をたくさん読みましょう」と解説しました。

自分が読んだWeb記事の中で、印象に残った記事や書き方を参考にしたい記事があったら『写経』をしましょう。

写経とは、仏教において経典を書き写すことを指します。

印象に残った記事を書き写すということです。

なぜ、写経なのか。

Web記事を読むだけでは身に付きにくいスキルを体に覚えさせられるからです。

学生時代に、覚えたい漢字や英単語を何度もノートに書いて覚えたことがありますよね。

あの、漢字や英単語の勉強と同じ要領です。

写経をすることで、頭だけではなく体でも覚えさせられます。

このように、Web記事を写経することで読むだけよりも数倍早く書き方を習得できますよ。

パソコンではなく、手書きで書こう

写経の方法は、パソコンに入力する方法と手書きで書く方法の2つです。

しかし、どちらも効果はありますがここでは手書きで書く方法をおすすめします。

理由は、手書きで書くほうが記憶に残る割合が多いからです。

事実、このことはアメリカの大学で検証されています。

アメリカ・プリンストン大学のMuller教授とカリフォルニア大学ロサンゼルス(UCLA)Oppenheimer教授は、次の実験を行いました。

それは、『パソコンに打ち込んで記録する場合とノートに手書きする場合の比較をする』というもの。

この実験により、パソコンに記録した生徒に比べノートに記録した生徒のほうがよく内容を覚えていて試験結果が良かったとわかったのです。

参考元:The Pen Is Mightier Than the Keyboard: Advantages of Longhand Over Laptop Note Taking

このように、パソコンに入力するよりも手書きで書いたほうが覚えやすいといえます。

写経するときは、手書きで書くようにしましょう。

効果絶大!上達したいなら記事をアウトプットする

Webライティングの知識を身につけたら、アウトプットしましょう。

アウトプットとは、勉強したことを実践してみるということです。

「習うより慣れろ」ということですね。

インプットしたことはアウトプットすることで、初めて身に付くということですね。

Webライティングの勉強をしたら、実際に記事を書いてみましょう。

文章を書く前に記事の構成を考える

いきなり文章を書き始めるのではなく、先に記事の構成を決めましょう。

なぜかというと、構成が決まっていない状態で記事を書き始めると途中でテーマからブレ出したり内容に過不足が生じたりするからです。

途中でテーマがブレてしまうと結局記事をやり直すことになります。

また、内容に過不足が生じると修正するのが大変です。

さらに、構成案が微妙だと最終的な仕上がりも同じように微妙になってしまいます。

このように、構成案を先に決めておかないと結果的に納得のいく記事が書けません。

記事を書き始める前に構成をしっかりと決めましょう。

なお、SEOを意識した記事構成の書き方は『競合をブチぬくSEOに強い記事構成の作り方|ユーザーのニーズを見抜くことが上位表示のコツ』で解説しています。

構成を決める上で最低限必要な要素

「構成を完璧に決められない」

そんなときは最低限必要な要素だけは決めましょう。

最低限必要な要素とは次の4つです。

わかりやすく例を挙げてみました。

キーワードを決める

(例)Webライティング 方法

キーワードのターゲットとゴールを決める(どのように解決するのか)

(例)ライティング初心者が記事を書けるようになる

ゴールを達成するためには、どのような要素が必要か

(例)参考になる本、基本的な書き方、Webライティングとは、練習方法、

どういう順番で伝えるとわかりやすいか

(例)Webライティングとは→基本的な書き方→練習方法→参考になる本

上記のように、上の4つだけでも記事のだいたいの形を決められますよね。

他にも必要なものがないか考えることで、より詳しい構成が出来上がります。

構成がしっかりすればするほど、記事が書きやすくなりますよ。

とにかく記事を書いてみる

構成を決めたら記事を書いてみましょう。

記事を書くことで、「何を考えないといけないのか」初めてわかるからです。

例えば、次のようなことが考えられます。

  • どういう表現方法がいいのか
  • 構成どおり書いたけど、この順番で大丈夫なのか
  • 記事の書き出しやタイトル・見出しはどうするのか
  • この書き方で本当にわかりやすいのか
  • 書こうとしているテーマの理解は曖昧ではないか

上記のような課題が出るかもしれません。

しかし、課題が出るということはその解決策を自分で考えたり調べたりすることで経験が上乗せされます。

その経験がライティング力の向上につながりますよね。

このように、記事を何作も書き続けることが上達の近道になります。

Webライティングの知識をつけたら、とにかく記事を書きまくりましょう。

ちなみに、Webライティングの効果的な練習方法に関しては『効果実証済み!Webライティングの練習方法6選|経験が少ない初心者でもできる勉強の仕方を紹介』で解説しています。

経験やスキルが豊富なプロに添削してもらう

記事が完成したら、必ず自分で推敲します。

しかし、どれだけ推敲しても自分では気づかない間違いが見つかるものです。

そのため、第3者に添削してもらいましょう。

第3者に添削してもらうことで新しい発見が見つかる可能性もあるからです。

しかも、文章のプロにお願いするのがおすすめですよ。

文章のプロに添削してもらうことで、プロの意見を聞くことができますよね。

プロの意見を聞くことで、「この記事は役に立ったのか」「読みやすく書かれているのか」などがわかります。

このように、添削してもらうなら文章のプロに添削してもらうことが大切です。

ここでは、『文章のプロに添削してもらう』方法を3つ紹介します。

  1. Webスクールに登録する
  2. クラウドソーシングで依頼する
  3. 興味のあるサイトやブログの運営者に依頼する

Webスクールに登録する

Webライティング専門のWebスクールに登録して添削してもう方法があります。

Webライティングについて、一から学べますしプロの指導者が添削してくれますよ。

Webで完結するスクールもあるので、在宅で学べて便利です。

「独学で学ぶのは不安がある」「どうせ勉強するならプロに教えてもらいたい」という人におすすめですよ。

Webライティング講座の詳細に関しては『初心者におすすめなWebライティング講座25選|無料やオンライン対応の養成スクールもご紹介』で解説しています。

在宅で学べるWebライティングスクール

在宅で学べるWebライティングスクールを紹介します。

それは「ヒューマンアカデミー たのまな」です。

「ヒューマンアカデミー たのまな」は、在宅で受講できるライティングコースがあります。

まったくの初心者でも学びやすいように、パソコンの支給や各動画・テキストの支給、電話サポートまで完備。

ライティングの基礎はもちろん、記事作成に必要な発想力や語彙力などが身に付くコースです。

ヒューマンアカデミー たのまな

講座名WEBライティング技能検定講座
身に付くスキルクラウドクリエイターとは 環境づくりと管理法 個人情報取扱 業務進行法 文章のルール ライティング実践 SEOとクラウドソーシング
教程数/時間/学習期間9教程/約30時間/6ヶ月
受講料¥213,500
2021年8月5日時点

身に付くスキルや受講料は表の通りです。

「初心者だから一からしっかりと学びたい」という人におすすめですよ。

クラウドソーシングで依頼する

文章のプロに添削してもらう方法として、クラウドソーシングサイトで依頼する方法があります。

例えば、「クラウドワークス」や「ランサーズ」などです。

自分からクラウドソーシングサイト上で依頼をする形になります。

提案をしてくれるワーカーによって、どれくらいWebライティングの知識があるのかはバラバラです。

そのため、どのワーカーにするのかの見極めは難しいといえます。

実際の案件の報酬価格はバラバラですが、5,000円〜10,000円くらいの案件が多いです。

「なるべく費用を抑えたい」という人には、おすすめですよ。

なお、クラウドソーシングの詳細に関しては『クラウドソーシングで依頼できる仕事内容|ランサーズなどのメリットやデメリットを解説』にまとめています。

興味のあるサイトやブログの運営者に依頼する

Webサイトやブログなど、自分が興味のある記事を書いているライターに『添削』を依頼してみましょう。

憧れのライターに添削してもらうということは、直接指導してもらうことになるからです。

憧れのライターの技術を吸収するチャンスといえますよね。

しかし、実際にそういうことをお願いして引き受けてもらえるのかは頼んでみないとわかりません。

Webサイトやブログの中には、「添削、引き受けます」とプロフィールなどに書いているライターもいます。

そのようなライターの記事を読んで、「添削を任せてみたいな」と思う人に依頼してみるのもいいでしょう。

必ず引き受けてもらえるかどうかはわかりませんが、「この人に添削してもらいたいな」と思うライターと出会ったら依頼してみるのもアリですね。

SEOのスキルアップならブログがおすすめ!

実際に記事が書けたら、サイト運営や記事執筆の仕事を受けてみましょう。

自分で記事を書く機会を作ることで、記事を量産できるからです。

ライティングスキルは何記事か書いただけで習得できるスキルではありません。

100記事程度書いて初めて自分のライティングスタイルができあがるものです。

また、ただ記事を書くだけではなく目的を持って記事を書くことで、より良質な記事が書けるようになります。

そのためには、サイト運営をしたり記事執筆の仕事を受けたりすることが大切です。

ここでは、具体的に何をしたらよいのか次の項目で解説します。

  1. ブログを書く
  2. クラウドソーシングで仕事を受ける

ブログを書く

ライティングスキルの向上には、ブログを書いて練習することがおすすめです。

その訳は、先ほども解説しましたがアウトプットする機会を増やすことでライティングスキルが飛躍的に伸びるからです。

ブログは、自分の好きなテーマで好きなように記事を書くことができます。

ジャンルも自分で選べるため、『練習』する場としてはこんなにいい場所はありませんよね。

ブログで記事を量産し、Webライティングを習得しましょう。

ブログはアクセス状況を確認できる

自分のブログであればアクセス状況を自分で確認することができます。

そのため、アクセス数を見て記事を改善することが可能です。

ユーザーの反応を自分の目で確認できるので、自分が書いた記事の『良い点』『悪い点』をみつけ記事執筆に活かすことができますよね。

このように、自分でブログを運営することでライティング技術が向上し、さらにサイト運営の知識も習得できるようになるのです。

クラウドソーシングで仕事を受ける

クラウドソーシングサイトを利用して、記事執筆の仕事を受けてみましょう。

クラウドソーシングサイトであれば、初心者でも引き受けられる仕事があるからです。

現に、クラウドソーシングサイトを利用するクライアントは低予算でライターを探しています。

そのため、ライターの技術的なハードルも比較的低いです。

初心者でも十分に仕事を引き受けられます。

このように、クラウドソーシングサイトに登録して記事執筆の仕事を受けてみましょう。

また、実際に報酬をもらって記事を書くことで記事の質に責任を持たなくてはいけません。

報酬をもらって責任を持って記事を書くことで、ライティング技術がさらに向上しますよ。

クラウドソーシングサイトなら添削してもらえる

クラウドソーシングサイトでは、報酬は少ないですがその代わり添削をしてもらえる案件があります。

この記事でも紹介しましたが、Webライティングを教えてくれるWebスクールでは費用がかかります。

それが、Webライティングを学びながら報酬をいただける案件があるのです。

「Webライティングの勉強はしたけど、まだ自信がないなあ」という人はこのような案件を探してみましょう。

記事執筆の経験を積みながら、報酬もいただけるのでまさに一石二鳥ですね。

応用的なスキルを学び、記事に取り入れる

Webライティングの基本的な知識やライティングスキルをある程度身に付けたら、次は応用的なスキルを学びましょう。

Webライティングには、専門的なスキルがあります。

そのスキルを身につけることで、執筆の幅が広がりますよ。

次の2つについて解説します。

  1. SEOライティングを学ぶ
  2. コピー・セールスライティングを学ぶ

SEOライティングを学ぶ

SEOライティングとは、SEOを意識したライティングのことです。

SEOとは検索エンジン最適化のことで、検索エンジンによる検索ランキングで上位表示させるための施策のことをいいます。

Webライティングにおいて、このSEOライティングが大切です。

理由は、Web記事のユーザーは検索エンジンを利用して『知りたい情報』を探します。

そのため、検索エンジンによる検索ランキングに表示されなければ読んでもらえないということです。

このように、SEOライティングはWebライティングにおいて必要なスキルといえます。

Webライティングに慣れていきたら、SEOライティングの知識も身につけましょう。

SEOライティングに関しては『SEOライティングのコツ24選!初心者でも書き方次第で上位表示可能です』の記事で20,000字以上にわたって解説していますのでs南港にしてください。

なお、ここではSEOライティングを学ぶためにおすすめな本を紹介しますね。

  • 沈黙のWebライティング
  • 最新のGoogle対策!これからのSEO Webライティング本格講座

沈黙のWebライティング

沈黙のWebライティング

著者価格評価(Amazon)
松尾 茂起¥2,2004.4
2021年8月5日時点

沈黙のWebライティングは、SEOライティングについて詳しく解説されている本です。

特徴は、ストーリー形式でSEOライティングを学べるということ。

登場人物が、Webサイトからの集客を取り戻すためにSEOについて学び、施策を通じて集客を取り戻していく様子が描かれています。

この一冊を読めば、SEOのことを概ね理解できますよ。

「SEOライティングを学んでサイトのアクセス数を伸ばしたい」という人にはおすすめです。

最新のGoogle対策!これからのSEO Webライティング本格講座

最新のGoogle対策!これからのSEO Webライティング本格講座

著者価格評価(Amazon)
瀧内 賢¥1,9804.0
2021年8月5日時点

日本の検索エンジンは、Googleが95%ほどを占めています。

Googleの『アルゴリズム』によって検索ランキングが決められているのです。

現在は、ユーザーにとって有益な『ユーザーよりのライティング』が評価されています。

しかし、Googleのアルゴリズムは日々進化し続けているので、これから先のことは誰にもわかりません。

このアルゴリズムの特徴を掴むこともSEOライティングに必要なことといえますね。

そこで、「最新のGoogle対策!これからのSEO Webライティング本格講座」では、『ユーザーとGoogleのアルゴリズム』両方を意識したライティングを推奨してしています。

ユーザーとGoogleの両方を意識した最新のライティング手法を勉強できるので、SEO対策に力を入れたいという人にはおすすめですよ。

コピー・セールスライティングを学ぶ

コピーライティングとは、キャッチコピーなど商品や会社の認知度を上げるための文章のことをいいます。

また、セールスライティングとは「ユーザーに商品を買ってもらう」などユーザーに次の行動をしてもらうための文章のことです。

この『コピー・セールスライティング』は、Webライティングを身につけてWeb記事を書きたいという人にもおすすめのライティング手法といえます。

先ほど解説した目的以外にも、記事のタイトルや見出しなど読み手の心を動かしたい文章を書きたいときに役に立つスキルだからです。

Web記事を検索してどの記事を読もうか迷っているとき、『心を掴まれるようなタイトル』をみたらついその記事をクリックしてしまいますよね。

Web記事において、キャッチーなタイトルは必要不可欠です。

このように、『コピー・セールスライティング』はWebライターにとって必要なスキルといえます。

そこで、『コピー・セールスライティング』を勉強したいという人のためにおすすめの本を紹介します。

  • 10倍売れるWebコピーライティング —コンバージョン率4.92%を稼ぐランディングページの作り方¬—
  • 100倍クリックされる 超Webライティング バズる単語300

10倍売れるWebコピーライティング —コンバージョン率4.92%を稼ぐランディングページの作り方

10倍売れるWebコピーライティング —コンバージョン率4.92%を稼ぐランディングページの作り方­—

著者価格評価(Amazon)
バズ部¥1,6284.1
2021年8月5日時点

10倍売れるWebコピーライティング —コンバージョン率4.92%を稼ぐランディングページの作り方」の著者『バズ部』は、コンテンツマーケティングのノウハウを提供する会社です。

その『バズ部』が、インターネットでモノを売るためのエッセンスを凝縮しわかりやすく解説しています。

誰でも実践できるように、ワークシートが付けられています。

このワークシートを活用して、即実践も可能です。

「本を読んで、すぐに実践したい」という人におすすめですよ。

100倍クリックされる 超Webライティング バズる単語300

100倍クリックされる 超Webライティング バズる単語300

著者価格評価(Amazon)
東 香名子¥1,5404.1
2021年8月5日時点

100倍クリックされる 超Webライティング バズる単語300は、最新ヒットタイトルを研究する著者が『アクセス数UPに役立つ』タイトルに使える単語を選び紹介しています。

『バズる』とは、短期間で爆発的に話題が広がり多くの人の注目を集めることをいいます。

Web記事のタイトルは、ただ記事の内容がわかればいいというわけではありません。

目にした人が読んでみたいと思わせるタイトルが必要です。

「100倍クリックされる 超Webライティング バズる単語300」では、Webでバズる単語や使えるテンプレートを用例とともに300ワード収録。

「記事はうまく書けたけど、タイトルが決まらない」

「あっと驚くタイトルをつけて、バズらせたい!」

このような人は、この本を読んで『バズるタイトル』を考えてくださいね。

まとめ|Webライティングは練習あるのみ

この記事を読んでWebライティングの練習法がわかりましたね。

もしもWebライティングを効果的に習得したいのであれば、インプットとアウトプットを繰り返しましょう。

記事で解説したようにWebライティングの方法を理解できたとしても、記事を書かなければスキルが身に付かないからです。

実際に、「習うより慣れろ」ということわざがありますよね。

このように、勉強したことを実践することで身に付きやすくなるということが昔から言い伝えられています。

このことからWebライティングの練習は本を読んで知識を付け、とにかく記事を書いて経験を積むことがおすすめですよ。

参考にしてくださいね。